目次へ戻る

【レクサス現行セダン比較】LS GS GSF IS価格・特徴他【貴方に最適な一台は】

【レクサス現行セダン比較】LS GS GSF IS価格・特徴他【貴方に最適な一台は】

「レクサスのセダンが欲しい」と思いたった貴方。公式ホームページを見たものの、セダンが何車種もあってよくわからん。ちょっと待って!レクサス購入前にぜひ本記事を読んで、レクサスのセダンに詳しくなってから、ディーラーへ向かいましょう!人気に左右されず、貴方にとっての最適な一台が見つけられるように、お手伝いさせていただきます!


【レクサス 現行セダン比較】レクサスのセダンを手っ取り早く知りたい

「いつかはレクサスが欲しいなあ」そんな夢を持っている方はいませんか?

そして、「レクサスを買うなら、やっぱりセダンがいいなあ」と考えてる人も少なくないでしょう。

高い買い物だから、ディーラーに行く前に、レクサスセダンについて下調べしておかねば…。

と、公式ホームページを見てみたら、セダンだけでも複数あって、グレードも沢山あるし、よくわからない!という思いをしたことがある人もいるかもしれませんね。

もちろん、レクサスのディーラーは、そのサービスの高さにも定評がありますし、貴方の意見を聞いて、より最適な一台をオススメしてくれると思います。

しかし、レクサスの販売店は見ての通り、綺麗で豪華で、スーツの似合うスタップが、お手本みたいな完璧なお辞儀をして迎えいれてくれて…。

正直、ふらりと行くには敷居が高い!ノープランで行ったらなんか緊張する!

そんな不安をお持ちの方のために!

本記事では、初心者向けに、レクサスセダンの特徴を説明しています。

レクサス購入前には、ぜひ本記事を読んで、レクサスのセダンについて詳しくなってから、満を持してディーラーへ向かいましょう!

【レクサス 現行セダン】これでOK基本情報

【レクサス 現行セダン比較】セダンの現行車種は4車種!

レクサス LS

レクサス GS

レクサス GSF

レクサス IS

レクサスセダン、現行車種は全部で4車種あります。(2018年10月現在)

LS、GS、GSF、ISの4車種です。

ちなみに車名の由来ですが、

LSはLuxury Sedan(ラグジュアリーセダン)。

GSはGrandtouring Sedan(グランツ―リングセダン)。

GS FはGrandtouring Sedanで、スポーツタイプという意味のあるF。

(このFは『富士スピードウェイ』並びに開発拠点である『東富士研究所』の頭文字からきています)
ISはIntelligent Sport(インテリジェントスポーツ)。

からそれぞれ来ています。

これを見るとよくわかりますが、『S』と最後につく(または入っている)車種はセダンなんですね。

この法則がわかっていると、セダンを一発で見分けられることができます。

【レクサス 現行セダン比較】いくらくらい?どれが安い?価格別早見表

レクサス GS F 10thアニバーサリー

レクサスは高級車ですが、もちろん価格帯は車種によって幅があります!

それでは、LS、GS、GSF、IS、この4車種はどれくらいの価格帯なのか、価格が高いものから並べてみました。

 
【レクサス 現行セダン比較】価格別早見表
LS9,814,000円~16,805,000円
GSF11,185,000円
GS5,781,000円~8,474,000円
IS4,714,000円~6,242,000円

いかがですか。

こうやって見てみると、レクサスと言えど、それぞれの車種によって価格の差があることがわかりますね。

ISのエントリーモデルと、LSのエントリーモデルでは実に500万円ほど価格が違ってきます。

一番お手頃なのはIS!

価格帯を見れば一目瞭然ですが、

価格は高いものがら順にLS>GSF>GS>ISです。

LSが一番ラグジュアリーなセダン(まさにLS)であり、一方ISが一番お手頃な価格設定になっています。

【レクサス 現行セダン比較】LS GSF GS IS 徹底解剖!

レクサス LS

レクサス LS500h エグゼクティブ

レクサスLSは、レクサスから販売されているレクサスのフラッグシップセダンです。

初代は1989年に登場、現行モデルは5代目になります。

日本では、ガソリン車のLS500と、ハイブリッド車のLS500hの2モデルが用意されていて、それぞれ、標準仕様、「I Package」、「F SPORT」、「version L」、「EXECUTIVE」の5種類の仕様から選ぶことが可能になっています。

もちろん、AWD、2WDも選べます。

 
【レクサス LS500h AWD】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)5,235×1,900×1,460(ホイールベース:3,125mm)
最大乗車定員5名
車両重量2,280~2,390kg
燃費JC08モード:15.6~14.4km/L
エンジン種類V型6気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)220kW(299PS) /6,600rpm
最大トルク(N・m/rpm)356N·m (36.3kgf·m) /5,100rpm
タンク容量 82L
駆動方式AWD
トランスミッションマルチステージハイブリッドトランスミッション (電気式無段変速機)

全長が5mを超えるというゆったりとした作りになっています。

スペックはもちろんですが、インテリアの壮麗さや車載コネクティビティ、安全性能にも抜かりはありません。

お金が許すのであれば、まず第一に全力でオススメしたいセダンです。

レクサス LS500h エグゼクティブ

レクサス LS500h エグゼクティブ

レクサス GSF

GS Fは、その名の通り、GSをベースにしたスポーツモデルです。

Fシリーズは、GS Fの他に、クーペモデルのRC Fなどがあります。「GS F」は、「日常からサーキットまで、誰もがシームレスに走りを楽しめる」という「F」の意志を受け継いだ4ドアスポーツセダンになっています。

 
【レクサス GSF 2WD】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,915×1,855 ×1,440(ホイールベース:2,850mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,830kg
燃費JC08モード:8.2km/L
エンジン種類V型8気筒DOHC
最高出力(kW(PS)/rpm)351kW(477PS) /7,100rpm
最大トルク(N・m/rpm)530N·m (54.0kgf·m) /4,800~5,600rpm
タンク容量 66L
駆動方式後輪駆動
トランスミッション8-Speed SPDS (電子制御8速オートマチック)

GS Fは、1グレードしか設定がありません。

V8エンジンが搭載されているのも、GS Fならではですね。

レクサス GS

現行GSは、2012年に発売されました。今では見慣れたレクサスの「スピンドルグリル」初採用となったのも、このGSです。

LS、そしてGSFと比較すると若干ボディサイズが小さくなりますが、この日本では十分な広さ(4,880×1,840×1,455mm)を誇ります。

ドライブを楽しみたい人はもちろん、走行時の安定感は抜群なので、家族に車酔いしやすい方がいたら、GSを試してみても良いかもしれませんね。

 
【レクサス GS 450h】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,880×1,840 ×1,455(ホイールベース:2,850mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,860~1,820kg
燃費JC08モード:18.2km/L
エンジン種類V型6気筒DOHC
最高出力(kW(PS)/rpm)217kW(295PS) /6,000rpm
最大トルク(N・m/rpm)356N·m (36.3kgf·m) /4,500rpm
タンク容量 66L
駆動方式後輪駆動
トランスミッション電気式無段変速機

レクサス IS

レクサスIS、現行モデルは3代目になります。1999年より発売され、過去にはIS Fも発売されていました。

車幅は1,810mmで、日本の交通環境を踏まえると、他のセダンと比べて最も適した大きさと言えます。

また、一般的にエンジン車よりも高くなるハイブリッド車でも、500万円台で購入することができるほどに、比較的(レクサス車の中では)手を伸ばしやすい車種です。

他のセダンに比べて、軽量なこともあり、加速はもちろん、俊敏な走りが得意ですし、乗り心地も良し。

クラウンから少し冒険してみたい、でも輸入車は…という方の、次の車として選ばれることの多い車です。

 
【レクサス IS 350】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,680×1,810 ×1,430(ホイールベース:2,800mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,640~1,650kg
燃費JC08モード:10.4km/L
エンジン種類V型6気筒
最高出力(kW(PS)/rpm)234kW(318PS) /6,600rpm
最大トルク(N・m/rpm)380N·m (38.7kgf·m) /4,800rpm
タンク容量 66L
駆動方式後輪駆動
トランスミッション8-Speed SPDS (電子制御8速オートマチック)

最後に

本記事では、レクサスの現行セダンについてご紹介いたしました。

貴方にとって、一番の車種は見つかりましたか?気になる一台があった人はぜひ、実際に試乗して確かめてみてくださいね。

関連する投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【12月11日更新】


【ロサンゼルスモーターショー2018】マツダ3/アクセラ セダン&ハッチバック初公開

【ロサンゼルスモーターショー2018】マツダ3/アクセラ セダン&ハッチバック初公開

マツダは、ロサンゼルスモーターショー2018で新型『マツダ3』(日本名『アクセラ』)を世界初公開しました。北米モデルのボディタイプはハッチバックとセダンの2種類を用意しています。新型エンジン「SKYACTIV-X」の採用もあって、今大注目のアクセラ新型に迫りました。


【2019年保存版】現行レクサス車種一覧 価格・特徴【早わかり】

【2019年保存版】現行レクサス車種一覧 価格・特徴【早わかり】

レクサス、と聞くと高級車だし自分には関係のない車。と決めつけている人はいませんか。それはもったいない!レクサスはもちろん高級車ですが、価格からボディタイプまで様々です!一口にレクサス、と言ってもいろんなモデルがあるんです。本記事では、現行レクサスを一覧にし、特徴や価格をまとめてみました。【11月29日更新】


【11月27日発売】レクサスのコンパクトSUV UX 価格は390万円から

【11月27日発売】レクサスのコンパクトSUV UX 価格は390万円から

レクサスの最小コンパクトSUV、UXが11月27日より発売されました。本記事では、そんなレクサスUXに関する最新情報をお届けいたします。ボディサイズから新車価格まで。UXの購入を迷っている人はぜひ読んでみてください。


レクサス新型車ESが発売1か月で月販目標の16倍の5600台受注!現在の納期は?

レクサス新型車ESが発売1か月で月販目標の16倍の5600台受注!現在の納期は?

レクサス新型車ESの受注台数は、2018年10月24日の発売からおよそ1カ月にあたる2018年11月25日時点で約5,600台と、好調な立ち上がりとなっているそうです。 主な好評点や現在の納期など詳しく見ていきましょう。


最新の投稿


今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

今でも惜しまれる事故死「音速の貴公子」アイルトン・セナを振返る

生涯をレースに捧げ「音速の貴公子」と呼ばれた天才レーサー「アイルトン・セナ」。1994年 レース中の事故によって亡くなり、今でもファンからの悲しむ声が絶えません。そんなアイルトン・セナの幼少期からレーサー時代の経歴、そして、悲劇の事故について。また、彼の残した逸話や名言の数々を紹介いたします。


タントの特別仕様車が登場!タントの新車価格・スペックほか

タントの特別仕様車が登場!タントの新車価格・スペックほか

ダイハツは、軽乗用車『タント』に特別仕様車「VSシリーズ」を設定し、 12月3日から発売しています。今回のタント特別仕様車「VSシリーズ」は、「X “VS SAIII”」、「カスタムX “トップエディション VS SAIII”」、「カスタムRS “トップエディションVS SAIII”」の3種類から選べます。


トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

トヨタの超人気SUV C-HR(CHR)!スペック~ユーザー評価等 完全網羅!

C-HRが気になっていたものの購入を迷っている方、もう少しC-HRを知りたい、そんな方々向けに、改めてC-HRの情報(中古車価格・燃費・グレード別価格他)魅力をまとめてみました。【12月12日更新】


【3年ぶりの復活】ランドローバー ディフェンダー 2019年以降登場か

【3年ぶりの復活】ランドローバー ディフェンダー 2019年以降登場か

復活が噂されていた、ランドローバーディフェンダー。ついにその次期型プロトタイプを激写しました。復活すれば約3年ぶりのこととなります。次世代プラットフォーム「MLA」を採用した他、EVの設定も噂されています。


BMWの1シリーズ次期型プロトタイプ激写 1シリーズってどんな車?

BMWの1シリーズ次期型プロトタイプ激写 1シリーズってどんな車?

BMWの1シリーズ次期型のプロトタイプを激写しました。今回の次期型で、最大の特長と言えば「UKL」プラットフォームに別れを告げ、同ブランド初となるフロントホイール・ドライブ用「FAAR」を採用することです。ワールドプレミアは2019年初頭なのではと言われている1シリーズ新型について追いました。