トップへ戻る

知っておきたい!タイヤの組み換えを持ち込みで依頼するポイント

知っておきたい!タイヤの組み換えを持ち込みで依頼するポイント

タイヤは、車のパーツの中で唯一路面と接する部分です。市販されているタイヤは性能も価格も千差万別で、商品ごとにさまざまな特徴を持っています。また最近ではネット通販での取り扱いも充実し、より多くの選択肢の中から自分好みのタイヤを選択できるようになりました。今までは、タイヤショップやカー用品店で購入したタイヤを、そのお店で組み換えてもらうことが主流でした。しかし現在は、自分好みのタイヤを購入し、持ち込みで組み換えを依頼するケースが増えています。今回の記事では、タイヤの組み換えを持ち込みで依頼する際に困らないための情報をお伝えします。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


持ち込みでタイヤを組み換えるメリット

持ち込みでタイヤを組み換えるメリットとは?

持ち込みでタイヤを組み換えるメリットとは?

昨今は個人でもネットで安くタイヤを購入できるようになったため、購入したタイヤをお店に持ち込んで、組み換えを依頼するケースが増えています。

また、個人でのタイヤ購入が増えることによって、持ち込みでの組み換え依頼が増え、お店での持ち込み・組み換えに対応するサービス体制も充実してきています。

持ち込みで組み換えるメリットは、自分好みの商品を選ぶことができる自由度の高さと、ネット売買で実現したコスパの高さといえるでしょう。

持ち込みタイヤの組み換えを依頼できるお店

持ち込みタイヤの組み換えを依頼できるお店

持ち込みタイヤの組み換えを依頼できるお店

ディーラー

ディーラーの魅力は何といっても技術力と接客のクオリティ。お店も綺麗でキッズルームが用意されていることも多いので、子供連れでも安心です。しかし、工賃は他のお店よりも高く、持ち込みタイヤで組み換えをするメリットは少ないかもしれません。

カー用品店・タイヤ専門店

カー用品店やタイヤ専門店は、持ち込みタイヤの組み換え先の最有力候補。車に関わるパーツが揃い、普段から修理・カスタマイズ対応をしているカー用品店や、タイヤを専門に扱うお店の魅力は専門性と柔軟性、そして対応力です。

ディーラーによっては、持ち込みのタイヤ組み換えを断られることがあっても、カー用品店や専門店ならほとんどの店舗で対応してもらえます。持ち込み・組み換えを考えているのなら、ぜひ相談してみましょう。

ただし、夏・冬タイヤの履き替え時期など、シーズンによってはお店が混雑していることがあります。無駄な待ち時間を減らすために、持ち込み前の確認は必須です。

ガソリンスタンド

ガソリンスタンドは店舗が多く、自宅から近いお店にタイヤを持ち込んで組み換えを依頼できます。

ディーラーやタイヤ専門店ほどの設備はありませんが、組み換えは対応できるお店も多いので、ぜひ近くのガソリンスタンドもタイヤ持ち込み先の候補として覚えておいてください。

ただし、ホイールの形状や大きさなど、条件によっては対応ができないこともあるので、やはり依頼する前に対応可否を確認をした方がよいでしょう。

タイヤの組み換えを持ち込みで依頼したときの費用

タイヤの組み換えを持ち込みで依頼したときの費用は?

タイヤの組み換えを持ち込みで依頼したときの費用は?

タイヤの組み換えを持ち込みで依頼したときの費用は、持ち込み先によって変わります。タイヤの大きさやホイール形状によっては、通常より時間がかかることもあるので、余裕を持って計画を立てましょう。

ディーラーで依頼したとき

持ち込みタイヤの組み換えをディーラーに依頼した場合、費用の目安は1万2千円〜2万円程度です。

ディーラーはサービスや技術の質に定評がありますが、その分費用的に割高です。

また予約がないと断られたり、予約優先で待ち時間が長くなることがあります。必ず事前に連絡し、費用とかかる時間の確認をしてください。

カー用品店・タイヤ専門店で依頼したとき

持ち込みタイヤの組み換えをカー用品店・タイヤ専門店に依頼した場合、費用の目安は6千円から1万8千円程度です。

さまざまなサービスを効率よく対応するので、持ち込みタイヤの組み換え作業も安めの値段設定になっています。

しかし、それだけにお客さんの数も多いので、予約せずに直接お店に行くのは無謀です。余計な待ち時間を避けるためにも、必ず作業予約をしておきましょう。

ガソリンスタンドで依頼したとき

持ち込みタイヤの組み換えをガソリンスタンドに依頼した場合、費用の目安は8千円〜1万2千円程度です。

ガソリンスタンドの中には、個人経営のお店もあるので、価格もお店によって違うことがあります。また、セルフ式のガソリンスタンドだと、常駐スタッフの人数がも少ないので、組み換えを依頼してから実際の作業に入るまで時間がかかってしまうことも。

費用や作業時間、混雑具合などを確認し、依頼するかどうか検討しましょう。

持ち込みタイヤの組み換えで気を付けたいポイント

持ち込みタイヤの組み換えで気を付けたいポイント

持ち込みタイヤの組み換えで気を付けたいポイント

持ち込みタイヤに対応しているお店か確認

お店によっては、持ち込みによるタイヤ交換に対応していない場合や、持ち込みの場合は工賃が割増となるお店もあります。タイヤの組み換えを持ち込みで依頼する際は、事前に確認をとることをオススメします。

ホイールの種類や大きさを伝える

ホイールがあまりに大きかったり、形状や取り付け方が特殊だったりすると、対応できるスタッフが限られたり、専門の工具が必要になる場合があります。

組み換えを依頼する際は予約をしたほうがよいと書きましたが、その際には自分の車やホイール、タイヤの情報も伝えておきましょう。

車種やホイールの大きさ、形状、メーカー、タイヤのサイズなどを詳しく伝えておくことで、お店もスムーズに対応ができ、結果的に適切な費用と工期で組み換えることができます。

予約は忘れずに

持ち込みタイヤの組み換えだけではなく、お店に作業やサービスを依頼する際に、予約をしておくことは基本です。

せっかく組み換え用のタイヤを安く手に入れても、持ち込み先で長々と待つことになってはコスパが高いとはいえません。とくに夏・冬タイヤの履き替え時期は、予約していなければ断られる可能性もあります。

時は金なり。お店への予約電話一つで効率的に時間が使えるのであれば、それに越したことはありません。持ち込みタイヤの組み換えを、依頼できるお店はたくさんあります。必ず予約の連絡をして、その中で費用と時間の目安を聞いて依頼先を選びましょう。

まとめ

自分にとってベストなタイヤの組み換え先を見つけましょう

自分にとってベストなタイヤの組み換え先を見つけましょう

今回の記事では、持ち込みタイヤの組み換えについて、そのメリットや依頼先と費用、作業にかかる時間について解説しました。

タイヤは消耗品ですので、長く車に乗っていれば履き替えや組み換えが必要なタイミングが必ず訪れます。そんなときに、できるだけ費用を抑えて、スムーズに対応してくれる依頼先を知っていると安心ですよね。

この記事を参考にして、ぜひ自分にとってベストなタイヤの組み換え先を探してみてください。

こちらの記事もおすすめ!

タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに | カーナリズム

https://matome.response.jp/articles/5582

そろそろタイヤ交換かな、とお考えの方なら、どんなタイヤが愛車にぴったりサイズなのかを調べたりすることもあるでしょう。しかし、タイヤサイズの表記方法は、慣れていないとまるで暗号のようで、わかりにくさがありますよね。どこに何が書いてあるのか理解すれば意外と簡単なタイヤサイズの見方を知っておくことで、タイヤの検討や購入もスムーズに済ませられるようになれるでしょう。

タイヤの適正な空気圧はどうすればわかる?点検方法や点検頻度まとめ | カーナリズム

https://matome.response.jp/articles/5577

車という重量物をたった4本で支えているのがタイヤ。車のあらゆる動きはタイヤを介して行われることもあり、快適な走行のためにも安全運転のためにも非常に重要なタイヤですが、意外とタイヤの空気圧は放置しがちな方も多いのではないでしょうか。メーカー指定の空気圧に調整していないと、効率が下がってもったいないだけでなく、最悪は事故の危険性も?!詳しく見ていきましょう。

タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介 | カーナリズム

https://matome.response.jp/articles/5583

自動車の動きを地面に伝えてくれるタイヤは非常に重要な存在ですが、愛車のタイヤのサイズを把握しているという方は意外と少ないかもしれませんね。どこか暗号のようなわかりにくさがあるタイヤサイズの中でも、乗り心地や操縦性に直結する隠れた注目ポイントが「偏平率」です。偏平率が変化するとどんな影響があるのか? どうやって計算するのか? 詳しくご紹介していきます。

関連するキーワード


タイヤ

関連する投稿


タイヤの買取はオートバックスで決まり!?高く売るための方法は?

タイヤの買取はオートバックスで決まり!?高く売るための方法は?

業界最大手のカー用品店であるオートバックスで、タイヤの買取をしてもらえるってご存じですか?車を乗り換えるタイミングや、今まで使っていたスタッドレスタイヤが、新しい車には合わなくなったときなど、タイヤを売りたくなる理由は人によってさまざまです。そんな時に困らないように、今回はオートバックスにタイヤの買取をお願いするときのポイントについて解説します。


冬でも大丈夫!?オールシーズンタイヤの特徴とメリット・デメリット

冬でも大丈夫!?オールシーズンタイヤの特徴とメリット・デメリット

これまでの常識だと、冬の雪が降る前と春先にはタイヤ交換が必要でした。タイヤ交換には、それなりの手間と費用がかかります。それを解消してくれるのが、交換不要のオールシーズンタイヤですが、ネックになるのが冬でも本当に大丈夫?という点。この記事では、オールシーズンタイヤの特徴や、メリット・デメリットを紹介します。ノーマルタイヤや、雪道専用のスタッドレスタイヤとの違いも解説しながら、徹底的に整理していきましょう。


2WDと4WDはどう違う?おすすめは?一目瞭然の2WDと4WDの見分け方も

2WDと4WDはどう違う?おすすめは?一目瞭然の2WDと4WDの見分け方も

キャンプなどのアウトドアレジャーブームが近年到来していることや、普段積雪のない地域でのドカ雪などゲリラ的悪天候の怖いニュースをよく聞くこともあって、次の愛車は4WDにしようかと検討中の方も少なくないことでしょう。この記事では、4WDとは何か、どう違うのかといった基本事項を再確認しつつ、メリットやデメリットをご紹介します。2WDと4WDを簡単に見分ける方法もご紹介しますので、必見です。


イエローハットのタイヤ交換でかかる費用や作業時間をチェック!

イエローハットのタイヤ交換でかかる費用や作業時間をチェック!

オイルやワイパーなどとともに、車を使っても使わなくても定期的な交換が必要となる「タイヤ」。しかし、いざタイヤ交換が必要と言われても、どうすればいいのか分からなくて困ってしまう方も多いことでしょう。そこでオススメなのが、カー用品店「イエローハット」でのタイヤ交換。この記事では、タイヤ交換の目安とともに、イエローハットの大満足なタイヤ関連サービスをくまなくご紹介していきます。


タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

自動車の動きを地面に伝えてくれるタイヤは非常に重要な存在ですが、愛車のタイヤのサイズを把握しているという方は意外と少ないかもしれませんね。どこか暗号のようなわかりにくさがあるタイヤサイズの中でも、乗り心地や操縦性に直結する隠れた注目ポイントが「偏平率」です。偏平率が変化するとどんな影響があるのか? どうやって計算するのか? 詳しくご紹介していきます。


最新の投稿


【2022年】ピックアップトラックの特徴と人気中古車おすすめ6選

【2022年】ピックアップトラックの特徴と人気中古車おすすめ6選

ピックアップトラックは、見た目がおしゃれでかっこよく、荷台がついているのでマウンテンバイクなどの大きなものを運ぶのにも適しています。そんな利点を生かして、アウトドアやレジャーを好む人から注目を集めています。ここでは、ピックアップトラックのメリットとデメリット、そして中古で買えるおすすめの車種を紹介します。


快適な車中泊ならハイエース!人気の理由とカスタム方法、おすすめグッズは?

快適な車中泊ならハイエース!人気の理由とカスタム方法、おすすめグッズは?

買い物はもちろん、アウトドアやキャンプなどにハイエースを愛用している人も多いのではないでしょうか。荷物も積めて長距離移動も便利、そんな多機能なハイエースを利用して車中泊を楽しんでいる人も増えています。ここでは、ハイエースが人気を集める理由と、車中泊のカスタムにかかる費用やおすすめグッズを紹介します。


速度違反に要注意!レーダー探知機のおすすめと選び方を解説

速度違反に要注意!レーダー探知機のおすすめと選び方を解説

うっかり速度超過をして速度違反自動取締装置(以下オービス)が反応すると、スピード違反の罰則が科せられてしまいます。スピード違反には普段から注意を払うべきですが、急いでいる時や高速道路では、ついついスピードが上がりがち。うっかり違反をしてしまう前に、レーダー探知機を設置してみるのはいかがでしょうか。オービスの位置がわかれば、より注意力を高めることができるでしょう。


原点回帰の新型ステップワゴン!内装や快適性など特徴を解説

原点回帰の新型ステップワゴン!内装や快適性など特徴を解説

2022年5月27日に発売開始された新型ステップワゴン。1996年に登場した初代モデルから数えて6代目にあたるモデルで、ミドルサイズミニバン市場では、トヨタのヴォクシー・ノアや、日産のセレナと激しくシェアを争っています。新型ステップワゴンの実力や魅力について、ライバル車との違いを含めて解説します。


ETC利用明細はどこで確認する?確認手段やコンビニでの印刷方法を解説

ETC利用明細はどこで確認する?確認手段やコンビニでの印刷方法を解説

ETCの利用履歴を確認するときに不便さを感じている方は少なくないかもしれません。利用明細はどこで確認できるでしょうか?今回は、ETCカードの利用履歴を確認手段やコンビニでの印刷方法を解説します。