目次へ戻る

レクサスRX 実燃費、スペック、価格など詳細情報一覧!

レクサスRX 実燃費、スペック、価格など詳細情報一覧!

レクサスRXは、トヨタ自動車が販売している高級車ブランドの「レクサス」シリーズの中の大型クロスオーバーSUVです。いつかは乗ってみたいと誰もが憧れる車でしょう。そんなレクサスRXについてまとめてみましたので、あなたのクルマ選びの参考にしてみてください。


レクサスRX 概要・走行性能

概要・特徴

レクサスは、1998年に販売が開始された車ですが、2015年10月22日に新型である「RX」を発表し、今回のフルモデルチェンジを入れると4代目のモデルとなっています。

このモデルは、レクサスの最上級SUVとなっていて、3.5リットルのV6エンジン搭載のハイブリッドモデルである「RX450h」と、2リットル直列4気筒直噴ターボエンジンが搭載されたガソリンモデルの「RX200t」のラインナップが用意されました。

今回のモデルでは、新しいプロポーションを造ることで一回り大きなタイヤを採用し居住スペースの拡大を実現しています。

デザイン・ボディカラー

レクサスRXでは、SUVらしさを演出するため、「力強さ」と「大人の色気」をコンセプトとして開発されました。空力特性に優れた流線型を実現しながらも、SUVとしての力強さを同時に演出しています。


メインボディーのキャビン前後を絞り込むデザインとし、エレガントなキャビンと存在感のあるアンダーボディを採用することで、スタイリッシュなボディーを完成させました。

ボディ11色が用意され、どんなユーザーも満足させてくれるカラーバリエーションが用意されています。内装カラーについても最適なカラーコーディネートを揃えています。

燃費性能

レクサスRX450hはJC08モード走行にて18.8、RX200tについては11.8で、馬力や車両重量を考慮すると高燃費を実現しています。

また、ドライバーがきめ細やかにEco Driveを実現できるように、ハーモニアスドライビングナビゲーターが搭載されています。


ハーモニアスドライビングナビゲーターの画面には、エコレベルメーターや毎分平均燃費などの情報をリアルタイムに表示することで、ドライバーのエコドライブをサポートしています。


エコ度が上がると表示が「Good」となり、さらに上がると「Excellent」と表示され、ドライバーが楽しくエコドライブを行えるシステムとなっています。

走行モード

レクサスRXには、ドライバーズシートの手元のドライブモードセレクトダイヤルにて、5つの走行モードが選べます。

走りと燃費のバランスに優れた「NORMAL」モード、パワートレイン、シャシー、エアコンのモードを自分の好みに設定できる「CUSTOMIZE」モード、パワートレインとエアコンを燃費優先に制御する「ECO」モード、ダイナミックで力強い加速が得られる「SPORT/SPORT S」モード、レクサスRXの走りのポテンシャルを最大限に引き出し最高の加速感を味わえる「SPORTS S+」モードが用意されています。

レクサスRX 車内空間・快適性能

搭乗人数・シート

レクサスRXは、定員5名となっていますが、5名乗車したとしてもフロントもリアも余裕の室内空間です。車内に乗車していると、SUV車であることを忘れ、高級セダンに乗っているような感覚になります。

レクサスRXには、ベースグレードと、versionL、F SPORTのラインナップがありますが、ベースグレードではブラックかアイボリーのファブリックデザインシートを選択可能です。versionLでは、セミアニン本革が採用されています。


F SPORTでは、ブラック・ホワイト・ダークローズの3色展開となっていて、本革のシートが用意されています。

インテリア

レクサスRXのインテリアは、時代の一歩先行くエレガントな室内空間の実現を目指して開発されました。高い視認性を持つ、12.3インチワイドディスプレイや、大型フルカラーヘッドアップディスプレイを採用し、ステアリングの両脇にエンターボタンを追加させたリモートタッチ機能などを搭載し、運転に集中できるように設計されています。

センタークラスターやエアコンレジスターなどの機能部位には硬い素材、人の手の触れる部分には柔らかい素材を採用することで、機能の違いを素材感で表現されています。

ラゲッジスペース

レクサスRXのラゲッジスペースは、レクサスのエンブレムに手をかざすと自動的に開くタッチレスパワーバックドアが採用されているため、簡単に開きます。十分に奥行きが確保されているため、9.5型のゴルフバッグ4個の横置きも可能な大容量スペースとなっています。

リアシートが電動でフロントに倒れるようになっていますので、さらに大きな荷物を積みたい時には、ラゲッジスペースを自由自在にアレンジが可能です。


買い物時に便利な格納式フックも採用することで、使い勝手を向上させています。

快適性能

レクサスRXのドライバーズシートのインパネ部分には、ナビディスプレイと連携して動作する、4.2インチTFTカラーマルチインフォメーションディスプレイが搭載されていて、オーディオの情報や、ハンズフリー電話の着信通知、簡易ナビ表示などが表示され、ドライバーのほぼ真正面に表示されるのでとても見やすい設計になっています。

ナビゲーションシステムは、LTE通信対応になっているため、LEXUS Appsや、マップオンデマンドなどにて高速データ通信が可能となります。



オーディオシステムについては、Mark Levinsonが採用されているため、まるでコンサートホールで音楽を聴いているような臨場感があります。

レクサスRX 装備・安全性

予防安全性能

レクサスRXには、車を安全に走らせるための豊富な予防安全装備が搭載されています。


Lexus Safety System +では、「プリクラッシュセーフティーシステム」と「レーンキーピングアシスト」、「オートマチックハイビーム」、「レーダークルーズコントロール」の4つの安全機能がパッケージ化されています。

また、車に搭載されたセンサーでは検知できない見通し外の情報や信号などの情報を、道路と車や車同士が直接通信することで得る、Intelligent Transport Systemも搭載されています。

衝突安全性能

レクサスRXでは、High-Strength Cabinが採用されていて、広い室内空間を確保しながらも、衝突時の安全性が確保されています。フロアメンバー、ピラー、リヤバンパーなどで衝突時の荷重を分散し、全方位からの衝突を想定して、衝突時の室内空間の安全性を高めています。

ABSやVSC、TRC、さらには電動パワーステアリングや電子制御ブレーキなどを統合制御するVDIMが搭載されているため、車が走る・曲がる・止まるをしっかりとサポートし、快適な走りをもたらすとともに、危険な状態に陥らない高い予防安全性能を両立しています。

試乗記

実際にレクサスRXの450hを目の前にしてみると、申し分のない外観デザインと室内インテリアの仕上がりとなっているそうです。

レクサスに搭載された、V6の3.5リットルエンジンは、とても力強い走りを提供してくれ、余裕の加速を見せてくれると評価されています。モーターで後輪を回すAWDのシステムは、車を安定させて加速させてくれるようです。

エンジン音が室内空間に響き渡ることもなく、足回りが暴れることもないため、極上の乗り心地を味わえるそうです。車の加速についても、振動性能についても滑らかな乗り味になっていると評判です。

バリエーション・価格

レクサスRXには、RX450hとRX200tに対して、それぞれ6つのグレードが用意されています。
スタンダードタイプと、version L、F SPORTのラインナップがあり、それぞれについて2WDとAWDの選択が可能です。

その中でも、最もレクサスらしいスポーティーモデルが、F SPORTです。このモデルでは、専用のメッシュタイプのスピンドルフロントグリルが採用され、バンパーの下には専用のモールがつきます。


F SPORTの価格については、RX450hの2WDでは、7,165,000円、AWDでは7,425,000円です。RX200tの2WDは5,950,000円、AWDは6,210,000円です。

関連するキーワード


レクサス 車種情報 RX SUV

関連する投稿


「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

フォルクスワーゲンが、「パサート&パサートヴァリアント」のエンジンにディーゼル搭載モデルを日本でも導入し、2月14日に発売しました。今回あの「ディーゼル不正問題」で苦しめられたVWがなぜあえてディーゼルモデルを日本に導入してきたのか考えてみます。


スバルのアセント価格は約340万円から!発売日はいつ?日本発売の予定は?

スバルのアセント価格は約340万円から!発売日はいつ?日本発売の予定は?

スバルのアセント。発売が楽しみな一台ではないでしょうか。今回改めてスバルのアセントについて情報をまとめています。日本での発売はあるの?価格はいくら?など。素朴な疑問と、それに対する回答を載せています。【2月20日更新】


欧州でホンダフィットにSUV風モデル登場か ジュネーブモーターショーで公開

欧州でホンダフィットにSUV風モデル登場か ジュネーブモーターショーで公開

ホンダは、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018において、『ジャズ X ロード』を初公開すると発表しました。気になる最新情報をいち早くお届けいたします。


スズキのSUVエスクードがマイチェン!初公開は2018年3月か

スズキのSUVエスクードがマイチェン!初公開は2018年3月か

スズキから1988年に発売され、「ライトクロカン」ブームの火付け役となったロングセラーSUV『エスクード』。このエスクードの改良モデルをスクープしました。エスクードはワールドプレミアが迫っており、これが最後のプロトタイプのようです。2018年ジムニー新型も発売されると噂されるスズキ。2018年スズキから目が離せません。


ヴェゼルのマイナーチェンジで搭載されなかった残念な3つのポイント!

ヴェゼルのマイナーチェンジで搭載されなかった残念な3つのポイント!

ホンダの人気SUV「ヴェゼル」が2月16日にマイナーチェンジし発売されました。 ホンダセンシング全車標準装備や、内外装もリファインされて商品価値が増しSUVの売上首位奪還も期待されます。とても魅力的なマイナーチェンジ内容でしたが、密かに期待していて搭載されなかった3つの機能・ポイントについてご紹介します。


最新の投稿


【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

【ジュネーブモーターショー2018】ワールドプレミア多数!出展車最新情報

3月に開催されるジュネーブモーターショー2018。世界5大モーターショーの1つと言われるこのモーターショーでは、毎年数多く新型車のワールドプレミアが行われます。本記事では主要メーカーの最新情報・ワールドプレミア情報をまとめています。トヨタ、マツダ、スバル、メルセデスベンツ、BMW他。随時更新予定です。【2月20日更新】


日産のミニバン!セレナe-POWER 発売は2018年3月1日!最新情報

日産のミニバン!セレナe-POWER 発売は2018年3月1日!最新情報

日産のミニバン、セレナに、新世代電動パワートレイン「e-POWER」を搭載した『セレナ e-POWER』が登場します。このe-POWERはノートに初搭載された技術です。セレナ e-POWER、発売は2018年3月1日とのこと。本記事ではセレナ e-POWERの最新情報および改めてセレナを振り返ります。


フェラーリ488に高性能モデル登場!458スペチアーレの再来か

フェラーリ488に高性能モデル登場!458スペチアーレの再来か

フェラーリの主力車種、『488 GTB』。同車に間もなく設定される高性能モデルのティザーイメージを2月13日、フェラーリが公開しました。この高性能モデルは、488 GTBの前身モデル、『458イタリア』に用意されていた『458スペチアーレ』の再来となる模様。気になる最新情報をまとめています。


「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

「ディーゼル不正問題」で苦しんだVWがディーゼルを日本導入した理由を考える

フォルクスワーゲンが、「パサート&パサートヴァリアント」のエンジンにディーゼル搭載モデルを日本でも導入し、2月14日に発売しました。今回あの「ディーゼル不正問題」で苦しめられたVWがなぜあえてディーゼルモデルを日本に導入してきたのか考えてみます。


ドライブレコーダーの販売台数が急増。2017年は前年比136%に。

ドライブレコーダーの販売台数が急増。2017年は前年比136%に。

GfK Japanは全国のカー用品量販店、家電量販店、インターネットの通販等の販売実績を基にドライブレコーダーの販売動向を発表しました。2017年はドライブレコーダーの販売が急増。販売動向の結果のご紹介と、国内販売台数とおすすめのドライブレコーダーのご紹介をします。