トップへ戻る

冬でも大丈夫!?オールシーズンタイヤの特徴とメリット・デメリット

冬でも大丈夫!?オールシーズンタイヤの特徴とメリット・デメリット

これまでの常識だと、冬の雪が降る前と春先にはタイヤ交換が必要でした。タイヤ交換には、それなりの手間と費用がかかります。それを解消してくれるのが、交換不要のオールシーズンタイヤですが、ネックになるのが冬でも本当に大丈夫?という点。この記事では、オールシーズンタイヤの特徴や、メリット・デメリットを紹介します。ノーマルタイヤや、雪道専用のスタッドレスタイヤとの違いも解説しながら、徹底的に整理していきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


オールシーズンタイヤってなに?

《画像提供:Response 》Vector 4seasons Hybrid(ベクター フォーシーズンズ)

オールシーズンタイヤとは、いったいどんなタイヤなのでしょうか。

オールシーズンの名の通り、春夏秋冬どんな季節、天気にも対応した全天候型のタイヤです。

そんなタイヤがあったの!?と驚きました?雪が降ったら専用タイヤと交換が必要だと思っている方も多いと思います。

「うちは狭くてタイヤの保管場所がないよ…」「たまにしか降らない雪のために専用タイヤの購入は家計に響くなぁ…」と悩んでいる方には救世主登場です。

オールシーズンタイヤは、突然の雪でも走行可能で、シャーベット状の路面も心配なし。降雪地域にお住まいの方は別ですが、年に数回雪が降る程度の地域であれば問題ないでしょう。

オールシーズンタイヤのメリットとデメリット

《画像提供:Response 》Vector 4Seasonsを装着したプリウス

オールシーズンタイヤのメリットとデメリットを紹介します。

メリット1:履き替え不要

オールシーズンタイヤの一番のメリットは、タイヤの履き替えがいらないこと。普段ノーマルタイヤを履いている場合、年に2回のタイヤ交換が必須で、交換費用は、1回5,000円前後です。冬用タイヤの購入も考えるとかなりの出費になります。

ノーマルタイヤの時に、降雪があったら身動きがとれなくなります。それが山道や高速道路を走行中だったとしたら…、想像するだけで怖いですよね。そんな時、オールシーズンタイヤを履いていれば、雪が強くなる前に自宅に帰れたり、一般道に下りてホテルを探すこともできます。

メリット2:タイヤの保管が不要

タイヤの保管がいらないのは、とても魅力的ではありませんか?タイヤ4本を保管するには、それなりのスペースが必要になります。保管スペースがなくてトランクルームを借りたり、ショップに預かってもらっても費用はかかるので、タイヤの保管が不要だと家計も助かります。

デメリット1:冬の路面に強くない

履き替えいらず、保管も不要のオールシーズンタイヤのデメリットとして最初に知ってもらいたいのは、冬の路面に強いわけではないないこと。ゴムに特別な素材を使っていて冬でも硬くならず、突然の雪やシャーベット状、圧雪路面にも対応できる全天候型タイヤではありますが、慎重な運転は必須。

軽微な雪道にはもってこいですが、アイスバーン(凍結路面)や深い雪には向きません。雪の状況によっては、チェーンの装着や冬用タイヤへの交換が必要です。

デメリット2:燃費性能が下がる

オールシーズンタイヤの燃費性能が下がるのは、なぜなのか解説しましょう。1年中履いたままなので、燃費の問題はスルーできませんよね。

オールシーズンタイヤはゴム素材がやわらかいため、転がり抵抗が増えることが原因といわれています。転がり抵抗とは、丸い物が転がる時、進行方向と逆に生じる抵抗力の事で、そこに無理がかかることが、燃費が下がる理由です。

オールシーズンタイヤの交換時期は?

オールシーズンタイヤの交換時期は?

オールシーズンタイヤの交換時期は?

さすがのオールシーズンタイヤでも、ずっと同じタイヤのままでは危険です。交換時期は、基本的にノーマルタイヤと大差なく、目安としては使い始めて3〜5年ほど。使用頻度にもよるので、車をあまり使わない場合も、サービスステーションで確認してもらうと安心です。

交換時期の見極め方

交換時期の見極め方は?

交換時期の見極め方は?

交換時期の見極め方として、タイヤの減り方も確認してみましょう。
タイヤに細かい亀裂があることはもちろん、タイヤのプラットフォームが出たら冬の使用はNG、スリップサインが出たらすべてのシーズンで使用NGで、交換時期が来たと思ってください。不安な時はサービスステーションやショップを訪ねるのもいいですね。

雪道の運転で注意すべきこと

雪道の運転で注意すべきことは?

雪道の運転で注意すべきことは?

雪道の運転は、雪国の人でも怖いと聞きます。では、どんなことに注意して運転すべきでしょうか。

まず雪道=滑る!と思っていてください。ほんの少しの雪だからとか、オールシーズンタイヤを履いているから、といって過信は禁物です。気温が低いと路面はすぐに凍結します。普段よりかなり低速で、かつ慎重に走るようにしてください。また、雪の降り方が急に強くなる可能性もあるので、チェーンの準備はしておきましょう。

急な操作をしない

雪道の運転で急な操作をしてはいけないのは、基本中の基本。急いでいると、信号が青になった途端アクセルを踏み込んだり、急な車線変更や、赤信号に気付くのが遅れて急ブレーキをかけて止まったり、誰でもひとつくらいは経験があると思います。

これらの、急な操作は雪道では絶対にダメ。滑ってしまいハンドル操作もできなくなります。雪道では、普段より車間距離も十分とって走行してくださいね。

発進時のアクセルはゆっくりと踏み、停車時はできるだけエンジンブレーキを使い、ブレーキペダルも優しく踏んで停車してください。

ホワイトアウト時はハザードを

ホワイトアウトが発生した時はハザードとヘッドランプを点けて、ゆっくりと減速し、他の車に存在を知らせながら停車してください。前後左右真っ白で視界はゼロです。そのまま、ホワイトアウトが落ち着くのを待ちましょう。

雪でマフラーを塞がない

もし立ち往生してしまったら、雪でマフラーが塞がらないように注意してください。マフラーが塞がると、排気ガスが車内に入り一酸化炭素中毒の危険性があります。吹雪の中での停車は、あっという間に車が雪で覆われてしまいます。救援が来るまでの間、マフラー周りの雪は除雪してください。

事前にガソリンは満タンにしておく

冬の時期、とくに降雪予報がある時には、事前にガソリンを満タンにしておくのがベストです。すぐに済む用事だからと出かけてしまい、予期せぬトラブルに遭遇してしまうことも考えられます。

例えば、トラックが立ち往生して道をふさいでしまい、積み荷も散乱して動けなくなったとします。エンジンをかけたまま暖房をつけて止まっていても、ガソリンは消費します。この状況でガソリンがなくなりそうになったら、ハラハラしますよね。こんなことにならないように、ガソリン残量のチェックは、お出かけ前にぜひ心がけておいてほしいです。

オールシーズンタイヤを使ってみよう

《画像提供:Response 》ヨコハマタイヤ BluEarth-4S AW21

どうでしたか?便利なオールシーズンタイヤを使ってみようと思いませんか?

タイヤを2セット購入する費用、タイヤ交換費用、タイヤ保管場所の確保費用を抑えられるのは、なかなかのメリットです。最近は、雪道でもよりよく走れて、燃費を抑えたオールシーズンタイヤのラインアップもあるようです。ぜひこの機会に、オールシーズンタイヤを使ってみましょう。

関連するキーワード


タイヤ スタッドレスタイヤ

関連する投稿


知っておきたい!タイヤの組み換えを持ち込みで依頼するポイント

知っておきたい!タイヤの組み換えを持ち込みで依頼するポイント

タイヤは、車のパーツの中で唯一路面と接する部分です。市販されているタイヤは性能も価格も千差万別で、商品ごとにさまざまな特徴を持っています。また最近ではネット通販での取り扱いも充実し、より多くの選択肢の中から自分好みのタイヤを選択できるようになりました。今までは、タイヤショップやカー用品店で購入したタイヤを、そのお店で組み換えてもらうことが主流でした。しかし現在は、自分好みのタイヤを購入し、持ち込みで組み換えを依頼するケースが増えています。今回の記事では、タイヤの組み換えを持ち込みで依頼する際に困らないための情報をお伝えします。


2WDと4WDはどう違う?おすすめは?一目瞭然の2WDと4WDの見分け方も

2WDと4WDはどう違う?おすすめは?一目瞭然の2WDと4WDの見分け方も

キャンプなどのアウトドアレジャーブームが近年到来していることや、普段積雪のない地域でのドカ雪などゲリラ的悪天候の怖いニュースをよく聞くこともあって、次の愛車は4WDにしようかと検討中の方も少なくないことでしょう。この記事では、4WDとは何か、どう違うのかといった基本事項を再確認しつつ、メリットやデメリットをご紹介します。2WDと4WDを簡単に見分ける方法もご紹介しますので、必見です。


イエローハットのタイヤ交換でかかる費用や作業時間をチェック!

イエローハットのタイヤ交換でかかる費用や作業時間をチェック!

オイルやワイパーなどとともに、車を使っても使わなくても定期的な交換が必要となる「タイヤ」。しかし、いざタイヤ交換が必要と言われても、どうすればいいのか分からなくて困ってしまう方も多いことでしょう。そこでオススメなのが、カー用品店「イエローハット」でのタイヤ交換。この記事では、タイヤ交換の目安とともに、イエローハットの大満足なタイヤ関連サービスをくまなくご紹介していきます。


タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

自動車の動きを地面に伝えてくれるタイヤは非常に重要な存在ですが、愛車のタイヤのサイズを把握しているという方は意外と少ないかもしれませんね。どこか暗号のようなわかりにくさがあるタイヤサイズの中でも、乗り心地や操縦性に直結する隠れた注目ポイントが「偏平率」です。偏平率が変化するとどんな影響があるのか? どうやって計算するのか? 詳しくご紹介していきます。


タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

そろそろタイヤ交換かな、とお考えの方なら、どんなタイヤが愛車にぴったりサイズなのかを調べたりすることもあるでしょう。しかし、タイヤサイズの表記方法は、慣れていないとまるで暗号のようで、わかりにくさがありますよね。どこに何が書いてあるのか理解すれば意外と簡単なタイヤサイズの見方を知っておくことで、タイヤの検討や購入もスムーズに済ませられるようになれるでしょう。


最新の投稿


駐車禁止標識(マーク)の意味や場所は?違反した場合の罰則について

駐車禁止標識(マーク)の意味や場所は?違反した場合の罰則について

駐車禁止標識(マーク)だけでなく、その詳しい意味や禁止場所の範囲を理解しておくことは交通ルールに沿った運転をするうえで重要です。今回は、駐車禁止標識の意味と違反した際の罰則についてまとめました。


車のディーラーとは?販売店との違いやメリット・デメリットをわかりやすく解説

車のディーラーとは?販売店との違いやメリット・デメリットをわかりやすく解説

ディーラーという言葉は聞いたことがあるけれど、実際にどんなことをするのか知らないという人も多いのではないでしょうか。ここでは、ディーラーの意味と種類、そして車を購入する時の販売店の選び方について解説します。


車のエンジンがかからないときの原因と対処方法をまとめて紹介

車のエンジンがかからないときの原因と対処方法をまとめて紹介

車のエンジンが突然かからなくなってしまっても、原因を確認して対処すれば解決できます。今回は、エンジンがかからないときに考えられる原因とチェックポイント、解決までの手順を紹介します。


どこに加入すべき?自動車保険を選ぶポイントとおすすめの自動車保険会社

どこに加入すべき?自動車保険を選ぶポイントとおすすめの自動車保険会社

自動車保険はいろいろな保険会社が取り扱っています。そのため、自動車保険を選ぶ際に、「どのようなものを選べばよいのか?」と悩んでしまう人も多いのではないでしょうか。 そのため、自動車保険を選ぶ際には、どのようなポイントに注意すればよいのか、事前に把握しておきましょう。


【バイデン大統領来日!】アメリカ大統領 専用車「ビースト」がスゴイ!驚きの性能を紹介!

【バイデン大統領来日!】アメリカ大統領 専用車「ビースト」がスゴイ!驚きの性能を紹介!

アメリカ大統領の専用車である通称「キャデラック・ワン」。キャデラック・ワンはその性能、機能から「ビースト」とも呼ばれています。こちらの記事では、アメリカ大統領の専用車、キャデラック・ワン(ビースト)についての機能、性能等の情報を記載しています。