目次へ戻る

【6月17日発売か】SUV界待望の新型ハリアーデビュー最新情報は?

【6月17日発売か】SUV界待望の新型ハリアーデビュー最新情報は?

トヨタハリアーがいよいよフルモデルチェンジするのでは?との情報が入ってきました。1997年に高級SUVとしてデビューして以来、長年人気を牽引してきた高級SUVのフルモデルチェンジを心待ちにしている人は多いはずです。 本記事では、4代目となるハリアー新型の詳しい発売時期や価格などを調査し徹底解説していきます。


トヨタ 新型ハリアーフルモデルチェンジ決定!発売日はいつ?

トヨタ ハリアー

日本のSUV人気の立役者といっても過言ではないトヨタ ハリアー。モデル末期ながらも好調に売れ続けていましたが、ついてにフルモデルチェンジするとの情報が。

発売日も決まり、いよいよ日本でも始動。これは楽しみな情報が舞い込んで来ました。では詳しいフルモデルチェンジの発売日の情報から見て行きましょう。

トヨタ 新型ハリアーの発売は2020年6月17日!?

トヨタ ハリアーはフルモデルチェンジの予定を半年程早め、2020年5月に実施するとの情報が飛び込んできました。

正式な日本の発表、発売日は2020年6月17日になることが確定しました。

今までは「トヨペット店」のみの専属販売でしたが、2020年5月からはトヨタブランド車は全系列店併売になるため、ハリアーはその第一弾として販売されることとなりました。

トヨタ 新型ハリアーでRAV4との差別化は?

トヨタ RAV4

次期型では、新世代「TNGA」(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャ)に基づく「GA-K」プラットフォームを採用。これは新型『RAV4』と共通のもので、高剛性化や低重心化による走りの良さが期待できる。RAV4との差別化のため、ホイールベースが延長され、3列7人乗りが設定される可能性もある。

TNGAについて詳しく知りたい方はこちら

同じくトヨタのSUV、RAV4。2019年に新型RAV4が発売され、日本でも人気が高いですね。

このRAV4とどのような差別化が図られるのでしょうか。

新型ハリアーは、安全性能や利便性、走行性能の向上、新開発のプラットフォームやクオリティも各段に上がるため、かなりのコスト高が予想されます。車両価格は旧モデルと比較しても20万円以上高くなるのでは?との情報も。

RAV4の価格:265万~390万円
ハリアー新型:320万~500万程度と予測

トヨタ 新型ハリアーは旧モデルよりも大きいサイズ?

ボディサイズの予想は、全長4740×全幅1855×全高1660(mm)と考えられているため、現行型と新型を比較すると、全長15mm、全幅20mm、全高マイナス30mmとなっています。

全長と全幅は大きくなっていますが、全高が低くなっているため、スタイリッシュでスマートなイメージが増しています。

走行安定性はかなり向上されているレイアウトと予測されます。最低地上高も195mmと現行よりも新型が5mm引き上げられており、RAV4並みの悪路走行性も期待できます。

最小回転半径も5.5mとし、旧型よりも30~40mm短縮されているため、ハンドリングの向上も実現されています。

トヨタ 新型ハリアーでFFのハイブリッドを新設定

現行型にあった2Lターボを新型では廃止し、2.5Lハイブリッドは4WDの展開だったものに、2WDを追加設定しハイブリッドモデルの販売構成比はを旧型の30%程度から半分以上倍増すると予想されています。

パワーユニット・・・2L・NAガソリン・2.5Lハイブリッド(2WD(FF)/4WD)

トヨタ 新型ハリアーは安全装備も充実

先行車発進お知らせ機能もハリアー新型では標準装備される模様です。

また衝突被害軽減ブレーキの自動ブレーキは従来の40㎞/hから50㎞/hに引き上げられます。障害物検知機能も歩行者はこれまで昼間のみだったのが、夜間や自転車も加わり、更に安全性能が高まります。

トヨタ 新型ハリアー、グレード構成は

グレード構成につきましては、エレガンス・プレミアム・プログレスの使用はせず、Z・G・Sの3タイプのグレードから構成されると予想されます。

Z・Gグレードは本革のレザーパッケージを設定しています。

全てのグレードに2つのパワーユニットとFF/4WDが用意され、安全対策のトヨタセーフティセンスやその他の装備については、トヨタの現行クラウン・ヴェルファイア・アルファード並みに装備されています。

【おさらい】トヨタ ハリアーはどんなSUV?

トヨタ ハリアー

トヨタ ハリアーは1997年に「高級サルーンの乗り心地と快適性を兼ね備えたクロスオーバーSUV」として開発されました。

「高級クロスオーバーSUV」という新たなジャンルを開拓した先駆者モデルになります。後に正解中のメーカーから追随モデルの発売がされていきました。

車名の由来としては、タカ科の鳥「チュウヒ」の英名「HARRIER」から命名されました。その後、根強い人気もあり、2013年から発売されているモデルは7年も経過していますが、定期的に売れ続けています。

今回のフルモデルチェンジも7年ぶりとなりますので、発売を待ちに待っている人も多いのではないでしょうか。今後の詳しい情報が気になりますね。

トヨタ ハリアー外装(エクステリア)

トヨタ ハリアーターボ

トヨタ ハリアーターボ

トヨタ ハリアーターボ

トヨタ ハリアーターボ

トヨタ ハリアーにはターボ車とハイブリッド車で基本的なデザインに違いはありませんが、各装備やパーツに主な違いがあります。

①フロントグリル
②ヘッドライト
③タイヤホイール
④リアコンビネーション

主に上記の4つの違いがターボ車とハイブリッド車であります。フロントグリルはターボ車がネットのような格子状のデザインになっているのに対し、ハイブリッド車は横棒のバー状になっています。

またヘッドライトの部分も違いがあり、ターボ車のヘッドライトはスモークメッキの加飾が施されています。一方のハイブリッド車はメッキ調の加飾が施されたヘッドライトを使用されています。

タイヤホイールでは、ターボ車が切削加工&ダークグレーメタリック塗装を施した18インチのスポークを採用。ハイブリッド車ではスポーティな足回りのデザインの18インチホイールを採用しています。

リアコンビネーションは、ターボ車がカーボン調のデザイン。ハイブリッド車がレッドカラーを使用しています。

これだけのパーツで印象がガラリと変わっています。

では、次に内装(インテリア)について見て行きましょう。

トヨタ ハリアー(内装)インテリア

トヨタ ハリアー ハイブリッド

トヨタ ハリアー ハイブリッド

トヨタ ハリアーグレード別紹介

トヨタ ハリアーの現行モデルは大きく分けて3つのグレードで分類されます。
「ELEGANCE」「PREMIUM」「PROGRESS」の3つです。
それぞれ、簡単に3つのグレードをご紹介していきます。

■「ELEGANCE」・・・ベーシックグレードでホイールのサイズも17インチでヘッドランプがハロゲンランプ。トヨタセーフティセンスが搭載

■「PREMIUM」・・・ホイールは18インチで迫力あるエクステリアになり、ガソリン車とハイブリッド車にはスーパークロムメタリック塗装、ターボ車には切削光輝+ダークメタリック塗装が施されている。ヘッドランプはメッキ加飾されたオートレベリング機能付きLEDランプになる。
トヨタセーフティセンスにアダプティブハイビームシステムが追加

■「PROGRESS」・・・上級モデルで、このグレードにはペダル踏み間違え時、誤発信や急加速を抑制するインテリジェントクリアランスソナー、交差点などの死角やバック時の運転をサポートするパノラミックビューモニターが追加されより安全装備が充実している。9.2型のワイドタッチディスプレイも搭載し、Wi-Fi接続機能や音声認識も可能なT-コネクト SDナビゲーションシステム、JBLプレミアムサウンドシステムが標準装備

その他ハリアーにはガソリン車・ターボ車・ハイブリッド車の3つのパワートレインもあります。

それでは具体的に見ていきましょう。

1.ELEGANCE(ベーシックグレード)

シートはガソリン車とハイブリッド車ではファブリックと合皮皮を使用したコンビシートを採用しています。ブラックとダークサドルタンの2色から選択可能です。

ターボ車は上質感のあるウルトラスエードと合成皮革のコンビになります。カラーはブラック×レッドになります。

■ELEGANCE(GR SPORT)
サスペンションなどの足回りに手が加えられています。走行性能に特化したモデルでインテリアもスポーティなつくりとなっています。

インパネやサイドレジスターベゼル、センタークラスターパネルガーニッシュはダークシルバー塗装となっています。

2.PREMIUM(ちょっと上質感が味わえる)

このグレードはほぼ「ELEGANCE」の内装に準じていますが、ステンレスオーナメント付ドアスカッフプレートがイルミネーション付きになります。「HARRIER」の文字が浮かびあがってきます。

また、このグレードからシート素材にプレミアムナッパ本革がオプションで設定可能となります。

3.PROGRESS(上級グレード)

パノラミックビューモニター(左右確認サポート+シースルービュー機能付)安全システムが搭載されています。

PROGRESS(Style BLUEISH)では、PROGRESSの装備をベースに内装カラーをブラックと深みのあるブルーで統一しています。エレガントな雰囲気が増します。シートはブルーとブラックの専用コンビシートになります。

ドアスイッチベースやシフトパネルもブルーの木目調になります。コンソールパネル・インパネにもブルーのステッチが施されています。

4.Metal and Leather Package(追加)パッケージ

PREMIUMとPROGRESS,PROGRESS,(Style BLUEISH)に追加可能なパッケージとなっています。

シートがプレミアムナッパ素材の本革シートで快適温熱シートやシートベンチレーション機能が追加されています。

ドアスイッチベースにはピアノブラック加飾。シフトパネル・フロントコンソールにはアルミヘアライン加飾が追加されています。

おすすめグレードはハイブリッド車「PREMIUM」

トヨタ ハリアーについていろいろと調べてきましたが、やはり一番おすすめしたいのは、ハリアーのハイブリッド車になります。

価格面から考えると、おすすめはハイブリッド車「ELEGANCE」になります。価格も3,844,500円~となっており、一番高い「PROGRESS」のハイブリッドモデルと比較しても844,800円の差額となるのでかなりお得です。

見た目のカッコよさや機能面から考えると、おすすめはハイブリッド車「PREMIUM」です。ホイールも18インチとなり見た目もかなりかっこよくなります。ヘッドランプもLEDになったり、オートハイビームはうれしいですね。グレードが一つ上がるだけで、機能も各段に充実します。

上記の点を踏まえて、トータルでおすすめなのは、ハイブリッド車「PREMIUM」です。

もし、グレードで悩んだ方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

カッコよく決めるなら、ハリアーのGR車もおすすめ

ハリアー GRスポーツ プロトタイプ

トヨタ ハリアーGRスポーツのエクステリアでは、アッパーグリル&フードモール、バンパー&ラジエターグリル、リアバンパー、バックドアガーニッシュ、ロッカーモールなど専用パーツが多く装着されています。

GRブランドらしい使用となっているハリアーエレガンスGRスポーツですが、通常のハリアーと比較しても、スポーツ色の強いSUVがお好きな方にはおすすめしたいモデルです。

また、ハリアーのGRスポーツ用に、様々なパーツも発売されています。

TOYOTA トヨタ純正 60系ハリアー GRスポーツ用 ボンネットフード フロントモール 後期型に流用可能 202:ブラック

TOYOTA トヨタ純正 60系ハリアー GRスポーツ用 ボンネットフード フロントモール 後期型に流用可能 070:ホワイトパール

トヨタ ハリアー(ASU65,ZSU6系)GRスポーツ バックエンブレム

ハリアーエレガンスGRスポーツのおすすめパーツをいろいろと見て来ましたが、気になるパーツを選んでお気に入りの1台をつくりあげてくださいね。

トヨタ ハリアーの価格

HARRIER グレード・燃費・価格表

ガソリン車
燃費価格
特別仕様車 PREMIUM“Style NOIR”
15.2~16.0㎞/L3,360,500円~
PROGRESS “Metal and Leather Package”
14.8~16.0㎞/L3,850.000円~
PREMIUM“Metal and Leather Package”
15.2~16.0㎞/L3,309,900円~
ELEGANCE
15.2~16.0㎞/L3,004.100円~
ELEGANCE(GR SPORT)
3,461,700円~
ターボ車燃費価格
PROGRESS “Metal and Leather Package”
12.8~13.0㎞/L4,125,000円~
PREMIUM “Metal and Leather Package”
12.8~13.0㎞/L3,584,000円~
ELEGANCE
12.8~13.0㎞/L3,443,000円~
ELEGANCE (GR SPORT)
4,070,000円~
ハイブリッド車燃費価格
PROGRESS “Metal and Leather Package”
21.4㎞/L4,689,300円~
PREMIUM “Metal and Leather Package”
21.4㎞/L
4,150,300円~
ELEGANCE
21.4㎞/L
3,844,500円~

2020年3月現在公式サイト調べ

2013年に登場した3代目のハリアー。高級クロスオーバーSUVという特殊なジャンルは国産車で抜きに出る車種がほとんどありません。

その独走状態のハリアーの魅力は初代から3代目まで引き継がれています。2代目まではレクサスRXと基本設計を共有していましたが、3代目からは独自設計となっています。

最上級グレードは450万円代と高級モデルに位置付けられていますが、300万円を切っているグレードもあり、幅の広い価格設定やグレードも魅力の一つとなっています。

では、ハリアーの中古価格についても見ておきましょう。

トヨタ ハリアー中古車価格

トヨタ ハリアーの中古価格ですが、55~330万円程とかなりふり幅があります。場所やお店、グレードにより価格は左右されます。

新車と比較すると安価で購入できるのでお得ですよね。
※情報は車情報サイトresponse中古車価格より(2020年2月現在)

現行型ハリアーについて詳しく知りたい方はこちら

トヨタ ハリアー試乗記

トヨタ ハリアー ハイブリッド

トヨタ ハリアー ハイブリッド

ハイブリッドに乗ってみると、モーター走行からエンジンが始動した際にちょっとした段差を感じたりすることがあった。この段差を感じたのは、同時にターボモデルに乗り、また完成度の高いカムリ(ハイブリッド)に乗ったからからだろうが、ハリアーを買おうというユーザーだって、様々なクルマに乗って比較をするだろうから、この感覚は同じはずだ。

とはいえ、ハイブリッドモデルの魅力がないわけではない。なによりも魅力的なのがEV走行だろう。こればかりはガソリンエンジン車にはまねできない。バッテリーさえ充電されていれば、EVモードのスイッチをオンにすることで、静かな走行が可能だ。また、ハイブリッドはモーター出力を調整することでピッチングを抑制する機構も装備している。乗り心地という面ではターボよりもハイブリッドのほうに分がある。

ハイブリッド車では、モーターからエンジンが始動するまでにもちょっとした段差を感じることがあったとの記載もありますが、それでもハイブリッドモデルの魅力は高いですよね。

ハイブリッドモデルはそれほどスマートな発進をする印象が強くなっています。乗り心地や燃費の面からみても、ハイブリッドモデルはとても魅力的です。

では次に詳しい口コミについてみて行きましょう。

トヨタ ハリアー口コミ紹介

関連する投稿


【6月3日発売か】日産新型キックス改良で日本市場へ投入!最新情報

【6月3日発売か】日産新型キックス改良で日本市場へ投入!最新情報

日産から「新型キックス」が6月3日に発売されるという情報が飛び込んできました。 日産の代表的なコンパクトSUVと言えば「ジューク」を連想する人も多いのではないでしょうか。しかしながら、新型ジュークは2019年9月に欧州にて登場するも日本に導入されることはありませんでした。そこでジュークに替わるコンパクトSUVとして日本に導入されるのが「キックス」という訳です。本記事では「新型キックス」日本導入の詳しい内容をまとめていきます。


トヨタのランドクルーザープラド フルモデルチェンジはいつ?最新情報

トヨタのランドクルーザープラド フルモデルチェンジはいつ?最新情報

トヨタのランドクルーザープラド。フルモデルチェンジが2020年に行われると噂があります。現行型のモデルは発売されて11年もの歳月が経ちます。2017年9月にビッグマイナーチェンジが行われてからも既に3年近くなります。次の新型のプラドはどのような車になるか気になるところですよね。本記事では最新のフルモデルチェンジの情報を含め、改めてランドクルーザープラドの燃費、口コミ、価格、試乗記などをまとめてご紹介します。(※2020年4月3日更新しました)


【2020年版】SUVの元祖!ジープのSUV一覧

【2020年版】SUVの元祖!ジープのSUV一覧

ジープと言えば、SUVという言葉が使われるようになる以前からオフロード走行可能4輪駆動車を作ってきた、4輪駆動車の車の王道といっても過言ではありません。しかし、ジープのラインナップには、意外にも2輪駆動車が存在しているのも事実です。今回はジープの2輪駆動、そして4輪駆動のSUV車について紹介しましょう。


【今さら聞けない】SUVとは?人気車種もご紹介

【今さら聞けない】SUVとは?人気車種もご紹介

自動車情報誌や情報サイトで使われているSUV(エスユーブイ)と言う言葉。「Sport Utility Vehicle」の略で、意味は「スポーツ用多目的車」です。スポーツという言葉が付いていますが、2シーターのスポーツカーとはどの様に違うのか、今回の記事では、改めて問い直してみたいと思います。


トヨタのC-HR(CHR)!スペック 内装 価格 ユーザー評価 完全網羅!

トヨタのC-HR(CHR)!スペック 内装 価格 ユーザー評価 完全網羅!

トヨタの人気SUV、C-HR(シーエイチアール)が気になっている方向けに、改めてC-HRの情報(ユーザーの口コミ・試乗記・内装・外装・中古車価格・燃費・グレード別価格・魅力・発売日ほか)をまとめてみました。購入の後押しをできれば幸いです!(※2020年4月更新しました)


最新の投稿


買うならこれ!人気の原付バイク おすすめ車種15選!

買うならこれ!人気の原付バイク おすすめ車種15選!

原付バイクをこれから購入しようと考えている方へ。メーカー毎にオススメのバイクと新車価格、中古価格の相場をご紹介。男性にオススメのカッコイイ原付バイク、女性にオススメの可愛い原付バイク、値段も合わせてそれぞれご紹介しています。また、原付・中型・大型の違いや、そもそも原付とは何か?についてもご紹介!(※2020年4月3日更新しました)


【6月3日発売か】日産新型キックス改良で日本市場へ投入!最新情報

【6月3日発売か】日産新型キックス改良で日本市場へ投入!最新情報

日産から「新型キックス」が6月3日に発売されるという情報が飛び込んできました。 日産の代表的なコンパクトSUVと言えば「ジューク」を連想する人も多いのではないでしょうか。しかしながら、新型ジュークは2019年9月に欧州にて登場するも日本に導入されることはありませんでした。そこでジュークに替わるコンパクトSUVとして日本に導入されるのが「キックス」という訳です。本記事では「新型キックス」日本導入の詳しい内容をまとめていきます。


トヨタのランドクルーザープラド フルモデルチェンジはいつ?最新情報

トヨタのランドクルーザープラド フルモデルチェンジはいつ?最新情報

トヨタのランドクルーザープラド。フルモデルチェンジが2020年に行われると噂があります。現行型のモデルは発売されて11年もの歳月が経ちます。2017年9月にビッグマイナーチェンジが行われてからも既に3年近くなります。次の新型のプラドはどのような車になるか気になるところですよね。本記事では最新のフルモデルチェンジの情報を含め、改めてランドクルーザープラドの燃費、口コミ、価格、試乗記などをまとめてご紹介します。(※2020年4月3日更新しました)


【2020年版】SUVの元祖!ジープのSUV一覧

【2020年版】SUVの元祖!ジープのSUV一覧

ジープと言えば、SUVという言葉が使われるようになる以前からオフロード走行可能4輪駆動車を作ってきた、4輪駆動車の車の王道といっても過言ではありません。しかし、ジープのラインナップには、意外にも2輪駆動車が存在しているのも事実です。今回はジープの2輪駆動、そして4輪駆動のSUV車について紹介しましょう。


クルマを高く売るには?お得に車を売る方法と中古車査定の注意点

クルマを高く売るには?お得に車を売る方法と中古車査定の注意点

自分の車を売却して別の車が欲しいと思った時、まずは今乗っている車を高く売ることが大切になってきますよね。そのためには中古車査定をしてもらう必要があります。けれど、何からすればいいのか?どこに行くの?と悩む方も多いはず。そんな悩みをお持ちの方!本記事では初心者向けに中古車査定のキホンから、車の買取や下取りでより高く、お得に買い取ってもらえる方法をご紹介いたします。