目次へ戻る

フェード現象の原因は?もしもの時の対処法とは

フェード現象の原因は?もしもの時の対処法とは

フェード現象という言葉を聞いたことはありますか?実は、走行中にブレーキが利かなくなる恐ろしい現象です。長い下り坂での減速をフットブレーキだけで行うと、ブレーキが高温になり、制動性が下がってしまいます。場合によっては大事故に発生する可能性も。今回は、そもそもフェード現象とは何なのか、フェード現象を防ぐためにどうすれば良いのかなど、フェード現象を詳しく掘り下げていきます。 


フェード現象とは

「フェード現象」という言葉、耳にしたことはありますか?

もしかすると運送業などの運転を仕事としている方々には、聞いたことや内容まで理解しているという人もいるかもしれません。こちらの現象、車を運転する方にはぜひ覚えておいて頂きたいと思います。

フェード現象とは、下り坂などたくさんの減速を強いられる環境で起こりやすい現象です。フットブレーキのみに頼って減速した結果、ブレーキが熱を持ち、効きが著しく低下することを言います。最悪の場合は大事故に繋がってしまう、大変危険な現象です。それではなぜこのような現象が起こってしまうのか原因を見ていきましょう。

原因はブレーキの酷使?

先ほどのところでも触れましたが、原因はフットブレーキのみで減速をすることにあります。まずブレーキがどのようにして、車を減速させているかという仕組みの部分について説明します。簡単なもので例えると、自転車のブレーキが一番想像しやすいでしょう。

自転車でブレーキを掛ける際、ブレーキレバーを握るとワイヤーを伝って、タイヤを左右から挟み込むようについているゴム製のブレーキパッドが挟んで減速します。この原理と同じものが、車でいうところの「ディスクブレーキ」といわれるものです。

使用されている素材などはもちろん違いますが、車の場合はフットブレーキを踏み込みと油圧の力で「キャリパーピストン」という部分がブレーキパットを押し出し「ディスクローター」という部分を挟み込んで減速しています。挟み込んだブレーキパッドとディスクローターとの間には「摩擦熱」が生じます。その摩擦熱を利用して減速しているのですが、車の場合速度域が自転車とは異なる為摩擦熱は非常に高温になります。

フットブレーキばかりに頼って減速すると、その摩擦熱がブレーキ部に使用されている素材の耐熱温度超えてしまう場合があるのです。通常使用であればそのようなことはなかなかありませんが、下り坂のようなブレーキを酷使するような場所では高温になった摩擦熱ををうまく放出できなくなり、結果ブレーキの効き目を著しく低下させてしまいます。

原因としては理解いただけましたか?

運転中はなかなか気にすることはないと思いますが、このことを意識して運転することによって、フェード現象を起こす可能性は低くすることができます。

ベーパーロック現象とは

続いては「べーパーロック現象」についてです。こちらの言葉、もしかすると耳に馴染みがある方もいるかもしれません。免許を取得された方なら必ず一度は耳にしているはずです。実は教習所で学習しているものなのです。おさらいも兼ねて説明していきます。

べーパーロック現象もフェード現象と同様に「熱」が原因でブレーキの効きが悪くなる現象です。ではどこが違うのかというと、熱によるダメージを受ける部分が違います。フェード現象はブレーキ部分に問題を抱えますが、べーパーロック現象はブレーキを動かす「オイル」の部分が熱によるダメージを受けてしまいます。

フェード現象のところで仕組みの説明をしましたが、フットブレーキを踏み込むと「油圧の力」によりブレーキが動いているという説明をしました。その油圧動作のために使われている「ブレーキオイル(ブレーキフルード)」が効きを悪くする原因となってしまうのです。ブレーキオイルもブレーキ同様に使えば使うほど高温になっていきます。

液体は沸騰してくると気泡が出ますよね、ブレーキオイルも同じで高温状態が続き沸騰してくると気泡が出ます。オイルが通る「ブレーキホース」の中にその気泡が大量に発生することにより、油圧動作の妨げとなってブレーキの動作を鈍くさせてしまい、ブレーキの効きが悪くなるということです。

フェード現象とべーパーロック現象の違いは分かってもらえましたか?どちらも「高温になる」ことが原因で起きてしまう現象です。では高温にならないようにするにはどうしたらいいのか考えてみます。

フェード現象の予防は

予防策としては、単純にブレーキを高温状態にしなければいいということです。減速する方法をブレーキだけではなく、他の方法も同時に使うことによって高温状態を回避することが可能となります。具体的な方法と説明を載せましたので見てみましょう。

エンジンブレーキを利用する

フットブレーキ以外の減速方法としては「エンジンブレーキ」を使用することです。

エンジンブレーキの基本は、アクセルから足を離し惰性走行の状態にして減速していくことを言います。平坦な道では自然と行っているドライバーの方はいらっしゃると思います。

ただこれを急な下り坂でやったとしても大きな減速の効果は得られません。

ではどのようにして減速の効果を大きくするのかというと、シフト操作も同時に行う必要があります。

MT車に乗っている方は普段から多用していると思いますが、AT車に乗っている方だと使用していない方の方が多いのではないかと思います。MT車であれば走行中のギアから順番にギアを落としていくことで素早く減速できます。AT車で年式が新しい車であればDレンジからSレンジへ、古い車の場合はDレンジから1レンジや2レンジに入れると大きな効果を得られます。

どちらにも言えることは、高い速度域の状態で急激にシフトを速度域の低いギアに入れると変速時に大きな反動があるので、あらかじめ減速をしてから使用すべきだということです。

エンジンブレーキのことをより詳しく知りたい方はカーナリズム内にて「エンジンブレーキとは」という記事がございますので、そちらをご覧ください。

フェード現象の前兆は

走行中に車内に何かが焦げるような匂いがした時は、フェード現象が起こる可能性があります。ブレーキが高温になった場合ブレーキパッドに使われている素材(レジン)の焦げる匂いがします。

もう一つはブレーキの“踏みしろ”の感覚が違うということが挙げられます。ブレーキの効きが悪くなった場合に出やすいのは、ブレーキの効き始めるペダルの位置が奥に深くなるということです。この症状は本当に分かりやすいので運転している最中にすぐに気づくことができると思います。

フェード現象が起きた場合の対策は


いつどこで自分の愛車にフェード現象のトラブルが襲ってくるか分かりません。
万が一、走行中にフェード現象に見舞われてしまったらどうすれば良いか、対策と手順を紹介します。

ブレーキを冷やす


走行中に少しでも普段のと様子が違うと思った場合は、周りの状況を確認し安全に停車できる位置にまずは車を停車させましょう。

筆者の過去の業務経験上の話ですが、ブレーキが通常よりも高温になっている場合は、ホイール越しに手をかざしただけで強烈な熱気が感じられます。それと合わせて湯気が出ている場合もあります。実際に行う必要はありませんが、くれぐれもホイールには手を触れないでください。火傷の危険性があります。あとは自然とブレーキが冷却されるのを待つだけです。

最低でも30分以上は冷却することをおすすめします。早く冷却させたいからといって水などをかける行為は絶対にしてはいけません。金属製の部品が高温状態の時に急激に冷却されると、変形したり亀裂が入ってしまい、余計に状態を悪化させてしまう可能性があるからです。

冷却し終わったら、運転をしてみて改善されないようであれば、ロードサービスなどの手配をしてプロの方にお願いしましょう。別の部分が原因になっている可能性も考えられますから、決して無理はしないようにして下さい。

ブレーキが利かなくなる原因は

フェード現象やペーパーロック現象についてここまでお話してきました。これらの現象以外にも普段の走行時にブレーキの効きが悪く感じる場合があると思います。ブレーキが効かなくなる原因としては以下の2つが大きく影響してきます。ブレーキに関したトラブルを起こさないためにも普段からの点検やメンテナンスをしっかり行いましょう。

ブレーキオイルの劣化

冒頭の方でも触れましたが、ブレーキを作動させる為のオイルです。オイルは使用しているうちにどんどん汚れていきますし、乗っていない状態でも湿気などで水分を含み劣化していきます。

オイルが新品の状態では薄い黄色をしていますが、劣化してくるとどんどん茶色く変化します。オイル量が減少している場合でも効きが悪くなるので注意が必要です。交換せずにそのままにしおくと適切な油圧がかからなくなりブレーキの効きが悪くなっていきます。

交換時期としては、頻繁な交換は必要なく車検(約2年)ごとの交換を目安にしてください。(車検時にセットになっている場合が多いです)

気になる方は、ボンネットを開けていただくと向かって左奥の方(日本車の場合)に「ブレーキフルード」と書いた小さな透明なタンクが設置してあります。一目で分かりますし、適正量のラインも付いているので確認してみると良いでしょう。

ブレーキパットの摩耗

ブレーキの効きが悪くなる一番の原因として挙げられるのがブレーキパットの消耗です。こちらも冒頭で説明しましたが、ブレーキを掛ける際に一番重要な部分です。使用する度にこのブレーキパット部分が消耗し、車を減速させています。新品状態では約1センチほどの厚さがあります。約3〜4ミリ程度になると車検や定期点検の際に交換を勧められます。

ブレーキパットに関しては、自分で点検するのは難しいので、勧められた際に交換を行うことをおすすめします。また、交換のタイミングを逃し、そのままにしておくとブレーキパットの交換だけでは済まなくなる場合があるので注意して下さい。費用としましては、15000円(工賃を含む)前後を目安としましょう。

乗車前に点検する箇所は

車検(24ヶ月点検)以外に定期点検(12ヶ月点検)と日常点検というものがあります。日常点検に関しては車の所有者自らが行うものです。こちらの項目の中のブレーキに関する項目として「ブレーキオイルの油量の確認」と「ブレーキペダルの“踏みしろ”の確認」というのがあります。

最低でもこちらの2点を点検することによりトラブルの発生の可能性を抑えることができます。オイル量に関しては「ブレーキオイルの劣化」の部分で説明しております。踏みしろに関しては、個人の感覚もあると思いますが効きが悪くなってくると明らかにペダルが奥までに踏み込めるようになるので参考にしてみて下さい。

フェード現象修理費用は


もしフェード現象になり、その場で解消されたとしても必ずディーラーや修理工場での点検を行って下さい。フェード現象が原因で重大なダメージを受けている可能性もあります。

万が一修理となった場合の費用ですが、修理箇所、修理するお店ににもよるので一概にいくらとは言えませんが、ブレーキ周りに関する部品の交換やオーバーホールの相場は約20000円〜(部品代+工賃)というものが多いです。交換部分によっては50000円程度かかる場合もあるようです。また2輪ずつの交換が基本となります。詳しくはディーラーや整備工場に確認することをおすすめします。

まとめ

「止まれなくなる」トラブルは自分はもちろんのこと、他者を巻き込む恐れがある大事故に繋がる可能性があります。

自分の愛車が今回紹介したトラブルに見舞われることがないよう、普段からも定期的に点検をするようにしていきましょう。ちょっとした愛車の変化に気づくことできれば大きなトラブルを未然に防ぐことができます。

また、自分の運転のしかたを改善することで「フェード現象」と「ベーパーロック現象」を起こす可能性を低くすることが可能です。万が一トラブルに見舞われても焦らずに対処して下さい。焦ることによってさらにトラブルを大きくしてしまうかもしれません。

日々の小さな積み重ねが、大きなトラブルを回避できることを理解していただければと思います。

関連するキーワード


フェード現象 ブレーキ

最新の投稿


マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダ デミオ改めマツダ2改良新型 発売は9月 価格は約154万円

マツダのデミオ改良新型が9月に登場します。デミオは名前を世界統一名に変更し、デミオ改め「マツダ2」となります。新車価格は154万4400円から。気になる最新情報をまとめています。


スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキ イグニス|中古車価格から燃費、口コミ・評価を一覧で紹介

スズキの「イグニス」はクロスオーバーSUV型のコンパクトカーです。本記事では性能スペックや中古価格や評判、燃費についてまとめていきます。SUV車の購入を検討している方は是非参考にしてください。


デ・トマソ パンテーラ 概要や歴史・各モデル|燃費・中古価格・評価

デ・トマソ パンテーラ 概要や歴史・各モデル|燃費・中古価格・評価

スポーツカーで有名な「デ・トマソ パンテーラ」の歴史や各モデルの特徴や紹介、そして燃費や中古価格、評価などをまとめてみました。憧れのクルマに関心のある方は是非ご覧ください。


憧れの高級SUVポルシェ カイエンを中古で買う!スペックや中古価格等

憧れの高級SUVポルシェ カイエンを中古で買う!スペックや中古価格等

新車価格が976万円からと少々お高い、ポルシェの人気SUV『カイエン』。だからこそ中古で買いたい方のために書きました。今回は中古で買うポルシェカイエンの魅力をお伝えします。


【2019年最新版】人気!おすすめの軽自動車14選

【2019年最新版】人気!おすすめの軽自動車14選

本記事では2019年にオススメの軽自動車14車種を紹介しています。新車で購入できるモデルの中から、シーン、用途で分けて詳細にご紹介。軽自動車はどういう車?特徴や良くないところは何かなどもあわせて見ていきます。ダイハツ、スズキ、日産、ホンダ…。国産メーカーの軽自動車購入を検討されている方はぜひ本記事を。