トップへ戻る

クロスオーバーとは?SUV・クロカンとの違いやおすすめ車種をご紹介

クロスオーバーとは?SUV・クロカンとの違いやおすすめ車種をご紹介

「クロスオーバー」という言葉がありますが、みなさんは詳しくご存知ですか? 今回は、「クロスオーバー」という言葉がよくわからない方へ向けてクロスオーバーとSUVの違いやクロスカントリー(クロカン)との違いについてもご説明していきます。おすすめのクロスオーバーSUVも厳選してお伝えします!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


クロスオーバー・SUV・クロカンとは?

考える女性

違いを知ろう

クロスオーバーとは?

まずは、よく耳にする「クロスオーバー」という言葉ですが、みなさんは詳しくご存知ですか?

「クロスオーバー」とは、SUVのひとつのカテゴリーとして定着してきている世界的にも流行しているクルマのジャンルになります。

車におけるクロスオーバーとは、一般的に乗用車と同じモノコック構造を採用した、本格的なクロスカントリーを除いたSUVのことを、「クロスオーバー」「クロスオーバーSUV」と呼んでいます。

一部には性能も見た目もクロスカントリーと変わらないような車種がクロスオーバーに分類され、少し定義としては曖昧な部分もあります。本格的な4WDシステムによって悪路の走行性能を高めたモデルから雰囲気重視の都市型モデル、既存車種をベースにメーカーがクロスオーバー仕様にカスタマイズしたモデルなど多種多様。共通して言えることは、普段乗りから高速道路、悪路走行までバランスよくカバーし、快適でスポーティな走りが楽しめ、居住性も高いということです。このオールマイティさがクロスオーバーの魅力であり、人気を博している理由でもあります。
*1. コンパクトSUVクラスでの比較。2018年5月現在、トヨタ自動車(株)調べ。

しかしながら、上記のようにクロスオーバーSUVという定義としてはあいまいな場合が多いようです。ですので、厳密に「これはSUV」「これはクロスオーバーSUV」とそこまで気にしなくても大丈夫です。

では、どんな車種がクロスオーバーSUVに値するのか詳しく見ていきましょう。

クロスオーバーSUVの主な車種

トヨタ アクア クロスオーバー

トヨタ アクア クロスオーバー

トヨタ C-HR

トヨタ C-HR

トヨタ ハリアー

トヨタ ハリアー

クロスオーバーSUVの代表的な車種をトヨタからピックアップしました。

アクア クロスオーバー
C-HR
ハリアー

上記の3車種がトヨタでの主なクロスオーバーSUVになります。

次にSUVについてもおさらいしておきましょう。

SUVとは?

まずは、SUVという言葉がよくわからない方のためにSUVについてご説明していきます。

「Sport Utility Vehicle(スポーツ・ユーティリティ・ビークル)」の略になります。日本語の直訳は「多目的スポーツ車」です。

これを簡単に言い換えると、スポーティなつくりの車で、どんなシーンにも対応可能なクルマということになります。

SUVには様々な種類と出自が存在することから、明確な定義は難しいというのが現状のようです。

旅行やアウトドア、買い物、送迎などと、いろんな用途で活躍してくれる車あり、ここ数年人気が高い車です。

クロスオーバーSUV、ミドルサイズSUV、コンパクトSUV、軽SUV、と様々なタイプのSUVが現在は発売されています。

クロカン(クロスカントリー)とは?

クロスオーバーSUVを語る上でとても重要になってくるのがクロカン(クロスカントリー)になります。

クロスカントリーとは、本格的に未舗装路を走行するオフロード車を指します。

クロスカントリー車は、ラダーフレームと呼ばれるトラックのようなボディを採用していることが多くなっており、一般車ではモノコック構造と呼ばれるボディを採用していることが多くなっています。

さらに、四輪駆動システムなどを採用し、ハードな走行に耐え、悪路での走破性を優先しています。

クロスカントリーも広義ではSUVの仲間なんです。

では、次にクロカンの代表的な車種を見ていきましょう。

ラダーフレームについて詳しく知りたい方はこちら

クロカン(クロスカントリー)の代表的車種

トヨタ ランドクルーザー

トヨタ ランドクルーザー

トヨタ ランドクルーザー
ジープ ラングラー
スズキ ジムニー
ジムニーシエラ
メルセデスベンツ Gクラス

クロカンと呼ばれている代表的な車種には上記のようなものが挙げられます。

おすすめクロスオーバーSUV5選!

SUVは、そのかっこいい見た目もあいまって、人気が高いです。
そこで、今回はクロスオーバーSUVにスポットをあてて、おすすめの5車種を選んでみました。

【トヨタ C-HR】街乗りでも快適なコンパクトSUV

トヨタ C-HR

トヨタ C-HR

トヨタ C-HRは、2016年12月14日に発売されました。

2019年10月にはマイナーチェンジが行われました。ハイブリッド車(Gグレード)・ターボ車(GTグレード)それぞれの上位モデルでは、内装色にリコリスブラウンを採用しました。高級感あふれる落ち着いたデザインとなっています。

C-HRは流線型がおしゃれなデザインとなっていますが、外装・内装共にオシャレなデザイン性の高さを重要視した結果、収納スペースは若干小さめになっています。

しかし、その分コンパクトなつくりとなっており、街乗りでも使い勝手の良いクルマとして人気があります。

安全性能の面では、衝突回避支援パッケージ「トヨタ セーフティ センスP」を全車標準装備しています。

改良新型C-HRは、クーペのようなルーフラインなどの特長的デザインを継承しながら、フロントとリアを中心に変更を受けた。バンパーはボディ同色仕上げとし、力強さやワイド感、ダイナミックさを追求している。

ヘッドライトとテールライトには、最新のLEDテクノロジーを導入した。デイタイムランニングライトとウインカーは、メインビームの上のプロジェクターに組み込まれる。リアは新デザインのテールランプを、光沢ブラックのスポイラーと連続感を持たせるようにデザインした。

メカニズム面では、電動パワーステアリングを再チューニングし、操舵感を向上させた。2.0リットルのハイブリッドは、優れたハンドリング性能を維持しながら、乗り心地も両立させた新しいサスペンションを採用する。また全車が、室内の騒音をさらに低減する改良を受け、NVH性能を引き上げた。

新開発のマルチメディアシステム
改良新型には、最新のコネクティビティとして、新開発のマルチメディアシステムを採用する。このシステムはスマートフォンとの完全な連携を可能にした。Apple の「CarPlay」とグーグルの「Android Auto」の最新バージョンに対応する。また、無線通信(over the air)でナビゲーションマップを更新する。顧客は、最新バージョンのナビゲーションマップでドライブできる。

前述にもあるように、2019年10月にトヨタ C-HRが改良され発売されています。デザイン性や安全性もアップし、魅力的な車に生まれ変わっています。

次に、C-HRの詳しいスペックについて見ていきましょう。

トヨタ C-HRのスペック

トヨタ C-HR

トヨタ C-HR

トヨタ C-HR ハイブリッド 2WD Gのスペック表

ボディサイズ(全長×全幅×全高)

4,385×1,795×1,550(mm)

室内寸法(長さ×幅×高さ)1,800×1,455×1,210(mm)
車両重量1,440kg
最大乗車定員
5名
燃費(JC08モード)30.4km/L
最小回転半径5.2m
総排気量1.797L
最高出力(KW(PS)/r.p.m)72(98)/5,200
最大トルク(N•m(kgf•m)/r.p.m)142(14.5)/3,600
燃料タンク容量43L
(2020年3月現在公式サイト調べ)

トヨタ C-HRの新車価格


グレード価格
S“GR SPORT”
3,095,000円
G
2,995,000円
S-T“GR SPORT”2,732,000円
S2,730,000円
G-T2,632,000円
S-T2,367,000円

価格は税込価格です。(2020年3月現在公式サイト調べ)

C-HRについてもっと詳しく知りたい方はこちら

【トヨタ ハリアー】高級感溢れるラグジュアリーSUV

トヨタ ハリアー

トヨタ ハリアー

日本のSUVを牽引しているトヨタ ハリアー。モデル末期ながらも好調に販売(2,000台前後)をマークし続けています。

そのハリアーも2020年6月17日にフルモデルチェンジを発表しました。その情報も気になるところです。

初代ハリアーは1997年に発売。既にその歴史は23年にもなります。現行のモデルは3代目で2013年11月から発売されています。

車名の由来もユニークでタカ科の鳥「チュウヒ」の英名「HARRIER」から誕生しました。エンブレムもチュウヒを図案化したものを採用しています。

では、次にハリアーのスペックを詳しく見ていきましょう。

トヨタ ハリアーのスペック

トヨタ ハリアー

トヨタ ハリアー

トヨタ ハリアー ハイブリッド PROGRESSのスペック表

ボディサイズ(全長×全幅×全高)

4,725×1,835×1,690(mm)

室内寸法(長さ×幅×高さ)1,965×1,480×1,220(mm)
車両重量1,800kg
最大乗車定員
5名
燃費(JC08モード)21.4km/L
最小回転半径5.7m
総排気量2.493L
最高出力(KW(PS)/r.p.m)112(152)/5,700
最大トルク(N・m(kgf・m)/r.p.m)206(21.0)/4,400~4,800
燃料タンク容量56L
(2020年3月現在公式サイト調べ)

トヨタ ハリアーの新車価格

ガソリン車

グレード価格
特別仕様車 PREMIUM“Style NOIR”
3,360,500円〜
PROGRESS
3,850,000円〜
PREMIUM
3,309,900円〜
ELEGANCE
3,004,100円〜


ターボ車

グレード価格
PROGRES
4,125,000円〜
PREMIUM
3,584,900円〜
ELEGANCE
3,443,000円〜


ハイブリッド車

グレード価格
PROGRESS
4,689,300円〜
PREMIUM
4,150,300円〜
ELEGANCE
3,844,500円〜


GR SPORT

グレード価格
ELEGANCE
4,070,000円〜
ELEGANCE
3,461,700円〜


(2020年3月現在公式サイト調べ)

ハリアーについてもっと詳しく知りたい方はこちら

【ホンダ CR-V】街乗りとアウトドアのどちらも楽しめるミドルSUV

ホンダ CR-V

ホンダ CR-V

現行のCR-Vは2018年8月から日本で販売されており、国内販売としては2年ぶりの復活を果たしました。

初代モデルは1995年にシビックをベースとしたモデルが登場。現行モデル5代目は2016年に誕生しましたが、日本に導入されたのは2018年になります。

CR-Vのエクステリアはかなり押し出しが強い印象を受けます。エッジが盛り上がったボンネット、そしてボリューム感のあるバンパーなど全体的に力強さを感じられるデザインとなっています。

加えて、このCR-Vはシティ派を中心に作られており、見た目にスマートな印象も与えています。

CR-Vは動力源に独自の2モーターHVシステムを搭載している車です。

ホンダ CR-V

ホンダ CR-V

CR-Vの2020年モデルでは、フロントバンパーのデザインを変更した。フォグランプ部分の広い開口部が特長で、クロームのラインも取り入れた。上級グレードには、丸いLEDフォグランプが装備される。ハイブリッドには、グリル中央にハイブリッドのエンブレムと青いホンダのロゴ、5つのLEDを備えた専用フォグランプが付く。

リアは、テールランプをダークレンズ化した。ガーニッシュには、ダーククローム処理が施される。バンパーも、クロームのアクセントが付いた新デザインだ。ハイブリッドは、テールパイプを隠したデザイン。ガソリンのツーリンググレードには、クローム製エキゾーストフィニッシャーが装備される。

上級グレードには、ダークグレー仕上げの18インチアルミホイールを採用した。ツーリンググレードには、19インチのアルミホイールが装備される。ボディカラーには、ソニックグレーパールとラディアントレッドメタリックが新登場。ガソリン車では、エーゲブルーメタリックが選択できる。

CR-Vの2020年モデルの情報を詳しく見てみましたが、デザインを変更し、かっこよさが増していますね。

では次にCR-Vの詳しいスペックを見ていきましょう。

ホンダ CR-Vのスペック

ホンダCR-V ハイブリッドEXのスペック表

ボディサイズ(全長×全幅×全高)

4,605×1,855×1,680(mm)

室内寸法(長さ×幅×高さ)1,970×1,550×1,230(mm)
車両重量1,610kg
最大乗車定員
5名
燃費(JC08モード)25.8km/L
最小回転半径

5.5m

総排気量1.993L
最高出力(KW(PS)/r.p.m)107(145)/6,200
最大トルク(N・m(kgf・m)/r.p.m)175(17.8)/4,000
燃料タンク容量57L
(2020年3月現在公式サイト調べ)

ホンダCR-Vの新車価格

全国メーカー希望小売価格

グレード価格
EX3,290,100〜3,704,800円
EX・Masterpiece
3,657,500〜4,105,200円
HYBRID EX
3,854,400〜4,074,400円
HYBRID EX・Masterpiece
4,221,800〜4,441,800円

価格は税込価格です。(2020年3月現在公式サイト調べ)

CR-Vについてもっと詳しく知りたい方はこちら

【マツダ CX-8】使い勝手の良い7人乗りのSUV

マツダ CX-8

マツダ CX-8

CX-8は、3列シートのクロスオーバーSUVとして人気があります。

改良され発売されたCX-8は、電動スライドガラスサンルーフや3列目シートの充電用USB端子などの装備が追加されました。

塗布型制振材を採用することにより、雨粒がルーフをたたくことで発生する騒音を低減させるなどして上質感高めました。

荷室もサブトランクボックスの容量を拡大し、奥行きが84リッターとなっています。(ボーズサウンド装着車は56リッター)

走行面ではADW車には新開発の「オフロード・トラクション・アシスト」を搭載しています。

「SKYACTIV-G 2.5モデル」にAWD、「SKYACTIV-G 2.5Tモデル」に2WDを追加設定しており、全てのエンジンにおいて2WDとAWDが選択できるようになりました。

では、CX-8の詳しいスペックを見ていきましょう。

マツダ CX-8のスペック

マツダ CX-8

マツダ CX-8

マツダ CX-8 25 T L Packageのスペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)

4,900×1,840×1,730(mm)

室内寸法(長さ×幅×高さ)2,690×1,540×1,250(mm)
車両重量1,820kg
最大乗車定員
7人
燃費(WLTCモード)12.0km/L
最小回転半径5.8m
総排気量2.488L
最高出力(KW(PS)/r.p.m)169(230)/4,250
最大トルク(N・m(kgf・m)/r.p.m)420(42.8)/2,000
燃料タンク容量72L
(2020年3月現在公式サイト調べ)

関連する投稿


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


スバル フォレスターの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較

スバル フォレスターの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較

ボクサーエンジンとシンメトリカルAWDの組み合わせで優れた走行性能を実現している人気SUV、スバル フォレスター。四輪駆動やSUVの世界で深い歴史を持つスバルならではの魅力がいっぱいのフォレスターですが、ほとんどのグレードがハイブリッド仕様となるなど、その燃費性能にも注目が集まっています。カタログ燃費や実燃費など、フォレスターの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


日産 エクストレイルの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 エクストレイルの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産が長い間育て続けてきた車名である「エクストレイル」は、流行のSUVクラスにおいてファンも多い車です。海外向けには新型モデルが発表されるなど、フルモデルチェンジの機運も高まっていることもあり、現行モデルはかなりお買い得に購入できる場合も増えている様子。現行エクストレイルのカタログ燃費と実燃費をご紹介しつつ、ライバル車種との比較を通して、気になる燃費情報を詳しくご紹介していきます。


トヨタ ハリアーの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ ハリアーの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

プレミアムSUVの定番車種、トヨタ ハリアーの人気が止まりません。都市部でこそ映える洗練されたデザインで人気を博してきたハリアーですが、サイズが比較的大きめなだけに、日々のガソリン代に直結する燃費性能が気になる方も少なくないのではないでしょうか。この記事では、カタログ燃費や実燃費、ライバルとの比較を通して、気になるハリアーの燃費性能を詳しくご紹介していきます。


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


最新の投稿


トヨタ シエンタの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ シエンタの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

ミニバンの使い勝手とコンパクトカーの乗りやすさが高度にバランスされていて人気の「トヨタ シエンタ」。混み合う駅へのお出迎えや、狭めな駐車場のお店でのお買い物だって楽々こなせます。そんなシエンタ、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、シエンタの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車保険の比較・検討|見積もりには比較サイトが便利でお得!

自動車保険の比較・検討|見積もりには比較サイトが便利でお得!

自動車保険は、比較・検討することで、自分に合った補償内容に調整しつつ、保険料を安くできます。今回は、見積もりを取るのに比較サイトが便利な理由と、各種キャンペーンについてまとめました。


自動車保険はどこがおすすめ?|自動車保険の基本とおすすめ保険会社

自動車保険はどこがおすすめ?|自動車保険の基本とおすすめ保険会社

自動車保険の更新時期になると、保険料をもっと安くできないか、もっといい保険はないか、と検討される方は多いかもしれません。そこで今回は、自動車保険の基本的な部分と、おすすめ保険会社をまとめました。


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。