トップへ戻る

外車ステーションワゴンおすすめ5車種!かっこよくて荷物も積めるモデルは?

外車ステーションワゴンおすすめ5車種!かっこよくて荷物も積めるモデルは?

走行性能の高さとラゲッジスペースの広さが両立されているステーションワゴンは、SUV人気に押されているものの、注目を集めているジャンルです。特に外車のステーションワゴンになると、使い勝手の良さだけでなく、優雅なデザインのものも多いです。今回は外車のステーションワゴンのおすすめモデルをご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


外車のステーションワゴンの選び方

外車のステーションワゴンはたくさんの種類がありますが、どのモデルを選べば良いでしょうか?いくつかのポイントを抑えておくと、満足できる車選びができるでしょう。

取り回しのしやすさ

メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン

メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン

まずは取り回しのしやすさです。通勤や普段の買い物では狭い道や駐車場に車を停めることも多いです。大きなモデルは迫力があったり、荷室が広かったりする一方で、取り回しのしやすさではコンパクトなモデルに劣ります。

ステーションワゴンはどれも大きいというイメージがありますが、コンパクトなモデルを選ぶこともできます。もちろんステーションワゴンなら荷室の広さと走行性能のバランスは優れているので問題ありません。

コンパクトサイズよりちょっと大きめのモデルになると、ミドルサイズになるでしょう。3ナンバーサイズであっても、スポーティで実用的なサイズです。

ラグジュアリー感で選ぶ

BMW 3シリーズ ツーリング

BMW 3シリーズ ツーリング

外車のステーションワゴンならラグジュアリー感で選ぶこともできます。国産のステーションワゴンと比較すると、実用性よりも高級感を与えるモデルも多いですので、高級感があるかどうかで車選びできます。

予算も関係しますが、BMWの3シリーズツーリングなら500万円台前半で購入できるので、ミニバンの高級グレードを買うよりは安いです。ラグジュアリー感あるステーションワゴンで、満足するモデルを購入するのも良いでしょう。

パワーユニットで選ぶ

BMW 3シリーズ ツーリング

BMW 3シリーズ ツーリング

搭載されるパワーユニットでステーションワゴンを選ぶこともできます。外車になると、燃費が悪いというイメージがありますが、外車の中にはディーゼルエンジンを搭載している車も多いです。

ガソリン車よりも燃費がよく、軽油の価格がレギュラーガソリンよりも手頃なので燃料コストは抑えられるでしょう。一般的にディーゼルエンジンは街乗りで短い距離を乗るよりも、長距離を乗る方が適しているので、通勤などで一定の距離を乗る場合におすすめできます。

おすすめのステーションワゴン【外車】

おすすめのステーションワゴンをピックアップしてご紹介します。

メルセデスベンツ Cクラス ステーションワゴン

メルセデスベンツ C180ステーションワゴン アバンギャルド

メルセデスベンツ C180ステーションワゴン アバンギャルド

Cクラス ステーションワゴンはコンパクトサイズで運転が得意でない方でも、取り回しが十分しやすいサイズです。狭い道でも全幅が1,810mmなので5ナンバー車よりも大きいですが、比較的運転しやすいでしょう。最小回転半径は5.1mとコンパクトカーに迫るもの。日本の道路事情にもマッチしています。

安定性が抜群によい車で、走行性能が高いです。ミドルクラスになるので、手に入れやすい価格帯なこともおすすめできる理由です。またベンツの安全装備の高さも良いもので、安心してドライブできる車。安全装備はSクラスと同等の運転支援システムが採用されています。

ステアリングアシストがあるので、高速道路から一般道の走行路でステアリングに手を添えるだけで、一車線内を一定の距離感を維持しながら追従します。

高級感も十分にありますし、それだけでなく機能の高さなどバランスが優れているモデルです。ウインカーを点滅させると、車線変更先に車両がいないことを確認し、自動で車線変更する「アクティブレーンチェンジングアシスト」があります。センサーで安全を確認してから車線変更できるので、ドライバーの疲労軽減と安全を確保できる装備です。

【メルセデス・ベンツ C 180 ステーションワゴン】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,705mm×1,810mm×1,455mm(ホイールベース:2,840mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,550kg
燃費WLTCモード:12.4km/L
エンジン種類DOHC 直列4気筒ターボチャージャー付
最高出力115kW(156PS)/5,300~6,100rpm
最大トルク250N・m(25.5kgf・m)/1,500~4,000rpm
駆動方式後輪駆動(FR)
トランスミッション電子制御9速A/T

情報は2020年9月現在の公式サイトより

メルセデスベンツ Eクラス ステーションワゴン

メルセデスベンツ Eクラス・ステーションワゴン 改良新型

メルセデスベンツ Eクラス・ステーションワゴン 改良新型

Eクラス ステーションワゴンは、グレードによっては力強いパワーユニットが魅力となる車です。日本国内でも大き目のボディサイズですが、運転しやすいサイズです。より大きなボディのステーションワゴンが良い方にお勧めのモデル。

走りの性能の高さが魅力の1つで、コーナリングやブレーキングが確実に行えるので、安心して運転できるでしょう。

ボディサイズを活かした荷室の広さも特徴で、ゴルフバッグなら4個ほど積載できます。リアシートをすべて倒すと、1,820Lの大容量のラゲッジスペースが出現します。大きな荷物を載せる必要があっても、問題なく積載できるでしょう。

長尺物もステーションワゴンの全長を活かして積載できますし、テールゲートはフットトランクオープナーが搭載されているので、手を離せないときでもテールゲートを開けられます。

Eクラスになると、多彩な色から選択可能なインテリアのアンビエントライトや空気清浄機能などこだわりの装備がありますし、上質な乗り心地を実現しているのも特徴です。

ラグジュアリー感が出ているので、優雅なステーションワゴンが欲しい方におすすめ。ステーションワゴンらしさとラグジュアリー感のバランスが良いモデルです。

【メルセデス・ベンツ E 200 Stationwagon Sports(BSG搭載モデル) 】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,955×1,850×1,465mm(ホイールベース: 2,940mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,790kg
燃費WLTCモード:12.7km/L
エンジン種類DOHC直列4気筒ターボチャージャー付
最高出力135kW(184PS)/5,800-6,100rpm
最大トルク280N・m(28.6kgf・m)/3,000-4,000rpm
電動機種類交流同期電動機
最高出力8/10kW
最大トルク38N・m(3.9kgf・m)
駆動方式後輪駆動(FR)
トランスミッション電子制御9速A/T

情報は2020年9月現在の公式サイトより

BMW 3シリーズ ツーリング

BMW 3シリーズ・ツーリング

BMW 3シリーズ・ツーリング

BMWの主力モデルの3シリーズのステーションワゴンです。BMWの力強さやハンドリングの良さを堪能できるモデルです。ラゲッジスペースは広いので、荷物をたくさん積載できますし、機能性に優れていることから収納空間も多いです。BMWらしいラグジュアリーさも感じさせてくれるモデル。

ボディはBMWの車の中で歴史の長いモデルのひとつになる3シリーズの利点を活かして、ツアラー系のボディになっています。ミドルクラスよりも少し大きめの車になりますが、その分力強い走りを期待できるのが特徴です。

先進技術も搭載されており、渋滞時にアクセルやブレーキ、さらにステアリングまで自動操縦してくれる高速道路渋滞時ハンズ・オフ・アシストがあります。街中や高速道路での渋滞しているときにドライバーをサポートしてくれる機能が搭載されています。

2019年9月にモデルチェンジしましたが、新しいモデルになると荷室容量が拡大されており、後席を倒したときの容量が先代の1,500Lから1,510Lに拡大しています。

また荷室のガラス部分だけを開閉できる、独立開閉リアウィンドウや足の操作のみでラゲッジドアの経平ができるオートマチック・テールデート・オペレーションが標準装備されているので、利便性が高まっているのも特徴です。

【BMW 320i ツーリング 】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,715x1,825x1,470mm(ホイールベース: 2,850mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,610kg
燃費WLTCモード:13.3km/L
エンジン種類直列4気筒DOHCガソリン
最高出力135kW(184PS)/5,000rpm
最大トルク300N・m(30.6kgf・m)/1,350-4,000rpm
駆動方式後輪駆動(FR)
トランスミッション電子油圧制御8速A/T

情報は2020年9月現在の公式サイトより

ボルボ V60

ボルボ V60(PHEVモデル)

ボルボ V60(PHEVモデル)

ボルボが販売しているステーションワゴンの中で、主流の商品となるのがV60です。快適さと広さのバランスが取れていることから、普段の街乗りから週末の遠出までカバーできるモデル。

ボルボの頑丈な作りは受け継いでおり、さらに軽快な走りも実現します。大きさは国産のステーションワゴンと変わらないほどのサイズですので、日本の道路でも不自由さを感じることは少ないでしょう。安定感のある走りで、高速道路での長距離移動も難なくこなします。

気分や状況に合わせてドライブモードを変えられる、ドライブモード・セッティングが搭載されています。エンジン、ステアリングなどが最適な状態に調整されるのが特徴です。

北欧らしい上質感があるインテリアもV60の魅力です。シートが上質な素材を使っていたり、丈夫な作りになっていたりします。長時間座っていても疲労が少ないシートは、ドライバーにとって嬉しいですね。

ボルボの予防安全や衝突安全の高さは世界トップクラスです。安全性能が高いステーションワゴンを探している方にぴったりのモデルです。

【ボルボ V60 T5 モメンタム】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,760mm×1,850mm×1,435mm(ホイールベース:2,870mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,700kg
燃費JC08モード:12.9km/L
エンジン種類水冷直列4気筒DOHC16バルブ(インタークーラー付ターボチャージャー)
最高出力187kW(254PS)/5,500rpm
最大トルク350N・m(35.7kg・m)/1,500-4,800rpm
駆動方式前2輪駆動
トランスミッション電子制御前進8速A/T

情報は2020年9月現在の公式サイトより

アウディ A4 アバント

アウディ A4 アバント

アウディ A4 アバント

存在感があるデザインで、ラグジュアリー感があるだけでなく、力強さも感じられるのがA4アバントです。アウディはステーションワゴンをアバントと呼んでおり、シンプルなデザインでも機能性があるボディ形状として人気があります。

現行モデルのエクステリアは、大型のラジエターグリルに切れ長のヘッドライトが組み合わされており、シャープな雰囲気を感じさせます。さらにリアのテールランプの形状も、スポーティさを感じさせるデザインです。

一方で内装は、上質感があるので、落ち着いた雰囲気です。上質な空間になるように、工夫がされており、比較的シンプルで機能的なデザインになっています。

シフトレバーの前にエアコンやオーディオのスイッチが集中しており、手が届きやすい位置で操作ができます。またオンダッシュ型のディスプレイで運転中も視線を外すことなく確認しやすいのも特徴です。

【アウディ A4 アバント 35 TFSI】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,760mm×1,845mm×1,435mm(ホイールベース:2,825mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,540kg
燃費WLTCモード:13.6km/L
エンジン種類直列4気筒DOHC インタークーラー付ターボ
最高出力110kW(150PS)/5,000-6,000rpm
最大トルク270N・m(27.5kg・m)/1,350-3,900rpm
駆動方式前輪駆動
トランスミッション7速Sトロニックトランスミッション

情報は2020年9月現在の公式サイトより

まとめ

外車のステーションワゴンは、コンパクトなものから、ラグジュアリーで大型のものまで選択できます。予算や運転のしやすさなどで車選びができるでしょう。外車らしいかっこよい1台を見つけるのに、ぜひ参考にしてください。

関連するキーワード


外車 ステーションワゴン

関連する投稿


ホンダ シャトル|5ナンバーサイズのステーションワゴンの魅力は?!

ホンダ シャトル|5ナンバーサイズのステーションワゴンの魅力は?!

5ナンバーサイズの使いやすさと、ステーションワゴンとしてのユーティリティの高さを合わせ持つ、ホンダ シャトル。エクステリアやインテリア、ラゲッジスペースやグレードなどの情報を詳しく解説します。


トヨタ カローラフィールダーとは?ステーションワゴンの定番モデル!

トヨタ カローラフィールダーとは?ステーションワゴンの定番モデル!

トヨタの定番モデルの名前を冠する人気ステーションワゴンのカローラフィールダーについて紹介します。スタイルングや走行性能、車内空間の広さなどを解説すると同時に、ライバルとなるステーションワゴンをピックアップして比較します。


【今が買い】格安中古外車 おすすめ5選はこれだ!値崩れ幅に大注目

【今が買い】格安中古外車 おすすめ5選はこれだ!値崩れ幅に大注目

憧れの輸入車、街中で見とれるだけで終わらせずに、賢く手に入れてしまってはどうでしょう。新車ではさすがに手が出なくても、中古車になれば驚きの値崩れが期待できるのが輸入車の常。そこで今回は、見た目はフレッシュなのに割安な中古輸入車を5台ピックアップしてみました。驚愕のお買い得さはオーナーだけが知っている、オーラのある中古輸入車を是非チェックしてみてください。


走りのスゴいクルマ 5選!異次元のドライビンクフィールを感じよう!

走りのスゴいクルマ 5選!異次元のドライビンクフィールを感じよう!

今どきのクルマはどれも良く出来ていて、もはや大きな欠点のあるクルマなんてありません。一方で、クルマの平均的なレベルが上がるにしたがって、クルマに乗って感動したり、感心したりする事も少なくなって来たような気がします。でも、世界には一度ハンドルを握ると、「おおっ!スゴいっ!」と感じるドライビングフィールのクルマが、まだまだ沢山あります。 クルマはやっぱりドキドキ・ワクワクするもの。そんなクルマたちをご紹介いたしましょう!


新社会人におすすめ!運転しやすくオシャレな最新車をタイプ別で紹介

新社会人におすすめ!運転しやすくオシャレな最新車をタイプ別で紹介

大変だった2020年が終わり、遂にやってきた2021年。今年から新たに社会人となられる方は、これまでとは異なったさまざまな困難にも遭遇するかもしれません。せめて車選びだけでもお手伝いさせていただきたく、新社会人の方にもぴったりなおすすめ車をタイプ別にまとめてみました。お値段は控えめでも充実したカーライフが送れること必至ですので、ご参考にしてみてください。


最新の投稿


【カーリースと中古車、どっちがおトク?】支払い額近し!メリット・デメリットで見極めよう

【カーリースと中古車、どっちがおトク?】支払い額近し!メリット・デメリットで見極めよう

近年人気上昇中のカーリースですが、メリットばかり宣伝で見るけど何か裏があるんじゃないの?と気になっている方も多いのでは。新車は手が届かないけど、カーリースならなんとかなるかも!とお思いの方でも、中古車もきっと一度は検討してみたはず。カーリースと中古車、どちらがどんなカーライフにぴったりなのか、メリットとデメリットを分析することでしっかり見極めていきましょう。


【カーリース会社を比較】おトクなのはどのカーリース?人気会社を調査

【カーリース会社を比較】おトクなのはどのカーリース?人気会社を調査

近年急速に広がりを見せている車の持ち方が「カーリース」です。あらゆる分野で所有しない使用というスタイルが人気を得る中、車に対する出費を月々定額の支払いでまとめることのできるカーリースもお手軽感が人気の様子。そこで、人気のカーリース会社の特徴をまとめて比較してみました。ご自分に合ったカーリース会社はどれなのか、きっとぴったりのサービスが見つかるはずです。


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。


国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

国内で人気のコンパクトカーの魅力は?室内は広い?徹底解説

日本の入り組んだ道でも運転しやすく、人気の高いコンパクトカー。最近では、燃費性能の高い車種もたくさん販売されていて、メーカーがこぞって力を入れる車種となっています。今回はそんなコンパクトカーについて魅力を解説していきます。