トップへ戻る

イエローハットのタイヤ交換でかかる費用や作業時間をチェック!

イエローハットのタイヤ交換でかかる費用や作業時間をチェック!

オイルやワイパーなどとともに、車を使っても使わなくても定期的な交換が必要となる「タイヤ」。しかし、いざタイヤ交換が必要と言われても、どうすればいいのか分からなくて困ってしまう方も多いことでしょう。そこでオススメなのが、カー用品店「イエローハット」でのタイヤ交換。この記事では、タイヤ交換の目安とともに、イエローハットの大満足なタイヤ関連サービスをくまなくご紹介していきます。

⏳この記事は約3~4分で読めます。[PR]


すり減るからこそ役立つタイヤ、どのタイミングで交換するの?

自動車用タイヤ

やっと手に入れた愛車!でも実は走っても走らなくても交換が必要な消耗品の交換時期がどんどんやってきて、ちょっぴりゲンナリしてしまっている、なんて方もいらっしゃるのでは。

自動車には、走るために必要となる燃料などだけでなく、エンジンオイルやワイパーブレード、ブレーキパッドなど、段々と劣化していくことで役割を果たす消耗品がたくさんあります。今回ご紹介する「タイヤ」もその一つです。

なんですり減るゴムにするの?もっと硬い素材ですり減らないタイヤがあればいいのに!とお思いになるかもしれませんが、ゴムの柔らかさがあってこそ、季節や天候に左右されない安定した運転が可能になっているのです。

そんなタイヤ、あまり普段から交換を意識するような部品ではなく、そもそもご自分の車のタイヤの状況はあまりチェックできていない…という方もいらっしゃるかも。縁の下の力持ち的な存在のタイヤですが、劣化するとかなり怖いという点を、まずご紹介します。

劣化タイヤはここが怖い!普段乗らない車も要チェックなポイント

《画像提供:Response 》溝深さ1.6mmのタイヤ

まず、走行距離を重ねて段々と摩耗が進んだタイヤでは、タイヤの残り溝が浅くなってしまっているので、接地面の排水がうまくできず、スリップの原因となってしまったり、ハンドル操作もブレーキ操作も効かなくなる「ハイドロプレーン現象」を引き起こしてしまうおそれもあります。どちらも大事故につながりかねない危険な状況です。

また、あまり乗っていない車や取り付けせずに保管していたタイヤであっても、ゴムの硬化などの劣化は進み、それらによるひび割れなどを放置していると、パンクやバーストの原因につながることもあり、こちらも事故につながりかねません。

タイヤ交換は意外と高価な買い物になりますので躊躇していると、金銭的ダメージが大きいだけでなく、交通事故を引き起こしてしまうことにもつながりかねないことがお分かりいただけたはずです。

では、いったいタイヤはどんなタイミングで、何を基準にして交換をするべきなのでしょうか。ご紹介していきます。

こうなったらタイヤ交換!目安は?基準は?

スリップサインが出ている状態のタイヤ

残り溝が浅い!「スリップサイン」が出ている!

乗用車の場合では、タイヤの溝の深さが1.6mmを下回ったものは使用してはならず、いわゆる「整備不良」で道路交通法違反となるため、その状態では車検にも合格しなくなります。

タイヤゲージという専用の工具を使うと溝の深さがはっきり調べられますが、もっとお手軽な方法としては「スリップサイン」を目安にすることができます。

タイヤのサイドウォール(側面)に△マークが描かれている場所の延長線上を確認すると、太めの溝の中に出っ張りがありますが、これがスリップサインです。スリップサインは、タイヤの全周にまんべんなく配置されているので、車を動かさなくても確認できるはずです。

このスリップサインの高さは1.6mmとなっているので、スリップサインがタイヤ表面と同じ高さになってしまっていたら、溝深さが1.6mm以下になっているので、タイヤ交換が必要ということになります。

もちろん、スリップサインだけが基準ではないですし、1.6mmまで使い切る義務があるわけでもないので、ちょっと早めに交換しておけば安心ですね。

偏摩耗していて、溝が部分的に浅くなっている!

タイヤ接地面の溝が満遍なく減っているのが理想的ではありますが、車両の状況や、そのタイヤの空気圧調整の不備などによっては、接地面の真ん中部分だけとか、左右部分だけとか、片側だけが異常にすり減ってしまう場合もあります。これを「偏摩耗」と呼びます。

偏摩耗した部分はスリップサインが出ているけど、ほかの場所はまだ溝が深いから大丈夫でしょ、と思いがちですが、一部分でもスリップサインが出たなら交換のサイン。さらに、サスペンションや車体側になんらかの不具合が発生しているかもしれませんので、それらも合わせて点検してもらうと安心でしょう。

タイヤ表面にひび割れが!パンクのおそれも

タイヤはゴムですので、たとえ走行距離が少ない車両であったり、車から取り外して保管されているタイヤであっても、日光や湿気の影響で段々と劣化していきます。特に気をつけておきたい劣化が、ゴムの硬化です。

段々とゴムがしなやかさを失っていくと、タイヤ表面にくっきりとひび割れが発生することも。浅いひび割れなら即座に空気が漏れるような心配はないものの、放置しているとパンクやバーストの原因にもつながりかねない危険な状態ですので、タイヤ交換が必要です。

タイヤってどこで交換できるの?おすすめは?

《画像提供:Response 》イエローハット専売タイヤ「プラクティバ」

給油ならガソリンスタンドだけど、タイヤ交換はどこでしたらいいのだろう、とお悩みの方もいらっしゃるかも。主なタイヤ交換の依頼先としては、カーディーラー、ガソリンスタンド、タイヤ専門店、カー用品店が挙げられるでしょう。

このうち、カーディーラーはメーカー専属のメカニックさんによる作業で安心感がありますが、工賃が高くなりがち。ガソリンスタンドは店舗数が多いので、アクセスとしてはしやすいのですが、整備のクオリティが店舗ごとにバラツキがあることを気にされる方もいらっしゃるようです。

そこでおすすめなのが、タイヤ専門店やカー用品店。タイヤの店頭在庫も豊富ですし、どちらもハイクオリティな交換作業をスムーズに依頼することができます。

特にカー用品店なら、タイヤ交換での入庫を機にほかの部分の点検をお願いしたり、ついでに別の部品の取り付けも頼んでしまうこともできそうです。

「イエローハット」なら、きっと大満足のタイヤ交換

《画像提供:Response 》イエローハット専売タイヤ「エコファイン」

安心して任せられる信頼感

国内で700店舗以上あるイエローハットは、安定した技術水準を持つ整備士さんたちが各店舗で対応してくれます。

タイヤは車の安全な使用に最も大事となる部品のひとつですので、安心して任せられる店舗でタイヤ交換したいですよね。全国で数多くのドライバーからの支持を集めるイエローハットなら、信頼して作業を任せられることでしょう。

お買い得なイエローハット専売タイヤなど、取り扱いタイヤが豊富!

各種タイヤメーカーの商品も取り揃えているイエローハットですが、実はさまざまなお買い得タイヤも見所のひとつ。

ベーシックタイヤや低燃費タイヤなど、用途に応じて性能とお求めやすさが両立された、イエローハット専売タイヤやイエローハットプライベートブランドタイヤたちが選べるという点は、イエローハットでタイヤ交換したくなる理由のひとつですね。

イエローハットでタイヤ交換!工賃目安・作業時間目安まとめ

イエローハット 店舗

タイヤ交換に関する作業工賃目安と作業時間目安がイエローハット公式ホームページに掲載されていますので、ご紹介します。

タイヤ交換の作業工賃目安は1本1,100円から、作業時間目安は20分からとなっています。激安工賃が特徴のショップに比べるとやや高めの工賃とはなっていますが、作業時間も短めで、安心して任せられそうです。

この作業工賃目安には、タイヤがスムーズに回転できるように調整するバランス測定調整が含まれていますが、交換前のタイヤを処分する手数料が1本250円かかるなど、支払い総額としてはもう少し増えることが予想されます。

お近くのイエローハット店舗に問い合わせてみると、より安心ですね。

【パンク保証に満足保証?!】イエローハットなら充実のサポート

イエローハット プレミアムタイヤ満足保証サービス

せっかく厳選した新品のタイヤに交換しても、路上の異物などによるパンクは避けられないもの。気分も落ち込んでしまいますし、場合によってはパンクしたタイヤだけの交換ではなく、四輪全て交換が必要になることもあり、突然出費がかさんでしまって困るケースもありそうです。

そこでおすすめなのが、1本のパンクでも4本とも新品に交換してもらえるイエローハットの「タイヤパンク保証」。タイヤ購入から2年または25,000kmの間なら、全国のイエローハットで補償が受けられます。工賃も保証に含まれているので、ぜひ加入しておきたいサービスですね。

また、ちょっとお高めなタイヤに興味があるけど、本当に違いが実感できるのか不安…という方には、イエローハットが指定するプレミアムタイヤに付属する「プレミアムタイヤ満足保証」も要注目です。

イエローハットのポイントカード会員限定サービスとはなりますが、新品4本セットで購入すれば、購入から60日間または走行距離1,000kmまででタイヤに満足できなければ、他のタイヤへ交換してもらえるサービスです。

どれだけ乗り心地に違いが出るのか興味はあるけどちょっと踏み出せない、そんなあなたを後押ししてくれる、嬉しいサービスとなっています。

まとめ

BMW i3

車を構成する部品の中でもかなり重要度の高いタイヤですが、意外と自分の車のタイヤをまじまじと観察してみたことのない方が多いのかもしれません。

タイヤについて考えたこともなかった、なんとなく不安… そんな風に思えてきませんか?

気になってきたなら、お近くのイエローハットでタイヤ点検を依頼してみましょう。スタッフさんの対応を見れば、多くの人がイエローハットでのタイヤ交換を選ぶ理由がわかるはずです。

よくある質問

タイヤってどのタイミングで交換するの?

車の使用状況に応じても変わってきますが、一般的には製造から年数が経過してゴムが硬化してしまったり、走行に伴って残り溝が浅くなってしまった際に交換となります。チェックの仕方が分からなくて不安なら、お近くのイエローハットで点検してもらうと安心ですね。

イエローハットでタイヤ交換してくれるの?

イエローハットでは、タイヤ交換に対応してくれます。店頭で在庫タイヤを購入してそのままピットで交換をお願いすることもできますし、事前にネット予約でこだわりのタイヤを選んでおき、店舗でスムーズに交換してもらうこともできます。

イエローハットのタイヤ交換サービス、特徴はあるの?

しっかりとした技術力のあるメカニックさんによる交換は当然ですが、タイヤ購入と同時加入しておけば1本パンクで4本新品交換が受けられる「タイヤパンク補償」や、対象タイヤの1,000km以内なら60日間他タイヤへの交換に対応してくれる「プレミアムタイヤ満足保証」などのサービスもあります。

関連するキーワード


タイヤ

関連する投稿


【タイヤ交換】交換時期の見分け方からタイヤ交換場所の比較まで!タイヤ交換関連記事まとめ

【タイヤ交換】交換時期の見分け方からタイヤ交換場所の比較まで!タイヤ交換関連記事まとめ

タイヤは地面と接地するパーツのため、走行することによって劣化していきます。安全に走るためにタイヤ交換は必要なものですが、どのタイミングで交換するのが適切なのか、タイヤ交換を依頼する場所によって費用や交換にかかる時間がどれぐらいかかるのかも異なります。タイヤの交換時期から交換場所別の費用相場、交換したタイヤの保管方法を紹介する記事をまとめました。


タイヤ交換はどこが安い?交換時期や値段、意外と簡単な交換の方法までを解説!

タイヤ交換はどこが安い?交換時期や値段、意外と簡単な交換の方法までを解説!

購入した車は、ずっと同じ状態で乗り続けられるわけではありません。とくにタイヤは地面と接地するパーツのため、主に走行することによって劣化していきます。安全に走るために、タイヤ交換は必要なものですが、タイヤ4本の交換となると費用もかさみます。そこで今回は、タイヤ交換で少しでも費用を抑えるために知っておきたいポイントや自分で交換する方法など、タイヤ交換について知っておきたい情報をまとめてお伝えします。


タイヤ交換の所要時間&料金相場比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧

タイヤ交換の所要時間&料金相場比較!タイヤ持ち込み対応のお店一覧

タイヤの溝がすり減ってきて、タイヤ交換の時期…。これからタイヤ交換を考えている方に必要な情報を一覧でわかりやすく解説します。タイヤ交換の所要時間と工賃比較、自分で選んだタイヤを持ち込みできるお店をまとめました。


タイヤメーカーおすすめランキング!メーカーごとの特徴を比較

タイヤメーカーおすすめランキング!メーカーごとの特徴を比較

あなたは、タイヤのメーカーをどれくらいご存知でしょうか?車のタイヤを選ぶ時、「愛車に合いそう」「価格が安いから」などで選んでいませんか?タイヤメーカーの特徴を比較して知ることで、より快適に走れるように、今回は車のタイヤのメーカーについて紹介します。(2022年7月更新)


アジアンタイヤおすすめ10選!国産タイヤとの比較や寿命、評判も解説

アジアンタイヤおすすめ10選!国産タイヤとの比較や寿命、評判も解説

タイヤ専門店や、インターネットなどでアジアンタイヤについて目にする機会も増えてきました。価格が安いと品質はどうなのか気になる人も多いのではないでしょうか。ここでは、アジアンタイヤの特徴や安さの理由、そして国産タイヤとの違いや寿命、最後におすすめのアジアンタイヤについて紹介します。


最新の投稿


ステーションワゴンおすすめ車種20選!選び方や各車種の特徴まで徹底解説!

ステーションワゴンおすすめ車種20選!選び方や各車種の特徴まで徹底解説!

走行性能と積載性を兼ね備え、スタイリッシュなデザインが多いステーションワゴンですが、SUVブームに押され最盛期に比べるとラインアップ数は減りつつあります。しかしながら視野を広げて輸入車も含めると、ステーションワゴンはまだまだ主力ジャンルのひとつです。この記事では、今だからこそおすすめしたいステーションワゴンをランキング形式で国産、輸入車に分けて紹介していきます。各車種のスペックや価格情報を比較しながら、あなたにぴったりの一台を見つけてください。


【2023年】軽ハイトワゴンのおすすめ10車種!今乗りたい便利な軽自動車はどれ?

【2023年】軽ハイトワゴンのおすすめ10車種!今乗りたい便利な軽自動車はどれ?

軽自動車は人気の車ですが、特にハイトワゴンの人気が高まっています。軽自動車という限られた規格の中で、最大限に室内空間を広げており、質感も高まったモデルが多くなっているので、販売台数を伸ばしています。今回は、ハイトワゴンの中でも近年人気の全高の高いモデルをご紹介します。


「エアサス」って何?メリットは?構造や価格、乗り心地や車高調との違い

「エアサス」って何?メリットは?構造や価格、乗り心地や車高調との違い

エアサスとは、何かご存知でしょうか? エアサスのメリットやデメリットを知りたいと考えている人にも、エアサスの構造や値段、乗り心地を知りたいと思っている人にもわかりやすく簡単に「エアサスとは何か?」を理解できるように掲載します。


7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ10車種もご紹介!

7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ10車種もご紹介!

大人数が乗車できるクルマは、なにかと重宝します。しかし、購入しようと思う場合に悩むのは「7人乗りにするか」、「8人乗りにするか」ということかもしれません。今回は、そんなときの参考になる記事です。


【2023年版】どこまでもエレガント!メルセデス・ベンツのクーペ一覧

【2023年版】どこまでもエレガント!メルセデス・ベンツのクーペ一覧

高級車の代名詞的存在ともいえるメルセデス・ベンツは、多くの人たちの憧れの存在となっています。メルセデス・ベンツは、セダンやSUVなどの売れ筋のモデルを販売する一方、「クーペ」もしっかりと作り続けています。今回は、エレガントなメルセデス・ベンツのスポーツ・クーペについて紹介します。