目次へ戻る

レクサス GSの燃費、デザイン、価格や評価は?詳細情報一覧!

レクサス GSの燃費、デザイン、価格や評価は?詳細情報一覧!

レクサスGSは、日本を代表する高級車ブランドのレクサスが北米で他の高級車に対抗できるよう開発されたセダンです。さらにハイブリッド仕様車も加わったレクサスGS/GS Fの燃費性能などの基本スペックから価格、また、実際のオーナーの方の口コミ評価まで、あらゆる視点からレクサスGS/GS Fについての情報を掲載しています。


レクサスGS 概要

レクサスGSはトヨタの「アリスト」のレクサスブランド版として1993年から生産が開始されたセダンです。

GSはグランドツーリングセダンの略で、BMW5シリーズやメルセデスベンツEクラスなどに対抗すべく登場しましたが当初はなかなか差が埋まらず評価も今一つという印象でした。

レクサス GS F

しかし、フルモデルチェンジを施し、名前の由来であるグランドツーリングセダンとしての性能やパッケージングを徹底的に追求していきます。

ボディサイズはミリ単位で切り詰め、逆に室内スペースはミリ単位で拡大され、フロントフェイスは次世代レクサスの先駆となるスピンドルグリルを採用しました。

このエッセンスはレクサスのアイデンティティとして、今後各モデルに展開していくことになりました。

このようにGSの個性を前面に打ち出すことで人気を得ることに成功しました。

レクサスGS 基本スペック

レクサス GS F

レクサスGSの基本スペックについてご紹介します。

 
【GS450h】version L/F SPORT/I package スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,880×1,840×1,455mm
室内サイズ(全長×全幅×全高)2,025×1,535×1,180mm
最大乗車定員5名
車両重量1,820〜1,860kg
燃費18.2km/L
エンジン種類V型6気筒DOHC
総排気量3,456L
最高出力(kW(PS)/rpm)217 (295) / 6,000kW〈PS〉/rpm
最大トルク(N・m/rpm)356 (36.3) / 4,500N・m〈kgf・m〉/rpm
タンク容量 66L
駆動方式2WD
 
【GS300h】version L/F SPORT/I package スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,880×1,840×1,455mm
室内サイズ(全長×全幅×全高)2,025×1,535×1,180mm
最大乗車定員5名
車両重量1,730~1,770kg
燃費21.4~23.2km/L
エンジン種類直列4気筒DOHC
総排気量2,493L
最高出力(kW(PS)/rpm)131 (178) / 6,000kW〈PS〉/rpm
最大トルク(N・m/rpm)221 (22.5) / 4,200〜4,800N・m〈kgf・m〉/rpm
タンク容量 66L
駆動方式2WD
 
【GS350】version L/F SPORT/I package スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,880×1,840×1,455~1,470mm
室内サイズ(全長×全幅×全高)2,025×1,535×1,180mm
最大乗車定員5名
車両重量1,650~1,770kg
燃費10.0~10.8km/L
エンジン種類V型6気筒DOHC
総排気量3,456L
最高出力(kW(PS)/rpm)234 (318) / 6,600kW〈PS〉/rpm
最大トルク(N・m/rpm)380 (38.7) / 4,800N・m〈kgf・m〉/rpm
タンク容量 66L
駆動方式2WD/AWD
 
【GS300】version L/F SPORT/I package スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,880×1,840×1,455mm
室内サイズ(全長×全幅×全高)2,025×1,535×1,180mm
最大乗車定員5名
車両重量1,650~1,690kg
燃費13.0~13.2km/L
エンジン種類直列4気筒DOHCインタークーラー付ターボ
総排気量1,998L
最高出力(kW(PS)/rpm)180 (245) / 5,800kW〈PS〉/rpm
最大トルク(N・m/rpm)350 (35.7) / 1,650〜4,400N・m〈kgf・m〉/rpm
タンク容量 66L
駆動方式2WD

上記がレクサスGSのグレード別基本スペックとなっています。

レクサスGS 燃費

続いてはレクサスGSの燃費性能をカタログ燃費と実燃費で詳しくみてみましょう。

【GS450h】燃費表
version LJC08モード:18.2km/L

実燃費:12.62km/L

F SPORT JC08モード:18.2km/L
l package JC08モード:18.2km/L
【GS300h】燃費表
version L JC08モード:21.4km/L

実燃費:15.09km/L

F SPORT JC08モード:23.2km/L/L
l package JC08モード:23.2km/L
【GS350】燃費表
version L JC08モード:<2WD>21.4km/L   <AWD>9.9km/L

実燃費:10.54km/L

F SPORT JC08モード:<2WD>10.8km/L <AWD>10.0km/L

実燃費:8.61km/L

l package JC08モード:<2WD>10.8km/L <AWD>10.0km/L

実燃費:8.61km/L

【GS300】燃費表
version L JC08モード:13.0km/L
F SPORT JC08モード:13.0km/L
l package JC08モード:13.2km/L

上記のような燃費性能となっております。

レクサスGS エクステリア/カラー

続いては、レクサスGSのエクステリア・カラーについてです。

先代GSの個性でもあったスクエア型4灯ヘッドライトを
フルモデルチェンジ後の現行モデルでは廃止し、レクサスの新しいテーマでもあるスピンドルグリルに合わせて切れ長のヘッドライトを採用しました。

これらは一目でレクサスと分かるようにデザインされ、これにより今までライバルにあった「個性」をレクサスも得ることになりました。

そして、レクサスが掲げるデザインフィロソフィー、L-finesse(エル・フィネス)。
Lが意味するのはLeading-Edge、先鋭。
finesseが意味するのは日本の文化が生んだ感性や巧みさを意味する、精妙。

最先端の研ぎ澄まされた思想・技術・表現と洗練された深みを合わせもつ「先鋭-精妙の美」で、
大胆かつ飛躍的にデザインをアートの領域にまで高めていきたいという意思を表しています。

また、ボディカラーは全12色とライバル車以上のラインナップでお出迎えしてくれており、
さらにレクサスの塗装技術は世界でとても高い評価を得ているので、高級ブランドの名に恥じない
見事なボディに誰もが魅了されることでしょう。

レクサスGS インテリア

続いてはレクサスGSのインテリアについてです。

レクサスGSの現行モデルのシートは、可動域を増やし、肩部分の前後や背もたれ、さらに座面のシート幅を調整できるなどドライバーに合わせて細かく設定することができるようになったことが特徴の一つです。

そして、新型GSには広い後部座席が与えられ、頭上のスペースも拡大されたため車内での居住性がかなり向上しました。

一部のグレードでは後席にエアコンやエンターテイメントのスイッチが設置されているなど、運転手だけでなくレクサスGSに乗る全ての人に配慮がされています。

また、新型GSを皮切りにインテリアには竹が採用されており、特筆すべき点である竹のステアリングは、細かく切った11本の竹を合わせて作られており、職人によって一つずつ手で磨かれ手で塗装されています。

レクサスGS 安全装備

続いてはレクサスGSに装備されている安全装備についてご紹介します。
レクサスGSでは4つの予防安全システムをパッケージ化していますのでそれぞれ簡単にご説明します。

【プリクラッシュセーフティシステム】
進路上の車両や歩行者をミリ波レーダーと単眼カメラで検出し、衝突する可能性が高いと判断した場合に警報やブレーキの制御により衝突回避、あるいは衝突被害の軽減を支援します。
万が一、車両や歩行者と衝突しそうな場面に遭遇した場合には、警報の後、ドライバーがブレーキを踏むと、プリクラッシュブレーキアシストがブレーキ力を強力にアシストし、ドライバーの回避行動をサポートします。

【レーンキーピングアシスト】
高速道路や自動車専用道路を走行中に、車線から逸脱する可能性を警告したり、車線からの逸脱を避けるためのステアリング操作を支援します。

【オートマチックハイビーム】
夜間走行時に、周囲の明かりの状況によりハイビームで走行可能と判断した場合、ロービームをハイビームに自動的に切り替え、前方視界確保をアシストしてくれます。
先行車や対向車などを検出するとハイビームからロービームへ切り替え、ドライバーの切り替え忘れを防ぐとともに手動操作の煩わしさを軽減します。
スイッチ操作でオフにすることもできます。

【アダプティブハイビームシステム】
歩行者との事故の多くが夜間に発生する現実に対し、ハイビームによって視界を確保することにより、夜間の視認性向上に寄与します。
ウインドシールドガラスに搭載した光検出用カメラで先行車のテールランプや対向車のヘッドランプ、周囲の明るさを判別。ハイビームの照射範囲内に車両を検知すると、
11個(片側)のLEDの点灯・消灯を制御することで、ヘッドランプの照射範囲を細やかに調整し、先行車や対向車に直接ハイビームを当てないように部分的に遮光します。


上記4つの予防安全システムをパッケージ化を「Lexus Safety Systemu +」と呼び、安全運転をサポートしてくれます。

レクサスGS 新車価格

続いては、レクサスGSの新車価格についてです。

【GS450h】
“version L”2WD(FR) 8,435,000円
“F SPORT” 2WD(FR) 8,463,000円
“I package”2WD(FR) 7,824,000円~7,428,000円

【GS350】
“version L”2WD(FR) 7,437,000円
“F SPORT” 2WD(FR) 7,465,000円
“I package”2WD(FR)  6,826,000円~6,430,000円

“version L”AWD 7,648,000円
“F SPORT” AWD 7,486,000円
“I package”AWD 7,053,000円~6,657,000円

【GS300h】
“version L”2WD(FR) 7,160,000円
“F SPORT” 2WD(FR) 6,982,000円
“I package”2WD(FR) 6,549,000円~6,153,000円
【GS300】
“version L”2WD(FR) 6,777,000円
“F SPORT” 2WD(FR) 6,599,000円
“I package”2WD(FR) 6,166,000円~5,770,000円

レクサスGS 中古車価格

続いてはレクサスGSの中古車価格についてです。中古車価格については300万円台が相場となっています。

フルモデルチェンジ前のモデルであれば、150万円以下のものもありさらに100万円前後の中古車もあります。

新車や年式にこだわらず、少し前のモデルでもOKであればお手頃な価格で高級セダンを手に入れることが出来るので、
中古車情報もチェックしてみるのも良いかもしれません。

レクサス GS 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/LE/S001/

レクサス GSの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

レクサスGS 口コミ評価

続いては、レクサスGSの試乗記をご紹介します。

レクサスのセカンドグレードとなる『GS』が2015年11月にマイナーチェンジ。同時にスポーツモデルである「F」が追加された。
まず、ボディ剛性の高さが際立っていたこと。サーキットを走るとボディの優劣はすぐにわかる。ウエットではあったが、横Gがたまる100Rではタイヤが路面をグッとつかんで回っていくなか、ボディはまったく弱みを見せない。
それは1コーナーでのフルブレーキングでも同じ。1.8トンという重量級のボディをABSがフル作動するようなブレーキングをしてもガシッとまとまり感をもったままだ。

GS Fのミッションはコンベンショナルなトルコン付き8速AT。ドライブモードはエコ、ノーマル、スポーツS、スポーツS+の4つが用意されている。スポーツSまたはスポーツS+を選んだ場合は高応答のシフトアップ制御とブリッピングダウンシフト制御が行われる。
サーキットを走る際はやはりM(マニュアル)ポジションを選んだほうが楽しい。
今まで国産車にはなかったサーキットで思いっきり楽しめるスポーツセダンがついに登場したのは大きな出来事と言える。価格も1100万円と欧州のライバルと肩を並べる。
気軽に買えるクルマではないが、そうしたクルマをトヨタが作り世に出したという事実自体が大きな評価に値する。

まとめ

レクサスGSについてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

この記事を読んで興味をお持ちになったり、もともと興味があったけど具体的にどういった車か知りたかった方が知りたかった部分をお伝え出来たとしたらとても嬉しいです。

もっと詳しく知りたいという方はお近くのお店に足を運んでみてください。

関連する投稿


コンパクトながら走りはやはりレクサス|UXスペック・価格・評価ほか

コンパクトながら走りはやはりレクサス|UXスペック・価格・評価ほか

レクサスから新型UXが発売され、世界的にも人気のあるコンパクトSUVのカテゴリに投入されるUXはレクサスファン以外の方からも大きな注目を集めています。UXはこれまでレクサスから販売されているSUVから引き継いだ性能を詰め込んだ車種といえます。今回は、そのようなUXの規格・価格・評価などをご紹介していきます。


トヨタのマークXの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価は

トヨタのマークXの新車・中古車価格、スペック、燃費、ユーザー評価は

マークXはトヨタ自動車がマークⅡの実質の後継車として、2004年より製造販売しているセダンです。 スタイリッシュな外観とスポーティな走りを得意としており、普通のまじめなセダンとは一線を画します。本記事ではそんなマークXについてまとめています。


【5月6日発売】レクサスのSUV NX一部改良!価格は約442万円から

【5月6日発売】レクサスのSUV NX一部改良!価格は約442万円から

レクサスは、SUVのNXを一部改良し、5月6日より販売を開始すると発表しました。価格や、改良点など気になる情報をまとめています。


【2019年保存版】現行レクサス車種一覧 価格・特徴【早わかり】

【2019年保存版】現行レクサス車種一覧 価格・特徴【早わかり】

レクサス、と聞くと高級車だし自分には関係のない車。と決めつけている人はいませんか。それはもったいない!レクサスはもちろん高級車ですが、価格からボディタイプまで様々です!一口にレクサス、と言ってもいろんなモデルがあるんです。本記事では、現行レクサスを一覧にし、特徴や価格をまとめてみました。【4月17日更新】


【日本発売は?】レクサス初のミニバンLM300h!上海モーターショーで初公開

【日本発売は?】レクサス初のミニバンLM300h!上海モーターショーで初公開

レクサスは、4月16日に開幕した上海モーターショー2019で、レクサスブランド初となるミニバンタイプの新型車『LM』(LM300h)を世界初公開しました。大注目のLMの最新情報について見ていきましょう。最新のエクステリア画像・インテリア画像も満載です。そして一番気になるポイント…日本導入はあるんでしょうか?


最新の投稿


電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

車に乗るときサイドミラーは調整しますか?実は調整方法をご存知な方も少ないかもしれません。 サイドミラーも年々進化をしており最近ではカメラを搭載することが可能になりました。サイドミラーの修理方法や自分で行う場合のやり方を徹底的に紹介していきます。


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


丸わかり!エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズ

丸わかり!エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズ

好きな時に好きな場所でプライベートな時間を過ごすことができる車中泊が最近ブームです。日産エクストレイルは車中泊するのにぴったりの大人気SUV。ここでは、車中泊が大好きな方からこれからやってみたい初心者まで、エクストレイルで車中泊をやるのに役立つ情報やおすすめグッズなどをご紹介しています。


エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは車のアキレス腱と言われています。これは強化するにもメリットと、デメリットがあります。エンジンマウントが劣化したときにかかる、工賃や交換時期が気になるとこではないでしょうか。今回は、エンジンマウントとは何かから、劣化に対しての対象方について紹介していきます。


プリウスのバッテリーは2つある?電気自動車もバッテリーは上がる?

プリウスのバッテリーは2つある?電気自動車もバッテリーは上がる?

プリウスに搭載されているバッテリー、実は2つあることをご存知でしたでしょうか? この記事では他の車とは一味違うプリウスのバッテリーについて、バッテリーが2つ搭載されているその理由や寿命、従来のガソリンバッテリーとの違いについても触れていきます。 また、プリウスのバッテリーが上がってしまうその原因とその対策についても紹介します。 最後に、プリウスのバッテリーの核心である駆動バッテリーと補機バッテリーについて、交換目安や充電方法などを軸に詳しく掘り下げます。