トップへ戻る

【ブレーキパッド】交換費用はいくら?交換時期、交換方法

【ブレーキパッド】交換費用はいくら?交換時期、交換方法

車パーツの中でも安全を語る上で欠かせない最重要パーツ、ブレーキ。摩耗してくるため、ブレーキパッドの定期的な確認が大事です。本記事ではブレーキパッドの交換時期の確認方法を「ブレーキパッドの厚さ」、「異音」、「走行距離」の3種類でご紹介。さらにブレーキパッドの減りやすい走り方や、ブレーキパッド交換のおおよその交換費用と交換方法をご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ブレーキパッドとは

ブレーキパッドとは、タイヤと連動して回転しているブレーキディスクを挟む制動装置です。

走行中は回転しているブレーキディスクに、ブレーキディスク両側から挟み込むブレーキパッドが押さえつけられることにより、車が停止します。

ブレーキパッドは、ブレーキをかけるたびに少しずつすり減っていきます。
ブレーキパッドの厚みが薄くなると、しっかりとブレーキで停止することができなくなるため、重大な事故につながる原因になります。

ブレーキパッド 交換にかかる費用は?

まず、多くの方が気になるブレーキパッドの交換費用をご紹介します。

ブレーキパッドの本体費用

ブレーキパッド本体の部品代金は
■軽自動車
フロント、リアで約7000円ずつ
■普通自動車
フロント、リアで約8000円ずつ
ほどが多いです。

スポーツ用途で使用されるブレーキパッドや、高級外車のブレーキパッドはこれよりも高い傾向があります。※2018年現在

ブレーキパッド交換工賃

ブレーキパッドの交換費用・工賃は、選ぶブレーキパッドや整備工場によって違います。

参考として、オートバックスとイエローハット公式HPに記載の工賃を記載します。

1、オートバックス ブレーキパッド交換費用

オートバックス

オートバックス

【目安工賃】1ヶ所(1輪) 5,000円~(税込5,400円~)

オートバックスのブレーキパッド交換費用は上記のようになります。

2、イエローハット ブレーキパッド交換費用

左右2箇所交換\6,000~(税込\6,480~)

イエローハットの交換は2ヶ所で6,480円と、オートバックスよりも少し割安です。
※この情報は2018年現在のものです

おおよその交換費用がわかったところで、交換時期の確認方法や目安を見ていきましょう。

ブレーキパッドの交換時期の確認方法と目安

ブレーキパッドの交換時期は、「ブレーキパッドのメーカー」、「走り方」などに強く影響を受けます。

その為、ブレーキパッドの交換に明確な基準を設けることはできませんが、ここでは一般的な確認方法と目安を「厚さ」「音」「走行距離」の3種類の方法でご紹介します。

ブレーキパッド

ブレーキパッド

ブレーキパッド交換時期の確認方法① 厚さで確認する

ブレーキパッドの新品は、メーカーによって違いもありますが、約10mmのものが多いです。
このブレーキパッドの残りの厚さが2〜3mm以下になってきたら交換の目安です。

■5mm以下
次回の点検・車検までに走行距離が2万kmを超える場合は交換を検討してください。

■3〜2mm以下
交換時期の目安です。

■1mm以下
ディスクブレーキに損傷を与え、重大な事故に繋がる可能性があります。
早急に交換が必要です。

ブレーキパッド交換時期の確認方法② 音で確認する

ブレーキパッドにはパッドウェアインジケーター(パッドセンサー)と呼ばれる機能があり、ブレーキがすり減っていることを知らせます。

パッドウェアインジケーターには、機械式と電気式の2種類があります。

■機械式
ブレーキパッドに取り付けられた金属片がローターに接触して異音をわざと鳴らす

■電気式
ブレーキパッドに取り付けられた電線が断線することでインパネのブレーキ警告灯ランプが点灯

国産車は主に機械式で、一部の高級国産車と輸入車の多くは電気式を採用しています。
国産車のタイヤ部分からキーっと異音がする場合は、ブレーキパッドの交換目安です。

ブレーキパッド交換時期の確認方法③ 走行距離で確認する

ブレーキパッドの交換目安は走行距離からも確認することができます。

一般的にブレーキパッドは1万kmの走行で1mmすり減ると言われています。

そのため
■普通車 走行距離:3〜4万km 4mm
■軽自動車 走行距離:4〜5万km 5mm

上記の場合は、ブレーキパッドの厚さが5mm以下になっている可能性があります。
1万kmで1mmの消耗を単純に計算すると5mm以下には至りませんが、ブレーキパッドが磨り減ると
熱を持ちやすくなり、熱を持ったブレーキパッドはすり減りやすくなります。

交換をしなくてはいけない、ということにはなりませんが上記の走行距離を目安に、
どの程度消耗してしまっているかの確認はすべきでしょう。

ブレーキパッドの交換に納得がいかなかったら?

ブレーキパッドの厚さが5mm以上あっても「ブレーキパッドの残りが少ないから交換したほうがいい」と言われる場合もあります。

ブレーキパッドなどのすり減りには様々な要因があり、一概に基準を設けることができないことはお伝えしたとおりです。

例えば、残りの厚さが7mmあったとしても
・次の点検や車検までに走行距離が長い人
・普段から攻めた走りをしている人
はブレーキパッドの交換を勧められます。

整備士は、「ブレーキパッドの厚さ」「走行距離や走り方」「次の点検・車検までの期間」などから総合的に交換を勧めている場合があります。

もし少しでも納得できない場合は、整備士にブレーキパッド交換の理由を聞いてみましょう。

オートマ車はブレーキパッドの減りに注意

車はブレーキをかけた際に、ブレーキパッドをブレーキディスクに押し付けることで停止しています。

運転の仕方にもよりますが、オートマ車はマニュアル車と比べてエンジンブレーキの使用頻度が少ないため、ブレーキパッドのすり減りが早いといわれています。

ブレーキパッドの交換は自分で行ってもいいの?

次にブレーキパッドの交換に関する規則をご紹介します。

ブレーキパッドの交換は、道路運送車両施行規則に関連規則があります。

■ご自身所有の車のブレーキパッドを交換する場合
法律的に問題はありません

■他人の車のブレーキパッドを交換する場合

第三条 法第四十九条第二項の分解整備とは、次の各号のいずれかに該当するものをいう。
一 原動機を取り外して行う自動車の整備又は改造
二 動力伝達装置のクラッチ(二輪の小型自動車のクラッチを除く。)、トランスミッション、プロペラ・シャフト又はデファレンシャルを取り外して行う自動車の整備又は改造
三 走行装置のフロント・アクスル、前輪独立懸架装置(ストラットを除く。)又はリア・アクスル・シャフトを取り外して行う自動車(二輪の小型自動車を除く。)の整備又は改造
四 かじ取り装置のギヤ・ボックス、リンク装置の連結部又はかじ取りホークを取り外して行う自動車の整備又は改造
五 制動装置のマスタ・シリンダ、バルブ類、ホース、パイプ、倍力装置、ブレーキ・チャンバ、ブレーキ・ドラム(二輪の小型自動車のブレーキ・ドラムを除く。)若しくはディスク・ブレーキのキャリパを取り外し、又は二輪の小型自動車のブレーキ・ライニングを交換するためにブレーキ・シューを取り外して行う自動車の整備又は改造
六 緩衝装置のシャシばね(コイルばね及びトーションバー・スプリングを除く。)を取り外して行う自動車の整備又は改造
七 けん引自動車又は被けん引自動車の連結装置(トレーラ・ヒッチ及びボール・カプラを除く。)を取り外して行う自動車の整備又は改造

他人の自動車ブレーキパッドの交換は、上記の「分解整備」にあたるため、整備工場での交換が必須です。

ブレーキパッドを自分で交換! 交換方法【動画】

ブレーキパッドを自分で交換したい方のために動画をご紹介します。
下記は神戸市北区にてタイヤ交換・販売をする「エムズタイヤ」が公開している、スズキ アルトのブレーキパッド交換動画ですが、非常に参考になるので是非ご覧ください。

上記の動画ではブレーキパッドを実際に交換しています。
大まかな流れとしては以下のようになっています。

1. ジャッキアップを用いて車体を上げ、タイヤを外す
2. キャリパーを外す
3. 古いブレーキパッドを取り外し、清掃などをした上で新しいブレーキパッドを取り付ける
4. ピストンを縮める
5. キャリパーを取り付ける
6. タイヤを装着する
7. ブレーキテストをする

ブレーキパッドの交換方法を大まかにご紹介しましたが、自分で交換するのは
・ジャッキアップの使用があり広くて平坦な場所が必要
・工具を揃える初期費用がかかる
ことを考えると初心者にはハードルが高いかもしれません。

まとめ

ブレーキパッドの交換時期の目安と確認方法や、ブレーキパッドの交換費用についてご紹介しました。

本記事が納得のいくブレーキパッド交換に役立てば幸いです。

おすすめ記事はこちら

関連するキーワード


メンテナンス

関連する投稿


【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

何気なく乗っている車ですが、車はバッテリーなしでは動きません。そんなバッテリー、みなさんは正しい充電方法をご存知ですか?今回はこのバッテリーの仕組みについて説明していきます。


【長く乗りたいあなたへ】愛車を長持ちさせるコツを解説!

【長く乗りたいあなたへ】愛車を長持ちさせるコツを解説!

クルマは安い買い物ではないので、できるなら長く乗り続けたいですよね。実は、そういう人が増えています。そこで本記事では、愛車を長持ちさせるコツをまとめました。


いつでも愛車をピカピカに!洗車機を賢く利用しよう!

いつでも愛車をピカピカに!洗車機を賢く利用しよう!

どんなに魅力的なデザインの車や高級車であっても、汚れていては台無しです。逆にある程度古い車であっても綺麗な状態を保つことができればとても魅力的に見えます。なので、定期的に洗車をして愛車をいつでもピカピカの状態にしておきたいものです。とはいえ、手作業での洗車には手間や時間がかかります。忙しい方の場合、頻繁に洗車をする余裕がないかもしれません。そこで便利なのが洗車機です。今回はそんな洗車機を賢く利用する方法をご紹介します。


ポジションランプの保安基準|LEDや青、オレンジは車検に通る?交換方法も

ポジションランプの保安基準|LEDや青、オレンジは車検に通る?交換方法も

本記事ではポジションランプに関する知りたい情報をまとめています。保安基準にのっとったポジションランプの選び方や、LEDのポジションランプの注意点、自分で車をカスタマイズしたいと思い始めたらまず第一にやりたい……ともいえるポジションランプの取り換え方までを一挙紹介!


【エンジンオイルの選び方】粘度や種類、何を選ぶ?おすすめは?

【エンジンオイルの選び方】粘度や種類、何を選ぶ?おすすめは?

エンジンオイル交換を安く済ませるため、自分で交換したいという方のために、エンジンオイルの種類、粘度、規格についてと選び方についてを紹介しています。さらに粘度別のおすすめのオイルもご紹介します。エンジンオイルを賢く選びたいという方はぜひ本記事をご覧ください。


最新の投稿


ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーが運転しても大丈夫?久々の運転はココをチェック!

ペーパードライバーならば、免許を持っているけれど日ごろは運転しないことが多いでしょう。しかし仕事の都合上、もしくは転勤などによって急に運転しなければいけないこともあります。今の状況からすぐに運転しても問題ないでしょうか?今回はペーパードライバーが気を付けたいポイントや講習を受けるべきか判断の参考になる情報をご紹介します。


ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は行く価値があるの?講習の内容や料金は?

ペーパードライバー講習は、運転免許証を所持していてもあまり運転しない人のためのもの。日ごろから運転しない人や久しぶりに運転する人が活用できるサービスです。今回はペーパードライバー講習について、また講習を受けるべきか確認するのに必要な情報をご紹介します。


縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

縦列駐車のコツと上手なやり方|誰でもスムーズにするためのポイント

運転初心者だけでなく、慣れている人でも縦列駐車は気を付けて運転する必要があります。前の車との距離や後ろのスペース、さらに縁石との距離も確認しなければいけません。切り返しをすると時間もかかるので、焦ってしまいがちです。しかし縦列駐車もコツをつかんでしまえばスムーズにできます。今回は縦列駐車のコツをご紹介します。


【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

【知ってる?】車のバッテリーの正しい充電方法!対処法も紹介!

何気なく乗っている車ですが、車はバッテリーなしでは動きません。そんなバッテリー、みなさんは正しい充電方法をご存知ですか?今回はこのバッテリーの仕組みについて説明していきます。


シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型C4最新情報!国内での販売は?

シトロエン新型「C4」はCセグメントのSUVクーペとして登場しました。Cセグメントハッチバックの中でも、大胆かつユニークなデザインが採用されたシトロエンの最新デザインの車となります。今回はシトロエン新型C4の紹介をします。