目次へ戻る

ブレーキフルード交換はなぜ必要?時期や交換方法まで解説

ブレーキフルード交換はなぜ必要?時期や交換方法まで解説

普段あまり気にする事のないブレーキフルード。一度も交換した事がないという人も中には居るかも知れませんね。ボンネットを開けて、リザーバータンクを見ても、「減ってないから大丈夫」と思っていませんか?もしかしたら、それは間違いかも知れません。今回はブレーキフルードの役割と重要性についてお伝えします。


ブレーキフルード(ブレーキオイル)の色の変化に注目!

ブレーキフルード とは、油圧系統内に充填される液体の事で、ブレーキオイルとも呼ばれています。ボンネットを開けた時に、色の変化に気づくことが必要です。

「ブレーキフルード(ブレーキオイル)」が減っていないのに交換が必要な理由

車は、生き物と同じように、常に動かしていないと息切れしたり、スムーズに動けなかったりするものです。普段から正常に保つ事を、心がけて安全に運転できる状態に保つ事が必要なのです。

特に、ブレーキシステムは、安全に止まる事が最も重要なのです。スピードの出しすぎやスピードの制御する事は、命に関係する重要な仕組みにつながっているからです。

ブレーキフルードは、ブレーキを作動させるオイルとして、エンジンオイルと同じように定期的に交換する事が必要なので、初めて知った方には今からでもガソリンスタンドや整備工場にて確認する事をおすすめします。

ブレーキフルードは、性質上水分を吸収しやすい為、劣化したまま使用を続けると、ブレーキ性能が低下し、「べーパーロック現象」を引き起こし大変危険です。

「ベーパーロック現象」とは

ベーパーとは蒸気の事を意味しており、液体の配管内で発生する現象です。液体配管が蒸気によって閉ざされた状態になる事で、液体はほとんど圧縮されず、油圧装置では圧力を伝える事が不完全な為に、ブレーキの効き目が不完全なままで空気が抜けた感覚になってしまいます。

これは、配管内に気体が入ってしまうと、圧力を上手く伝える事が出来なくなる性質なのです。原因は、ブレーキオイルに不純物が混ざってしまう事にあります。そうなる前に、ブレーキオイルを定期的に交換する必要があるんです。

ブレーキフルード、交換時期の目安は1年から2年、車検時に交換を

ブレーキペダルを踏むと、その摩擦熱によって、ブレーキパットが摩耗します。車やバイクなどは、ブレーキを使い続ける事で、ブレーキフルードも劣化してしまうのです。

走行距離10,000km又は1年毎の交換が推奨

どんなに長くても2年又は20,000kmでは交換しましょう。車検の際に毎回交換すると、忘れる事がないので目安としては「エンジンオイルが半年毎の交換が目安」なので、2回目のエンジンオイルの交換と一緒に、ブレーキフルードの交換を点検ノートなどでチェックしておくと、これが通常のようになり忘れる事がなくなります。

ブレーキオイルDOT規格(米国安全基準において規格分類によるもの)

「基準」=「主成分」 「ドライ沸点」 「ウエット沸点」
「DOT3」=グリコール 、「ドライ沸点」=205℃以上、「ウエット沸点」=140℃以上
「DOT4」=グリコール 、「ドライ沸点」=230℃以上、「ウエット沸点」=155℃以上
「DOT5.1」=グリコール 、「ドライ沸点」=260℃以上、「ウエット沸点」=180℃以上
「DOT5」=シリコン 、「ドライ沸点」=260℃以上、「ウエット沸点」=180℃以上

ドライ沸点とは、新品時の吸湿率0%時に対する沸点になります。ウエット沸点とは、1~2年使用した場合の吸湿率3.7%時の沸点となっています。

ブレーキフルード量の目安は、全量交換で概ね800mlから1Lとなっています。使い残しのブレーキフルードは、空気に触れる事で劣化してしまので、取り置きする事が出来ないので使い切るか処分しなければなりません。

ブレーキフルードの色でわかる事

ブレーキフルードは、新品の状態では透明に近い薄い黄色をしています。使用する頻度によって、色の変化が現れてくるのでわかりやすいです。薄い黄色から茶色になり、茶褐色に変色します。

このように、長時間の使用や時間の経過で黒くなってしまいます。ただし、メーカーによっては、緑や赤といった特殊な色付けをしている場合もあるので、黒ずんだ色をしてきたらブレーキオイルは劣化を判断できます。すぐに交換をお勧めします。

DIYでブレーキフルード交換はしないほうがいい

DIY(自分自身で作業する事)でブレーキフルードを交換するのは、可能でしょうか。

ブレーキフルード交換方法を探している方が多い様ですが、「重要保安部品」であるブレーキフルードに素人が手を加える事は推奨できません。ブレーキフルード交換は、知識と技術を持ったショップスタッフに任せましょう。

ブレーキフルードのDIYで危険な事

DIYで危険な事は、よくわからない場合に自己判断で作業を進めてしまう事です。ブレーキフルードは吸湿性があるので、作業するには晴れた湿度の低い日に行うのがベストになります。

ブレーキフルードの注意すべき点としては、塗装面に付着すると塗装の奥深くまで浸透してしまい、修復不可能になり塗装修理が高く付く事になります。

ABS付き車両の場合は、専門的な知識がないのに自己判断で交換すると、どんな不具合を起こすのか予想できません。サイドブレーキがリアキャリパを利用するタイプの車は、サイドブレーキを掛けたままだとエアー抜きが出来ない場合があります。

フルードカップの下にあるマスターシリンダーという部品に、エアーが噛んでしまうとエアー抜きが困難になるなどの多くの注意点があります。ブレーキフルードは、人命に係わるデリケートな作業なので専門家におまかせしましょう。

ブレーキフルードの交換に失敗すると?

ブレーキフルードの交換に失敗すると、ブレーキが効かなくなってしまうので、交通事故に直結してしまいます。エアーがブレーキラインに入ってしまうと、ABSブレーキが効かなくなります。

素人の安易なブレーキフルード交換作業は、搭乗者だけでなく他者も危険にさらしかねません。交通事故で一生責任を負う事は難しく出来ることではないですし、精神的にも追い詰められてしまいますので気を付けましょう。

ブレーキフルード交換費用(工賃)は?時間はどれくらいかかる?

ブレーキフルードの交換の時間は、手間のかかる作業ではありませんが、エンジンオイルの交換で順番待ちをする傾向があります。作業時間は20分から30分程度ですので、ブレーキフルードの交換と、エンジンオイルの交換はなるべく一緒に済ませた方が効率的です。

あらかじめ前日に電話予約できると、当日スムーズに処理してくれます。

※次の内容は各社のHPより抜粋(2019年7月現在)

カー用品量販店 大手のオートバックスの場合

・作業工賃:4,000円~(税込4,320円~)
・作業時間:30分~

カー用品量販店 大手のイエローハットの場合

・作業工賃:\3,000~(税込\3,240~)
・作業時間:20分~

カー用品量販店 大手のジェームスの場合

ジェームスでも交換が可能です。

※ 作業工賃・時間は、ホームページに記載がありませんでした。最寄りの店舗へお問い合わせ下さい。

ABSとブレーキフルードの関係性

ABS(アンチロック・ブレーキ・システム)とは、車のブレーキをかけた時に、ブレーキがロックして惰性で突進してしまわないように「ブレーキをコントロール」する仕組みです。車輪と路面の摩擦を、車輪の回転を確保する事で、車の操縦性とブレーキの制動安定をはかる技術です。

・ABSとブレーキフルードの関係
最近の車は、ABSブレーキが標準装備されていますので、ブレーキフルードの交換に失敗するとエアーがブレーキラインに入り、ブレーキが利かなくなるのです。

エアー抜き作業は、ディーラーや整備工場で交換しないと困難です。ブレーキフルードの交換は、ABSに予期せぬダメージを与える可能性があるので、ディーラーや整備工場で交換する事が確実で安心できるのです。

まとめ

ブレーキフルードの交換には、車を安全に走行する為の制動をコントロールする為に必要な、油圧機器の潤滑油です。定期的に交換する事と、オイルの色でも、交換時期を判断できますので、是非参考にして頂きたいです。

関連するキーワード


メンテナンス

関連する投稿


デコトラ制作の老舗 アートフレンド|歴史やその特徴に迫ります!

デコトラ制作の老舗 アートフレンド|歴史やその特徴に迫ります!

アートトラック、カスタム、デコトラの制作を手掛けて20年以上の歴史を誇るアートフレンド。事業全体では自動車産業以外にも幅広く活躍する企業へと発展したアートフレンドグループの概要をご紹介します。


【カーエアコン】効かない・冷えない場合の対処と修理にかかる費用は?

【カーエアコン】効かない・冷えない場合の対処と修理にかかる費用は?

車に乗るにあたって欠かせない存在のカーエアコン。しかし、冷えない・効かないと感じることはないでしょうか。臭いや異音が気になっている方もいるかと思います。この記事では、車のエアコンを上手に使うための方法や故障の原因についてご説明!この記事を読んで、エアコンを上手に使いこなせるようにしましょう。


愛車の塗装は自分でできる?費用や塗装方法、商品を解説

愛車の塗装は自分でできる?費用や塗装方法、商品を解説

駐車の際に擦ったり、あるいはぶつけてしまったりして塗装が傷んだり剥がれたりしてしまうことは結構あります。そうなった際、あなたはどうしていますか?ショップに塗装を依頼する?それとも自分でDIYで対処?どちらにしても、綺麗に仕上げたいですよね!今回の記事では、主にDIYでの対処法を中心にご紹介致します。


車の傷を修理する方法|修理にかかる値段から費用を抑え安くする方法を解説

車の傷を修理する方法|修理にかかる値段から費用を抑え安くする方法を解説

車が事故に遭ってしまったり、物とぶつかったりかすったりすれば、車に傷ができてしまいます。目立たないような小さな傷なら大きな影響はありませんが、塗装がめくれて金属部分が露出していると、サビの原因にもなります。今回は、車の傷の種類や、業者に依頼するときに安くする方法などを紹介していきますので、参考にしてください。


気になるタイヤの交換時期は?ひび割れや走行距離、スリップサインを解説

気になるタイヤの交換時期は?ひび割れや走行距離、スリップサインを解説

タイヤは地面と唯一接している部分であり、走行していくうちにどんどんと劣化していきます。そのまま使い続けると、破裂する恐れがあります。では一体どのタイミングでタイヤを交換すればいいんだろう?とお困りの方。今回はタイヤの交換時期を見極めるポイントや、メンテナンス方法などをご紹介しますので、参考にしてみてください。


最新の投稿


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

「フォルクスワーゲン・ゴルフVII」とは、ゴルフの7代目にあたります。ゴルフの歴史からマイチェンのゴルフ7.5の特徴、性能や燃費、中古車価格などをまとめてみました。ゴルフⅦに乗ってみたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。


200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

ジャガーは錦織圭がアンバサダーを務めている輸入車です。ジャガーはイギリスの高級車メーカーであり、現在はランドローバーと同様にインドのタタ・モーターズ傘下となっています。自動車メーカーの中で、歴史が古いメーカーの1つでもあります。今回は、ジャガーの歴史や中古車についてまとめています。


200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

今も変わらず「ミニ」は大人気の車です。これからミニの購入を考えて気になっている方も多くいる事でしょう。今回は、車の購入がはじめてという方でも分かりやすくミニ選びができるよう、ミニとはどのような車なのか解説し、200万円以下で買えるミニの中古車を4選紹介します。


【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

日本国内で発売されていない国産メーカーの車種の中には、非常に魅力的なモデルは多数存在します。その中でもマツダの北米専用車種である「CX-9」は大変興味深い車種といえます。このネーミングだけでも、3列シートSUVとして話題を集めた「CX-8」より大型のクロスオーバーSUVであることが想像できます。では、なぜ北米専用車種なのか?そして日本国内に導入される可能性はあるのか?そもそもどんな車種なのかを解説します。