トップへ戻る

ドレンボルトとは?破損するとオイル漏れの危険も!役割と故障の対処法を解説

ドレンボルトとは?破損するとオイル漏れの危険も!役割と故障の対処法を解説

ドレンボルトとは、オイルパンや燃料のタンクにある、排液用の口を塞いでいるボルトの事です。小さなボルトですが、今回の記事ではこのドレンボルトの重要性・故障した時の対処法・交換費用・おすすめ商品についてまとめています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


【重要】ドレンボルトはこんなに大事

価格は僅か100円前後の小さな部品ですが、ドレンボルトが破損するとオイル漏れの原因になります。万が一締め忘れたままエンジンオイルを入れたら、エンジンオイルが全て流れ出して無駄になってしまいます。たかがボルト、されどボルトです。

ドレンボルトのサイズはどれくらい?

トヨタ、ダイハツを例にすると、ボルトの頭の径は14㎜、ネジ部の直径は12㎜の物が多くの車種で使われています。日本の他の自動車メーカーでも、それぞれ規格を定めてドレンボルトを製造しています。少しずつサイズが異なるので、交換する際は間違って別の規格の物を使わない様にしましょう。

ドレンボルトの正しい使用方法や故障した時の対処法

ドレンボルトが固着して外れない!そんなときも慌てずに

ドレンボルトは、時計回りで"、締め"、半時計回りで"緩め"られます。気付かずに外そうとしているつもりで実は締めているということもあります。無理に力を加える前に、一度確認する”クセ”を付けましょう。

ボルトの頭の山を舐めない様に、出来るだけモンキーレンチではなく、メガネレンチの使用をお勧めします。

なめたドレンボルトの時の外し方

万が一、角がなめてしまったボルトは外すのに一苦労です。外すつもりが、レンチの掛かりが甘いせいでよけいなめてしまったり・・そんな時に頼れる製品がこちらです。

Garage.com1 なめたナット一撃 ナットツイスターソケット 14mm N019

ドレンボルトが外れなくなったらどうなる!?もう、オイル交換はできないの?

ドレンボルトが外れず、エンジン下部から古いオイルを排出することができなくとも、ボンネットを開けて、エンジン上部からホースを使って古いオイルを抜くことは可能です。

自分でオイル交換をしようとして、ドレンボルトが外れなくなってしまった時も、慌てず、整備工場へ車を持ち込みましょう。上抜きでエンジンのオイルを交換してもらうことが出来ます。

ドレンボルトのパッキン

ドレンパッキンはドレンワッシャーとも呼ばれ、締める際に潰れることで隙間が無くなり、オイルが外部に漏れるのを防いでいます。

手締めの重要性

古いオイルを排出したらドレンボルトを締め直すのですが、その際、最初からレンチなどの工具を使って締めてしまわずに、まずは手で絞めましょう。それにより、ボルトを斜めに入れてしまってネジ山をつぶしてしまうリスクが格段に減ります。

オイル交換におけるドレンボルトのトルクとは

ドレンボルトの締め付けトルクについては必ず車に備え付けのマニュアルを読むか、ディーラーへ問い合わせて確認しましょう。オイルパンやボルト自体の破損を防ぐ為に、適正な力でしめる必要があるからです。

特に最近の車は、軽量化の為や防錆対策の為にオイルパン自体が鉄ではなく、柔らかいアルミ製であることが多くなっています。ドレンボルトを締める際は”締めすぎ”に気を付けましょう。

オイル漏れの原因は?ドレンボルトの交換で解消することも

駐車場などに停めてある車の下に、黑い染みが出来ていることがあります。この染みの原因は車からの、オイル漏れです。

このオイル漏れの量があまりに多いと車検に通らない場合があります。オイルが漏れる可能性のある部分は何か所かありますが、よくあるのはオイル交換した際に、ドレンボルトと一緒にパッキンを再利用しているケースです。原則、パッキンは再利用せずにオイル交換のたびに交換しないと、オイル漏れの原因になります。わずか数十円から数百円の部品ですので、必ず交換する様にしましょう。

もしも、シリンダーブロックからエンジンオイルが漏れていたら、その修理費用は数十万円~百万円以上に上る場合もあります。
ほかに、オイル交換の際に交換する部品としてオイルフィルターがありますが、こちらもきちんと取り付けないとオイル漏れの原因になります。オイルフィルターの交換費用は工賃と部品代を合わせてほとんどの場合、2,000円~7,000円程です。

オイルパンが破損している、またはさびて穴が空いてしまっている場合にも、当然オイルが漏れます。

オイルパンの交換が必要になったら、費用はどれくらい?

オイルパンを交換する際は、当然のことながら、エンジンオイルを全て排出することになります。ですので必要にな費用はオイルパンの部品代20,000円~30,000円程度、エンジンオイルの代金3,000円~7,000円程度、オイルパンのシールに使う液体ガスケットの代金、そして作業工賃になります。

これらの合計金額は50,000円前後にもなります。

ドレンボルトを締める際に、誤って斜めに取り付けた場合の対処

オイルパンのねじ穴が舐めている場合は、ヘリサートとよばれる作業で対処できる場合があります。これは、オイルパンに新たに穴をあけてネジ山を切り、ボルトを締めるという物です。専門の業者に依頼する必要があります。工賃は作業を依頼するボーリング業者へ直接お問い合わせください。なお、ヘリサートで対処できない場合は、オイルパンの交換が必要となります。

【注意】マグネットドレンボルトに交換する際は、ピッチとサイズを確認

ドレンボルトの中には、磁石の特性を利用して、オイルタンク内のスラッジや鉄粉を吸着してくれる物もあります。優れモノですね。メーカー純正品のドレンボルトをマグネットドレンボルトに交換する際は、ピッチとサイズの確認を忘れずに行いましょう。

※スラッジとは?
オイルの燃えカスや、燃料がエンジンオイルと混ざって出来た最終生成物の事です。こまめにエンジンオイルを交換していれば、オイルと共に排出されますが、エンジンオイル交換を長期間行っていないと、エンジン各部に蓄積していきます。このスラッジの蓄積があまりにひどいと、エンジンをフラッシングしても効果が得られず、エンジン自体をオーバーホールしないといけなくなる場合もあります。

おすすめ商品

マグネットオイルドレンボルト 磁気付き  M12*1.25  ブラック 2個セット
VERY100

マグネットオイルドレンボルト 磁気付き  M12*1.25  ブラック 2個セット VERY100

※必ず購入前に、現在使っているドレンボルトのサイズを確認しましょう。

その他のおすすめ商品

麓技研(FUMOTO) エコオイルチェンジャー ジェット M14-P1.5 F106SX
麓技研(FUMOTO)

ドレンボルトの代わりにオイルパンに取り付ける部品ですが、ボルトではなく、コックになります。ドレンボルトの代わりにこちらの商品を一度取り付ければ、オイル交換毎のネジ穴を舐める心配をしなくても良くなり、作業も簡単になりそうです。六角レンチ、モンキーレンチ、ソケットなどで取り付け可能だそうです。

麓技研(FUMOTO) エコオイルチェンジャー ジェット M14-P1.5 F106SX 麓技研(FUMOTO)

※必ず購入前に、現在使っているドレンボルトのサイズを確認しましょう。

知っていますか?ワイヤリング

ワイヤリングとは、ボルトが緩んで脱落しない様に、ボルト同士をワイヤーで結びつける事です。プライヤーなどをつかってねじると、ワイヤーを破損してしまう場合もあるので、ワイヤーツイスターを用いてワイヤーをねじるのが一般的ですが、手でワイヤーをねじる場合もあります。

おすすめ商品

強力マグネット付きドレンボルト レッド M12サイズ P1.5 アルミ製で軽量 ネオジム永久磁石 走行会対応ワイヤリング穴あけ加工済み

強力マグネット付きドレンボルト レッド M12サイズ P1.5

ワイヤリング用の穴が、ボルトの頭の部分に開けられています。また、ボルト先端に磁石が付いているのでオイルパン内の不純物を吸着してくれます。

まとめ

ドレンボルトは、小さくても重要な役割を持った部品です。メーカー純正品以外にも、磁石付きの製品や、ワイヤリング用の穴の開いた製品、オイル交換の作業を楽にしてくれるコック(エコオイルチェンジャー)など、様々な製品が社外品として市場に出ています。

きちんと特徴を理解して使えば、きっとあなたのカーライフの役に立ってくれるでしょう。くれぐれも、ドレンボルトの締めすぎと締め忘れにはご注意ください。

関連するキーワード


メンテナンス

関連する投稿


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


【車検のまとめ】受けられるお店から、車検切れ対策まで!

【車検のまとめ】受けられるお店から、車検切れ対策まで!

クルマが、安全性などの基準に適合しているかどうかを、一定期間ごとに検査する制度が車検です。クルマの調子が良くても、悪くても、受けなければなりません。今回は、カーライフに欠かせない、車検についてまとめました。


ワコーズバリアスコートについて解説!効果や注意点も

ワコーズバリアスコートについて解説!効果や注意点も

ワコーズが開発したバリアスコートは、効果の高いコーティング剤です。今回はワコーズのバリアスコートのメリットやデメリット、期待できる効果や具体的な使用方法、使用時の注意点などについて解説します。


融雪剤って何?豪雪時に使いたい融雪剤10選

融雪剤って何?豪雪時に使いたい融雪剤10選

積もった雪を溶かして、除雪しやすくしてくれるのが融雪剤ですが、複数の種類に分かれています。環境に優しいタイプや除草剤としても使えるものまである中で、使いやすい融雪剤を10種類ピックアップ。おすすめできる理由と共に、融雪剤の選び方をご紹介します。


デイライトとは何?設置方法や車検に通るための基準

デイライトとは何?設置方法や車検に通るための基準

デイライトとは、昼間に点灯するライトで、視認性を高めて交通事故を防止したり、ドレスアップにも寄与するパーツです。乗用車でもデイライトが装着されている車が増えてきていますが、そもそもデイライトとはどのようなものでしょうか?設置方法や車検の基準などをご紹介します。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。