トップへ戻る

トヨタ カローラフィールダーとは?ステーションワゴンの定番モデル!

トヨタ カローラフィールダーとは?ステーションワゴンの定番モデル!

トヨタの定番モデルの名前を冠する人気ステーションワゴンのカローラフィールダーについて紹介します。スタイルングや走行性能、車内空間の広さなどを解説すると同時に、ライバルとなるステーションワゴンをピックアップして比較します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタカローラフィールダーとは

≪写真提供:response≫トヨタ カローラフィールダー

車にはさまざまなカテゴリーが存在し、時代によって人気も移り変わっていきます。中にはあまり人気がなく市場規模が縮小してしまうカテゴリーも。

ステーションワゴンというカテゴリーは残念ながら、日本ではそれほど人気のあるカテゴリーというわけではありません。かつてはさまざまなメーカーがステーションワゴンをラインナップしていましたが、最近では数を減らしつつあります。

使い勝手が良く、より広い車内空間を確保できるミニバン人気の高まりや、コンパクトサイズで運転しやすいコンパクトハッチバックの進化などによってステーションワゴンは活躍の場を奪われつつあります。

とはいえ、ステーションワゴンの需要がなくなってしまったわけではありません。ミニバンよりも全高が抑えられていることでセダンのような感覚で運転でき、ヨーロッパ市場などでの人気は依然として高いです。日本でもステーションワゴンのスタイルにこだわるという方は決して少なくありません。

現在、日本市場におけるステーションワゴンの選択肢はそれほど多いわけではありませんが、中でも長年愛され続けているのがトヨタ カローラフィールダーです。トヨタの看板モデルであるカローラの名を冠したステーションワゴンで、発売以来多くのユーザーに支持され続けています。

そこで、ここではカローラフィールダーとはどういった車なのかを詳しくご紹介します。

ステーションワゴンの大本命モデル

初代カローラフィールダーは2000年に登場しました。セダンの代表モデルであるカローラの流れを汲むコンパクトなステーションワゴンとして登場しています。ボディサイズは5ナンバーサイズに抑えられており、非常に運転しやすいモデルとして人気を集めました。また、おしゃれなデザインもこのモデルが人気を集めた理由のひとつです。

従来のステーションワゴンは営業車的なイメージが強いものが中心でしたが、質感の高い内外装を採用し、ボディをやや厚めにしたことによってどこかかわいらしさも感じさせてくれるおしゃれなデザインに仕上がっています。さらにホイールベースを拡大することによって、全高に対して高い室内高を実現したという点もポイント。コンパクトなサイズからは想像できないほどに広い車内空間を実現しました。

カローラフィールダーのはじめてのフルモデルチェンジが行われたのは2006年でした。初代の魅力であった5ナンバーサイズのコンパクトなボディは継承され、デザインはよりスタイリッシュでスポーティな印象のものに変更されています。また、使い勝手の良さも進化しており、リアゲートからワンタッチでシートをフラットにできる「ワンタッチ収納リアシート」といった便利機能も投入されています。

さらにロングストロークのサスペンションを採用することによって路面の凹凸などによる振動や衝撃をしっかり吸収し、快適な乗り心地を実現しています。コンセプトはそのままにデザインも使い勝手も乗り心地も進化した傑作モデルとなりました。

3代目が登場したのは2012年でこちらが現行モデルにあたります。コンパクトなサイズながら十分な車内空間を確保したカローラフィールダーの魅力はそのままに、より高級感がプラスされています。カローラといえば大衆車といったイメージが強いモデルですが近年ではやや高級路線にシフトしています。カローラフィールダーもその流れを汲んで、まるで高級車のように質感の高い内外装が採用されました。

日本市場におけるステーションワゴン

すでにご紹介しましたが、日本におけるステーションワゴン市場はやや縮小傾向にあります。そんな中、カローラフィールダーはそのコンパクトサイズのボディと使い勝手の良さで多くのユーザーの支持を集めることに成功しました。

ミニバンやコンパクトハッチバックが高い人気を集めているのは事実ですが、ミニバンは大きすぎて、コンパクトハッチバックは小さすぎると感じているユーザーも決して少なくないでしょう。カローラフィールダーはそんな需要にぴったりとマッチしたといえるでしょう。

使い勝手の良い車内空間

現行カローラフィールダーはトヨタのコンパクトハッチバックであるヴィッツのプラットフォームを採用しています。これによって全長をコンパクトにしながら長いホイールベースを確保してスペース効率を高めています。そのため、リアシートも十分な広さになっており大人が4人乗車しても窮屈さを感じることはありません。

さらに、ラゲッジスペースも2代目モデルより拡大されており、大きな荷物も楽に積み込めるようになっています。

スタイリッシュなデザイン

スタイリッシュなデザインもカローラフィールダーの魅力の一つです。初代モデルはやや丸みを帯びたシルエットでしたが2代目以降は直線をうまく活かしたスタイリッシュでスポーティなデザインへと変更されています。

さらに、3代目モデルでは高級感もプラスされてプレミアムな存在感を放つモデルに仕上げられています。

軽快な走行性能

軽快な走りもカローラフィールダーの魅力のひとつです。エンジンはガソリン車とハイブリッド車ともに1.5リッターとなっており、コンパクトなボディに対するパワーは十分です。

また、車体も軽いので操作への反応も素早く、走行性能の面でも魅力的なモデルに仕上がっています。

ライバル不在?カローラフィールダーの競合モデル

≪写真提供:response≫トヨタ カローラフィールダー

やや縮小傾向にあるステーションワゴン市場なので、多くのライバルが存在するというわけではありません。

しかしライバルになり得るモデルはいくつか存在するので、それらをピックアップしてご紹介します。

ホンダ シャトル

≪写真提供:response≫ホンダ シャトル

コンパクトサイズのステーションワゴンとしてはホンダのシャトルがライバルにあげられるでしょう。こちらはホンダの定番コンパクトカーであるフィットの派生モデルとして誕生し、現在では独立したモデルになっています。

サイズもカローラフィールダーとかなり近いので購入を検討する際にはしっかり比較しておきたいモデルです。

マツダ6 ワゴン

≪写真提供:response≫アテンザ ワゴン(現マツダ6 ワゴン)

カローラフィールダーより少しサイズが大きくなってしまいますが、マツダ6もステーションワゴンとしてライバルに挙げられます。マツダのフラッグシップシリーズにあたり、高級感、走行性能、車内の快適性などありとあらゆる点で優れたモデルに仕上がっています。

特にデザインがこのモデルの大きな魅力となっており、スタイリッシュでありながら高級感もあり、幅広い層の方に支持されているモデルと言えます。

スバル レヴォーグ

≪写真提供:response≫スバル レヴォーグ

よりスポーティな走りを楽しむことができるステーションワゴンとして人気を集めているのがスバル レヴォーグです。

ターボエンジンや先進の運転支援機能などが備わることもあって価格は高めとなっていますが、他のステーションワゴンにはない魅力を持っています。

カローラフィールダーの価格

≪写真提供:response≫トヨタ カローラフィールダー

カローラフィールダーの購入を検討する際に、やはり気になるのはコストの面です。

そこで、ここではカローラフィールダーの新車価格、中古車市場価格、そして燃費といったコストの面についてご紹介します。

カローラフィールダーの新車価格

カローラフィールダーのグレード構成はシンプルで、ガソリンエンジンモデルとハイブリッドモデルの2種類です。

まずガソリンモデル「EX 2WD CVT」は1,653,000円(税抜)となっています。そしてハイブリッドの「HYBRID EX」が2,074,000円(税抜)。ガソリンエンジンモデルとハイブリッドモデルでは30万円以上の価格差があります。なので、購入価格のみを考えるとガソリンエンジンモデルに惹かれる方が多いかもしれません。

しかし、燃費性能には大きな差がありますので、その点も頭に入れた上で検討する必要があります。

ハイブリッドモデルでも200万円前後という価格はステーションワゴンとしてはかなり価格が抑えられており、コストパフォーマンスの高いモデルと言えます。

※価格は公式サイトより(2021年5月時点)

カローラフィールダーの中古車価格

カローラフィールダーは歴史もあり、人気の高いモデルということもあって、中古車市場にもかなりの台数が出回っています。また、現行モデルも発売からかなりの期間が経過しています。そのため、かなりお買い得なものも少なくありません。

現行モデルでも100万円以下から購入可能なものも多く、年式が古いものであれば50万円前後からでも購入できます。状態がいい車体でも安価なものが多いので、中古のカローラフィールダーはかなりお買い得感があります。

カローラフィールダーの燃費

最後にカローラフィールダーの燃費をご紹介します。まず、ガソリンモデルはWLTCモードで15.6〜19.8km/L、ハイブリッドモデルは27.8km/Lとなっています。コンパクトサイズとはいえ、ステーションワゴンとしてはかなり優秀な数値と言えるでしょう。特にガソリンモデルで20km/L近い燃費はかなり魅力的です。

ガソリンエンジンモデルでも十分な燃費性能だと感じる方も多いかもしれません。もちろん、ハイブリッドモデルはさらに燃費性能が高くなっていますので、購入を検討している方はこの点も考慮するようにしましょう。

まとめ

≪写真提供:response≫トヨタ カローラフィールダー

カローラフィールダーはトヨタを代表するステーションワゴンの定番モデルです。発売当初からライバル不在と言われるほどに高い人気を誇るモデルとなっており、現在でも多くのユーザーに支持されています。

今回はそんなカローラフィールダーの魅力や価格、ライバルとなるモデルなどについてもご紹介しました。購入を検討している方は参考にしてみてください。

こちらの記事もおすすめ!

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

2020年2月発売のヤリスを皮切りに、GRヤリス、ヤリスクロスと、「ヤリスファミリー」が広がっています。3台それぞれが各セグメントで確固たる人気を獲得していることもあって、2021年に入ってからも登録者国内販売台数の首位を堅持し続けている「ヤリスファミリー」の魅力は一体どこなのか、ライバルと比べてどうなのか、詳しく探っていきましょう。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。