トップへ戻る

【2020年最新版】新車価格200万円で買える!!おすすめSUV8選

【2020年最新版】新車価格200万円で買える!!おすすめSUV8選

SUVブームというけれどSUVは割高に思えます。しかし、2019年にダイハツロッキー/トヨタライズが発売され、200万円以下という価格のSUVがあることがわかりました。そこで、軽SUVと合わせ、200万円以下で買えるSUVを全てご紹介することにしました。結構あるんですよ!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


新車価格200万円で買えるおすすめSUV8選

トヨタ ライズ

日産、ホンダ、マツダ以外のメーカーから8車種の200万円で買えるSUVがヒットしました。もっとも多いのがスズキで、4車種が選ばれています。それではメーカー別にご紹介していきましょう。

【トヨタ】200万円以内で購入できるSUV

トヨタにはRAV4を始め多数のSUVがありますが、200万円を切る車種はダイハツが開発したライズだけになります。そして最も売れているSUVとなっています。

トヨタ ライズ 1,679,000円〜(消費税込み)

トヨタライズ

ライズはどんなSUV?

ライズの価格帯は1,679,000〜2,060,000円なので最上級車種以外は200万以内となります。SUVとはいえ、全長4m未満という5ナンバーサイズなので、週末のレジャーでも普段使いでも扱いやすいのが特徴です。

コンパクトなのに、可動式のデッキボードを利用した大容量のスペースを確保し、背丈の高い荷物の積載も可能となり、お買い物もアウトドアのアイテムも沢山積みこめます。

また、エンジンにはダイハツ製の1.0L直列3気筒ターボエンジンが搭載され、1.0Lながらも軽量ボディにより軽快な走りが可能となっています。

さらに、4WDには「ダイナミックトルクコントロール4WD」が採用され、185㎜の最低地上高と相まって、SUVとしての性能も確保しています。

ライズの価格とスペック

トヨタライズ

■全長×全幅×全高(mm):3,995×1,695×1,620
■最低地上高(mm):185

■エンジン:直列3気筒1.0Lターボ
■WLTCモード燃費(㎞/L):17.4~18.6

■メーカー希望小売価格(消費税込み)

X:FF 1,679,000円 4WD 1,918,800円
XS:FF 1,745,000円 4WD 1,984,800円
G:FF 1,895,000円 4WD 2,133,700円
Z:FF 2,060,000円 4WD 2,282,200円

※新車情報は公式サイト調べ(2020年1月現在)

ライズをおすすめしたい人

トヨタライズ

パッソはサイズも価格もちょうどいいけど、やっぱりSUVが欲しい。SUVは欲しいけど高いし大きくて自分には運転は無理そう。そう思っていた人にはこのライズは最適です。XSなら4WDでも200万円以内なので思いっきりSUVライフが楽しめます。

【スズキ】200万円以内で購入できるSUV

コンパクトで低価格の車造りが得意なスズキは、軽自動車のジムニー以外にもコンパクトなSUVをラインナップしています。全体でもSUVの車種は多く、スズキはSUV市場でも高い評価を受けています。そして、2020年最大の話題である新型ハスラーもデビューします!

スズキ ジムニー 1,485,000円~(消費税込み)

ジムニーはどんなSUV?

スズキジムニー

2018年7月にフルモデルチェンジされたジムニーは、3代目から継承されたラダーフレーム構造にXメンバーと前後にクロスメンバーが追加され、地上高より強固な車体になっています。

205㎜の地上高のスクエアなボディには、丸形のヘッドランプや5スロットグリルといった歴代モデルのデザインが採り入れられています。

また、ヒルホールドコントロールとヒルディセントコントロールが標準装備され、エンジンは専用チューニングが施されたターボエンジンが搭載され、4WDシステムは4L/4H切り替え式の機械式の副変速機付きになっています。

そして、伝統のタフな走りには磨きがかかり、安全装備では、「デュアルセンサーブレーキサポート」をはじめ、誤発進抑制機能、車線逸脱警報機能、ふらつき警報機能、ハイビームアシスト、先行車発進お知らせ機能、標識認識機能が採用され、悪路でも安全に運転できるように進化しています。

ジムニーの価格とスペック

スズキ ジムニー

■全長×全幅×全高(mm):3,395×1,475×1,725

■最低地上高(mm):205

■エンジン:直列3気筒660㏄ターボ

■WLTCモード燃費(㎞/L):13.2~16.2

■メーカー希望小売価格(消費税込み)
XG:5MT 1,485,000円 4AT 1,584,000円
XL:5MT 1,611,500円 4AT 1,710,500円
XC:5MT 1,776,500円 4AT 1,875,500円

※新車情報は公式サイト調べ(2020年1月現在)

ジムニーをおすすめしたい人

スズキ ジムニー

ジムニーは軽自動車を買ったと思うと裏切られるかも知れません。他の軽トールワゴンなどと比べると、燃費も悪く、室内も最近の軽自動車の水準ではなく後席へも乗り込みにくい…。

そんなジムニーですが、小型の4WD、それもSUVというよりジープのようなクロカンの小型版としてとらえると良いことずくめと評価が変わります。

軽自動車ではなく小さなクロカンを買いたいという人におすすめする車です。

スズキ ハスラー 1,280,400円~(消費税込み)

ハスラーはどんなSUV?

スズキハスラー

広い室内空間の軽ワゴンとSUVを融合させた全く新しいジャンルの軽クロスオーバーとして人気があったハスラーは、初のフルモデルチェンジを受けて2020年1月20日より発売されます。

新型は、ひと目でハスラーとわかる丸型ヘッドランプで個性的なキャラクターと、先代よりもスクエアで力強いスタイルを融合させたデザインを採用しています。

インテリアは、タフな世界観を演出する3連インパネカラーガーニッシュを採用し、上下のバーで力強い骨格を表現し、4.2インチカラー液晶メーターを採用するなど、運転が楽しくなる形状になりました。

機能面では、荷室下に防汚タイプラゲッジアンダーボックスを採用し、外すことで荷室高が拡大し、背の高い荷物を収納することができるなど、ラゲッジスペースの荷室容量を調整できるようになっています。

ハスラーのスペックと価格

スズキハスラー

■全長×全幅×全高(mm):3,395×1,475×1,680

■最低地上高(mm):180

■エンジン:直列3気筒660㏄ターボ

■WLTCモード燃費(㎞/L):20.8~25.0

■メーカー希望小売価格(消費税込み)

ハイブリッドG:1,280,400~1,543,300円
ハイブリッドX:1,518,000~1,696,200円
ハイブリッドGターボ:1,459,700~1,637,900円
ハイブリッドXターボ:1,616,200~1,790,800円

※新車情報は公式サイト調べ(2020年1月現在)

ハスラーをおすすめしたい人

スズキハスラー

ジムニーが欲かったけど、2ドアじゃ家族を乗せてのドライブは現実的じゃないし、悪路をあえて責める気もない。そんな人にはハスラーがおすすめ。先代モデルよりもタフさが増してSUVらしさもアップ!

普段使いにも便利でトールワゴンとしての利便性や25.0㎞/Lという燃費もあるのもうれしい特徴です。

スズキ ジムニーシエラ 1,793,000円~(消費税込み)

ジムニーシエラはどんなSUV?

ジムニーシエラ

軽のジムニーとともに小型車のジムニーシエラもフルモデルチェンジされました。シエラはジムニーのワイド版。といってもボディは共通で、外観は材料着色樹脂製のオーバーフェンダーとサイドアンダーガーニッシュが追加され、全幅は170mm拡幅され、全長も大型バンパーを採用しているため155mm長いのがジムニーとの違いです。

また、エンジンには最高出力75kW (102PS)、最大トルク130N・m (13.3kg・m)の1.5L直列4気筒のK15B型が搭載されています。

そして、トレッドが拡大されたことや、タイヤサイズもジムニーの175mmから195mmへと幅広くなってことで、安定感はジムニーを上回り、高速道路などでも余裕をもって走行できるようになっています。

グレードは、標準仕様の「JL」と上級仕様の「JC」の2グレードとなっていて、JCのAT車のみ200万円を超えています。

ジムニーシエラ

ジムニーシエラのスペックと価格

■全長×全幅×全高(mm):3,550×1,645×1,730

■最低地上高(mm):210

■エンジン:直列4気筒1.5L

■WLTCモード燃費(㎞/L):13.6~15.0

■メーカー希望小売価格(消費税込み)

JL:5MT 1,793,000円 4AT 1,892,000円
JC:5MT 1,958,000円 4AT 2,057,000円

※新車情報は公式サイト調べ(2020年1月現在)

ジムニーシエラ をおすすめしたい人

ジムニーは好きだけど軽だからロングドライブはキツイと思われている人にジムニーシエラはおすすめで、実際に受注台数も多く、納車待ちも6か月~8か月以上とされるジムニーをさらに上回るほどです。

スズキ クロスビー 1,798,500円~(消費税込み)

クロスビーはどんなSUV?

クロス・ビー

先代ハスラーを大きくしたようなデザインで、トールワゴンとSUVのクロスオーバーとなっています。しかし、プラットフォーム「ハーテクト」を採用し、メカニズムやパーツはソリオやイグニスが多く使用され、室内空間も十分に確保しています。

全長はイグニスのように短めの3,760mm、全幅も1,700mm未満に抑えられており、取り回しを重視した5ナンバー車となっています。

パワートレインには1.0Lの直噴ターボエンジンにマイルドハイブリッドシステムを採用し、1.5L並みの出力と低燃費を両立しています。

トランスミッションはパドルシフトを備えた6速ATのみの設定で、4WD車にはビスカスカップリング式の4WDシステムを採用し、SUVらしい走行性能も維持しています。

グレード構成はMZとMXの2種で、MZは200万円をオーバーしますが、MXは全車200万円以内のプライスとなっています。

クロスビーのスペックと価格

クロスビー

■全長×全幅×全高(mm):3,760×1,670×1,705

■最低地上高(mm):180

■エンジン:直列3気筒1.0L

■JC08モード燃費(㎞/L):20.6~22.0

■メーカー希望小売価格(消費税込み)

MZ:2,040,500~2,229,700円
MX:1,798,500~1,987,700円

※新車情報は公式サイト調べ(2020年1月現在)

クロスビーをおすすめしたい人

クロスビー

最近のSUVは大きくて使いにくいと思っている人には、5ナンバーサイズにとどめたクロスビーはおすすめです。軽自動車ベースのジムニーシエラよりも乗り心地や快適性能は上回り、ダイハツのロッキーに対抗しうる車種となっています。

【ダイハツ】200万円以内で購入できるSUV

ダイハツはライバルのスズキに比べてSUVラインナップが弱いとされていましたが、2019年にロッキーが発売されて国内のコンパクトSUV市場に参戦。さらに、2020年中にはハスラーに対抗すべく、軽SUVの「タフト」の発売も予定されるなど、にわかに注目されています。

ダイハツ キャストアクティバ 1,248,500円~(消費税込み)

キャストアクティバはどんなSUV?

ダイハツ キャストアクティバ

関連する投稿


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。


アルヴェルの人気の理由は?!トヨタ アルファード・ヴェルファイア徹底解説

アルヴェルの人気の理由は?!トヨタ アルファード・ヴェルファイア徹底解説

今や人気の面でも販売台数でも高級ミニバンの王者として君臨しているトヨタの「アルファード・ヴェルファイア」。なぜこれ程の人気があるのか?その人気について解説していきます。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。