トップへ戻る

クーペとセダンの違いは?特徴やいま人気のクーペ4選を紹介!

クーペとセダンの違いは?特徴やいま人気のクーペ4選を紹介!

車の形状を語源とする「クーペ」は、セダンと似ているようで異なる車です。とはいえ、実際には両者がどのように異なっているのかよく分からないという方も多いのではないでしょうか。クーペとセダンの違いは、ドアの数や運転性能、デザインの方向性などによって見分けられます。そこで今回は、クーペとセダンの違いや特徴、国内で販売されているおすすめのクーペ4選について解説します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


クーペとは

日産370Z(フェアレディZ)プロジェクト・クラブスポーツ23

日産370Z(フェアレディZ)プロジェクト・クラブスポーツ23

クーペとは「車の形状を表す言葉」で、走行性を重視したスポーティーなつくりが特徴的な車です。2ドアタイプが主流であり、車高は低くスタイリッシュで流麗なデザインが特徴的な車種が多く見られます。

大人数が乗ることは想定されておらず、一般的には2人乗りか4人乗りで前方席のみが設けられており、エンジンルームが広く取られているのが特徴です。

クーペの名前の由来

クーペの名前の由来はフランス語の「coupé(クペ)」であり、かつては「切られた」という語源から「車両の後ろ側が切り落とされた2人乗りの箱馬車」を指していました。

そこから転じて車の形を表す「クーペ」と呼ばれるようになったといわれています。

クーペとセダンの違いとは?

ホンダ NSX タイプR 予想CG

ホンダ NSX タイプR 予想CG

クーペとセダンの大きな違いは「ドアの数」と「重視しているポイント」の2点です。一般的にクーペは2ドア、セダンは4ドアが主流となっており、一部例外はあるもののドアの数を見ると簡単に見分けが付きます。

また、クーペはデザイン性や操縦のしやすさを重視して設計されているのに対し、セダンは安全性や居住性、丈夫さを重視して設計されているという違いがあります。

セダンの特徴

セダンは居住性の高いつくりが特徴的で、走行時の静音性が高く快適なドライブが可能な車種が多い傾向にあります。室内空間も広めに取られているため、長距離の走行でも窮屈にならずに過ごせるでしょう。

また、ボディが頑丈に作られており、重心も低めなのでSUVやミニバンに比べると風に煽られにくいというメリットもあります。

さらに、「トランクが外部から確認できない」というのもSUVなどには見られない特徴のひとつで、盗難防止などにも役立ちます。

2ドア以外に4ドアのクーペもある!

メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 53 4MATIC+

メルセデスAMG GT 4ドアクーペ 53 4MATIC+

クーペは2ドアが主流ではありますが、最近では「4ドアクーペ」と呼ばれるタイプの車も登場しています。

「4ドアクーペ」とはいっても厳密にはセダンの車高を低く設計して、前後の窓柱を倒したタイプのセダンのことを指していることから、厳密には「クーペに似ているデザインの4ドアセダン」と表すのが近いといえるでしょう。

そのため、4ドアクーペと4ドアセダンは広義には同じものであるともいえますが、実際には各メーカーの表記は明確に分けられています。4ドアセダンは走行性、4ドアクーペはデザイン性に重点を置いて開発されているイメージです。

クーペに乗るメリット

メルセデスベンツ Eクラスクーペ(E300)

メルセデスベンツ Eクラスクーペ(E300)

ここでは、クーペを選ぶメリットについてご紹介します。

高い走行性能

クーペは車高が低めに設計されている車種が多いので、走行時の重心が低くなり安定的に走行しやすいというメリットがあります。横転しにくいことからコーナーをスムーズに曲がれる操縦性の高さも魅力といえるでしょう。

また、現行のクーペは高級SUVのスポーツ仕様として設定される車種も多いため、各メーカーの最新技術が搭載されており、さらに走行性を高めるためのさまざまな工夫が凝らされています。

洗練されたデザイン

車高が低く流れるようなボディラインなど、クーペは洗練されたエクステリアが特徴的で、デザイン性の高さを持ち味としています。

メーカー各社も美しさを強調するデザインを押し出しており、「格好良く見える車」というのがクーペにとっては何より大きなメリットといえるでしょう。

おすすめのクーペ4選を紹介

ここからは、国内で販売されているおすすめのクーペを4種類ご紹介します。

トヨタ 86

トヨタ 86 GTブラックリミテッド

トヨタ 86 GTブラックリミテッド

「86」は発売元はトヨタですが、スバルと共同開発しているモデルであり、トヨタがコンセプトやデザイン、スバルが詳細設計を担当して2012年から販売を開始しています。当初人気を博したのは中高年層がメインでしたが、少しずつ年齢層がシフトし、いまでは若者に人気の車種となりました。

6速マニュアル車も用意されますが、オートマチックトランスミッションには「6-Speed Sport Direct Shift」を採用しており、世界最速レベルの変速レスポンスを実現するAT車となっています。また、走行シーンに合わせて走行できるように「SNOW」「SPORT」などさまざまなモードが用意されています。

ホンダ NSX

ホンダ NSX(2020年モデル)

ホンダ NSX(2020年モデル)

ホンダの「NSX」は本田技研工業が開発・販売を手掛けるスポーツカーで、共同開発にF1エンジンメーカーのコスワースを招いています。ツインターボエンジンと3基のモーターを併用する「SPORT HYBRID SH-AWD」を採用したことにより、パワフルかつスムーズな加速を実現しているハイパフォーマンスな一台です。

クーペの持ち味である走行性や操縦性の高さを最大限に発揮しつつ、「スペースフレーム構造」による衝突安全性の確保や7つのエアバッグの実装など、安全面に対する予防策も万全に整えられています。

日産 GT-R

日産GT-R R35 50thアニバーサリー

日産GT-R R35 50thアニバーサリー

日産の「GT-R」は、同社が特許を取得している独自のレイアウト「独立型トランスアクスル4WD」を採用しており、重量の嵩む四輪駆動車ながら、それぞれのタイヤにかかる荷重を最適化。

車の重量をタイヤのグリップ力に活かし切るというコンセプト通りに、V6ツインターボエンジンの強烈なパワーを路面にしっかり伝える駆動性能が特徴的です。

日産 フェアレディZ

日産・フェアレディZ Version ST

日産・フェアレディZ Version ST

日産のフェアレディZは1969年に販売が開始されたクーペで、世界でも人気のある車種のひとつです。日本車が世界に浸透していなかった頃に日産自動車の知名度を向上させた車種とも評されており、世界でも広く認知されているクラシックカーといえるでしょう。

フェアレディはスポーツカーとしての走行性を日々磨き続けており、デザインや性能は今日も進化し続けています。エンジンは日産が独自に開発した技術で低燃費かつ高出力を実現し、エコにも配慮された設計が特徴です。

まとめ

日産GT-R R35 2020年モデル コックピット

日産GT-R R35 2020年モデル コックピット

クーペとセダンの違いや特徴、おすすめのクーペなどについてお伝えしてきました。クーペは2ドアタイプが主流でセダンは4ドアという違いがあるものの、中には「4ドアクーペ」と呼ばれるデザイン性を重視したセダンもあります。

走行性やデザインを重視するのか、頑丈さや安定性を重視するのかなどの目的によって、どちらを購入するか決めると良いでしょう。国内でも多くのメーカーが最新技術を用いたクーペを開発しているので、性能を比較しながらお気に入りの一台をぜひ見つけてみてください。

関連する投稿


【デザインが美しいクーペ 5選】クーペ、それは華やかなライフスタイル!

【デザインが美しいクーペ 5選】クーペ、それは華やかなライフスタイル!

SUV全盛の世の中ですが、やはり、美しいデザインを持つクルマと言えば、クーペです。クーペには、クーペにしか持ち得ない華やかさがあります。世界中の美しいクーペを、一緒に見ていきましょう!


セダンはもう時代遅れ?今こそ注目すべきセダンの魅力

セダンはもう時代遅れ?今こそ注目すべきセダンの魅力

時代と共に車も進化や変化を続けています。一昔前まで自動車といえば、多くの方がセダンタイプのものをイメージしていたのではないでしょうか。しかし、今日ではセダン以外にも多くの車の選択肢があります。中でも、SUVなどのハッチバック系のモデルの人気が高まっていることもあって、セダンの存在感がやや小さくなったという印象を抱いている方も多いかもしれません。しかし、セダンならではの魅力もあり、現在でも根強い人気があります。そこで、今回はセダンとはどういった車なのかや、メリット・デメリットなどについてご紹介します。


【今こそ買いたい】輸入セダン おすすめ3選!高級感が「パない」

【今こそ買いたい】輸入セダン おすすめ3選!高級感が「パない」

高級感では他の追随を許さないセダンは、ブランド力のある輸入車の中でも特別なステータス性を有していますね。日本国内の新車市場では、オーソドックスな車型であるセダンのシェアはかなり小さくなっていますし、海外においてもセダン離れの流れは同様に加速しているようですが、その結果、今選べる輸入セダンは「味が濃い」ものが多数。輸入セダンの最新のおすすめを、3台ご紹介していきます。


【今こそ買いたい】最新クーペ3選!妖艶な世界を体験するなら今だ

【今こそ買いたい】最新クーペ3選!妖艶な世界を体験するなら今だ

悪路を毎日通らないのにSUVを買ったり、毎日7人を乗せるわけではないのにミニバンを買ったりするより、たくさん種類のある自動車の中でもグラマラスな外観が持ち味のクーペを愛車にしてみれば、新たな世界が開けるかもしれませんよ。この記事では、今おすすめしたい最新のクーペを3台ご紹介していきます。使い勝手をちょっぴり我慢する見返りに、最高のクーペライフが待っているはずです。


【今こそ買いたい】最新国産セダン おすすめ3選!ビシッとフォーマル

【今こそ買いたい】最新国産セダン おすすめ3選!ビシッとフォーマル

セダンはもはやなくなったも同然、誰も選ばない、なんて言われ始めて何年が経つのかわかりませんが、いまだに現行車のラインナップにはセダンがしっかり残っていますよね。しかもここ最近のセダンは、優れた走行性能はそのままに、年齢層高めのイメージも強かったこれまでのセダンとは異なるシャープなデザインまで手に入れている様子。最新おすすめの3台をご紹介していきます。


最新の投稿


ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーならば、免許を持っているけれど日ごろは運転しないことが多いでしょう。しかし仕事の都合上、もしくは転勤などによって急に運転しなければいけないこともあります。今の状況からすぐに運転しても問題ないでしょうか?今回はペーパードライバーが気を付けたいポイントや講習を受けるべきか判断の参考になる情報をご紹介します。


ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は、運転免許証を所持していてもあまり運転しない人のためのもの。日ごろから運転しない人や久しぶりに運転する人が活用できるサービスです。今回はペーパードライバー講習について、また講習を受けるべきか確認するのに必要な情報をご紹介します。


縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

運転初心者だけでなく、慣れている人でも縦列駐車は気を付けて運転する必要があります。前の車との距離や後ろのスペース、さらに縁石との距離も確認しなければいけません。切り返しをすると時間もかかるので、焦ってしまいがちです。しかし縦列駐車もコツをつかんでしまえばスムーズにできます。今回は縦列駐車のコツをご紹介します。


【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

何気なく乗っている車ですが、車はバッテリーなしでは動きません。そんなバッテリー、みなさんは正しい充電方法をご存知ですか?今回はこのバッテリーの仕組みについて説明していきます。


シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型「C4」はCセグメントのSUVクーペとして登場しました。Cセグメントハッチバックの中でも、大胆かつユニークなデザインが採用されたシトロエンの最新デザインの車となります。今回はシトロエン新型C4の紹介をします。