トップへ戻る

【ファルケン タイヤ】タイヤメーカーの特徴・おすすめ

【ファルケン タイヤ】タイヤメーカーの特徴・おすすめ

ファルケンのタイヤといえば、通が選びそうなタイヤのブランドの代名詞です。今回は数あるタイヤメーカーの中から、ファルケンに興味をお持ちの方へ向けて、ファルケンのタイヤの特徴とお勧め製品についてご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ファルケンタイヤの概要について

ファルケンタイヤの歴史に目を向けると、戦中の1944年に設立されたオーツタイヤに行き着きます。このオーツタイヤ(本社所在地の大阪府泉大津市)の展開したスポーツタイヤのブランドが「ファルケン(FALKEN)」です。

1980年代から住友ゴム工業と提携関係を結び、2003年に合併し、「ファルケン」は現在では住友ゴムのブランド名になっています。住友ゴムの主力ブランドの一翼を担い、高い人気を誇っています。

ファルケンタイヤのブランド

ファルケン AZENIS FK510を装着。

ブランドに関してはオーツタイヤが立ち上げたブランドで、住友ゴムがこれを継承したのは先に紹介したとおりです。旧社名のオーツとあるのは、関西空港でおなじみ大阪の南側にある泉大津(岸和田の隣町)に所在地があったことの名残です。

ブランドは主に6種類あり、AZENISとZIEX、SINCREAにEURO WINTERにESPIA、それにスタットレスタイヤを中心とした基幹構成となっています。

ファルケンタイヤのスタッドレスタイヤ

ファルケンのスタッドレスタイヤについては、2004年に発売を開始し、エスピアという愛称で販売しました。

EP-03ではツインエッジゴムを搭載しましたが、改良版とも呼べるEPZが発売したのは2007年でした。このタイヤでは卵から生まれた新素材を導入するなど話題性があり、新たなタイヤの一面を提唱しました。

そして、2015年に再改良した商品であるEPZ-Fへと進化を遂げ、高密度シリカと軟化剤を織り交ぜた素材を採用し、接地面が柔らかいまま全体としては硬さを持たせました。

ファルケンのランフラットタイヤ

ランフラットタイヤはパンクしにくいタイヤとなっており、ファルケンでは「FK510」として販売しています。

次世代の新工法を積極的に取り入れることにより、ウィークポイントだった乗り心地を改良し、メタルコア・高剛性・全自動連結コントロールといった新しい技術を取り入れました。

ファルケンタイヤの選び方

ファルケンに限らず、どのメーカーでもタイヤにも選び方というものがあります。

乗っている車の車種や季節によって選んだり、場所によっては雪道に強いタイヤに交換する必要もあります。

サイズを確認する

タイヤサイズの形式は側面に書いてあり、幅や扁平率、速度やホイールサイズなどが具体的に書かれています。

表示方法にもいくつかのパターンがあるので参考にしてみてください。

例① 205/65 R 15 94 H

左1番目=205タイヤの幅(mm)
左2番目=65扁平率
左3番目=Rラジアル構造
左4番目=15リム径(インチ)
左5番目=94ロードインデックス(LI)
左6番目=H速度記号

例② 235 /45 ZR 17

左1番目=235タイヤの幅(mm)
左2番目=45扁平率
左3番目=ZR速度カテゴリー
左4番目=17リム径(インチ)

例③ 31×10.50 R 15 6PR

左1番目=31タイヤの外形(インチ)
左2番目=10.50タイヤの幅(インチ)
左3番目=Rラジアル構造
左4番目=15リム径(インチ)
左5番目=6PRタイヤの強度

使用用途を絞る

用途はタイヤの種類ごとに異なります。

バラエティあふれるラインナップの中でタイヤ選びに失敗しないためにも、しっかりチェックしておきましょう。

燃費を向上させたい

なによりも低燃費を求める方ならば、エコタイヤを選ぶとよいでしょう。

ノーマルタイヤと比べた場合、ややウェットグリップが低いという特徴こそありましたが、今では様々な角度から改良されたことにより、ウィークポイントは解消されています。

雨の日のスリップが心配

雨の日の運転では、スリップが一番の危険です。スリップが原因で事故に発展することもありますので、雨の日は普段以上に安全運転を心がけたいものです。

雨水をタイヤの溝を使って排水することが重要です。

長く使用したい

ある程度の柔軟性を持たせることは必要不可欠ですが、長持ちさせるには摩耗性を低くしておくことが重要です。

雪道を走行したい

寒冷地を走る車には、スタッドレスタイヤの装着は必要不可欠といってもよいでしょう。

冬の寒い日は、雪が降って路面凍結を引き起こしスリップ事故が起こるほか、雪道は思うように車が進めない事態も考えられます。

これらを防ぐために活躍するのがスタットレスタイヤ、そしてオールシーズンタイヤです。

あなたが乗っている車のボディタイプごとに、選ぶべきタイヤの種類は異なってきます。順番に見て行きましょう。

ファルケンタイヤのおすすめ4選

ここからはファルケンのおすすめのタイヤを4種類紹介していきます。

SINCERA SN832i

低燃費タイヤは数あれども、本来のテーマに沿って開発したタイヤを挙げるとしたらこちらのタイヤでしょう。

基本性能を保ちつつも燃費を節約し、CO2排出を最小限に食い止める低燃費タイヤの王道を行くタイヤです。

ファルケン(FALKEN) 低燃費タイヤ SINCERA SN832i 145/80R13 75S 新品1本 322163

ESPIA W-ACE

寒冷地を走る車に適したタイヤです。

凍結した路面での走行だけでなく、高速操縦安定性まで求められたタイヤで、安全かつ快適な運転をサポートしてくれます。

ファルケン(FALKEN) スタッドレスタイヤ 13インチ ESPIA W-ACE 155/80R13 79S 新品1本 332397

EUROWINTER HS449

こちらのタイヤはオールシーズンタイヤとなっており、少々の積雪には十分対応でき、安定した性能を保ち続ける事が出来ます。また、夏タイヤと異なり付け替える手間を必要としません。

ただし、雪が深くなると判断したら、迷わずスタッドレスに交換しましょう。

ファルケン(FALKEN) オールシーズンタイヤ EUROWINTER HS449 165/70R14 81S 新品1本 323291

低燃費スポーティタイヤ ZIEX ZE914F

低燃費性は転がり抵抗性能と関係しており、転がり抵抗性能が良ければ燃費もよくなります。

主にカローラやプリウスなどといった車種に適しています。

低燃費スポーティタイヤ ZIEX ZE914F 195/65R15 91H 新品1本 324759

まとめ

ファルケン AZENIS FK510を装着。

今回はファルケンタイヤの特徴やおすすめのタイヤについてご紹介しました。

中でも省燃費タイヤの性能向上には著しい物があります。タイヤ選びだけでなく、環境にやさしく、なおかつ安全運転を心がけることを改めて意識したいものです。

タイヤに関する記事はこちらから

タイヤ交換に関する記事はこちら

関連する投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


ワコーズバリアスコートについて解説!効果や注意点も

ワコーズバリアスコートについて解説!効果や注意点も

ワコーズが開発したバリアスコートは、効果の高いコーティング剤です。今回はワコーズのバリアスコートのメリットやデメリット、期待できる効果や具体的な使用方法、使用時の注意点などについて解説します。


【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

【ジャンプスターター】 人気・おすすめ厳選6選!

あまり聞き慣れない「ジャンプスターター」。ジャンプスターターとは車のバッテリーが上がってしまった時に直せるアイテムです。本記事では使い方や選び方、おすすめ商品まで紹介いたします!バッテリートラブルの解消に役立つこと請け合いです!


オールシーズンタイヤって何?スタッドレスとの違いやメーカー別の特徴

オールシーズンタイヤって何?スタッドレスとの違いやメーカー別の特徴

近年注目が高まっているのがオールシーズンタイヤです。スタッドレスタイヤほどの雪道での性能はないですが、履き替えずに雪道に対応できる性能が特徴となっています。今回は冬用タイヤとして定番のスタッドレスタイヤとの違いや各メーカーの特徴をご紹介します。


最新の投稿


「金融車」って何?車を相場より安く購入できるってほんと?

「金融車」って何?車を相場より安く購入できるってほんと?

車を通常より安く購入する方法にもさまざまなものがあります。中でも相場よりかなり安く購入できることで注目されているのが金融車です。ここでは金融車とは何なのか、そしてメリットやデメリットについてご紹介します。


ルーレット族とは?走り屋や暴走族とはどう違う?ルーツを徹底解説

ルーレット族とは?走り屋や暴走族とはどう違う?ルーツを徹底解説

関東地方を中心としたエリアで聞かれることの多いルーレット族という言葉ですが、案外その定義を知らないという方も多いようです。そこで、ルーレット族の定義や名前の由来などについてご紹介します。


自動車のヒューズとは?役割から飛んでしまった時の対処法まで徹底解説

自動車のヒューズとは?役割から飛んでしまった時の対処法まで徹底解説

自動車のヒューズの役割や種類などについて紹介すると同時に、ヒューズ飛びが原因で起こるトラブルや症状などについても解説します。そして、ヒューズ飛びの対策について紹介します。


当て逃げとは?基礎知識や遭わないためのポイントも解説

当て逃げとは?基礎知識や遭わないためのポイントも解説

物損事故の際に警察へ通報せずその場から立ち去る当て逃げは、罰則が適用される立派な法律違反となります。そこで今回は、当て逃げの概要や遭った時の対処法、遭わないためのポイントなどについてわかりやすく解説します。


もらい事故とは?基礎知識や対処法を解説

もらい事故とは?基礎知識や対処法を解説

どれほど注意していても降りかかる可能性があるもらい事故は、起こってしまった際の咄嗟の対処が難しい事故のひとつでもあります。そこで今回は、もらい事故の概要や起こった時の対処法、防止するためのポイントについて解説します。