目次へ戻る

【タイヤチェンジャーの使い方】おすすめ商品5選と価格も紹介

【タイヤチェンジャーの使い方】おすすめ商品5選と価格も紹介

タイヤチェンジャー、タイヤとホイールの組み換えを行う際に使う道具ですが、詳しい使い方を知らない方も多いと思います。今回はその使い方からおすすめ商品までもご紹介していきます。


タイヤチェンジャーとは?

タイヤチェンジャーは、タイヤを脱着・交換する専用機器で、ホイールから古いタイヤをはがして新しいタイヤを取りつける作業タイヤの組み換え)に使用します。

カー用品店やガソリンスタンド等の業者にタイヤの組み換えを頼んだ場合、およそ2,000円~6,000円ほどの費用が必要となりますが、タイヤチェンジャーは個人でも数千円~購入できる商品もあり、ホイールに傷をつけることなく、スピーディーに均一なタイヤ交換が可能です。

タイヤチェンジャーは、DIYでタイヤの組み換えをする方にとってはおすすめのアイテムといえるでしょう。

手動と電動のものが存在する

タイヤチェンジャーには、手動と電動の2種類があります。
手動のタイヤチェンジャーは数千円~高くても2万円程度と、比較的手頃な価格になっています。移動も簡単で、スペースもそれほど取りません。

一方、電動のタイヤチェンジャーは主に業者向けのとしてつくられているためか、価格も数十万円と高価で重量もかなりあり、手動のおタイヤチェンジャーと比べると大きいため、広いスペースを必要となります。

高価で場所を取り、且つ1シーズンに1回~2回程度しか使うものではないため、電動のタイヤチェンジャーを個人で購入することはあまりないと思います。

DIYでタイヤ交換をされる方には、手動のタイヤチェンジャーを購入するのが現実的でしょう。

手動の使い方は?

手動のタイヤチェンジャーの基本の使い方は以下になります。
使い方はそこまで難しくはありません。

(1)エアーを抜き、タイヤチェンジャーを使ってビード(タイヤのホイールに触れる部分の事)を落とす
(2)タイヤチェンジャーをホイールを差しこみ、タイヤを外す
(3)替えのタイヤにビードワックスを塗り、ホイールにタイヤをはめる
(4)エアーコンプレッサーでビードを上げる
(5)タイヤにエアーを入れる
電動のタイヤチェンジャーに比べ、コストがあまりかからないことが最大のメリットといえます。
デメリットは、手動のため多少力が必要なので、何本も交換するには体力が必要、あるいは一人ではなく複数人で行う方がよいということではないでしょうか。
DIYでタイヤの付け替えを行うには手動のタイヤチェンジャーで十分だと思います。

電動の使い方は?

電動のタイヤチェンジャーの基本の使い方は以下になります。
(1)エアーを抜き、タイヤチェンジャーを使ってビード(タイヤのホイールに触れる部分の事)を落とす
(2)ターンテーブルにタイヤを乗せて、チャックする
(3)ビードを外す為のアタッチメントを当てがって、ロックする
(4)タイヤチェンジャーをホイールを差しこみ、タイヤを外す
(5)替えのタイヤにビードワックスを塗る
(6)アタッチメントのガイドに合わせてタイヤをセットし、ビードを上げる
(7)タイヤにエアーを入れる
電動ですので、力が必要ないので女性でも一人で行えるのが最大のメリットでしょう。
ただ、前述の通り、基本的には業者向けなので、コスト・スペースなどの面がデメリットとなるでしょう。

タイヤチェンジャー以外でもタイヤは組み換えできる?

タイヤチェンジャーの購入すらもったいない!という方はタイヤの手組み(タイヤチェンジャーを使わずにするタイヤの組み換えのこと)を考える方もいるでしょう。

実際に経験がある方もいるかと思いますが、タイヤレバーを2本用意すれば、タイヤの組み換え自体は可能です。

ただ、ホイールにキズが入ってしまうリスクや強引にタイヤをねじ込もうとした場合など、ホイールの変形やタイヤの破損などでタイヤが使い物にならなくなってしまうこともありますので注意と経験が必要です。

また、その他にも気温によってタイヤが固くなっていたり、種類によってはサイド部分が固いタイヤもあり、その見極めも難しく苦戦される方が多いようです。

数をこなしてコツをつかむしかない方法ともいえるので、やはり専用の道具であるタイヤチェンジャーを使ったほうが交換も楽で、キズなどのリスクを減らせるのでおすすめです。

タイヤチェンジャーおすすめ商品 5選

<タイヤチェンジャー&ビードブレーカー 12~21インチ対応>

タイヤチェンジャー&ビードブレーカー 12~21インチ対応 タイヤ交換に F005

Amazon参考価格:6,780円
東和商事から販売されている手動タイヤチェンジャーです。
基本的には車用となっていますが、ビード落としであれば原付から大型バイクのタイヤにも使用可能となっております。
■商品仕様
・対応ホイールサイズ:12~21インチまで
・重量:23kg

<タイヤチェンジャー ビードブレーカー15~21インチ対応 手動式>

ビートブレーカー タイヤチェンジャー タイヤ交換 15~21インチ 対応 手動式 タイヤビードブレーカー ビード落とし タイヤ落とし ホイール タイヤ 交換 工具 車 バイク

Amazon参考価格:4,233円(2019年2月18日時点)
ウェイモール(WEIMALL)から販売されている手動タイヤチェンジャーです。
ビードブレーカーが付いているので、交換作業が飛躍的に短縮できます。
こちらの商品も基本的には車用となっていますが、ビード落としであれば原付から大型バイクのタイヤにも使用可能となります。
■商品仕様
・対応ホイールサイズサイズ:15~21インチまで
・重量:約4.2kg

<【アストロプロダクツ】AP マルチ タイヤチェンジャー>

【アストロプロダクツ】AP マルチ タイヤチェンジャー

Amazon参考価格:21,384(2019年2月18日時点)
アストロプロダクツから販売されている手動タイヤチェンジャーです。
付属のタイヤレバーを回すように使用して、タイヤをホイールから外します。ビードブレーカーも備わっているので、ビード落としからタイヤの脱着まで、この製品1つでタイヤの脱着から組み付けまでを行うことができます。
■商品仕様
・本体サイズ:W580×D720×H835mm
・重量:28kg
・対応ホイールサイズ:4インチ~16.5インチ
・対応タイヤ幅:~195mm
・付属品:スモールポスト×1、ラージポスト×1、タイヤレバー×1

<ビードブレーカー タイヤチェンジャー タイヤ交換 15~21インチまで対応 ビード落とし 手動式>

ビードブレーカー タイヤチェンジャー タイヤ交換 15~21インチまで対応 ビード落とし 手動式

Amazon参考価格:3,137(2019年2月18日時点)
ウェイモール(WEIMALL)から販売されている手動タイヤチェンジャーです。
自動車からバイクまで対応可能なタイヤチェンジャーで、コストパフォーマンスに優れていますので初めて買う方もチャレンジしやすい価格かと思います。
■商品仕様
・対応サイズ:15インチ~21インチ(バイク、軽、乗用車全般対応)
・対応タイヤ幅:約200mmまで可能
・全長:約643mm
・高さ:約355mm
・横幅:約67mm
・重量:約4kg

<マルチタイヤチェンジャ(ビードブレーカー・タイヤ交換) 4インチから16.5インチまでOK!>

マルチタイヤチェンジャ(ビードブレーカー・タイヤ交換) 4インチから16.5インチまでOK!

¥13,800(2019年2月18日時点)
東和商事から販売されているタイヤチェンジャーです。
小さいタイヤに対応しているのが特徴です。
■商品仕様
対応サイズ:4~16.5インチ
セット重量:35kg

まとめ

タイヤレバーでは困難なタイヤの組み換えも、タイヤチェンジャーを使えば比較的簡単に行う事ができます。

タイヤチェンジャーは、多くが輸入製品のためサポートが少ないことが多く慣れも必要ですが、タイヤの付け替えを頻繁にする方であれば、持っていて損はないアイテムです。

最後になりますが、タイヤチェンジャーでタイヤの組み換えを行った場合に忘れてはいけないのが、ホイールバランスのチェックです。

タイヤの組み換えを行った後には、必ずホイールバランスを取りましょう。これを忘れてしまうと、タイヤの痛みが激しくなったり燃費が悪くなったり、走行時のブレに繋がるなど、思わぬ事故のもとにもなりかねません。忘れずにホイールバランスを取っておきましょう。

関連するキーワード


タイヤ メンテナンス

関連する投稿


ポリマーコーティングによる特別な効果を確認しよう

ポリマーコーティングによる特別な効果を確認しよう

ポリマーコーティングとはどんなものでしょうか。具体的な意味と使用時の効果について、気になる値段を調べてワックスの上手な方法やコーティングの効果や耐久性における詳しい分析について調べてみます。メンテナンスの手入れの方法など、ポリマーコーティングの良さを見ていきます。


【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

【タイミングチェーンとは】交換時期や費用、ベルトとの違いや異音の説明も

車検を受ける際はさまざまなパーツを換える必要がありますが、タイミングチェーンというパーツもよく換える場合があります。 タイミングチェーンを換える場合は車検費用が高くなるでしょう。 ここでは、タイミングチェーンについて、その交換時期や費用、タイミングベルトとの違いや異音の原因と対処法まで一挙ご紹介します。


マットブラックは大変?塗装は自分でできる?コーディング方法も紹介

マットブラックは大変?塗装は自分でできる?コーディング方法も紹介

あなたはマットブラックに塗装された車を見たことはありますか?独特の存在感がありますよね。深みのある色合いが車ファンを魅了しています。今回はマットブラックに塗装することのメリット・デメリット、コーティングなどによるお手入れの方法も紹介していきます。


あなたはどっち?アフターファイヤーを自由に出したいor早く直したい

あなたはどっち?アフターファイヤーを自由に出したいor早く直したい

車やバイクのマフラーから火が吹き出る現象「アフターファイヤー」について原因と対策、またはアフターファイヤーを出す方法などについて詳しく解説しています。点火の不具合などによって発生するアフターファイヤーですが、一部の故意に発生させて楽しみたい方にも役立つ情報をご紹介しています。


オイルランプの点灯|どうしたらいいの?を徹底解説!

オイルランプの点灯|どうしたらいいの?を徹底解説!

車におけるオイルランプとはどのようなものを指すのか詳しく説明します。まず、オイルランプが点灯する原因を説明し、オイルランプが点灯している状態で放置することの危険性を解説します。次にオイルランプが点灯したときの対処法とオイルランプを消すための行動をわかりやすく説明します。最後にオイルランプを点灯させる前にできる予防策を2つ詳しく解説します。


最新の投稿


日本のスーパースポーツNSX、中古車はお買い得?市場価格と維持費について徹底検証!!

日本のスーパースポーツNSX、中古車はお買い得?市場価格と維持費について徹底検証!!

2017年2月に販売開始した2代目NSXを受け、初代NSXの中古車相場と20年以上経過する車両の歴史や特徴について、ご紹介していきます。


ポリマーコーティングによる特別な効果を確認しよう

ポリマーコーティングによる特別な効果を確認しよう

ポリマーコーティングとはどんなものでしょうか。具体的な意味と使用時の効果について、気になる値段を調べてワックスの上手な方法やコーティングの効果や耐久性における詳しい分析について調べてみます。メンテナンスの手入れの方法など、ポリマーコーティングの良さを見ていきます。


マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダの「ベリーサ」をご存知でしょうか?ベリーサは1500ccのコンパクトカーで、高級感のある「プレミアム・コンパクトカー」として売り出されました。しかし、その完成度にもかかわらず、現在この車について語られることはそれほどありません。そこで今回は、マツダ・ベリーサの特徴や燃費、中古価格を解説していきます。


ダイハツ アトレーワゴンの中古車情報|燃費から口コミ・評価も

ダイハツ アトレーワゴンの中古車情報|燃費から口コミ・評価も

1999年にダイハツから発売された軽ワンボックス「アトレー ワゴン」。 同社の「アトレー」をベースとして誕生しました。 イタリアのデザイナーによる内外装デザインと大人4人と荷物を余裕を持って収容できる車内空間はモデルチェンジ後の現在でも健在です。 当記事では、アトレーワゴンの燃費や評判、中古価格などを掲載しています。


1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーとは、何なのか?1ナンバーで気になる税金の事について、どの費用がいくら位かかるのかを4ナンバーの比較を交えて、任意保険や維持費などを紹介します。車にかかる費用は他にも色々あります。細かい部分まで掘り下げて疑問をスッキリさせてみましょう。