目次へ戻る

2017年上半期 最も売れた国産SUVは?オススメ・人気ランキング TOP10

2017年上半期 最も売れた国産SUVは?オススメ・人気ランキング TOP10

今国内でとても人気のSUVですが、2017年の上半期(1月~6月)に最も売れたSUV車種は何だったのか!?全軽自協、自販連のデータ及び自動車産業ポータルMarkLinesのデータを元に国産SUVのみをランキング形式でお届けしています。他、7人乗りSUVやコンパクトSUVのおすすめ車種の紹介もしています。


なぜ今SUVが人気なのか!?

SUVは今、新車市場で非常に人気の高い車種となりました。
その理由の一つに「燃費性能の向上」によるところが大きいでしょう。

以前までは、スポーティーでアウトドアなどに向いているけど燃費が悪いというのがSUVのイメージでした。しかし、今はメーカーの努力によって格段に燃費性能が向上し、その結果、「楽しい車で燃費が良い」という車種を選ぶ人が増え、人気が増したという事になります。

ホンダ ヴェゼル

そのSUVにはいくつかタイプがあります。

【クロスオーバータイプ】

SUVの中では主流でで一番人気のあるタイプです。
大きいタイヤでフロア高の迫力のあるSUVでありながら、ハイブリッドやクリーンディーゼルなどを搭載しています。スバルのフォレスターなどがこのタイプです。

スバル フォレスター

【クロスカントリータイプ】
4WDと大排気量でどんな道でも走る事の出来る車です。
悪路走行を重視しているチューニングの為、街乗りでは運転に自信のない方は難しいでしょう。
トヨタのランドクルーザーなどがこのタイプです。

トヨタ ランドクルーザー


【シティタイプ】

クロスカントリータイプをベースに街乗り用に対応させたタイプです。
SUV本来の迫力を残したまま悪路走行の走行性を除き、代わりに操作性、燃費、価格などを向上させました。マツダCX-5などがこちらのタイプです。

マツダ CX-5


大きく分けてこの3つのタイプに分類されます。

では、実際に2017年の上半期はどのSUVが人気があり売れたのか、TOP10を発表していきます。

2017年上半期 最も売れたSUVは?人気・売上ランキングTOP10

2017年の上半期(1月~6月)に最も売れた国産SUVの人気車種は何だったのかを、自販連、全軽自協のデータ及び自動車産業ポータルMarkLinesのデータを元にランキングにしました。

国産のSUVを検討されている方は、下記のデータ等、是非ご参考にしてみて下さい。

国産・人気SUV 第10位 マツダ CX-3


第10位は、「マツダCX-3」です。

マツダのSUVの中でもっともコンパクトなタイプとして2015年2月に発売されましたが、そのわずか11か月後に改良が発表され、内装や静寂性が格段に増しました。
また、2017年に早くも新型が発表されるなど、マツダが今年も攻めの姿勢を貫いていて今後も目が離せない一台となっています。

また、今後日本にても導入される新燃費基準である「WLTCモード」を国産車としては初めて取得した車種となっています。

【知っておきたい】WLTCモード燃費って何?JC08モード燃費と何が違うの?

https://matome.response.jp/articles/688

日本では2018年10月から、WLTCモード燃費に切り替わります。そもそもWLTCという言葉を聞いたことはありますか?このWLTCモード燃費とは、燃費をはかる基準で、国連で決められた基準となっています。今までのJC08モード燃費とWLTCモード燃費、いったい何が違うのか、導入の意図は何か。今回の記事で丸裸にします!!


マツダCX-3のボディサイズや燃費、価格についてまとめています。

◆2017年上半期販売台数
6,679台

◆ボディサイズ
全長:4,275mm
全幅:1,765mm
全高:1,550mm
荷室容量:251L


◆燃費
ガソリンエンジン:JC08モード 16.6~17.0km/L
ガソリンエンジン:WLTCモード 11.6~18.0km/L
クリーンディーゼル:JC08モード 21.0~25.0km/L

◆新車価格
【20S】
2WD 2,106,000円
4WD 2,332,000円

【20S PROACTIVE】
2WD 2,284,200円
4WD 2,510,200円

【20S L Package】
2WD 2,538,000円
4WD 2,764,000円

【XD】
2WD 2,408,400円
4WD 2,634,400円

【XD PROACTIVE】
2WD 2,602,800円
4WD 2,828,800円

【XD L Package】
2WD 2,808,000円
4WD 3,034,000円

◆中古車価格
中古車平均価格は160万円~270万円が大よその相場となっています。CX-3が登場した2015年式から遡って探しても160万円前後の価格となっているため、グレードに拘らなければ中古車としての検討より、新車にて検討したほうがおすすめかもしれません。高グレードの車種を安く検討したい方は、下記リンクより最新の中古車情報をチェックできますのでご覧下さい。

マツダ CX-3 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/MA/S092/

を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

マツダ CX-3の中古車情報はこちらをご覧ください!

マツダCX-3のユーザー評価

マツダ CX-3

2016年4月9日に納車され、5月末現在2500Kmほど走破しました。平均燃費は18km/L弱というところ。あまり運転の仕方によって燃費が左右されることなく、踏んでものんびり走っても違いは0.5Km/L程度に納まっているところが素晴らしいです。

燃料が軽油であることから、レギュラーガソリンに換算すれば、23~24Km/L程度の車とも言え、ハイブリッド車に負けない省燃費車と言えます。


燃費性能に関して非常に満足されているようです。
ユーザーからの評価も高く、SUVのパワフルさと燃費性能を兼ね備えているマツダCX-3は10位ですがとてもおすすめです。

Bose®のオーディオシステムも搭載!マツダCX-3

https://matome.response.jp/articles/409

マツダのCX‐3は2015年から販売開始されている5名乗り5ドアのクロスオーバーSUVであり、現在SUVでは唯一ディーゼルエンジンが採用されている自動車としても話題を集めている。今回はそんなCX‐3について詳しく調査してまとめた。

マツダCX-3の詳細はこちらをご覧ください!

国産 人気SUV 第9位 レクサス RX


国産SUV、売上・人気ランキング。第9位は、「レクサス RX」です。

RXはレクサスのプレミアムクロスオーバーの2代目で、SUVらしい力強さとレクサスらしい大人の色気を両立させ、インテリアは先進性とエレガントさを兼ね備えた車内空間になっています。

このモデルはレクサスの上級SUVとなっており、誰もが憧れる車なのではないでしょうか。


レクサスRXのボディサイズや燃費、価格についてまとめています。

◆2017年上半期販売台数
7,202台


◆ボディサイズ
全長:4,890mm
全幅:1,895mm
全高:1,710mm
荷室容量:514L


◆燃費
ハイブリッド:JC08モード 18.2~18.8km/L
ガソリンエンジン:JC08モード 11.2~11.8km/L


◆新車価格
【RX450h “version L”】
2WD 7,025,000円
4WD 7,285,000円

【RX450h “F SPORT”】
2WD 7,165,000円
4WD 7,425,000円

【RX200t“version L”】
2WD 5,950,000円
4WD 6,210,000円

【RX200t“F SPORT”】
2WD 5,790,400円
4WD 6,050,00円

◆中古車平均価格
レクサス RXの中古車価格の平均は580万円~700万円が大よその相場になっています。レクサスブランド且つ、上級モデルな為中古車の価格も決して安くはありません。2009年式~まで遡れば、200万円を切る価格でも検討は可能となっていますが、その場合は走行距離など、状態がもちろん下がりますのでご注意下さい。

レクサス RX 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/LE/S008/0/0/0/0/0/0/0/0/0/0/JPN/0/0/0/0/0/0/0/0/0/7/20/1/

レクサス RXの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

レクサス RXの中古車情報はこちらをご覧ください!

レクサスRXの評価


レクサスRXはファッション性の高さがありドライブ中の存在感は他車を圧倒します。
エンジンの力感も必要充分で静寂性もプレミアムセグメントとして充分過ぎるほど良かったと実際に乗った方からはとても評価が高くなっています。

一度ご自身の目で確かめてみる価値のある車種になっていますので、是非お近くのディーラーへ足を運んでみてください。

レクサスRX 実燃費、スペック、価格など詳細情報一覧!

https://matome.response.jp/articles/510

クサスRXは、トヨタ自動車が販売している高級車ブランドの「レクサス」シリーズの中の大型クロスオーバーSUVです。いつかは乗ってみたいと誰もが憧れる車でしょう。そんなレクサスRXについてまとめてみましたので、あなたのクルマ選びの参考にしてみてください。

レクサスRXの詳細情報はこちらをご覧ください!

国産 人気SUV 第8位 トヨタ ランドクルーザー

続いて第8位は、「トヨタ ランドクルーザー」です。

ランドクルーザーはトヨタ社の最上級のクロスカントリータイプのSUVです。

内装・外装ともに高級路線を強め、山道や雪道さらには砂漠などあらゆる道でパワフルな走りを実現でき、地球で最後に残る車を掟に開発されたことを証明する走りを見せてくれ、SUVファンから絶大の支持を受けています。


ランドクルーザーのボディサイズや燃費、価格についてまとめています。

◆2017年上半期販売台数
9,989台

◆ボディサイズ
全長:4,950mm
全幅:1,980mm
全高:1,880mm
荷室容量:5人乗り909L
     8人乗り259L

◆燃費
ガソリンエンジン:JC08モード 6.7~6.9km/L

◆新車価格
【特別仕様車 ZX “G-FRONTIER”】
4WD 7,236,000円

【ZX】
4WD 6,825,600円

【AX“Gセレクション”】
4WD 5,854,582円

【AX】
4WD 5,134,909円

【GX】
4WD 4,728,437円

◆中古車平均価格
ランドクルーザーの中古車価格は470円~640万円が相場となっているようです。SUVの中では比較的歴史の長い車種であるため、年式が古いものであれば100万円前後からでも検討は可能となっています。できるだけ安くランクルに乗りたい!という方は下記リンクも参考にご覧下さい。

トヨタ ランドクルーザー100 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/TO/S150/0/0/0/0/0/0/0/0/0/0/JPN/0/0/0/0/0/0/0/0/0/7/20/1/

を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

トヨタ ランドクルーザーの中古車情報はこちらをご覧ください!

トヨタ ランドクルーザーの評価


ランドクルーザーは、走破性の高さや故障の少なさなどがユーザーから高い評価を得ています。
マイナーチェンジや改良を随時施し、2015年には内外装のデザイン変更や安全装備の充実化など、
改めて大幅なマイナーチャンジが行われました。

乗り心地は剛性を保つために振動を感じることがありますが、走行中の静寂性はトヨタのクラウンに
匹敵するほどという意見もあります。パワフルで且つ走行性も高いランドクルーザーはSUVの代名詞でもあり人気が高い車種となっています。

トヨタ ランドクルーザーの実燃費、スペック、価格など詳細情報一覧!

https://matome.response.jp/articles/558

トヨタランドクルーザーは、同社の最上級SUVです。ぬかるんだ道や雪原、砂漠や荒野など世界のあらゆる道で鍛えられ、進化し続けています。概要や特徴を踏まえて見ていきましょう。

トヨタ ランドクルーザーの詳細情報はこちらをご覧ください!

国産 人気SUV 第7位 スバル フォレスター


第7位は「スバル フォレスター」です。

2015年にマイナーチェンジを施したフォレスターは走行性能が抜群に良くなり、特に静寂性が増し小さなお子様がいる家庭にはとても嬉しいマイナーチェンジとなりました。

運転がとてもしやすい為、街乗りなどの普段使いにも適しており、ファミリー向けのSUVとなっています。

フォレスターのボディサイズや燃費、価格についてまとめています。

◆2017年上半期販売台数
11,823台

◆ボディサイズ
全長:4,610mm
全幅:1,795mm
全高:1,715mm
荷室容量:505L

◆燃費
ガソリンエンジン:JC08モード 13.2~16.0km/L

◆新車価格
【2.0XT EyeSight】
3,128,760円

【2.0i-L】
2,581,200円

【2.0i-L EyeSight】
2,689,200円

【X-BREAK】
2,754,000円

【S-Limited】
2,894,400円

【2.0XT EyeSight】
3,128,760円

◆中古車平均価格
マイナーチェンジを行った2015年式以降のフォレスターの中古車価格は170万円~300万円が相場の価格となっています。比較的抑えた価格で検討可能なので、フォレスターの中古車をお探しの方は下記リンクも合わせてご確認下さい。

スバル フォレスター 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/SB/S011/0/0/0/0/0/0/0/0/0/0/JPN/0/0/0/0/0/0/0/0/0/7/20/1/

を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

スバル フォレスターの中古車情報はこちらをご覧ください!

スバル フォレスターのユーザー評価

スバル フォレスター

マイナーチェンジ後、実燃費も上がりました。市街地ではあまり変化なしですが郊外では伸びます。乗り心地も、リア回りを中心に良くなっていて完成度が高いです。

スバル フォレスター

暖かくなって暖機運転が必要なく無ってから燃費か伸びてます。片道15キロの通勤でも平均は15.0km/Lは出ます。ロングドライブだとエアコンオンでも18.0km/Lはいきます。

H28年1月末の納車で、その時点から4ヶ月が経過。7,200キロ走行で平均燃費は13.5km/Lです。



燃費に関しては実燃費の方が良いこともあり、SUVとしては非常に嬉しい性能ですね。
是非実際に試乗してみてその走りを生で体感してみてはいかがでしょうか。

スバル フォレスター!燃費はどう?試乗した感想は?

https://matome.response.jp/articles/219

スバルの人気車種、フォレスター。気になってはいるものの思いきれない。という方もいるかもしれませんね。フォレスターの乗り心地や、どんな性能なのか?フォレスターの魅力について迫りました。

スバル フォレスターについての情報はこちらからご覧下さい。

国産 人気SUV 第6位 マツダ CX-5


国産SUV、人気・売上ランキングの第6位は「マツダ CX-5」です。

CX-5は「走る歓びのさらなる深化」をテーマに、日本のクリーンディーゼル車の先駆けで
大人のSUVとして多くのユーザーを魅了しています。

また、SKYACTIVを採用する事により、走りの楽しさを感じられるSUVへと成長をし人気を得る形になっています。


CX-5のボディサイズや燃費、価格についてまとめています。

◆2017年上半期販売台数
22,844台

◆ボディサイズ
全長:4,545mm
全幅:1,840mm
全高:1,690mm
荷室容量:505L

◆燃費
ガソリンエンジン:JC08モード 14.6~16.0km/L
ディーゼル:JC08モード 17.2~18.0km/L

◆新車価格
【20S】
2,462,400円

【20S PROACTIVE】
2,689,200円

【25S】
2,689,200円

【25S PROACTIVE】
2,916,000円

【25S L Package】
2WD:2,986,200円
4WD:3,213,000円

◆中古車平均価格
CX-5 現行モデルの平均価格は230円~290万円と大きく差がありません。2017年2月にフルモデルチェンジを行っており、先代モデルであれば170万円~でも検討が可能となるため、抑えた価格での検討が可能となっています。

マツダ CX-5 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/MA/S087/0/0/0/0/0/0/0/0/0/0/JPN/0/0/0/0/0/0/0/0/0/7/20/1/

マツダ CX-5の中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

マツダ CX-5の中古車情報はこちらをご覧ください!

マツダ CX-5のユーザー評価

マツダ CX-5(ディーゼル)

試乗なしで購入したので、実車に乗るまで少し不安でしたが。。。
こんなにも乗っていて楽しい車ははじめてです。

マツダ  CX-5

大阪府高槻市の実家から、滋賀県の余呉湖往復。ほぼ全線高速道路で、全長約250km。
出発時に満タン、オッドメーターリセットし、計測しました。帰宅時の平均燃費が、23.9km/L。
ディーゼルとはいえ、AWDで1.6tの大きな車が、なかなか立派な燃費です。

インフォメーションディスプレーの走行可能距離を眺めていると、どんどん数値が伸びてゆきます。


燃費性能の良さや走りの楽しさが伝わってくる評価です。
これだけでも非常に良さそうな車というのがわかりますが、気になる方は是非試乗してみてはいかがでしょう。

【オトナのSUV】マツダCX-5はマジでかっこいい!

https://matome.response.jp/articles/359

マツダが誇るSUVの代名詞「CX-5」は、最先端技術が数多く採用された魅力的なモデルです。スペックの高い走行性能に加え、安全で信頼のある走りを実現するための機能や装備が充実しています。かっこいいCX-5の魅力に迫ります!!

マツダ CX-5の詳細はコチラから!

国産 人気SUV 第5位 日産 エクストレイル


国産の人気SUV、第5位は「日産 エクストレイル」です。

エクストレイルは、アウトドアスポーツを楽しむ若者向けに開発された日産の本格SUVの3代目です。濡れても平気な床やシートなどアウトドア好きにはもってこいの内装で、2列目シートにはシートスライドとリクライニング機構も採用されているので、楽しく快適に過ごせるSUVとなっています。


エクストレイルのボディサイズ、燃費、価格についてまとめています。

◆2017年上半期販売台数
29,383台

◆ボディサイズ
全長:4,690mm
全幅:1,820mm
全高:1,740mm
荷室容量:565L

◆燃費
ガソリンエンジン:JC08モード 15.6~16.4km/L
ハイブリッド:JC08モード 20.0~20.8km/L

◆新車価格
【20S】
2WD:2,197,800円
4WD:2,404,080円

【20X】
2WD:2,548,800円
4WD:2,755,080円

【20X 3列】
2WD:2,621,160円
4WD:2,827,440円

【20X エクストリーマー】
4WD:2,982,960円

【20X エクストリーマー 3列】
4WD:3,055,320円

【20S HYBRID】
2WD:2,589,840円
4WD:2,796,120円

【20X HYBRID】
2WD:2,892,240円
4WD:3,098,520円

【20X HYBRID エクストリーマーX】
4WD:3,283,200円

【エクストレイル モード・プレミア】
2WD:3,071,520円
4WD:3,277,800円

【エクストレイル モード・プレミア 3列】
2WD:3,165,480円
4WD:3,371,760円

【エクストレイル モード・プレミア HYBRID】
2WD:3,437,640円
4WD:3,643,920円

【エクストレイル モード・プレミア ハイコントラストインテリア】
2WD:3,179,520円
4WD:3,385,800円

【エクストレイル モード・プレミア ハイコントラストインテリア 3列】
2WD:3,273,480円
4WD:3,479,760円

【エクストレイル モード・プレミアHYBRID ハイコントラストインテリア】
2WD:3,459,240円
4WD:3,665,520円

◆中古車平均価格
エクストレイルの現行モデルとなる3代目は、2013年12月~の販売となっておりフルモデルチェンジ直後の年式まで遡ると130万円前後からでも検討が可能となっています。また、2017年6月にマイナーチェンジを行っているので価格を抑えての購入を検討の場合はそれ以前の車体を探すと、比較的価格は抑えられます。中古車情報は、下記リンクよりご確認下さい。

日産 エクストレイル 中古車車検索 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/assistance/usedcar/search/NI/S020/0/0/0/0/0/0/0/0/0/0/JPN/0/0/0/0/0/0/0/0/0/7/20/1/

日産 エクストレイルの中古車を買うならレスポンス中古車。レスポンス中古車は、最大20万台以上の豊富な在庫から中古車を検索できます

日産 エクストレイルの中古車情報はこちらをご覧ください!

エクストレイルのユーザー評価


日産エクストレイル

最高燃費 高速19.3km/L
下道距離60km 17.2km/L
満タン方法   14.45km/L
Xt ガソリン車です。
全Eco モード走行と言えど、こんなに燃費が良いとは!皆さんも試してみてください! 
ちょっとビックリでした。


燃費性能も非常に満足されているようです。
本格的なSUVに乗りたいけれど、普段使いもしたいという方にはおすすめかもしれません。

日産の本格SUV、エクストレイルに改良新型が登場

https://matome.response.jp/articles/766

ハイブリッドも完備の本格SUVと言えば。そう日産のエクストレイルですよね。本記事では、エクストレイルの価格・中古価格・燃費・ハイブリッド他についてまとめています。

エクストレイルの詳細についてはコチラからご覧下さい。

国産 人気SUV 第4位 トヨタ ハリアー


第4位は「トヨタ ハリアー」です。

SUVの中で長く絶大な人気を誇るハリアーが国産SUV、売上・人気ランキングの4位となりました。
もともと、レクサスブランドにて「RX」として販売されていた高級サルーンの乗り心地と快適性を兼ね備えたクロスオーバーSUVで、3代目からレクサスより独立して販売されています。

初代からしっかりと引き継がれたエクステリアは現行型ではさらに磨きがかかり、
運転性能、燃費性能ともに向上しています。

関連する投稿


三菱新型SUV!エクリプスクロス最新情報 発売日・性能・価格ほか

三菱新型SUV!エクリプスクロス最新情報 発売日・性能・価格ほか

東京モーターショー2017にて、日本仕様車が初公開された、三菱の新型SUVであるエクリプスクロス。実は、三菱の「エクリプス」をSUVとして復活させた車だということ知っていましたか。今回は三菱の新型SUV・エクリプスクロスの、性能・価格・発売日などを見ていきます。


【本日12月14日発売】マツダの新型SUV CX-8 価格・スペック・最新情報!

【本日12月14日発売】マツダの新型SUV CX-8 価格・スペック・最新情報!

2017年9月14日、マツダから7人乗りの新型SUV、CX-8が正式に発表されました。9月14日から予約開始となり、発売は12月14日。もう間もなくです!!本記事では気になるCX-8についての価格、燃費、スペックなどについての情報をまとめています。


ボルボ 最小クロスオーバーSUV 新型XC40!発売は2018年か 価格・スペック他

ボルボ 最小クロスオーバーSUV 新型XC40!発売は2018年か 価格・スペック他

ボルボの最小クロスオーバーSUVとされる、XC40の情報が続々と上がってきています。日本カー・オブ・ザ・イヤーにも輝いたXC60は、XC40の兄貴分にあたります。今後大注目間違いなしのXC40について最新情報をお届けいたします!


【2017年決定版】3列/7人乗りSUV 国産車&外車 全19車種を一覧比較!

【2017年決定版】3列/7人乗りSUV 国産車&外車 全19車種を一覧比較!

ファミリーカーとして人気を博しているミニバンに待ったをかけるのが、多人数も乗れるSUV。最近では3列シート・7人乗りSUVが続々市場に導入されています。本記事では、現在日本で購入可能な、現役の国産車から外車まで、ありとあらゆるメーカーの「3列シート/7人乗り SUV」についてまとめてご紹介します。


新型CR-V!ホンダのミッドサイズSUVが2018年日本復活!ハイブリッド導入

新型CR-V!ホンダのミッドサイズSUVが2018年日本復活!ハイブリッド導入

2018年に、ホンダのミッドサイズSUV・CR-V(シーアールブイ)が復活すると噂されています。2016年に日本では販売終了となったCR-Vですが、昨今のSUV人気・市場拡大を受けてホンダのCR-Vも再始動スタートです!!また、今回のCR-Vには、e-powerに似た性能を持つハイブリッドモデルも搭載される!?かも!


最新の投稿


還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

還暦を迎えた日産スカイラインの歴代モデルと、歴史を振り返る。

2017年4月24日、日産のスカイラインが誕生から60周年となり人間で言う「 還暦」を迎えました。過去の初代から13代目スカイラインまでのモデルの振り返りと共に、歴史やその年の出来事、流行したファッションについてと、60周年を記念して開催されていたイベントを一部紹介しています。


後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

後部座席は36.4%…。シートベルトの着用率を都道府県別に見る

皆様は車の運転の際、シートベルトをきちんと着用していますか?運転席や助手席だけでなく安全な運転のために、後部座席もシートベルト着用の義務があります。今回はシートベルトの着用率を都道府県別に見ていきましょう。果たしてシートベルト着用率の高い1番安全な都道府県はどこなのでしょうか?


うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

うっかり車が立ち往生!?そんな時に必要な準備とは!?

雪が降り始めると車の事故やトラブルも増えますね。特に、暴風雪による多重衝突事故や道路での立ち往生…などの被害は大きいです。降雪が多い時は車での外出は避けた方が無難ですが、そうも言ってられませんよね。もし立ち往生してしまった時備えておけば心強い。そんなグッズをご紹介します。備えあれば憂いなしですよ!!


【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

【2017年冬】雪道だって大丈夫!!雪道に強いオススメ車 厳選5選

2017年の冬も厳しい寒さ&降雪が予想されています。つまりそれはウィンタースポーツ、スキーやスノボーが楽しめるということでもですね!ここで心配なのが雪道での車のスリップ!貴方の車は大丈夫ですか?貴方と貴方の大切な人を守ってくれる、雪道に強いオススメの車最新情報をお届けいたします!この車たちで冬を熱く楽しみましょう!


【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

【痛車オーナー必見】100台以上集結の「交通安全祈願2018」開催!

痛車・痛バイクオーナーの皆さんに朗報です。2018年2月25日(日)、中古車買取のカープライスが川崎大師にて、痛車・痛バイク100台規模の交通安全祈願イベント『川崎大師 痛車・痛バイク 交通安全祈願2018』を開催します。先着100台は参加費が無料、イベントの内容を紹介します。