トップへ戻る

タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

タイヤサイズの見方を知ることで愛車のタイヤ購入をスムーズに

そろそろタイヤ交換かな、とお考えの方なら、どんなタイヤが愛車にぴったりサイズなのかを調べたりすることもあるでしょう。しかし、タイヤサイズの表記方法は、慣れていないとまるで暗号のようで、わかりにくさがありますよね。どこに何が書いてあるのか理解すれば意外と簡単なタイヤサイズの見方を知っておくことで、タイヤの検討や購入もスムーズに済ませられるようになれるでしょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


愛車のタイヤサイズ、把握してる?

《画像提供:Response 》トーヨータイヤ OPEN COUNTRY R/T

タイヤは、自動車が停まっている間も動いている間も、常に支えてくれている力持ちな存在。車や乗員などの重さを支えてくれるだけでなく、加減速やハンドル操作の力を地面に伝えてくれたり、細かな振動を吸収して乗り心地を向上させてくれたりと、さまざまな役割を担ってくれている重要な部品です。

そんなタイヤ、普段あまりメンテナンスはできていないよ、という方も実は多いのではないでしょうか。

走行距離ごとに交換頻度が定められているエンジンオイルなどは交換の目安がわかりやすいのに対し、タイヤは使用される状況によって交換頻度が変わりますし、意外と放置しっぱなしでも乗り続けられてしまうこともあって、タイヤの状態はあまり把握できていないという方もいるかもしれません。

しかし、先ほどご紹介したように、タイヤが担う役割は非常に多く重大なものばかりなので、タイヤの状態を点検して把握し、必要ならば交換をすることは、安全運転のためにも非常に大事なこととなります。

愛車のタイヤの健康状態がだんだん気になってきたのではないでしょうか。

タイヤサイズはタイヤ側面に表示あり、しかしまるで暗号!

《画像提供:Response 》タイヤサイズ表示の例

そろそろタイヤ交換かなあとお思いの方なら、タイヤの価格相場を調べてみたくなることでしょう。タイヤの価格を調べる際に必要となるのが、装着されているタイヤサイズの情報です。

タイヤは車種ごと、グレードごとに装着されるタイヤサイズが異なりますし、タイヤメーカーも製造しているサイズが商品ごとに異なりますので、ご自分の愛車のタイヤサイズを把握しておかないと、どのタイヤが付けられるのかさえ分からないままです。

なんとなくタイヤの側面にタイヤサイズが表示されていることは知っていても、数字とアルファベットの羅列はまるで暗号のようで、どういう意味を示しているのかが最初はわかりにくいもの。

もちろんタイヤサイズ表記の示す意味が分からなくても、カー用品店やタイヤショップなどに赴けば、愛車にぴったりのタイヤをちゃんと探してもらえます。しかしタイヤ交換時は、タイヤサイズの見方を勉強するのにもよい機会ではないでしょうか。

暗号を解読し、愛車にぴったりのタイヤサイズをしっかり把握していきましょう。

【タイヤサイズの見方】暗号解読!それぞれの数値の意味は

《画像提供:Response 》トヨタ ヤリスが装着する185/55R16 83Vのタイヤ

タイヤサイズは、タイヤの側面に表示されています。文字の大きい小さいはあるものの、一定の基準に沿った表示がされているので、気をつけて探せば確実に見つけられるはずです。

タイヤが製造された時期や取り付けられる車種によっても表記が異なる場合もありますが、現在一般的なISO(国際標準化機構)による表記方法のものをご紹介していきます。

タイヤの側面に表示されている項目のうち、「185/55R16 83V」のように、数字とアルファベットが組み合わされたものがタイヤサイズです。

例に挙げたタイヤサイズをベースに、それぞれの数字やアルファベットの示す意味を、詳しく解説していきます。

最初の3ケタの数字:タイヤの断面幅(mm単位)

タイヤサイズの最初の3ケタの数字は、タイヤの幅をmm単位で表したものです。例に挙げたタイヤサイズでは、断面幅が185mmであることが分かります。この断面幅とは、リムガードと呼ばれるタイヤで最も外側に出っ張った部分は含まれない幅となります。

最初の3ケタを見れば、そのタイヤが太いか細いかが直感的に分かるというわけです。

コンパクトカークラスでは200mmよりも小さい幅のものも多いですが、大型のセダンやSUVなどでは250〜300mm前後のものが多くなるほか、スーパーカーなどでは350mm前後といった極太のタイヤが用いられる場合もあります。

次の2ケタの数字:偏平率(%)

幅の後は、スラッシュを挟んでからタイヤの偏平率が2ケタの数字で偏平率が表されます。これはタイヤの幅に対する高さの比率を表したもので、簡単にいえばタイヤを横から見たときに、分厚いか薄いかを示しています。

例に挙げたタイヤサイズでは、偏平率が55%であることが分かります。

偏平率はタイヤの厚みを指すので、そのタイヤサイズが厚みがあってクッションがよい快適性重視なのか、薄めでダイレクトな操作レスポンスをもたらすパフォーマンス重視なのかが分かります。近年では偏平率の低い薄いタイヤが流行しており、最も薄い部類では25%といったものもあります。

ローマ字1文字:タイヤの構造

タイヤサイズで真ん中あたりのローマ字1文字は、タイヤの構造を示しています。基本的に現代の乗用車はほとんどすべてラジアルタイヤを採用していますので、例に挙げたタイヤサイズと同じく「R」と1文字で表示されていることがほとんどです。

ラジアルタイヤ以前に広く使われていたバイアスタイヤはサイズ表記の方法が異なる場合がほとんどですが、バイアス構造では「-」、ベルテッドバイアス構造では「B」と記載される場合もあるようです。

ラジアルタイヤの「R」が主流とはいえ、別の表記も見られます。パンクしても一定条件のもと走行を続けられるランフラットタイヤでは「RF」とFが加わりますし、速度カテゴリーが240km/h以上のタイヤでは「ZR」と示されたりする場合もあるので、注意が必要です。

続く2ケタの数字:リム径(インチ)

タイヤの構造を示すアルファベットの後は、タイヤのリム径がインチで示されています。リム径とは、タイヤの内径のことで、タイヤとホイールとでリム径を揃える必要があります。

例に挙げたタイヤサイズでは、リム径は16インチであることが分かります。

幅はmm単位なのに、リム径はインチという日本人が普段あまり用いない単位を使用している点には注意が必要ですが、自動車の世界ではタイヤの径の大きさはインチで表現されることが一般的ですので、慣れる必要がありますね。

こちらも近年大径化が進んでおり、高級大型SUVなどでは22インチといった巨大なサイズのタイヤが標準装着されている場合も増えてきています。大きいタイヤとホイールはかっこいいものの、タイヤ交換時には莫大な出費になりますので、その点も考慮しておきたいところでしょう。

末尾:ロードインデックスと速度記号

ここまでご紹介したサイズと違い、普段はあまり意識されない末尾の数字2ケタとアルファベット1文字は、それぞれ規定条件下でのタイヤ1本あたりが支えられる負荷能力を示した「ロードインデックス」と、ロードインデックスで示された質量が規定の条件で負荷された状態での最高速度を示す「速度記号」です。

例に挙げたタイヤサイズでは、ロードインデックスが「83」、速度記号が「V」となります。

このうちロードインデックスは注意が必要で、2ケタの数字は「指数」でしかなく、そのものがタイヤ1本あたりで支えられる負荷能力を示しているわけではありません。そのため、ロードインデックスが60ならば負荷能力は250kg、80ならば450kg、120ならば1,400kgと、タイヤメーカーなどが公表している表に基づいて読み解く必要があります。先ほどの「83」は、1本あたりの負荷能力が487kgであることを示します。

速度記号もややわかりにくくなっており、アルファベット順が大まかな基準にはなっていますが、「G」が90km/hを示すのに対して「H」が210km/hを示すなどイレギュラーもあるので、こちらも換算表を確認することが必要でしょう。先ほどの「V」は、最高速度が240km/hであることを示します。

また、最高速度が240km/h超に達するタイヤは、先述したタイヤの構造を示す「R」が「ZR」という速度カテゴリー表記になるほか、特に300km/h以上に達するタイヤではロードインデックスと速度記号Yをカッコ書きで表示するなどのルールもあります。

タイヤサイズの見方が分かれば、車の性能も検討がつく

偏平率が小さいほどパフォーマンス指向が多い

テスラ モデルS

タイヤサイズが分かると面白みが増すのが、偏平率によってその車がどういう狙いのタイヤを装着しているかの想像がしやすくなる点です。

先ほどご紹介したように偏平率が高い=横から見たときに分厚いタイヤは、その分厚さを活かして衝撃をしっかりと吸収してくれるので乗り心地に優れているものの、ハンドル操作などのレスポンスはややダルになりがち。

反対に偏平率が低い=横から見たときに薄いタイヤは、車がよりダイレクトでクイックに動くレスポンス重視となり、その分乗り心地やよりハードな方向になりがちです。

近年では大型の乗用車などを中心に低偏平率の薄いタイヤが流行しています。車種によってはハンドル操作などのレスポンスを最優先している場合もあるでしょうが、見た目がかっこいいからという理由も少なからずあるようです。

ロードインデックスや速度記号で、キャラクターがわかる

《画像提供:Response 》ベントレー ベンテイガ 22インチのカーボン製ホイール

普段タイヤサイズの中でも気にすることが少ないロードインデックスや速度記号でも、そのタイヤを装着している車の大まかな性格が分かります。

特に速度記号はその車の性能を如実に示します。最高速度が300km/h超のタイヤでは速度記号が(Y)と表記されるので、筋金入りのスポーツカーやスーパーカーであることが一目で分かるというわけです。

インチアップ・インチダウンの計算もサイズが分かれば可能

《画像提供:Response 》ルノー カングー アシエ ホイール

純正装着されているタイヤから外径を変えずに、リム径を大きくしたり小さくしたりする「インチアップ」「インチダウン」をする際も、タイヤサイズを詳しく把握しておくことが必要になります。

タイヤの外径は、リム径にタイヤの厚み分の数値を足すことで求めることができます。そのため、タイヤの断面幅と偏平率、それにリム径を用いることで、タイヤの外径を計算するというわけです。

インチアップ、インチダウンとも、タイヤ外径が変わらないことからスピードメーターの誤差が出ない、フェンダー内部への干渉などがないので、お手軽なドレスアップです。

インチアップによって偏平率が低く薄いタイヤに変わるとスポーティな印象ですし、インチダウンによって偏平率が高く分厚いタイヤに変わると乗り心地が向上することもあるほか、タイヤ代が安上がりになるメリットもあります。

まとめ

《画像提供:Response 》スズキ ジムニーに装着されたBFグッドリッチ オールテレーン T/A

タイヤサイズの見方や、それぞれの意味する内容を解説してきました。お乗りの車のタイヤサイズがどんな意味を示しているのか、ご理解いただけたのではないでしょうか。

どういう意味なのかが分かってくると、タイヤサイズを見るのも楽しくなってくるもの。街中で見かける車のタイヤサイズを観察すれば、その車がどんな性格づけなのかが分かってくることでしょう。

よくある質問

タイヤサイズってタイヤのどこに書いてあるの?

タイヤサイズは、タイヤの側面である「サイドウォール部」に表示されています。「数字3ケタ」/「数字2ケタ」「R」「数字2ケタ」のように表示されていることがほとんどです。

タイヤサイズって純正から変えてもいいの?

純正のタイヤサイズから無理な変更をすると、スピードメーターの表示がズレてしまったり、フェンダー内部に干渉してしまうおそれもあるので、慎重に行う必要があります。よりお手軽な方法として、タイヤ外径を変えずにホイール径を変える「インチアップ」「インチダウン」があります。

タイヤ交換時は太さやリム径だけ見とけばいいの?

タイヤ交換の際は、交換しようとするタイヤのロードインデックスが、交換前のタイヤよりも下回らないことも気をつける必要があります。純正タイヤでは、その車の車重だけでなく乗員や荷物の重さまで含めて問題のないロードインデックスが選ばれていますので、それを下回るタイヤを選択すると、最悪の場合はタイヤの損傷につながることも考えられます。

関連する投稿


イエローハットのタイヤ交換でかかる費用や作業時間をチェック!

イエローハットのタイヤ交換でかかる費用や作業時間をチェック!

オイルやワイパーなどとともに、車を使っても使わなくても定期的な交換が必要となる「タイヤ」。しかし、いざタイヤ交換が必要と言われても、どうすればいいのか分からなくて困ってしまう方も多いことでしょう。そこでオススメなのが、カー用品店「イエローハット」でのタイヤ交換。この記事では、タイヤ交換の目安とともに、イエローハットの大満足なタイヤ関連サービスをくまなくご紹介していきます。


タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

タイヤの偏平率によるメリット・デメリットは?計算方法も紹介

自動車の動きを地面に伝えてくれるタイヤは非常に重要な存在ですが、愛車のタイヤのサイズを把握しているという方は意外と少ないかもしれませんね。どこか暗号のようなわかりにくさがあるタイヤサイズの中でも、乗り心地や操縦性に直結する隠れた注目ポイントが「偏平率」です。偏平率が変化するとどんな影響があるのか? どうやって計算するのか? 詳しくご紹介していきます。


タイヤの適正な空気圧はどうすればわかる?点検方法や点検頻度まとめ

タイヤの適正な空気圧はどうすればわかる?点検方法や点検頻度まとめ

車という重量物をたった4本で支えているのがタイヤ。車のあらゆる動きはタイヤを介して行われることもあり、快適な走行のためにも安全運転のためにも非常に重要なタイヤですが、意外とタイヤの空気圧は放置しがちな方も多いのではないでしょうか。メーカー指定の空気圧に調整していないと、効率が下がってもったいないだけでなく、最悪は事故の危険性も?!詳しく見ていきましょう。


ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

ガソリンスタンドの車検は格安車検の新定番!特典も多数、安心度は?

車を持っている方には数年に一度訪れる大出費、車検。車に乗り続けるためには車検を通すことが法律で決められた義務ですが、少しでも車検費用は低く抑えたいとお思いの方が多いことでしょう。近年のガソリンスタンドでは、リーズナブルな価格設定で車検を受け付けている店舗が増えています。安さは嬉しいけど心配なところはないのか?どうやって選べばいいのか?詳しく見ていきましょう。


ガソリン添加剤とは?おすすめのガソリン添加剤もご紹介!

ガソリン添加剤とは?おすすめのガソリン添加剤もご紹介!

ガソリン添加剤という言葉を聞いたことのある方も多いのではないでしょうか。言葉は知っていてもその意味を理解していない方も多いと思いますので今回はガソリン添加剤についてご説明したいと思います。その効果などについても詳しく解説して参ります。これからガソリン添加剤を使ってみようという方は参考にしてみて下さい。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。