目次へ戻る

欧州車風の高級感!!スバルのエクシーガ・クロスオーバー7

欧州車風の高級感!!スバルのエクシーガ・クロスオーバー7

スバルのミニバン・エクシーガが原型となっているエクシーガクロスオーバー7は2015年4月16日にフルモデルチェンジし、その頃からスバル車をこよなく愛するファンの間で話題になっている。今回はそんなスバルの自慢の車種を調査してきた。


スバル エクシーガクロスオーバー7とは?

主な特徴

エクシーガ・クロスオーバー7は、最低地上高170mmで設計されていて、悪路などのみ舗装道路を走るというよりも、街中を走るのに向いている都市型SUVだ。

ターゲットは、アウトドアや家族旅行などを楽しみたい30歳から40歳代のアクティブ層や子育てが終わり趣味などを優先したいという50歳から60歳のアクティブシニア層となっていて、あらゆる世代の年代層を満足させてくれる、オールマイティな車といえる。

内装も豪華に作られており、タンカラーと艶ブラックのツートンが採用され欧州車風の高級感を堪能できる。

充実したエクステリアとインテリアデザイン!

エクシーガ・クロスオーバー7は、ミニバンである『エクシーガ』をベースとして、専用のデザインと新開発の足回りを採用し、SUVテイストに仕上げられた車だ。

専用のサスペンションを採用することで、ロードクリアランスは170mmと低くなっていて、全高も1670mmと低い設計となっているため、立体駐車場にも入れることができる。まさに都市型SUVといえる。

ボディ5色となっていて、ホワイトから美しさを感じさせるクォーツブルー、上品さを感じさせてくれるヴェネチアンレッドなど多彩なカラーバリエションが存在する。

燃費性能もすごい!

エクシーガ・クロスオーバー7には、スバルが長年こだわってきた水平対向エンジンのボクサーが搭載されている。左右のピストンの力を打ち消しあう特性から生まれる、滑らかで気持ちの良いエンジンフィーリングを体験可能だ。

この車の開発では、ボクサーエンジンを細部に渡り徹底的に燃焼効率を追求し燃費性能を向上させた。アイドリングストップ機能も搭載することで、JC08モードで13.2km/Lの低燃費を実現している。

エンジンは中低速域を重視したトルク特性にこだわり設計されているため、低燃費性能と意のままに加速できるレスポンス性能を両立している。

エンジンシステムは"SUBARU BOXER"

エクシーガ・クロスオーバー7には、水平対向エンジンが採用されているが、ピストンの動きがまるでボクサーがパンチを繰り出しているように見えるため、SUBARU BOXERとネーミングされている。
このエンジンは、他のエンジンでは味わえない滑らかな加速を体験させてくれる。しかもこの燃焼効率の高いボクサーエンジンとアイドリングストップとの組み合わせにより低燃費が実現されているのだ。

トラスミッションとしては、リニアトロニックが採用されているため、ぎくしゃくすることがなく滑らかな加速フィーリングが楽しめる。

スバルエクシーガクロスオーバー7の広い車内空間!

快適さが異常

エクシーガのクロスオーバー7には7つのシートに7人分の快適を、というコンセプトで7シーターレイアウトと7シーターコンフォートが搭載されている。

7シーターレイアウトではまるで映画館のシートに座っているような設計になっていて、どのシートでも開放感を感じることが出来る。さらに運転に最適なシートでもあるので疲れにくく、乗車している全ての人がゆったりとくつろげる。

そして7シーターコンフォートには運転席と助手席で全ての席の温度調整が出来る機能が搭載されているのが特徴だ。

気持ちがいいくらい自由にできるシートアレンジ

エクシーガのクロスオーバー7には多彩なシートアレンジと共に大容量のカーゴルームがある。例え7人乗車していても十分なスペースを確保することが可能であり、大きな荷物でも長い荷物でもサードシートを倒したりと工夫次第で好きなように荷物が積み込める。

また、5名乗車モード、分割モード、フルモード、リラックスモードの4つのモードに切り替えることが可能で、積み込む荷物に応じてモードを変更すれば多彩なドライブが楽しめる。また、休眠や仮眠を取る際にはリラックスモードにすることで快適な睡眠が取れるだろう。

ラゲッジスペースももちろん広い!

クロスオーバー7のカーゴルームは荷室フロア幅が非常に広く、より多くの荷物を積み込むことが出来る設計になっている。

また、荷室ダブルアンダーボックスが搭載されていて、小物を収納するのに一役買ってくれる。カーゴフロアボードをバックレストに固定することで背が高い荷物も楽々積み込める。

さらにカーゴルームユーティリティにより、カーゴソケットやショッピングフック、カーゴフックを車内の4ヶ所に設置している為、より利便性の高い快適なドライブや買い物が可能だ。

ファーストクラス級のシート

エクシーガ・クロスオーバー7はシートをフル活用することで最大7人乗りが出来る大きな特徴がある。7シーターレイアウトによって利便性が高いシートにはスエード調人工皮革のウルトラスエードが使われており、座り心地が良く、運転時の疲労感を軽減してくれる。

快適な過ごしやすさを感じさせてくれると共に、採用されているウルトラスエードはパンチングタイプのもので、細かい穴が開いているので通気性も抜群だ。さらに滑りにくさと耐摩耗性にも優れていることから、より運転のしやすさに拍車をかけているのだ。

スバル エクシーガ・クロスオーバー7の安全性など

万が一の時のために

エクシーガ・クロスオーバー7は、アイサイト(ver.2)を搭載し、走行状況に応じてユニットを制御する運転支援システムを構築している。人の目と同様の感覚で周辺の環境を認知するステレオカメラが危険を察知するとメーター内のディスプレイに警告が表示される。

適正な車間距離を自然に維持でき、渋滞時の操作の煩わしさがない。未然に危険を予測できるため、衝突による被害の軽減を図れる。

誤操作による急発進を防ぐ機構も備えているため、幅広い年齢層が安心安全に運転できるのだ。2015年度の安全性能評価試験においてアイサイト(ver.2)は先進安全車プラス(ASV+)を獲得しており、予防安全性能は折り紙付きだ。

衝突事故があってもインパクト削減!!

スバルはクルマの衝突安全性の概念が浸透していなかった時代から衝突安全試験に取り組み、この長年に渡る研鑽の成果をエクシーガ・クロスオーバー7の総合安全性能にも活かしている。キャビンを囲むように強固なピラーとフレームを結合させた新環状力骨構造ボディを採用し、衝突時に運転手や同乗者に及ぶ衝撃の抑制を図っている。

約50年の歴史を持つ水平対向エンジンを搭載することによって、前面衝突時のキャビンの侵襲の軽減も実現させている。また、衝撃吸収能力の高いフロントバンパーの起用など、歩行者保護性能を随所に取り入れている点も魅力的だ。

実際に運転してみた

エクシーガ・クロスオーバー7は、数ある3列シートワゴンの中でもコストパフォーマンスに優れた1台と称されています。基本設計は古いものの、オレンジ色の不織布を用いたカジュアルな演出にセンスの良さを感じられるようです。

曲がりくねった道を悪天候の環境下で運転する際、AWD特有の優れた安定感に驚いている方は少なくありません。水平移動のように走行する高速直進性と乗り心地の良さを維持しているため、デコボコ道を走行していることに気づかなかったというユーザーも多いです。

スバル エクシーガ・クロスオーバー7のバリエーションと価格

エクシーガ・クロスオーバーは、2.5i EyeSightのグレード1つのみである。販売価格の相場はModern Styleが約276万円、BOXER50周年特別記念車のACTIVE STYLEが約277万円だ。5色のボディカラーをラインナップしている。クリスタルホワイト・パールが最も多く展示されているため、同車の定番カラーとして親しまれている。発色が独特のタングステン・メタリックとダークブルー・パープルは他者と異なるクルマを所有したいこだわり派に人気だ。

関連する投稿


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

日本国内で発売されていない国産メーカーの車種の中には、非常に魅力的なモデルは多数存在します。その中でもマツダの北米専用車種である「CX-9」は大変興味深い車種といえます。このネーミングだけでも、3列シートSUVとして話題を集めた「CX-8」より大型のクロスオーバーSUVであることが想像できます。では、なぜ北米専用車種なのか?そして日本国内に導入される可能性はあるのか?そもそもどんな車種なのかを解説します。


【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

【東京モーターショー2019】10月24日開幕!開催・出展車情報など最新情報まとめ

10月24日より開催される東京モーターショー2019。10月24日から11月4日までの12日間、東京ビッグサイトにて開催されます。本記事ではどこよりも早く、どこよりもわかりやすいをモットーに東京モーターショー2019の最新情報をまとめています。新型車・出展車・ワールドプレミア情報・アクセス情報・駐車場情報・開催日程情報・チケット情報、前回の東京モーターショー2017の振り返りも。毎日更新中です。【8月21日更新】


【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

【最新版】新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい、という方のために今回は2019年8月現在購入できる国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたにおすすめです。※ほとんどの車種を網羅していますが、一部商用車などは省いています。


シボレー トレイルブレイザー┃歴史や基本スペック、歴代モデル情報等一覧

シボレー トレイルブレイザー┃歴史や基本スペック、歴代モデル情報等一覧

日本国内でも販売されていたシボレー「トレイルブレイザー」は、本場アメリカのSUVモデルです。欧州のプレミアムカーとして開発が行われ、最新テクノロジーや製造方法など専用の設計になっています。見た目がカッコよく、幅広い年代から支持されるトレイルブレイザー。本記事では歴代モデルごとにご紹介します。


最新の投稿


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

「フォルクスワーゲン・ゴルフVII」とは、ゴルフの7代目にあたります。ゴルフの歴史からマイチェンのゴルフ7.5の特徴、性能や燃費、中古車価格などをまとめてみました。ゴルフⅦに乗ってみたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。


200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

ジャガーは錦織圭がアンバサダーを務めている輸入車です。ジャガーはイギリスの高級車メーカーであり、現在はランドローバーと同様にインドのタタ・モーターズ傘下となっています。自動車メーカーの中で、歴史が古いメーカーの1つでもあります。今回は、ジャガーの歴史や中古車についてまとめています。


200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

今も変わらず「ミニ」は大人気の車です。これからミニの購入を考えて気になっている方も多くいる事でしょう。今回は、車の購入がはじめてという方でも分かりやすくミニ選びができるよう、ミニとはどのような車なのか解説し、200万円以下で買えるミニの中古車を4選紹介します。


【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

日本国内で発売されていない国産メーカーの車種の中には、非常に魅力的なモデルは多数存在します。その中でもマツダの北米専用車種である「CX-9」は大変興味深い車種といえます。このネーミングだけでも、3列シートSUVとして話題を集めた「CX-8」より大型のクロスオーバーSUVであることが想像できます。では、なぜ北米専用車種なのか?そして日本国内に導入される可能性はあるのか?そもそもどんな車種なのかを解説します。