トップへ戻る

トヨタのステーションワゴン現行車種を紹介!

トヨタのステーションワゴン現行車種を紹介!

トヨタのステーションワゴンと言えば、昔はクラウンステーションワゴン、今はカローラフィールダーを思い浮かべる方もいるのではないでしょうか。今回は、トヨタのステーションワゴンの特徴と現行車種をご紹介したいと思います。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ステーションワゴンとは?

トヨタ・プリウスα

トヨタ・プリウスα

トヨタのステーションワゴン現行車種を紹介する前に、まずステーションワゴンがどのようなタイプの車であるかについて、詳しくご紹介します。

ステーションワゴンとは2ボックスタイプの車で、車のエンジン部分と、客室部分がそれぞれ分離したタイプの自動車です。

3ボックスタイプのように客室と後部の荷物入れが分離されていないのが特徴で、客室部分の後方に荷物を収納できるスペースが設けられています。

1ボックスカーとの違いはボンネットの広さで、1ボックスカーはエンジンルームがないか非常に小さいのが特徴ですが、ステーションワゴンのような2ボックスカーは、はっきりとしたエンジンルームを持っています。

1990年代以前に製造されたステーションワゴンの中には、トランクのスペースに予備の座席が設置されているタイプのものもあり、ミニバンのように使用できるものもありました。

ワゴンという呼称で呼ばれることもありますが、一般的にワゴン車とは上述のようなエンジンルームのない1ボックスタイプの乗用車を指します。

ステーションワゴンはもともとセダンをベースにして設計されているものが多く、セダンの後方のトランクスペースの天井部分を拡張して、客室と一体化しているところが、セダンとの大きな違いです。

そのために、車の性能的にもセダンと共通する部分も多いのですが、拡張された後方のトランク部分の側面には柱や窓などもつけられているので、ドライバーがより利用しやすくなっています。

ステーションワゴンと似たような形状の車としてライトバンがありますが、ライトバンとステーションワゴンを区別できる厳密な基準はありません。

日本では一般的に乗用車として販売する場合にはステーションワゴンという名称が使われ、商業目的に使用されるものをライトバンと呼ぶ場合が多いです。

どちらも客室後方にトランクのスペースがあることで共通してセダンをベースにしていることから、荷物を多く持ち運ぶ必要があるドライバーに広く利用されています。

トヨタのステーションワゴンの特徴とは?

トヨタ カローラフィールダー 1.5G(オレンジメタリック)

トヨタ カローラフィールダー 1.5G(オレンジメタリック)

ステーションワゴンは国内外のさまざまな自動車メーカーから販売されていますが、その中でも人気があるのがトヨタのステーションワゴンです。

トヨタのステーションワゴンとして長年間人気があるのがカローラシリーズの派生車種で、トヨタを代表する自動車の一つでもあります。

トヨタのステーションワゴンは乗り心地のよさにこだわって設計されているのが大きな特徴で、室内に広めのスペースが設けられているために、ゆったりとした乗り心地になっています。

長時間乗っていても疲れにくいので、家族で遠くに旅行する場合にも利用しやすい車です。

積載スペースも十分に確保されているので、レジャーで荷物を多く持ち運ぶ必要がある場合にも使いやすくなっています。

トヨタでは安全性も非常に重視してステーションワゴンの設計を行っているのが特徴で、ドライバーが運転しやすいようにさまざまな配慮がされています。

トヨタのステーションワゴンは燃費の良さも重視して設計されているため、長距離の移動に利用する場合にも経済的に使用することができます。

また、車体がコンパクトな車が多いこともトヨタのステーションワゴンの特徴で、ドライバーが運転しやすいようになっています。

車体がコンパクトなわりに内部の収納スペースが十分に確保されていることも、特徴の一つで、荷物を輸送するための乗用車として使用するのにも便利な車です。

トヨタのステーションワゴン現行車種

トヨタが現在販売しているカローラシリーズのステーションワゴンは、「トヨタ カローラツーリング」と「トヨタ カローラフィールダー」の2種類です。

同じカローラシリーズでも、ツーリングとフィールダーは性能や外観などで異なっている面があり、利用する目的に合わせて選ぶことができます。

カローラシリーズではありませんが、「トヨタ プリウスα」もステーションワゴンに分類できる乗用車です。

現在のところ、上記の3種類の乗用車が、トヨタが販売しているステーションワゴンです。

トヨタ カローラツーリング

トヨタ カローラツーリング

トヨタ カローラツーリング

トヨタカローラツーリングは、同社のカローラシリーズの乗用車の、通産12代目の車種として販売されている車です。

2019年の8月に、トヨタではセダンとワゴンの両方のカローラのモデルチェンジを行うことを発表しましたが、同年9月に新型のワゴンモデルとして発表されたのが、カローラツーリングです。

従来はカローラのワゴンタイプの車にはフィールダーという名称がつけられていたのですが、新たにツーリングという名称が採用されています。

カローラツーリングには「あなたの真ん中へ。この世界の真ん中へ。」というキャッチコピーが使われていて、世界中の多くのドライバーに愛されるような車になることを目標にしています。

トヨタ カローラツーリング サイド

トヨタ カローラツーリング

カローラツーリングは日本だけでなく、国外でも販売されていますが、国内向けの製品は国外向けの製品と若干スペックが異なっています。

高さは国外向けのモデルと同じ長さですが、全長が国外向けの製品より155ミリメートル短くなっていて、全幅も45ミリメートル短くなっているのも大きな違いです。

ホイールベースも60ミリメートル短くなっていますが、車体がコンパクトになっている分、狭い日本の道路でも運転しやすくなっています。

トヨタ カローラツーリングのスペック

【トヨタ カローラツーリングG-X】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,495mm×1,745mm×1,460mm
ホイールベース2,640mm
最大乗車定員5名
車両重量1,290kg
燃費WLTCモード:14.6km/L
エンジン種類直列4気筒
最高出力103kW(140PS)/6,200rpm
最大トルク170N・m(17.3kg・m)/3,900rpm
駆動方式前輪駆動
トランスミッションSuper CVT-i(自動無段変速機)

情報は2020年4月現在の公式サイトより

トヨタ カローラツーリングの新車価格

【ハイブリッド】メーカー希望小売価格(消費税込)

HYBRID W×B
2WD:2,799,500円
4WD:2,997,500円
HYBRID S 2WD
2WD:2,651,000円
4WD:2,849,000円
HYBRID G-X
2WD:2,480,500円
4WD:2,678,500円

情報は2020年4月現在の公式サイトより

【ガソリン】メーカー希望小売価格(消費税込)

W×B 1.2L TURBO・6M
2,458,500円
W×B 1.8L・CVT
2,365,000円
S 1.8L・CVT
2,216,500円
G-X 1.8L・CVT
2,013,000円

情報は2020年4月現在の公式サイトより

トヨタ カローラフィールダー

トヨタ カローラフィールダー ハイブリッドG W×B

トヨタ カローラフィールダー ハイブリッドG W×B

トヨタが販売しているもう一種類のステーションワゴン型カローラが、カローラフィールダーです。カローラフィールダーはカローラツーリングが販売される以前の、トヨタの製造する主要なステーションワゴンでした。

現在販売されているカローラフィールダーは、11代目カローラのステーションワゴン仕様にあたるもので、2012年から販売が開始されています。

日本国内向けのカローラフィールダーでは、この製品からMCプラットフォームからBプラットフォームに変更されていますが、これは車体の小型化や軽量化を目的にして行われたものです。

車体をコンパクトにする一方で、荷物を置くスペースは先代の車種より拡充されているので、より多くの荷物を搭載できるようになっています。

トヨタ カローラフィールダーのスペック

【トヨタ カローラフィールダー EX・MT】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,400mm×1,695mm×1,475mm
ホイールベース2,600mm
最大乗車定員5名
車両重量1,110kg
燃費JC08モード:17.6km/L
エンジン種類直列4気筒
最高出力80kW(109PS)/6,000rpm
最大トルク138N・m(14.1kgf・m)/4,400rpm
駆動方式前輪駆動方式
トランスミッション5速マニュアル

情報は2020年4月現在の公式サイトより

トヨタ カローラフィールダーの新車価格

【ハイブリッド】メーカー希望小売価格(消費税込)

HYBRID EX 2WD
2,281,400円

情報は2020年4月現在の公式サイトより

【ガソリン】メーカー希望小売価格(消費税込)

EX・CVT
2WD:1,818,300円
4WD:1,962,400円
EX 2WD・MT
1,698,400円

情報は2020年4月現在の公式サイトより

トヨタ カローラフィールダーの中古車価格

トヨタ カローラフィールダーの中古車価格は、25.8万円〜284万円となっています。

※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2020年4月現在)

トヨタ プリウスα

トヨタ プリウスα 2017年

トヨタ プリウスα 2017年

カローラシリーズ以外のステーションワゴンとしてトヨタが販売しているのが、トヨタプリウスαです。プリウスαはハイブリッドタイプのステーションワゴンで、ガソリンと電池を効率的に組み合わせて使用できるように設計されています。

ハイブリッドシステムを駆動するためモーターを冷却する際に使用されているのが水冷式の設備で、これにより設備にかかる負荷を軽くできるようになっています。

トヨタ プリウスα Sツーリングセレクション(5人乗り)

トヨタ プリウスα Sツーリングセレクション(5人乗り)

プリウスαには5人乗りと7人乗りの2種類のタイプがあり、5人乗りは2列シート、7人乗りは3列シートのデザインです。使用する目的や家族構成によって選ぶことができます。

5人乗りと7人乗りでは、それぞれ使用されている電池のタイプが異なり、5人乗りにはニッケル水素電池が搭載されています。

7人乗りのプリウスαではリチウムイオン電池が使用されていて、多くの乗員を乗せて移動する場合にも対応できるようになっています。なお、7人乗りのプリウスαが販売されているのは日本国内だけです。

トヨタ プリウスαのスペック

【トヨタ プリウスα S Lセレクション】スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,630mm×1,775mm×1,575mm
ホイールベース
2,780mm
最大乗車定員5名
車両重量1,450kg
燃費JC08モード:26.2km/L
エンジン種類直列4気筒
最高出力73kW(99PS)/5,200rpm
最大トルク142N・m(14.5kgf・m)/4,000rpm
モーター種類交流同期電動機
最高出力60kW/82PS
最大トルク207N・m(21.1kgf・m)
駆動方式前輪駆動方式
トランスミッション電気式無段変速機

情報は2020年4月現在の公式サイトより

トヨタ プリウスαの新車価格

【特別仕様車】メーカー希望小売価格(消費税込)

S“tune BLACK Ⅱ”(7人乗り)
3,044,800円
S“tune BLACK Ⅱ”(5人乗り)
2,834,700円

情報は2020年4月現在の公式サイトより

【ハイブリッド】メーカー希望小売価格(消費税込)

S“ツーリングセレクション・GR SPORT”(7人乗り)
3,622,300円
G“ツーリングセレクション”(7人乗り)
3,529,900円
S“ツーリングセレクション・GR SPORT”(5人乗り)
3,413,300円
G“ツーリングセレクション”(5人乗り)
3,319,800円
G(7人乗り)
3,319,800円
S“ツーリングセレクション”(7人乗り)
3,282,400円
G(5人乗り)
3,110,800円
S“ツーリングセレクション”(5人乗り)
3,073,400円
S(7人乗り)
2,968,900円
S(5人乗り)
2,758,800円
S“Lセレクション”(5人乗り)
2,612,500円

情報は2020年4月現在の公式サイトより

トヨタ プリウスαの中古車価格

トヨタ プリウスαの中古車価格は、55万円〜366.8万円となっています。

グレードや状態、物によりますが、新車で購入するよりも比較的お安く購入できます。

※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2020年4月現在)

まとめ

トヨタ・プリウスα

トヨタ・プリウスα

移動にも輸送にも便利なステーションワゴンは日本でも人気のある車種ですが、その中でも高い人気があるのがトヨタ製の乗用車です。

トヨタではステーションワゴン系の乗用車としてカローラツーリングとカローラフィールダーを販売していますが、どちらも運転がしやすく、積載量が多いのが特徴の車です。

ハイブリッド車のステーションワゴンとしてプリウスαも人気があります。

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

2020年2月発売のヤリスを皮切りに、GRヤリス、ヤリスクロスと、「ヤリスファミリー」が広がっています。3台それぞれが各セグメントで確固たる人気を獲得していることもあって、2021年に入ってからも登録者国内販売台数の首位を堅持し続けている「ヤリスファミリー」の魅力は一体どこなのか、ライバルと比べてどうなのか、詳しく探っていきましょう。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。