トップへ戻る

マツダ6は内装かっこいい?日本のかっこいいセダンを詳しく解説!

マツダ6は内装かっこいい?日本のかっこいいセダンを詳しく解説!

日本のかっこいいセダン、それがマツダ6です!そして、マツダ6はインテリアも超素敵!本記事では、そんな内も外もかっこいいマツダ6をご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


超絶かっこいいぜ!マツダ6

《写真提供:response》マツダ6 セダン ブラックトーンエディション

マツダ6、いいですねぇ・・・。かっこいいです。特に、特別仕様車の「ブラックトーンエディション」、これイチオシです。

写真の「ポリメタルグレーメタリック」って言う色がめちゃくちゃいいんですよ。シックなんだけど精悍さもあって、マジで見惚れるぐらいかっこいい!

マツダ6って、アテンザ時代から数えたらもう9年ぐらい同じデザインなんですけど、全然そんな事感じませんよね。今見ても素晴らしいスタイリングです。

やっぱりマツダの魂動デザインって、スタイリングの本質を突き詰めているから、時が経っても古くならないんですね。

《写真撮影 中野英幸》マツダ6(ブラックトーンエディション)

マツダ6のブラックトーンエディション、19インチと言うゴツいサイズのホイールが真っ黒に塗られてます。

下品なスタイリングのクルマだったら、19インチの真っ黒ホイールなんて履かせると、「悪く」しか見えません。しかし、マツダ6の場合は全然そうは見えない。特に、ポリメタルグレーメタリックとの組み合わせだと、足元がシャキッと引き締まって見えます。

《写真撮影 中野英幸》マツダ6(ブラックトーンエディション)

マツダのシンボル「シグネチャーウイング」。やっぱりポリメタルグレーメタリックのような彩度の低い色の方が、ウイングのクロームメッキとボディーカラーのコントラストが際立ってより印象に残りますね。

ファッション界で流行し始めた「くすみカラー」をいち早くボディカラーに取り入れるなんて、やっぱりマツダのデザインに対する感度は他の日本車メーカーとは隔絶した鋭さです。

《写真撮影 中野英幸》マツダ6(ブラックトーンエディション)

マツダ6は全長が4,865mmもある長い長いセダン。しかし、ポリメタルグレーメタリックだとボディが引き締まって見えて、そんなに大きなクルマには感じません。

日本では、セダンというと特に国産のセダンはオヤジ専用車みたいなイメージがありますが、マツダ6って全然そうじゃないですよね。

男女問わず、生き方のかっこいい大人に乗って欲しいクルマです。

《写真撮影 中野英幸》マツダ6(ブラックトーンエディション)

マツダ6のココに注目!

インテリアも超絶エロい!

マツダ公式ホームページ:マツダ6 ブラックトーンエディション

マツダ6の特別仕様車のブラックトーンエディションって、ボディデザインだけじゃなくてインテリアもいいんです。

ブラックトーンエディションはレザーシートの色が特別職のレッドになるんですけど、このシートの色がエロい!

品のない真っ赤じゃなくて、イタリアの赤ワインのキャンティ・クラシコの色を思い起こさせる、しっとりと落ち着いた雰囲気を醸し出す赤になっています。

マツダ公式ホームページ:マツダ6 ブラックトーンエディション

黒で統一されたダッシュボードと赤いシートのコンビネーション。

この色使い、完全に国産車のレベルを超えています。もう、イタリア車、なかでもマセラッティに肩を並べるぐらいのエロさがあります。

本当にマツダってインテリアにこだわってるんだなぁ、ってわかりますよね。

《写真提供 マツダ》マツダ6 100周年特別記念車

ブラックトーンエディションのエロい感じでまとめられているインテリアと対象的なのが、「100周年特別記念車」。派手です。

ダッシュボードもドアのトリムもセンターコンソールも全部白!ホワイト!真っ白!

そこに、ブラックトーンエディションと同じレッドのレザーシートを配してるんですから、綺羅びやかですよね!

《写真提供 マツダ》マツダ6 100周年特別記念車

ダッシュボードが白でシートが赤という事は、紅白!さすがマツダ創業100周年をお祝いする特別仕様車。めでたい色でまとめてるんですね!

さらには、フロアカーペットまで赤になっていて、しかも100周年特別記念車限定の「100年プレート」付き。これはレアですよ!

《写真提供 マツダ》マツダ6 100周年特別記念車

なんと、フロントシートのヘッドレストにはマツダ100周年記念のロゴが刻印されています。これもオシャレですね!

アルファロメオとかマセラティみたいなイタリアンブランドがよく採用している手法なんですけど、このワンポイントでインテリアの高級感がぐっとアップしています。

《写真提供 マツダ》マツダ6 100周年特別記念車

ド派手でオシャレなマツダ6の100周年特別記念車は、残念ながら2021年3月末でディーラーでの受注は終了してしまっています。

そのうち中古車が流通し始めると思いますので、欲しい!と思われる方はじっくりと探してみてください!

室内も広い!

マツダ6、デザインもインテリアもかっこいいんですけど、でも、室内が狭かったりしたら使い勝手が悪くなってしまいますよね。

でも、心配しなくて大丈夫です。マツダ6、室内も広いです。なんと言っても、マツダ6はマツダの最上級車ですから、セダンはマツダの社長車!にも使用されます。

マツダ6はもともと大きいクルマ。セダンの全長は4,865mmもあって、ちょっと前のベンツEクラスやBMW5シリーズに匹敵する大きさ。そのため、セダンの室内長は1,960mmもあって、リアシートも広々。

これならご家族も納得させる事ができますね!

走りもすごい!

マツダ6、デザインもインテリアもかっこいいし、室内も広いのはわかったんだけど、走りはどうなの?

心配いりません。マツダが走りの悪いクルマを作る訳がないからです。

マツダ6にはマツダ独自の制御技術である「G-ベクタリング コントロール プラス」が搭載されています。G-ベクタリング コントロール プラス、要はクルマがドライバーの思ったとおりに動いてくれるので、ハンドルを切りすぎたり戻し過ぎたりのような余計な操作がなくなって、スムーズに運転できるようになるというもの。

ハンドルをちょこちょこ切る事がなくなるので、クルマがフラフラしなくなって、助手席やリアシートに乗っている人もより快適にドライブが楽しめるようになる、みんなが嬉しい技術です。

これは、ポイント高いですよね!

《写真提供:response》SKYACTIV-G 2.5T エンジン

エンジンもバッチリです。マツダ6にはハイパワーなエンジンが2種類も用意されています。

まずは、2.5L直列4気筒ガソリンターボエンジンで、230PS/420Nを発揮。ガソリンエンジンらしくシュンシュンと気持ちよく回って、レスポンスも良好。大パワーと大トルクで、どんな道路状況でも余裕をもって走れます。

マツダ6は大人なセダンですから、やっぱりパワーにも余裕がほしいですよね!

写真提供:response》SKYACTIV-D 2.2 エンジン

もうひとつは、2.2L直列4気筒ターボディーゼルエンジンで、190PS/450Nを発揮。

ディーゼルエンジンの特徴は、ハイパワーなのに燃費良好でお財布に優しいこと!ガソリンターボのWLTC燃費が12.4km/Lに対し、ターボディーゼルのWLTC燃費は17.8km/Lと、約3割も燃費がいいのです。

特に、WLTC高速道路モード燃費で20.8km/Lを記録していますから、高速道路を走る機会の多い人はディーゼル一択です。

450Nmものトルクがあるから、加速も豪快ですよ!

まとめ

マツダ6、いかがでしたか?デザインもインテリアもかっこよくて、走りもいい!本当に死角のないクルマに仕上がっています。

来年ぐらいにモデルチェンジの噂もありますので、今のマツダ6が欲しい方はお早めにどうぞ!

関連するキーワード


マツダ 車種情報 マツダ6

関連する投稿


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


往年の名車であるマツダ RX-7の人気の理由を徹底解説

往年の名車であるマツダ RX-7の人気の理由を徹底解説

スポーツカー好きなら誰もが通る日本車の名車、マツダ RX-7は、高性能なロータリーエンジンと唯一無二のスタイルで特に高い人気を誇ります。今回はマツダ RX-7が人気を博した理由と購入時のポイントについてご紹介していきます。


見た目だけじゃない!マツダ フレアの魅力を徹底紹介

見た目だけじゃない!マツダ フレアの魅力を徹底紹介

使い勝手の良い車が欲しいけど、見た目も重視したいという方も多いのではないでしょうか。マツダ フレアはそのキュートな見た目だけでなく広々とした室内にはたくさんの便利機能を搭載しています。今回はそのマツダ フレアについて魅力を徹底的に紹介していきます。


セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較

セダンとはどんな車のこと?他の車種と徹底比較

車と言って真っ先に想像する形はいわゆる「セダン」の形ではないでしょうか。ですが、セダンとはどんな車か説明することは難しいと思います。そこで、今回はそんなセダンの特徴と魅力について解説します。


マツダ CX-8の室内空間とインテリア、そして荷室はどうなの?

マツダ CX-8の室内空間とインテリア、そして荷室はどうなの?

2017年12月に発売されたマツダのCX-8は、3列シートのSUVということで注目を集めています。そこで、マツダの看板車種になったCX-8の特長である3列シートを備えたインテリアと荷室の特徴を、グレードごとにご紹介します。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。