トップへ戻る

2022年のおすすめ最新クーペ5台!今年は国産車も外車もクーペが豊作

2022年のおすすめ最新クーペ5台!今年は国産車も外車もクーペが豊作

精悍なスタイリングや優れた走行性能で人気のクーペは、自動車業界における花形の車種です。近年ではクーペのラインアップ数は少なくなってきていますが、それでも新型モデルも複数登場するなど、根強い人気も感じられます。SUVやミニバンなど背が高い実用性重視の車が人気な現代でこそ、クーペの特別感も際立つというもの。この記事では、2022年に注目しておきたい、おすすめの最新クーペ5台を紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


2022年を最新クーペと快適に過ごそう!最新クーペが目白押し

《画像提供:Response 》インフィニティ Q60

近年の自動車業界における販売の主力は、トールワゴンやSUVなど全高を高くとった実用性重視のモデルがほとんどです。

着座位置が高めの車種は、見晴らしの良さや乗り降りのしやすさが特徴的ですし、室内だけでなく荷室の高さにも余裕が生まれ、大きな荷物も積みやすくなっています。その車が1台あるだけでさまざまなシーンに対応できる多用途性は、一度体験すると病みつきになってしまう方も多いようです。

そのような市場の傾向から正反対の車が「クーペ」でしょう。走行性能やスタイリングを重視したクーペは全高が低めで、乗り降りは不便ですし、荷室や後席空間は広々とはいかないモデルがほとんどで、中にはそもそも後席がないモデルもあります。

しかしクーペは、そのような不便さを補ってあまりある魅力がいっぱい。クーペは基本的に魅力的な内外装デザインを持つモデルが多く、スポーツ走行に特化した性能を持つモデルや、ロングクルーズの快適性を重視したモデルなど、車種によって異なる多彩な特徴から好みのモデルを選ぶことができます。

全世界的に販売ラインアップ数の減少が続いているクーペではありますが、そのような時代だからこそ、販売されているクーペは完成度が高く個性的なモデルばかりです。

2022年に注目しておきたい、おすすめの最新クーペ5台を紹介します。

【2022年最新】おすすめクーペ5台をご紹介!

トヨタ GR86/スバル BRZ:定番FRクーペが全面刷新!

《画像提供:Response 》トヨタ GR86(上)、スバル BRZ(下)

「トヨタ GR86」と、「スバル BRZ」の2台は、現在国内で購入できる2ドアクーペの中でもっとも廉価なモデルたちです。世界的に高評価と人気を獲得し、一躍ライトウェイトFRスポーツの定番車種となった86とBRZですが、2021年には新型モデルにフルモデルチェンジされるとともに、86に関しては新たにGRブランドモデルとなって車名が「GR86」に変更されています。

スバルの水平対向エンジンにトヨタの燃料噴射技術「D-4S」を組み合わせて後輪を駆動する点は初代と共通ながら、GR86と新型BRZではエンジンの排気量を2.4リッターに拡大。最高出力と最大トルクを向上させつつ、より低回転域から分厚いトルクを発生させることで、実用域での扱いやすさやレスポンスを向上させています。

ルーフやボンネット、トランクなどにアルミ材を採用するなど、軽量化と低重心化がさらに進められたことで、先代以上に思い通り操れるシャープなハンドリングを実現。エンジンのパワーアップと相まって、スポーツカーらしい軽快な走行性能に磨きをかけています。

《画像提供:Response 》トヨタ GR86

室内は狭めではあるものの、後席を持つ2プラス2レイアウトを維持し、トランクスペースは意外と広め。タイヤ4本と工具類を自走で持ち込める、走行会などにもピッタリなこだわりが初代から維持されており、クーペボディでも日常の使い勝手も上々です。

また、初代では設定すらなかった自動ブレーキなどの予防安全機能が新たに設定された点もトピックです。6速AT車にスバルの「アイサイト」コアテクノロジーが標準装備され、プリクラッシュブレーキや全車速追従機能付クルーズコントロールなどが備わります。

残念ながら6速MT車ではアイサイトの設定がなく、簡易的な自動ブレーキすら備わらないなど現行車としては非常に寂しい装備内容が気になる方も多いかも。スポーツカーならではの6速MTを選択したい方は、今後の改良に期待したいところです。

トヨタ GR86のスペックはこちら

【トヨタ GR86 SZ 6MT】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,265mm×1,775mm×1,310mm
ホイールベース2,575mm
最大乗車定員4名
車両重量1,260kg
燃費WLTCモード:12.0km/L
エンジン種類水平対向4気筒ガソリン 2,387cc
エンジン最高出力173kW(235ps)/7,000rpm
エンジン最大トルク250N・m(25.5kgf・m)/3,700rpm
駆動方式後輪駆動(FR)
トランスミッション6速MT
新車価格2,760,000円(消費税抜)
(2022年1月現在 トヨタ公式サイトより)

日産 フェアレディZ:歴史を背負った新型Zがいよいよ走り出す

《画像提供:Response 》日産 フェアレディZ プロトスペック(東京オートサロン2022 出展車両)

「日産 フェアレディZ」といえば、同社を代表する伝説的なクーペのひとつ。日本だけでなく海外市場でも人気とはいえ、6代目モデルはなんと2008年から10年以上にわたって販売が続けられてきたというロングセラーで、早急なモデルチェンジが待たれていましたが、2022年6月にはついに新型モデルが発売されます。

新型モデルでもロングノーズショートデッキの王道的なフォルムや、FRレイアウトは当然踏襲されますが、新たに搭載されるエンジンは最高出力405psと非常にパワフルな3リッターV6ツインターボ。スカイライン史上最強グレードとして話題になった「400R」と共通のエンジンとなっており、圧倒的なパフォーマンスに期待がかかります。

現行型の7速ATから2段も増えた9速ATも設定されるものの、9速ATと同価格で6速MTも継続設定される点がうれしいサプライズといえそうです。電動化が行われていないパワフルなエンジンをMTで自在に操作できるモデルは、年々貴重な存在になってきていますので、新型フェアレディZでもMT比率が高めになるかもしれませんね。

《画像提供:Response 》日産 フェアレディZ(東京オートサロン2022 出展車両)

新型フェアレディZは、S30型やZ32型といった歴代ZのDNAを感じさせるユニークなエクステリアデザインや、クラシックなスポーツカーレイアウトとモダンな技術を融合させたインテリアも見どころです。

2022年1月時点で価格などの詳細が発表されているのは、ローンチエディションとなる240台限定の特別仕様車「プロトスペック」のみとなっており、標準ラインアップとしてはベースグレード、「バージョンS」「バージョンST」の3通りが用意される予定とのこと。

プロトスペックは税抜600万円台となかなか高価なので、他のグレードがどのような価格帯になるのか注目が集まっています。

日産 フェアレディZのスペックはこちら

【日産 フェアレディZ プロトスペック 6MT(日産社内測定値)】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,380mm×1,845mm×1,315mm
ホイールベース2,550mm
最大乗車定員2名
車両重量-
燃費WLTCモード:-
エンジン種類V型6気筒ガソリンツインターボ 3.0L
エンジン最高出力298kW(405ps)/6,400rpm
エンジン最大トルク475N・m(48.4kgf・m)/1,600-5,600rpm
駆動方式後輪駆動(FR)
トランスミッション6速MT
新車価格6,333,000円(消費税抜)
(2022年1月現在 日産公式サイトより)

レクサス RC F:5リッターV8クーペが新車で買えるって奇跡かも?

《画像提供:Response 》レクサス RC F ”パフォーマンスパッケージ”

デビューは2014年とやや古めではあるものの、高性能や稀少性が際立つ国産クーペが「レクサス RC F」です。2019年には内外装のリフレッシュが行われたこともあり、現行レクサスらしいシャープなデザインを維持しています。

RC Fで注目なのはそのパワートレインで、5.0リッターもの大排気量、その上自然吸気という、令和の現代において非常に稀少なV8エンジンを搭載しています。481psに達する高出力と535N・mという大排気量らしい分厚いトルクを、自然吸気ならではのアクセルレスポンスで存分に味わうことができます。

レクサスには同エンジンを搭載するフラッグシップクーペとして「LC500」も存在していますが、税抜1,200万円台スタートとなるLCに対し、RC Fは税抜1,000万円を切るスタート価格を実現。さらに後席空間や荷室空間でもLCより余裕があり、その圧倒的な性能に対して日常使いもしやすい点がポイントです。

《画像提供:Response 》レクサス RC F ”パフォーマンスパッケージ”

また、2019年の改良時に新設定された「パフォーマンスパッケージ」も要注目。旧型RC Fから70kgもの軽量化を実現しつつ、カーボンリヤウィングやカーボンセラミックブレーキ、チタン製マフラーなどのハイエンドパーツを特別装備しており、ハードなサーキット走行にもぴったりな究極のRC Fとなっています。

ハイブリッド車や電気自動車など電動化車両が勢いづく現代において、ここまでの大排気量スポーツエンジンは先が長くないことは明白。気になっている方は、お好みの仕様を追求できる新車販売がされている今のうちに手に入れておくことをおすすめします。

レクサス RC Fのスペックはこちら

【レクサス RC F “パフォーマンスパッケージ”】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,710mm×1,845mm×1,390mm
ホイールベース2,730mm
最大乗車定員4名
車両重量1,720kg
燃費WLTCモード:8.5km/L
エンジン種類V型8気筒ガソリン 4,968cc
エンジン最高出力354kW(481ps)/7,100rpm
エンジン最大トルク535N・m(54.6kgf・m)/4,800rpm
駆動方式後輪駆動(FR)
トランスミッション8速AT
新車価格13,172,727円(消費税抜)
(2022年1月現在 レクサス公式サイトより)

BMW 2シリーズクーペ:FR維持で新登場!直6ターボも選べる

《画像提供:Response 》BMW M240i xDrive(欧州仕様車)

FRレイアウトを採用したスポーティな車のイメージが強いBMWですが、近年では低価格帯のモデルを中心にFFプラットフォームを活用したモデルも増加中です。

ハッチバックボディとFRレイアウトの組み合わせが個性的だった1シリーズも、現行モデルからFFレイアウトに移行したことから、コンパクトクラスにおいては、BMWからFR車がなくなることを危惧する声も。

しかし、2021年7月に発表された2シリーズクーペの新型モデルは、これまで同様にFRプラットフォームを採用するだけでなく、直6ターボエンジンを搭載したホットモデルも継続設定されるなど、BMWならではのコンパクトFRクーペとして、ファンを大いに安堵させました。

《画像提供:Response 》BMW M240i xDrive(欧州仕様車)

2シリーズファミリーには4ドアの「2シリーズ グランクーペ」も設定されていますが、あちらはFFレイアウト。新型2シリーズは、兄貴分の4シリーズとパワートレインやメカニズムを共有しており、FRレイアウトの上質でコントローラブルなハンドリング性能を追求しています。

2022年1月現時点では2シリーズクーペは正式発表前の段階ですが、国内市場では直列4気筒ターボを搭載する「220iクーペ」「220iクーペ Mスポーツ」と、直列6気筒ターボを搭載する「M240i xDrive」の3グレード通りがラインアップされる模様です。

まもなく発表・発売が開始される見込みの新型2シリーズクーペ、年々稀少さを増しているFRスポーツクーペの心地よい走りを、今こそ堪能しておきたいところですね。また、今後はホットモデルの「M2」の追加設定も噂されているなど、まだまだ2シリーズクーペから目が離せません。

BMW 2シリーズクーペのスペックはこちら

【BMW M240i xDrive クーペ(欧州仕様参考値)】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,537mm×1,838mm×1,390mm
ホイールベース2,741mm
最大乗車定員4名
車両重量-
燃費WLTCモード:-
エンジン種類直列6気筒ガソリンターボ 2,998cc
エンジン最高出力275kW(374ps)/5,500-6,500rpm
エンジン最大トルク500N・m(51.0kgf・m)/1,900-5,000rpm
駆動方式四輪駆動(4WD)
トランスミッション8速AT
新車価格-
(2022年1月現在 BMWジャパン公式サイトより)

シボレー コルベット:スーパーカーの価格破壊!緻密な走りにも注目

《画像提供:Response 》シボレー コルベット クーペ 3LT

初代が1953年登場という非常に長い歴史を持ち、アメリカを代表するスポーツカー/GTカーである「シボレー コルベット」。最初期を除く初代から7代目まで、60年以上にわたってV8エンジンとFRレイアウトという不文律を守り続けてきたコルベットですが、2019年に登場した8代目モデル「C8」では、V8は維持しつつミッドシップレイアウトとなった点が大いに話題を呼びました。

シボレーを含む多数の自動車ブランドを展開するGMとしても、ミッドシップ車を市販するのは30年以上ブランクがあります。そのような状況で登場した新型コルベットの完成度の高さは世界的に高評価を獲得しており、日本上陸も待ち望まれていました。

新型コルベットは、アルミニウムなどを用いた軽量かつ高剛性なシャシーと、パワフルなV8エンジンに8速DCTの組み合わせでスーパーカー級の性能を実現しつつ、普段使いもできるほどの優れた乗り心地や安定性をも手に入れています。

《画像提供:Response 》シボレー コルベット クーペ 3LT

乗り心地だけでなく豪華装備による快適性も大いに追求されている点はコルベットらしい部分。12インチのカラーディスプレイによるメーターやボーズのオーディオシステムなどが全車で備わるほか、常時最新の地図をストリーミング利用してくれる専用ナビも国内仕様では標準装備されます。

もっとも廉価な「2LT」グレードでも1,000万円台スタートと、価格帯としてお安くはない新型コルベット。しかし、味わい深いV8エンジンを特別感のあるミッドシップレイアウトとしていることや、先進的な最新のエレクトロニクスなど、性能や装備を考慮するとバーゲン価格に感じられるはず。

2倍、3倍の価格を持つライバルと比較すると、スーパーカーの価格破壊と思えるほどのコスパの良さが新型コルベットの特徴でしょう。

シボレー コルベットのスペックはこちら

【シボレー コルベット クーペ 2LT】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,630mm×1,940mm×1,225mm
ホイールベース2,725mm
最大乗車定員2名
車両重量1,670kg
燃費WLTCモード:-
エンジン種類V型8気筒ガソリン 6,156cc
エンジン最高出力369kW(502ps)/6,450rpm
エンジン最大トルク637N・m(65.0kgf・m)/5,150rpm
駆動方式後輪駆動(MR)
トランスミッション8速DCT
新車価格11,363,636円(消費税抜)
(2022年1月現在 シボレージャパン公式サイトより)

まとめ

《画像提供:Response 》トヨタ GRスープラ(海外仕様車)

2022年に注目しておきたい最新のおすすめクーペをご紹介してきました。

国産メーカーで2ドアクーペをラインアップし続けているのはレクサス、トヨタ、日産、スバルのみと、近年は寂しい状態が続いているクーペですが、輸入車まで含めると選択肢が一気に広がる印象ですね。

背高ノッポな車ばかりが人気の2022年、流麗なクーペで颯爽と駆け抜ければ、注目を集められること間違いなしでしょう。

【新車情報】2022年発売が予想される新型車を大調査!各社期待の星が勢揃い | カーナリズム

https://matome.response.jp/articles/5707

自動車の電動化がいよいよさらに進められていくであろう2022年ですが、国内に存在する各メーカーだけでなく、輸入車メーカーからも重要な新型車が多数登場する見込みとなっており、ぜひ注目しておきたいところですね。この記事では、2022年に登場が見込まれている新型車をまるっとご紹介していきますので、ぜひご参考にしてみてください。愛車候補のあの車も、モデルチェンジ直前かもしれませんよ。

【デザインが美しいクーペ 5選】クーペ、それは華やかなライフスタイル! | カーナリズム

https://matome.response.jp/articles/5200

SUV全盛の世の中ですが、やはり、美しいデザインを持つクルマと言えば、クーペです。クーペには、クーペにしか持ち得ない華やかさがあります。世界中の美しいクーペを、一緒に見ていきましょう!

クーペとセダンの違いは?特徴やいま人気のクーペ4選を紹介! | カーナリズム

https://matome.response.jp/articles/5192

車の形状を語源とする「クーペ」は、セダンと似ているようで異なる車です。とはいえ、実際には両者がどのように異なっているのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。クーペとセダンの違いは、ドアの数や運転性能、デザインの方向性などによって見分けられます。そこで今回は、クーペとセダンの違いや特徴、国内で販売されているおすすめのクーペ4選について解説します。

よくある質問

2022年のクーペ、特徴はどこ?

伝統的な2ドアクーペはラインアップが減少しており、4ドアクーペやクーペSUVなどの派生型が増えている現代では、「クーペらしさ」とはスポーティなルックスと走行感覚、と解釈されている印象もあります。2022年のクーペで重視しておきたい特徴としては、クーペならではの妖艶なスタイルと走行性能がどれだけ追求されているかという点が挙げられそうです。

2022年にデビューする新型クーペってあるの?

国産車のクーペでは、GR86とBRZのフルモデルチェンジが2021年10月に行われたことも記憶に新しいですが、2022年は日産から新型フェアレディZが発売されることが一大ニュースといえそう。日産を代表する伝統的なモデルだけに、注目度が非常に高くなっています。

関連する投稿


新型フェアレディZの価格、スペック、内装、発売日、予約状況の最新情報!

新型フェアレディZの価格、スペック、内装、発売日、予約状況の最新情報!

1969年の初代S30誕生以来、長く愛されているスポーツカー「フェアレディZ」に新型が登場しました。その人気ぶりは、先行受付開始1ヶ月で受注停止となったことが物語っています。新型フェアレディZのグレードは6種類(ProtoSpecを除く)。ここでは、新型フェアレディZの価格、スペック、内装、発売日、予約状況といった最新情報をお届けします。


どこまでもエレガント!2022年度版 メルセデス・ベンツのクーペ一覧

どこまでもエレガント!2022年度版 メルセデス・ベンツのクーペ一覧

高級車の代名詞的存在ともいえるメルセデス・ベンツは、多くの人たちの憧れの存在となっています。メルセデス・ベンツは、セダンやSUVなどの売れ筋のモデルを販売する一方、「クーペ」もしっかりと作り続けています。 今回は、エレガントなメルセデス・ベンツのスポーツ・クーペについて紹介します。


【2022年】風を感じるオープンカーおすすめ5選!人気車種と最新情報をお届け

【2022年】風を感じるオープンカーおすすめ5選!人気車種と最新情報をお届け

「オープンカー」という言葉を聞いただけで、クルマ好きの人なら心がときめくはず。屋根を開けて、風を感じながら走るドライブは爽快そのもの。この記事では、2022年の最新のオープンカー情報を紹介します!


期待の最新小型SUV、ホンダ ZR-VとBR-V!日本導入はあるか

期待の最新小型SUV、ホンダ ZR-VとBR-V!日本導入はあるか

ユーティリティ抜群のコンパクトカーやミニバンが人気のホンダながら、売れ筋のSUVジャンルでは、国内のラインアップを見ると、CR-Vとヴェゼルの2台だけと意外に選択肢が少ない印象。しかし、海外に目を向けるとホンダらしさが光る、魅力的なコンパクトSUVが多数存在しています。今後の日本導入にも期待したくなる魅惑のホンダ最新コンパクトSUV、ZR-VとBR-Vに注目して紹介します。


レクサス新型LXが堂々登場!注目の価格やシビれる高級装備を徹底調査

レクサス新型LXが堂々登場!注目の価格やシビれる高級装備を徹底調査

高級車ブランド「レクサス」のフラッグシップSUVでありながら、道なき道も涼しい顔で通り抜けられる究極のオフロード性能をも兼ね備えたモデルが「レクサス LX」です。国内で2世代目となる新型モデルの登場で、その仕上がりや装備に注目している方も多いのではないでしょうか。この記事では新型LXの注目ポイントを紹介しつつ、気になる価格帯なども調査しています。ぜひチェックしてみてください。


最新の投稿


【2022年最新】最も低燃費な軽はコレ!軽自動車燃費ランキングTOP10

【2022年最新】最も低燃費な軽はコレ!軽自動車燃費ランキングTOP10

価格の安さや維持費の安さでお財布に優しい軽自動車ですが、近年の軽自動車は燃費性能も大幅に向上しており、上手に選べばガソリン代もしっかり節約することができます。いったいどの軽自動車が低燃費なのか、気になってきますよね。この記事では、最新のカタログ燃費をもとに、最も低燃費な軽自動車10車種を紹介します。最新軽自動車の驚きの燃費性能を、ぜひチェックしてみてくださいね。


値落ちが激しくお買い得!中古車ミニバンおすすめ5選

値落ちが激しくお買い得!中古車ミニバンおすすめ5選

大勢が乗車できて荷物も運べる便利な「ミニバン」は、SUVと並んで日本では人気の高い車のジャンルの一つです。そんなミニバンを中古車でなるべくお買い得に購入したいという方も多いでしょう。しかし、人気ジャンルゆえに存在する車種が非常に豊富で、選ぶにしても選択肢の広さに迷ってしまうことも。この記事では、そんな方の参考となるように、中古車価格がお買い得でさらに魅力度の高い選りすぐりのミニバンを5車種紹介します。


車の水垢を落とす方法と水垢洗剤おすすめ10選!水垢の種類や原因、付着防止の方法も徹底解説

車の水垢を落とす方法と水垢洗剤おすすめ10選!水垢の種類や原因、付着防止の方法も徹底解説

気付いたら車に付着している水垢は、見た目も悪く、落とすのも大変…できれば発生させたくないですよね。では、水垢がなぜ発生するのかご存じでしょうか。今回は水垢が発生する原因から落とし方までの解説と、水垢落としにおすすめな洗剤10選を紹介します。


【2022年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2022年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


車の賢い買い方とは?新車・中古車を選ぶメリット・デメリットや買い方を徹底解説

車の賢い買い方とは?新車・中古車を選ぶメリット・デメリットや買い方を徹底解説

「晴れて免許がとれたから、車を買ってみたい!でも、車ってどうやって買うの?」「長く乗った今の車をそろそろ買い替えたい!最近よく見かける「残価設定ローン」や「サブスク」ってなに?」などなど車の買い方について疑問に思うことはありませんか。昨今では「車の買い方」にはさまざまな方法があります。また、「車を買わずに所有するスタイルというのも存在します。ここでは車を所有するさまざまな方法について紹介します。