目次へ戻る

メルセデスベンツ新型GLBが登場!新型GLAとの違いは?

メルセデスベンツ新型GLBが登場!新型GLAとの違いは?

メルセデス・ベンツは、7人乗りの新型SUV「GLB」とフルモデルチェンジを受けた都市型SUVの新型「GLA」の予約注文を開始しました。新型SUVの「GLB」とはどんな車種なのか?「GLA」との違いを比較しながら解説していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


メルセデスベンツのGLBとは?

メルセデスベンツGLB250 4MATICスポーツ

GLBは、メルセデス・ベンツから登場した新たなSUVであり、同社のSUVラインナップの中では「GLA」と「GLC」の間に位置づけられる新型SUVです。

スクエアなフォルムと高い悪路走破性を持つ本格的なSUVでありながらも、7人乗車を基準とする広い室内空間を持ち、日本の道路でも取り回しのよいサイズとなっています。

新型GLBの特長を紹介

GLBのサードシート

新型GLBの発売日は?

メルセデスベンツ GLB200d

すでに6月25日より、全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて予約注文の受付を開始しており、納車は7月頃の予定となっています。

購入検討している方は、ぜひ下記でチェックしてみてくださいね。

メルセデス・ベンツ正規販売店

新型GLBのボディサイズ

GLB250 4MATICスポーツ

GLBのボディサイズは、
4,634~4,650mm×1,834~1,850mm×1,700~1,706mm。

スクエアで車高が高く、ロングホイールベース。そのため3列目シートを備えることが出来る広い室内空間が可能になっています。

2列目シートは、140mm調整が可能な60:40分割のスライド機構を装備し、バックレストの角度は8段階の調整が可能になり、3列目シートは格納することも可能になっています。

また、ラゲッジルームは、多彩なシートパターンにより、十分な積載性と利便性も考慮されており、2段階高さ調整式ラゲッジルームフロアや「EASY-PACK自動開閉式テールゲート」を標準装備してテールゲート開閉時の利便性を図っています。

新型GLBの燃費

GLB250 4MATICスポーツ

新型GLBのエンジンは、GLB 200 dに搭載される2.0L直列4気筒クリーンディーゼルターボ「OM654q」と、GLB 250 4MATIC Sportsに搭載される2.0L直列4気筒ガソリンターボ「M260」の2種類がラインナップされます。

このうち、クリーンディーゼルターボエンジン車であるGLB 200 dの燃費は公表されていませんが、ガソリンターボ車のGLB 250 4MATIC Sportsにおいては、WLTCモード燃費12.0km/Lとなっています。

新型GLBの燃費とスペック



GLB 200 d
GLB 250 4MATIC Sports
エンジン種類

直列4気筒1950㏄

ディーゼルターボ

4気筒1991㏄

ガソリンターボ

最高出力kW(PS)/rpm

110(150)/3,400~4,400

165(224)/5,500

最大トルク

N・m(kgf・m)/rpm

320(32.6)/1,400~3,200
350(35.7)/1,800~4,000
トランスミッション電子制御8速A/T
電子制御8速A/T
駆動方式FF4WD
WLTCモード燃費㎞/L
12.0

※各スペックは2020年6月現在のメーカー公式サイトによるものです。

新型GLBのターゲット層

本格SUVの性能をもちながらも、広い室内空間と7人乗車が可能であり、街中でも十分取り回しが可能となっている新型GLB。ターゲットとなる層は、家族でアウトドアやロングドライブを楽しむアクティブファミリー向けと見られています。

新型GLBの価格

メルセデスベンツGLB

GLB 250 4MATIC SportsとGLB 200 dの価格差は1840,000円と非常に大きな差ですが、両グレードには装備にかなりの違いがあります。

4WDシステムである4MATICの差は大変大きなものがありますが、それ以外にも、GLB 250 4MATIC Sportsには標準装備されていて、GLB 200 dにはオプションとなっている装備があります。

ナビゲーションパッケージとAMGライン、そしてメタリックペイントですが、それぞれの価格と装備をご紹介しておきましょう。

ナビゲーションパッケージは文字通り、ナビゲーション及びナビゲーションサービス、そしてトラフィックサインアシストがセットされています。価格は189,000円(税抜き171,819円)となります。

オプションのAMGラインは、AMGパッケージ(フロントスポイラー、リア/サイドスカート)、ロゴ付きブレーキキャリパー、ステンレスアクセル/ブレーキペダル、本革ステアリング、レザーシート、スポーツサス、19インチAMGアルミホイール等のセットです。価格は280,000円(税抜き254,546円)となっています。

よりスタイリッシュにしたいならAMGライン装備がおすすめ。

新型GLB価格表

メーカー希望小売価格


消費税込み価格
消費税抜き価格
GLB 200 d
5,120,000円4,654,546円
GLB 250 4MATIC Sports
6,960,000円6,327,273円

GLA200 d 4MATIC
5,020,000円4,563,637円


※上記価格は2020年6月現在のメーカー公式サイトによるものです。

新型「GLA」との違いは?

メルセデスベンツ GLA 新型

GLAは初代が2014年5月に導入されており、今回の新型は2代目モデルとなります。GLBがどんな場所でも家族や仲間を運ぶというSUV本来の姿を再認識させたモデルであるとするならば、GLAはあくまで街乗り中心のシティ派クロスオーバーSUVを貫くモデルと言えるでしょう。

しかし、そのファッショナブルなエクステリアに秘めたSUVとしての実力は本物で、けっしてカッコイイだけのSUVではないのがGLAといえます。

メルセデスとしては、GLBはGLAのユーザーを食い合うモデルではなく、新たな顧客層を開拓する車種として位置付けていると思われます。

GLBとGLAの大きな違いはそのボディサイズで、全幅は共通ですが、全長、全高に大きな差があります。

GLAのエンジンはGLB200 dと同じ2.0Lのクリーンディーゼルのみですが、GLB200 dがFFなのに対して、GLAは4WDとなり、グレード名はGLA4MATICとなります。

GLAについて詳しく知りたい方はこちら

【参考】GLBとGLA ボディサイズ比較

GLB

メルセデスベンツ GLB250 4MATICスポーツ

GLA

メルセデスベンツ GLA

GLBGLAサイズ比較


GLBGLA
全長4634~4650mm4414~4440mm

全幅

1834~1850mm1835~1850mm
全高1700~1706mm1605~1620mm
ホイールベース2829~2830mm2730mm
最低地上高202mm179~202mm
ラゲッジスペース130~1680L425~1420L

上記スペックは2020年6月現在のメーカー公式サイトによります。

サイズ表を見ると、GLAに比べて、GLBは全長・全高ともに大きくなっていることがわかります。画像を比較してみても、その差は明らかですね。

まとめ

2機種同時に導入するという思い切った戦略に出たメルセデスジャパン。どちらも魅力的なだけに甲乙つけがたいモデルです。

そして、GLAが気になると思った貴方、次の記事をお待ちください!

関連する投稿


【おすすめ5選!】今、人気のかっこいいSUVは?

【おすすめ5選!】今、人気のかっこいいSUVは?

まず車を買おうと考えた時、みなさんはどんな車種を買おうか悩みますよね。今人気のある車も気になるところです。けれど、すでに最初から購入する車種は決めていたって方も多いかもしれませんね。本記事では、今人気のかっこいいSUVの購入をご検討の方参考にして頂きたい車種を5選より直ぐってお届けしていきます。


メルセデスベンツ GLC 次期型最新情報 人気SUVはどう進化する?

メルセデスベンツ GLC 次期型最新情報 人気SUVはどう進化する?

メルセデスベンツのSUVラインアップの主力である『GLC』。その次期型プロトタイプをカメラがとらえました。 『Cクラス』のSUVバージョンともいえるGLCは、『GLK』の後継モデルとして2015年に登場しました。2019年に大幅改良がおこなわれ、まだ新鮮さも失われていない中、すでに次世代モデルの開発が始まっています。GLCは日本でも売れ筋のモデル。そんなGLCの最新情報をお届けします。


【最新版】国産&外車 人気・おすすめコンパクトSUV10選を比較!

【最新版】国産&外車 人気・おすすめコンパクトSUV10選を比較!

人気の高いコンパクトSUV。続々と新型が発売され、多くの方が車を選ぶ際選択肢のひとつにあげられるのではないでしょうか。その中でもどんな車種がおすすめなのか、国産SUV、外車SUV(輸入車)からそれぞれピックアップし、価格、燃費、スペック、評価、レビューなどを比較できるようご紹介します。


【ベンツ新型Sクラス】9月発表予定 プロトタイプ最新情報

【ベンツ新型Sクラス】9月発表予定 プロトタイプ最新情報

メルセデスベンツのフラッグシップモデル・新型Sクラスの最新プロトタイプを激写。9月発表予定の新型Sクラス。本記事ではそんな期待の高まる新型Sクラスの最新情報を、最新のプロトタイプ画像とともにお届けします。


3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 18車種を一覧で比較!

3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 18車種を一覧で比較!

ファミリーカーとして人気を博しているミニバンに待ったをかけるのが、多人数も乗れるSUV。最近では3列シート・7人乗りSUVが続々市場に導入されています。本記事では、現在日本で購入可能な、現役の国産車から外車まで、ありとあらゆるメーカーの「3列シート/7人乗り SUV」についてまとめてご紹介します。


最新の投稿


【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

【これぞホンダイズム】ホンダ CR-Xの今後に目が離せない!中古情報も

ホンダをホンダたらしめるものとは、一体何でしょう? 人によって答えは異なると思いますが、誰もが認める80〜90年代の素晴らしいホンダらしさを最も色濃く備えていた車の1台こそ、歴代のCR-Xではないでしょうか。軽量FFボディと高回転までガンガン回るスポーツエンジンの組み合わせに、ホンダらしい独自発想の問題解決法の数々。詳しく見ていきましょう。


日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

日産 キューブ|おしゃれコンパクトの筆頭!歴代車種を徹底調査

現在ではあまり見られない鼻先がしっかり長いトールコンパクトが日産 キューブです。惜しまれつつも2019年末で生産中止となり、3代続いた歴史は途絶えてしまっていますが、人気車だっただけに中古車も選びやすいです。読んだ後は中古車市場でキューブを探したくなること間違いなし、歴代キューブの魅力をご紹介していきます。


トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

トヨタ ソアラに注がれた羨望の眼差しの理由は? 歴代ソアラと中古車情報

若い方には馴染みがないかもしれませんが、一定以上の年齢の方は「ソアラ」という車名にはえも言われぬ上級感を感じられる方も多いのでは。トヨタ随一のラグジュアリークーペであるソアラは、先進装備を満載し、すでに兆しの見えていた国産自動車の飛躍を先回りして実現した名車でした。詳しく振り返っていきましょう。


【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

【世界が驚いた高級車】トヨタ セルシオの歴史と中古車情報も!

トヨタ セルシオ/レクサス LSは、レクサスブランドを世界レベルまで押し上げた張本人であり、欧米で確立されたブランド力を持つ高級車メーカーを震撼させたと言います。今回は、世界が驚いた日本の高級車、セルシオについて見ていきましょう。


日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

日産 ジュークはなぜ消えた?!その理由と中古車、欧州新型情報

トヨタのヤリスクロス投入などで現在も人気が爆発しているコンパクトSUVクラスに、日産からはジュークが参戦していました。その独特なスタイリングとSUVながら重視された操縦安定性をはじめとする運動性能は高い人気を得ていたのに、なぜ初代だけでブランド終了となってしまったのでしょうか? ジュークの魅力をご紹介しつつ、真相に迫りたいと思います。