トップへ戻る

最新情報|トヨタ ライズ!コンパクトSUVの人気を徹底解説!

最新情報|トヨタ ライズ!コンパクトSUVの人気を徹底解説!

トヨタは2019年11月5日にコンパクトSUV「ライズ」を発売しました。ライズはダイハツではロッキーとして販売されているOEMモデルになります。 そして、発売されて約10カ月経過しようとしていますが、販売も好調が続いています。トヨタ ライズの最新情報をまとめてお伝えしていきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタ ライズとは?

トヨタ ライズ

トヨタ ライズは2019年11月に発売されました。「アクティブ・ユースフル・コンパクト」をコンセプトに、週末レジャーや普段使いでも扱いやすく様々なシーンでもアクティブに毎日を送れる車として開発されました。

また、ダイハツ工業が4代目「タント」で初導入した「DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」をトヨタ車として初導入した車種になります。ダイハツ工業では国内で約22年ぶりの車名復活となる2代目「ロッキー」として発売されました。

トヨタ ライズは2019年11月に発売されました。「アクティブ・ユースフル・コンパクト」をコンセプトに、週末レジャーや普段使いでも扱いやすく様々なシーンでもアクティブに毎日を送れる車として開発されました。

また、ダイハツ工業が4代目「タント」で初導入した「DNGA(ダイハツ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)」をトヨタ車として初導入した車種になります。ダイハツ工業では国内で約22年ぶりの車名復活となる2代目「ロッキー」として発売されました。

また、トヨタが扱うダイハツ工業製のOEMのコンパクトSUVとしても発売されました。

トヨタ ライズの売れ行きは好調!

トヨタ ライズ

最近は外観のカッコ良さと実用性の両立により、SUVの売れ行きが好調だ。このカテゴリーの中で、最も登録台数の多い車種が『ライズ』になる。2019年11月に発売され、それ以降は少なくとも6月まで、SUVの月別販売1位を守っている。

日本自動車販売協会連合会より調査すると、2020年1月~6月までの車種別販売台数を確認したところ、トヨタ ライズは58,492台を売り上げて堂々の1位に輝いており、素晴らしい販売台数を誇っています。ちなみに今年デビューしたフィットは3位、ヤリスは4位となっています。

販売が絶好調のライズ。これからの躍進も楽しみですね。では次に、ライズの価格を詳しく見て行きましょう。

トヨタ ライズ価格は?

トヨタ ライズ価格一覧表

グレード価格(消費税抜き)
Z 2WD
1,872,728円
G 2WD
1,722,728円
X“S” 2WD
1,586,364円
X 2WD
1,526,364円


Z 4WD
2,074,728円
G 4WD

1,939,728円

X“S” 4WD1,804,364円
X 4WD
1,744,364円

※2020年8月末現在トヨタ公式サイト調べ

価格は中級のG・2WDが189万5000円、4WDは213万3700円だから、『ヤリス』や『フィット』などのコンパクトカーよりも15万円高い程度だ。今は安全装備と環境性能の向上で(もちろん良いことだ)、クルマの価格も上昇傾向にあるため、ライズはちょうど良い選択肢になる。実用性と適度な趣味性を兼ね備え、価格は購入しやすい水準に抑えた。

価格設定もSUVにしてはリーズナブルな設定で、SUVが欲しくても高くて変えなかった人の需要をピッタリと捉えたのも、勝因の一つと言えそうですよね。

購入しやすい価格帯は、ユーザーにとっては本当にありがたいですよね。では、次にライズの外装(エクステリア)を詳しく見て行きましょう。

トヨタ ライズ外装(エクステリア)

トヨタ ライズ

トヨタ ライズ

試乗するとその理由を実感できる。全長が4m以下のボディは最小回転半径も4.9m(16インチタイヤ装着車)に収まり、コンパクトカーと違ってボンネットも少し視野に収まるから、車幅やボディの四隅も分かりやすい。運転のしやすさはコンパクトカーと同等かそれ以上だ。

小回りが利いて、運転もしやすい、それに見た目もカッコイイとなると、売れない訳がないですよね。ユーザーの心をしっかりと掴んだトヨタさんの戦略も見事に日本市場にマッチングしています。

レジャー使いや普段使い、オールマイティに使いこなせるコンパクトSUVは、ユーザーにとってもうれしいことだらけですね。

では、次にライズの内装(インテリア)について詳しく見て行きましょう。

トヨタ ライズ内装(インテリア)

トヨタ ライズ

トヨタ ライズ

室内空間も相応に確保され、身長170cmの大人4名が乗車して、後席に座る乗員の膝先空間は握りコブシ1つ半だ。広々感はないが、前後方向の余裕はマツダ『CX-30』などと同等だから、大人4名の乗車を妨げない。

室内空間もそれなりに確保されており、広くはないけれど、狭すぎるわけでもないという絶妙な作りを実現しています。

コンパクトSUVなので、そもそも広さは期待できませんが、大人が4名乗ってもそれほど狭さを感じさせないのならば、十分は室内空間を確保されたつくりなのではないでしょうか。

では、次にライズの試乗記について見て行きましょう。

トヨタ ライズ試乗記

試乗すると、直列3気筒1リットルターボエンジンは、ターボのクセを少し意識させる。1800回転以下では過給効果が薄れ、2000~3000回転の常用域でも、アクセルペダルを緩く踏み増すと少し時間差を置いて速度を上昇させる傾向がある。それでも1.4リットル自然吸気エンジンに匹敵する加速力は得ている。同じエンジンを搭載する『ルーミー/タンク』に比べると、ノイズも低減されて違和感を抑えた。

操舵感は、直進状態に戻ろうとする特性がほかの車種よりも少し弱い。感覚的な話だが、ユーザーによっては違和感が生じる。操舵に対する正確性も高いとはいえず、曲がりくねった峠道などを走ると、反応の仕方が少し曖昧だ。

その代わり全高が1600mmを超えるSUVとして、走行安定性は優れた部類に入る。SUVなのに車両重量が970~1050kgと軽いこともあり、下り坂のカーブも安心して曲がれる。この感覚は低重心のコンパクトカーに近い。

試乗記をみると、1.4リットルのエンジンながら、走行安定性に優れた部類に入るようなので、走りは期待できます。

実際に試乗して、試乗感覚やハンドリングなども試してみるといいかもしれませんね、では、気になるライズの口コミから納期を見てみましょう。

トヨタ ライズ口コミから探る納期は?

現在のライズの納期は2カ月程度との情報をSNS上で見つけました。他の車種と比較してもさほど納期の変わりはないようですので、現在ならスムーズに購入できそうですね。

気になった方は、ディーラーに詳しい納期を問い合わせてみてくださいね。

まとめ

本記事ではトヨタ ライズの最新情報についてまとめてお伝えしてました。2019年11月に発売以来、コンパクトSUV市場ブームに融合した価格設定などがピタリと当たり、好調な販売が続いています。

これからもコンパクトSUV市場を牽引していく車に違いありません。納期などの状況もみながら、ライズが欲しい方は、情報をチェックしてみてくださいね。

関連するキーワード


トヨタ 最新情報 SUV

関連する投稿


トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

とどまるところを知らないSUVブームの中でも、特に人気が高く各メーカーがしのぎを削っているのはコンパクトSUVクラス。コンパクトSUVだけで3車種も用意するトヨタのラインナップの中でも、登場が最も新しく人気を牽引しているのが「ヤリスクロス」です。国産車だけでなく輸入車とも比較されるような完成度の高さが話題のヤリスクロス、登場から1年が経つ今も「買い」なのか調査しました。


マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

欲しい車種が決まったら次はグレード選びです。そこで、まず車種のグレードの内容と特長を把握して自分に必要なグレードを判断することが重要になります。今回はマツダの人気SUVであるCX-5のグレードについて解説し、CX-5を検討する人のお役に立ちたいと思います。


ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-Vは、とくに北米・欧州でその実力を評価され、2019年の世界販売台数では、第4位になりました。5代目となった現行モデルでは、7人乗りが新たに登場しています。今回は、CR-Vの歴史と、現行モデルの実力をまとめています。


7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

大人数が乗車できるクルマは、なにかと重宝します。しかし、購入しようと思う場合に悩むのは「7人乗りにするか」、「8人乗りにするか」ということかもしれません。今回は、そんなときの参考になる記事です。


コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVは、クルマの性能と価格のバランスがよく、汎用性が高いことから、人気を得ています。今回は、コンパクトSUVの定義、メリット、おすすめ5車種についてまとめました。


最新の投稿


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。


移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

移動式オービスによる取り締まり|運用が広がっている理由とは?

高速道路などを走行中、オービスがピカッと光ってしまい、心配になった経験をお持ちの方は少なくないかもしれません。近年、オービスの新たな形として「移動式オービス」が運用の幅を広げています。これまでのオービスと何が違うのでしょうか?今回は、移動式オービスについてまとめました。


車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

車のコーティングとワックス、どう違う?それぞれ費用や耐久性で比較

洗車は面倒だけど、愛車のピカピカな状態はできるだけ長く保ちたいもの。キレイなボディを維持しやすくなる方法といえば、自分で施工ができるワックスと、プロに頼むのが一般的なコーティングがあります。どちらにもメリットとデメリットがあるので、実際にあなたの愛車にはどちらがぴったりなのか、事前にしっかり検討しておきたいところ。かかる費用やかかる手間など、それぞれを詳しく比較していきます。


カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

カーフィルム・ウィンドウフィルム最新10選|暑さや紫外線をカット

うだるような暑さや照りつける直射日光は、ガラスを通り抜けてくるので車内にいる間も油断大敵です。近年の車ではUVカットガラスが標準装備される例も増えてきてはいますが、紫外線や赤外線の遮断性能だけでなく遮熱性能まで備えた最新のカーフィルムを貼り付けることで、車内の快適性がグンと向上しますし、見た目の高級感やプライバシー性も向上させることができます。おすすめ商品をご紹介していきます。


スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

スマートキーとは?便利な利用シーンや最新機能、防犯対策までご紹介

近年の車で広く装備されるようになった機能のひとつに「スマートキー」が挙げられるでしょう。キーはポケットに入れておくだけで、ドアロックの解錠からエンジン始動まで可能な同機能は、今や現代の車にはなくてはならない機能となっていますよね。そんなスマートキーに関して詳しく解説していくとともに、最新のスマートキーが実現する便利な機能までご紹介していきます。