トップへ戻る

トヨタ カローラフィールダーとは?ステーションワゴンの定番モデル!

トヨタ カローラフィールダーとは?ステーションワゴンの定番モデル!

トヨタの定番モデルの名前を冠する人気ステーションワゴンのカローラフィールダーについて紹介します。スタイルングや走行性能、車内空間の広さなどを解説すると同時に、ライバルとなるステーションワゴンをピックアップして比較します。

[PR]本ページはプロモーションが含まれています
⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタカローラフィールダーとは

≪写真提供:response≫トヨタ カローラフィールダー

車にはさまざまなカテゴリーが存在し、時代によって人気も移り変わっていきます。中にはあまり人気がなく市場規模が縮小してしまうカテゴリーも。

ステーションワゴンというカテゴリーは残念ながら、日本ではそれほど人気のあるカテゴリーというわけではありません。かつてはさまざまなメーカーがステーションワゴンをラインナップしていましたが、最近では数を減らしつつあります。

使い勝手が良く、より広い車内空間を確保できるミニバン人気の高まりや、コンパクトサイズで運転しやすいコンパクトハッチバックの進化などによってステーションワゴンは活躍の場を奪われつつあります。

とはいえ、ステーションワゴンの需要がなくなってしまったわけではありません。ミニバンよりも全高が抑えられていることでセダンのような感覚で運転でき、ヨーロッパ市場などでの人気は依然として高いです。日本でもステーションワゴンのスタイルにこだわるという方は決して少なくありません。

現在、日本市場におけるステーションワゴンの選択肢はそれほど多いわけではありませんが、中でも長年愛され続けているのがトヨタ カローラフィールダーです。トヨタの看板モデルであるカローラの名を冠したステーションワゴンで、発売以来多くのユーザーに支持され続けています。

そこで、ここではカローラフィールダーとはどういった車なのかを詳しくご紹介します。

ステーションワゴンの大本命モデル

初代カローラフィールダーは2000年に登場しました。セダンの代表モデルであるカローラの流れを汲むコンパクトなステーションワゴンとして登場しています。ボディサイズは5ナンバーサイズに抑えられており、非常に運転しやすいモデルとして人気を集めました。また、おしゃれなデザインもこのモデルが人気を集めた理由のひとつです。

従来のステーションワゴンは営業車的なイメージが強いものが中心でしたが、質感の高い内外装を採用し、ボディをやや厚めにしたことによってどこかかわいらしさも感じさせてくれるおしゃれなデザインに仕上がっています。さらにホイールベースを拡大することによって、全高に対して高い室内高を実現したという点もポイント。コンパクトなサイズからは想像できないほどに広い車内空間を実現しました。

カローラフィールダーのはじめてのフルモデルチェンジが行われたのは2006年でした。初代の魅力であった5ナンバーサイズのコンパクトなボディは継承され、デザインはよりスタイリッシュでスポーティな印象のものに変更されています。また、使い勝手の良さも進化しており、リアゲートからワンタッチでシートをフラットにできる「ワンタッチ収納リアシート」といった便利機能も投入されています。

さらにロングストロークのサスペンションを採用することによって路面の凹凸などによる振動や衝撃をしっかり吸収し、快適な乗り心地を実現しています。コンセプトはそのままにデザインも使い勝手も乗り心地も進化した傑作モデルとなりました。

3代目が登場したのは2012年でこちらが現行モデルにあたります。コンパクトなサイズながら十分な車内空間を確保したカローラフィールダーの魅力はそのままに、より高級感がプラスされています。カローラといえば大衆車といったイメージが強いモデルですが近年ではやや高級路線にシフトしています。カローラフィールダーもその流れを汲んで、まるで高級車のように質感の高い内外装が採用されました。

日本市場におけるステーションワゴン

すでにご紹介しましたが、日本におけるステーションワゴン市場はやや縮小傾向にあります。そんな中、カローラフィールダーはそのコンパクトサイズのボディと使い勝手の良さで多くのユーザーの支持を集めることに成功しました。

ミニバンやコンパクトハッチバックが高い人気を集めているのは事実ですが、ミニバンは大きすぎて、コンパクトハッチバックは小さすぎると感じているユーザーも決して少なくないでしょう。カローラフィールダーはそんな需要にぴったりとマッチしたといえるでしょう。

使い勝手の良い車内空間

現行カローラフィールダーはトヨタのコンパクトハッチバックであるヴィッツのプラットフォームを採用しています。これによって全長をコンパクトにしながら長いホイールベースを確保してスペース効率を高めています。そのため、リアシートも十分な広さになっており大人が4人乗車しても窮屈さを感じることはありません。

さらに、ラゲッジスペースも2代目モデルより拡大されており、大きな荷物も楽に積み込めるようになっています。

スタイリッシュなデザイン

スタイリッシュなデザインもカローラフィールダーの魅力の一つです。初代モデルはやや丸みを帯びたシルエットでしたが2代目以降は直線をうまく活かしたスタイリッシュでスポーティなデザインへと変更されています。

さらに、3代目モデルでは高級感もプラスされてプレミアムな存在感を放つモデルに仕上げられています。

軽快な走行性能

軽快な走りもカローラフィールダーの魅力のひとつです。エンジンはガソリン車とハイブリッド車ともに1.5リッターとなっており、コンパクトなボディに対するパワーは十分です。

また、車体も軽いので操作への反応も素早く、走行性能の面でも魅力的なモデルに仕上がっています。

ライバル不在?カローラフィールダーの競合モデル

≪写真提供:response≫トヨタ カローラフィールダー

やや縮小傾向にあるステーションワゴン市場なので、多くのライバルが存在するというわけではありません。

しかしライバルになり得るモデルはいくつか存在するので、それらをピックアップしてご紹介します。

ホンダ シャトル

≪写真提供:response≫ホンダ シャトル

コンパクトサイズのステーションワゴンとしてはホンダのシャトルがライバルにあげられるでしょう。こちらはホンダの定番コンパクトカーであるフィットの派生モデルとして誕生し、現在では独立したモデルになっています。

サイズもカローラフィールダーとかなり近いので購入を検討する際にはしっかり比較しておきたいモデルです。

【無料】ガリバーにシャトルの中古車探しを依頼する

マツダ6 ワゴン

≪写真提供:response≫アテンザ ワゴン(現マツダ6 ワゴン)

カローラフィールダーより少しサイズが大きくなってしまいますが、マツダ6もステーションワゴンとしてライバルに挙げられます。マツダのフラッグシップシリーズにあたり、高級感、走行性能、車内の快適性などありとあらゆる点で優れたモデルに仕上がっています。

特にデザインがこのモデルの大きな魅力となっており、スタイリッシュでありながら高級感もあり、幅広い層の方に支持されているモデルと言えます。

【無料】ガリバーにマツダ6ワゴンの中古車探しを依頼する

スバル レヴォーグ

≪写真提供:response≫スバル レヴォーグ

よりスポーティな走りを楽しむことができるステーションワゴンとして人気を集めているのがスバル レヴォーグです。

ターボエンジンや先進の運転支援機能などが備わることもあって価格は高めとなっていますが、他のステーションワゴンにはない魅力を持っています。

【無料】ガリバーにレヴォーグの中古車探しを依頼する

カローラフィールダーの価格

≪写真提供:response≫トヨタ カローラフィールダー

カローラフィールダーの購入を検討する際に、やはり気になるのはコストの面です。

そこで、ここではカローラフィールダーの新車価格、中古車市場価格、そして燃費といったコストの面についてご紹介します。

カローラフィールダーの新車価格

カローラフィールダーのグレード構成はシンプルで、ガソリンエンジンモデルとハイブリッドモデルの2種類です。

まずガソリンモデル「EX 2WD CVT」は1,653,000円(税抜)となっています。そしてハイブリッドの「HYBRID EX」が2,074,000円(税抜)。ガソリンエンジンモデルとハイブリッドモデルでは30万円以上の価格差があります。なので、購入価格のみを考えるとガソリンエンジンモデルに惹かれる方が多いかもしれません。

しかし、燃費性能には大きな差がありますので、その点も頭に入れた上で検討する必要があります。

ハイブリッドモデルでも200万円前後という価格はステーションワゴンとしてはかなり価格が抑えられており、コストパフォーマンスの高いモデルと言えます。

※価格は公式サイトより(2021年5月時点)

カローラフィールダーの中古車価格

カローラフィールダーは歴史もあり、人気の高いモデルということもあって、中古車市場にもかなりの台数が出回っています。また、現行モデルも発売からかなりの期間が経過しています。そのため、かなりお買い得なものも少なくありません。

現行モデルでも100万円以下から購入可能なものも多く、年式が古いものであれば50万円前後からでも購入できます。状態がいい車体でも安価なものが多いので、中古のカローラフィールダーはかなりお買い得感があります。

カローラフィールダーの燃費

最後にカローラフィールダーの燃費をご紹介します。まず、ガソリンモデルはWLTCモードで15.6〜19.8km/L、ハイブリッドモデルは27.8km/Lとなっています。コンパクトサイズとはいえ、ステーションワゴンとしてはかなり優秀な数値と言えるでしょう。特にガソリンモデルで20km/L近い燃費はかなり魅力的です。

ガソリンエンジンモデルでも十分な燃費性能だと感じる方も多いかもしれません。もちろん、ハイブリッドモデルはさらに燃費性能が高くなっていますので、購入を検討している方はこの点も考慮するようにしましょう。

【無料】ガリバーにカローラフィールダーの中古車探しを依頼する

まとめ

≪写真提供:response≫トヨタ カローラフィールダー

カローラフィールダーはトヨタを代表するステーションワゴンの定番モデルです。発売当初からライバル不在と言われるほどに高い人気を誇るモデルとなっており、現在でも多くのユーザーに支持されています。

今回はそんなカローラフィールダーの魅力や価格、ライバルとなるモデルなどについてもご紹介しました。購入を検討している方は参考にしてみてください。

車をローンで購入するなら?カーローン申込ランキング

【無料】ガリバーに●●の中古車探しを依頼する

こちらの記事もおすすめ!

関連する投稿


スバル新型「レヴォーグ」発表!新世代アイサイト搭載でより安全な車に

スバル新型「レヴォーグ」発表!新世代アイサイト搭載でより安全な車に

スバルは、2023年9月7日、ステーションワゴン「レヴォーグ」の一部改良モデルを発表し、予約受付を開始しました。今回の一部改良では、新世代アイサイトの搭載など先進安全装備の強化を行っているようです。


釣りに行くならこの車!おすすめグッズ5選&おすすめ車種10選

釣りに行くならこの車!おすすめグッズ5選&おすすめ車種10選

釣り人の「足」として欠かせないアイテムが「車」!車釣行派であれば愛車にさまざまなグッズを備えておくことで、快適かつ便利に釣行を楽しむことができますよね。そこで今回は、そんな釣行車に備えておきたい「おすすめグッズ5商品」と「釣り用におすすめの10車種」を紹介します!


ステーションワゴンおすすめ車種20選!選び方や各車種の特徴まで徹底解説!

ステーションワゴンおすすめ車種20選!選び方や各車種の特徴まで徹底解説!

走行性能と積載性を兼ね備え、スタイリッシュなデザインが多いステーションワゴンですが、SUVブームに押され最盛期に比べるとラインアップ数は減りつつあります。しかしながら視野を広げて輸入車も含めると、ステーションワゴンはまだまだ主力ジャンルのひとつです。この記事では、今だからこそおすすめしたいステーションワゴンをランキング形式で国産、輸入車に分けて紹介していきます。各車種のスペックや価格情報を比較しながら、あなたにぴったりの一台を見つけてください。


【2024年】車内が広いコンパクトカー人気おすすめ10選

【2024年】車内が広いコンパクトカー人気おすすめ10選

日本特有の「5ナンバーサイズ」の車は、新車では少なくなってしまったものの、日本国内では使いやすいサイズです。都市部や山道などで取り回しが良く、それでいて室内も決して狭くないことが特徴です。今回は、おすすめのコンパクトカーを10台紹介します。


3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 25車種を一覧で比較!

3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 25車種を一覧で比較!

ファミリーカーとして人気を博しているミニバンに待ったをかけるのが、多人数も乗れるSUV。最近では3列シート・7人乗りSUVが続々市場に導入されています。本記事では、現在日本で購入可能な、現役の国産車から外車まで、ありとあらゆるメーカーの「3列シート/7人乗り SUV」についてまとめてご紹介します。


最新の投稿


スズキ新型「エブリイ/エブリイワゴン」発表!ターボやCVT搭載車、お洒落な新色を追加設定

スズキ新型「エブリイ/エブリイワゴン」発表!ターボやCVT搭載車、お洒落な新色を追加設定

スズキは、2024年2月27日、軽商用車「エブリイ」、軽乗用車「エブリイワゴン」、福祉車両ウィズシリーズ「エブリイ 車いす移動車」、「エブリイワゴン 車いす移動車」の一部改良モデルを発表しました。エブリイ、エブリイワゴンは発表同日より、エブリイ 車いす移動車、エブリイワゴン 車いす移動車は3月21日より発売されます。


「走行距離」と検索する人は車のどんなことが気になる?人物像や関心を調査

「走行距離」と検索する人は車のどんなことが気になる?人物像や関心を調査

車の走行距離は、車を購入する上でも売却する上でも重要なポイントです。近年はEVの需要も高まってきており、EVでどれくらいの距離を走行できるのかも気になる観点ではないでしょうか。 今回は車の「走行距離」の検索キーワードから「走行距離」を気にする人の人物像やどのような物事に関心があるのかを調査していきます。


バイク買取「KATIX(カチエックス)」の評判は?特徴やメリットなど解説

バイク買取「KATIX(カチエックス)」の評判は?特徴やメリットなど解説

バイクを高く売りたいなら、一度の申し込みで複数の買取業者の査定が受けられる一括査定サービスが一般的です。しかし、業者の数だけ査定を受けることになるので、時間が取れない忙しい人には不向きでしょう。そこでオススメなのが「KATIX(カチエックス)」。専任担当が代行して複数の業者と買取価格の交渉を行ってくれるので、時間のない人でも利用しやすいのはもちろん、バイクに詳しくない人も安く買いたたかれる心配がありません。本記事では、KATIXを実際に利用した人の口コミや評判をはじめ、特徴やメリット・デメリットなどを解説します。バイクを高く売りたい人は、最後まで読んで参考にしてくださいね。


【2024年】ミニバン人気おすすめ5選!広々とした室内空間とスライドドアが魅力

【2024年】ミニバン人気おすすめ5選!広々とした室内空間とスライドドアが魅力

一般的には、3列シートで6名乗り以上の1.5BOX、2BOXなどといわれる形状のボディをもつミニバンですが、日本ではファミリーカーとして数多くのユーザーに愛用されています。人気ジャンルが故に、数多くのモデルが存在するミニバン。今回はそんなミニバンの中から、おすすめの車を5台紹介します。


電動キックボードのシェアリングサービス、認知度は7割以上も現在の利用率は1割未満【LINEリサーチ調査】

電動キックボードのシェアリングサービス、認知度は7割以上も現在の利用率は1割未満【LINEリサーチ調査】

LINEリサーチは、「電動キックボードのシェアリングサービス」について、サービスの展開エリアが多い一都三県(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県)在住の18~59歳男女を対象に、普及度やこれからの流行がどのようになるのかについての調査を実施し、結果を公開しました。


セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カード
ブログ 始め方 新車情報 新型iphone 予約 iphone15 予約 楽天モバイル 評判 wimax au回線 年賀状 安い