目次へ戻る

排気ブレーキの仕組み・構造・使い方を解説!

排気ブレーキの仕組み・構造・使い方を解説!

普通車を運転している方にとって「排気ブレーキ」というワードには馴染みが無いかと思います。排気ブレーキとはトラックやバスなど、主に車両重量3.5トン以上の車に装備されている補助ブレーキの1つです。 この記事では排気ブレーキの仕組みや構造、使い方などをご紹介しております。


排気ブレーキとは?

「排気ブレーキ」とは、「エキゾーストブレーキ」とも呼ばれており、ディーゼルエンジン特有の補助ブレーキです。フットブレーキ以外で減速できる補助ブレーキのことですね。

主に車両重量3.5トン以上の大型トラックやバスなどが装備しており、エンジンブレーキの力を向上させる機能を持っています。

ディーゼルエンジンはエンジンブレーキが弱い?

ディーゼルエンジンはガソリンエンジンと比較してエンジンブレーキが弱いため、排気ブレーキの装備が必要となりました。
この装置は、例えば、大型トラックが荷物を満載した時に必要です。

下り坂ではエンジンブレーキのみでの減速は、車両の重量が優ってしまい制動しきれない状況になる事があります。
このような場合に排気ブレーキを使用する事で、必要な制動力を得る事ができるのです。

この排気ブレーキの制動力は、エンジンブレーキのおよそ1.8倍とも言われており、とても強力なブレーキである事が分かります。
故に車体に発生する振動も大きくなるため、バスなどでは装備はされていても実際の運用時には使われない事が多いようです。

排気ブレーキの仕組みと構造

「排気ブレーキ」のスイッチがONになると、アクセルから足を離した時、排気管内に設置された可動式の弁が閉じて排気の流れが止まります。

するとエンジン内の排気圧力が高まり、ポンピングロスによりエンジンの回転速度を抑え制動力を高めるという仕組みになっています。

ポンピングロスとは、内燃機関(ここではエンジン)における吸気と排気時のエネルギー損失を意味します。

排気ブレーキの使い方

「排気ブレーキ」を使用するには、スイッチを入れる必要があります。
スイッチはワイパースイッチと兼用されていたり、ハザードランプのスイッチと兼用されています。

長く続く下り坂を走行している時や、荷物を大量に積載している場合は、いずれかの方法で排気ブレーキを作動させフットブレーキへの負担を軽減して走行します。

排気ブレーキをOFFにする場合はスイッチで操作する以外にも、アクセルを踏む、クラッチを切るなどの動作でも自動的に解除されます。

平地などの必要ない場面で排気ブレーキを作動させているとエンジンに不要な負担がかかってしまいます。
必要がなくなったら、排気ブレーキの解除を忘れないようにしましょう。

排気ブレーキ以外にもある補助ブレーキ!

そもそも、なぜフットブレーキのみでの制動ではよくないのでしょう。

例えば、長い下り坂などでフットブレーキを継続的に使用し続けた場合。
ブレーキディスクが摩擦による加熱により「フェード現象」や「ベーパーロック現象」と言われる不具合を起こす事があり得ます。

この現象に陥ってしまうと、ブレーキが効かなくなり車を制御できなくなってしまうのです。

そのため、フットブレーキのみに頼った制動ではなく、エンジンブレーキや「排気ブレーキ」などの補助ブレーキを適切に活用し車の制動力とする必要があります。

車両の制動を助ける補助ブレーキは排気ブレーキ以外にも存在します。
それが「ジェイクブレーキ」や「リターダー」です。

それぞれ、この後に説明いたしますが、どちらも大型車両の制動には重要な装備です。
普段、大型車両を運転している方は何気なく使っているかもしれませんが、改めて構造や仕組みなどを知っていただきたいと思います。

ジェイクブレーキ

「ジェイクブレーキ」は、エンジンのシリンダーヘッドに油圧の回路を組み込み、シリンダー内の圧力を調整する事で制動力を得ています。

そもそもエンジンは、シリンダー内における空気の圧縮行程の連続で回転しています。
ですが、ジェイクブレーキでは空気を圧縮して回転に変わる前に、弁を開いて排気してしまいます。
シリンダー内の圧力が下がる事で、シャフトの回転に対して抵抗が生まれ制動力となります。

リターダー

「排気ブレーキ」よりも大きな制動力を発生させられる補助ブレーキに「リターダー」という装備があります。
リターダーとは「遅らせる、妨げる」という意味があります。その名前の通り、プロペラシャフトに負荷を与えて、回転を遅らせることで制動力を得るというもの。

排気ブレーキやジェイクブレーキは、エンジンブレーキの力を向上させるブレーキですが、リターダーはプロペラシャフトに直接抵抗を加えて制動力としています。

「リターダー」の構造はいくつかの手法がありますが、主には流体式か電磁式が採用されています。
流体式の特徴として、発熱に対する許容値が大きくバッテリーの電力を消費しないというメリットがありますが、重量が大きく後付けが難しいというデメリットがあります。

電磁式は、バッテリーなどから電気を流して電磁誘導を利用し制動力を発生させる仕組みになっています。
後からの取り付けは簡単な一方、バッテリーやオルタネーターの強化が必要な点や、リターダーを使用していない時でも走行に対する抵抗が大きいという問題が挙げられます。

まとめ

「排気ブレーキ」に関して、またその他の補助ブレーキに関して、ご紹介してきましたがいかがでしたか。

普段、車を運転している方であっても、なかなか馴染みのない言葉が並んでいたかもしれません。

しかしながら、記事内にて説明した「フェード現象」や「ベーパーロック現象」は乗用車においても起こりうるアクシデントです。

また、不必要なフットブレーキの使用は、ブレーキパッドを無駄に摩耗させてしまいます。ブレーキランプの点灯は後続車両の走行にも影響を及ぼします。

乗用車を運転している時も適切にフットブレーキとエンジンブレーキを使い分けた運転を心がけると良いですね。

関連するキーワード


メンテナンス

関連する投稿


【洗車の仕方を完全ガイド】自分で、ガソリンスタンドで、洗車場で?

【洗車の仕方を完全ガイド】自分で、ガソリンスタンドで、洗車場で?

洗車は外観をきれいに見せる効果もありますが、汚れを落とすことで視界不良などの事故を予防する役割もあるんですよ。本記事では改めて洗車の仕方についてみていきましょう!


【知っておきたい】最低限するべき車両メンテナンスとは

【知っておきたい】最低限するべき車両メンテナンスとは

自分でお金を払って所有している車、せっかくなら最低限のメンテナンスをできるようにしましょう。車への愛着も付きますし、何よりもトラブルの早期発見につながりますよ!本記事では最低限、自分で行いたい車両メンテナンスについてまとめています。


【おすすめ10選】カビから車を守る!カビ対策

【おすすめ10選】カビから車を守る!カビ対策

ジメジメした天気が続くと、家だけでなく車内の湿気やカビも気になります。車内の空気をきれいに保ったり、カビ発生の元となりそうなものから車を守ったりしながらカビ対策をしてみましょう。


気になるタイヤの交換時期は?ひび割れや走行距離、スリップサインを解説

気になるタイヤの交換時期は?ひび割れや走行距離、スリップサインを解説

タイヤは地面と唯一接している部分であり、走行していくうちにどんどんと劣化していきます。そのまま使い続けると、破裂する恐れがあります。では一体どのタイミングでタイヤを交換すればいいんだろう?とお困りの方。今回はタイヤの交換時期を見極めるポイントや、メンテナンス方法などをご紹介しますので、参考にしてみてください。


【おすすめ10選】愛車のボディを守る!コーティング剤

【おすすめ10選】愛車のボディを守る!コーティング剤

愛車を長く綺麗に保つためにはメンテナンスが重要です。ディーラーやガソリンスタンドで依頼することも可能ですが、自分ですることも可能です。今回は、自宅でコーティングをする際のおすすめコーティング剤をまとめました。


最新の投稿


関東在住者向け!山梨のオススメドライブスポット〜日帰り旅行地まとめ〜

関東在住者向け!山梨のオススメドライブスポット〜日帰り旅行地まとめ〜

今回は関東から日帰りで行ける山梨県の温泉をまとめていきます。 山梨県の自然と美味しいものを堪能しながら温泉でゆっくりしてリフレッシュできる一日を過ごしてみてください。


随時更新【東京モーターショー2019】出展車一覧・開催概要など最新情報

随時更新【東京モーターショー2019】出展車一覧・開催概要など最新情報

東京モーターショー2019が10月24日より東京ビッグサイトにて開催されます。本記事では、トヨタやホンダといった出展車予想情報に始まり、新型車・アクセス情報・駐車場・開催日程・チケット価格などについてまとめています。ほぼ毎日更新していきます!


都道府県別道の駅まとめ┃山梨県

都道府県別道の駅まとめ┃山梨県

山梨県は富士山の麓で、自然に溢れており、毎年数多くの観光客が訪れます。車移動であれば必ず通るであろう中央道周辺は、四季折々の顔を見せるので、運転者も同乗者も楽しめるとあって人気です。今回はそんな山梨県を訪れる際に是非立ち寄って欲しい道の駅をご紹介します。


【全41地域デザイン掲載】地方版図柄入りナンバーの全デザインと申込み方法!

【全41地域デザイン掲載】地方版図柄入りナンバーの全デザインと申込み方法!

地方版図柄入りナンバープレートの全41地域の最終デザイン案が決定し、2018年10月1日から交付が開始されます。本記事では全41地域の最終デザインと、その申込み方法をご紹介します。【2019年10月更新】


トヨタの小型ピックアップ!ハイラックス 中古車価格まとめ

トヨタの小型ピックアップ!ハイラックス 中古車価格まとめ

トヨタのハイラックスは、トヨタの小型ピックアップトラックです。その歴史は長く、1968年から発売されています。日本、世界で人気の高いハイラックス。本記事ではハイラックスが気になっている方のために中古車情報をお届けいたします。(※情報は2019年8月現在のものです)