目次へ戻る

「危険性帯有者」罰則強化|あおり運転も対象に。被害経験は約9割…。

「危険性帯有者」罰則強化|あおり運転も対象に。被害経験は約9割…。

警察庁から全国の警察に「あおり運転」に対し罰則を強化する新対応が発表されました。こちらの記事では新対応に伴う罰則強化に関連する情報と、あおり運転への対処として高まるドライブレコーダー需要に関する調査結果、そしておすすめのドライブレコーダーや対策方法を合わせて掲載しています。


あおり運転ドライバー、「危険性帯有者」と判断されれば累積なしでも免許停止に

警察庁は16日までに、車を使って暴行事件を起こすなどして将来的に事故を発生させる可能性があると判断したドライバーに対して、交通違反による点数の累積がなくても最長180日間免許停止ができる道路交通法の規定を適用して防止するよう、全国の警察に指示しました。

2017年6月に東名高速道路で起きた事故を受けて始った対応となります。

「累積がなくても」最長180日間の免許停止に。

日本の道路交通法では「点数制度」を採用していて、過去3年間にドライバーが受けた累積点数、つまり貯まった点数に応じて免許の停止や取消の処分を行う制度となっています。

通常は6点から免許停止処分

通常、現行の道交法では(過去3年以内に行政処分を受けたことがない場合)6点以上が免許停止、15点以上が免許取消になります。

今までの道交法の場合、あおり運転であれば車間距離不保持などの交通違反にあたり、一般道では1点、高速道路では2点が累積される違反となっていました。

新対応のポイントは?

違反の累積点数が6点で免許停止となっていましたが、あおり運転に関しては「累積点数が無くとも最長180日間の免許停止ができる」こととなりました。

この新対応は、あおりドライバーを道路交通法103条の「危険性帯有者」という概念を使って取り締まることができるようになっています。

道交法103条は1号から8号まで記載があり、道交法103条8号は「前各号に掲げるもののほか、免許を受けた者が自動車等を運転することが著しく道路における交通の危険を生じさせるおそれがあるとき」と記載があります。

一 次に掲げる病気にかかつている者であることが判明したとき。
イ 幻覚の症状を伴う精神病であつて政令で定めるもの
ロ 発作により意識障害又は運動障害をもたらす病気であつて政令で定めるもの
ハ イ及びロに掲げるもののほか、自動車等の安全な運転に支障を及ぼすおそれがある病気として政令で定めるもの
一の二 認知症であることが判明したとき。
二 目が見えないことその他自動車等の安全な運転に支障を及ぼすおそれがある身体の障害として政令で定めるものが生じている者であることが判明したとき。
三 アルコール、麻薬、大麻、あへん又は覚せい剤の中毒者であることが判明したとき。
四 第六項の規定による命令に違反したとき。
五 自動車等の運転に関しこの法律若しくはこの法律に基づく命令の規定又はこの法律の規定に基づく処分に違反したとき(次項第一号から第四号までのいずれかに該当する場合を除く。)。
六 重大違反唆し等をしたとき。
七 道路外致死傷をしたとき(次項第五号に該当する場合を除く。)。
八 前各号に掲げるもののほか、免許を受けた者が自動車等を運転することが著しく道路における交通の危険を生じさせるおそれがあるとき。

出典:e-Govウェブサイト


覚せい剤や麻薬を使用したあおり運転は、1から7号の範囲内のため以前から取り締りが可能でした。

しかし冒頭の事故の被告は事件の1ヶ月前にも同様のトラブルを起こしていましたが、従来の罰則ではその時点で免許停止に処すことはできなかったのです。

警察庁の全国の警察への新対応指示は、この道交法103条8号の「危険性帯有者」という概念を使い、あおり運転などを取り締まっていく指示をしたということになります。

運転中にあおられた経験があるドライバーは約9割。

あおり運転の問題がメディアで取り上げられたことを受けてドライブレコーダーの需要も急増しています。

GfKジャパンは、2017年11月13日~11月26日の14日間自動車を保有する約13,500名を対象に行ったインターネット調査の結果から、「販売実績調査に基づくドライブレコーダーの需要変化」と「危険運転に関する消費者調査」の結果を発表しました。

調査結果は下記となっています。

調査結果によれば、運転中にあおられた経験があるかを尋ねたところ、 あおられた経験があるドライバーはなんと9割に達しました。

■あおられた場所
一般道…62% 
高速道路…27%
その他/覚えていない…11%

■どのようにあおられたか
車間距離を詰めた異常接近・追い越し…78%
ハイビーム…10% 幅寄せ…6% クラクションによる威嚇…4%

また、あおられた場所は一般道が多く、あおられ方は車間距離を詰めた異常接近・追い越しが最も多い結果です。

ドライブレコーダーの販売台数は10月以降、前年同月の2.5倍前後に急伸。

前述の調査で、「あおられた経験がある」と答えた人が9割に上りましたが、それに伴ってドライブレコーダーの販売台数も上昇しています。

調査結果によると、全国のカー用品量販店、家電量販店、GMS、インターネット通販における2017年のドライブレコーダーの販売台数は、10月は前年同月比2.6倍、11月は2.4倍と急激に伸びていることがわかります。

事故報道とあわせてドライブレコーダーの必要性が認知されたことが販売台数が上昇している直接の原因となっているようです。

【危険運転対策】ドライブレコーダーに最も求める機能「前後 両方にカメラがある」

ドライブレコーダーに求められている機能についても調査したところ、

最も求められていた機能は
前方・後方の両方にカメラがついていること…55%
夜間・暗所対応…47%
360度カメラと長時間録画…共に41%
となりました。

販売実績を見ると、現在は前方のみ撮影可能な1カメラタイプの製品が販売台数の9割超と主流ですが、前後撮影可能なタイプや360度撮影可能なタイプは1割に満たない状態となっています。

信号待ちでのトラブルや、側方からの幅寄せなども多いために360度撮影可能なドライブレコーダーが今後展開されていきそうです。

【あおり運転対策】おすすめのドライブレコーダーや対策方法は?

あおり運転を対策する方法としては、ドライブレコーダーを利用するというのが最も適した対策方法といえます。

前述の「ドライブレコーダーに求める機能」として3位に上がった、全方位(360度)録画に対応している、ドライブレコーダーをピックアップしました。

サンコー ミラー型ドライブレコーダー CARDVR36

360度の録画が可能な、ミラーと一体型モデル。

4.5インチ ドライブレコーダー 360度録画・駐車録画 可

360度録画対応のドライブレコーダーは、まだ多いとは言えませんが前後録画のドライブレコーダーに比べ、左右の状況も録画対応が可能となるため今後増えて欲しいところですね。

ドラレコに付随してステッカーでの対策も

さらには、後続車両にドライブレコーダーを積載していることをアピールするステッカーも。

これを貼るだけでも、あおり運転にあう被害は軽減できるのではないでしょうか。

Exproud製 後方録画中 イラスト

カー基地-まちがえ給油しま栓ステッカー

最後に…。

あおり運転の罰則強化、危険性帯有者についての説明と、対策方法やドライブレコーダーについての情報をまとめて掲載させて頂きました。

車の運転をされるドライバーの皆様は「罰則が強化されたから」、ということでは無く常日頃から思いやりを持ち、安全運転に務めましょう。

関連する投稿


これでバッチリ!?梅雨対策グッズおすすめ10選

これでバッチリ!?梅雨対策グッズおすすめ10選

雨がずっと降っていると、気分も滅入りがちですが、そんな状態を変えてくれる、梅雨対策のおすすめグッズを今回は紹介していきます。


【2019年/令和元年のお盆休み】渋滞予測、混雑日、混雑する道路は?

【2019年/令和元年のお盆休み】渋滞予測、混雑日、混雑する道路は?

あともう少しすればお盆休み。2019年のお盆休みは、なんと大型9連休がスタンダードになるとか?!お盆休みは可能な限り混雑は避けたいですよね。本記事では高速道路関連各社が発表したお盆期間中の渋滞予測から、上り線・下り線の最も渋滞が予測される日をまとめています。随時更新予定です。【7月15日更新】


【カーメイト調べ】半数以上が今後360度録画可能ドラレコが欲しいと回答!

【カーメイト調べ】半数以上が今後360度録画可能ドラレコが欲しいと回答!

カーメイトは、同社製品ユーザーを対象とした交通トラブル実態調査を実施。その結果、ドライブレコーダーの映像が最も活用されたのは「側面衝突」だったことが明らかになりました。また、今後購入するなら360度録画可能のドラレコという意見も上がっています。


【急発進を防止】『ペダルの見張り番Ⅱ』 でペダルの踏み間違えを防止!!

【急発進を防止】『ペダルの見張り番Ⅱ』 でペダルの踏み間違えを防止!!

オートバックス専売の、データシステムが手掛けるペダル踏み間違え防止装置『ペダルの見張り番』は自動車のアフターパーツとしては異例の大ヒットでした。そしてついに『ペダルの見張り番Ⅱ』も登場! 高齢者の重大事故が社会問題となっている昨今。本記事では『ペダルの見張り番Ⅱ』とは一体どんなものなのかご紹介していきます。


大ヒット!ペダル踏み間違い防止・対策に「ペダルの見張り番」

大ヒット!ペダル踏み間違い防止・対策に「ペダルの見張り番」

オートバックスセブンから発売されている、ペダル踏み間違え防止装置『ペダルの見張り番』は自動車のアフターパーツとしては異例の大ヒットとなっています。 高齢者の重大事故が社会問題となっている背景もあり、注目されるこの商品ですが、一体どんなものなのか動画も含めてご紹介していきます。


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。