目次へ戻る

エンジンブレーキとは?仕組みから使い方、燃費への影響を徹底解説

エンジンブレーキとは?仕組みから使い方、燃費への影響を徹底解説

こちらの記事ではエンジンブレーキの仕組みから、使い方やタイミング、エンジンに掛かる負担や燃費への影響、オートマ(AT)、マニュアル(MT)での違いなどについて詳しく説明しています。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


エンジンブレーキとは

エンジンブレーキとは、エンジンの回転抵抗を利用したブレーキ方法のことです。

急勾配の下り坂では「エンジンブレーキ使用」の看板をよく見かけることが多いのではないでしょうか。

坂道などで通常のブレーキを踏み過ぎてしまうと、強い摩擦熱によって、段々ブレーキの利きが悪くなる「フェード現象」を引き起こす可能性があります。

フェード現象自体、近年の車両であれば、そこまで気にせずとも問題ないですが、走行シーンによっては、フットブレーキではなく、エンジンブレーキを利用した方が、効率的、安全な走行が可能です。

かけ方

マニュアル車であれば、ニュートラル以外のギヤに入れたまま走行中にアクセルを戻す(アクセルを離す)、オートマ車であれば、DやSに入れたままでアクセルを戻すとエンジンブレーキは掛かりますます。

免許取得の際には習っている基本的項目ではありますが、エンジンブレーキがどんな役割だった、記憶が曖昧になってしまっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はそんな「エンジンブレーキ」について詳しく説明していきたいと思います。

フットブレーキについても簡単に説明

フットブレーキとは、車を減速させるために通常使用するブレーキのことです。運転席の足元にあるのが一般的で、右足の前方の位置にあり、アクセルペダルの左側に配置されたブレーキペダルで操作します。 速度を落とすとき、停車するときに使用します。

一般的な普通自動車では、前輪はディスクブレーキ、後輪はドラムブレーキが採用されています。

フットブレーキに関する詳しい説明は割愛しますが、ブレーキペダルを踏むとブレーキランプが点灯するため、後続車両に減速していることが伝わるのも特徴のひとつです。

このように安全運転、後続車両などへの注意喚起として大切なフットブレーキですが、頻繁なブレーキングが渋滞の原因になってしまったり、長い下り坂などでフットブレーキを多用するとブレーキフルードが沸騰しフェード現象を引き起こすこともあります。

そのためにも、フットブレーキとエンジンブレーキを状況によって使い分けることが重要になるのです。

エンジンブレーキの仕組み

車は車体を動かすための力(動力)を、エンジンから車軸に伝えて、タイヤを回転させることにより走行しています。

しかし、走行中にアクセルを戻す(アクセルを踏まない)と、タイヤの回転力を使ってエンジンを動かしている状態になり、その負荷で減速します。このようにして、走行中意図的にアクセルを閉じることによりエンジンブレーキを「かける」ことができます。

タイヤ1回転に対してエンジンが何回転まわるかはギヤによって決まっており、ギヤの数字が低いほどタイヤ1回転で回すエンジンの回転数が増えます。

そのため、ギヤは低いほどエンジンブレーキが強くかかります。マニュアル車なら1がより強いブレーキがかかり、オートマ車の場合も同様で、ある程度の速度が出いてる場合、DよりSやLほうが強くブレーキがかかります。

エンジンブレーキの使い方・タイミング

フットブレーキとエンジンブレーキの使い分けは、安全でスムーズな運転につながります。エンジンブレーキが有効な場面はいったいどんなときでしょうか。

AT車とMT車での違い

AT車は自動でシフトチェンジをする性質上、利用できる最も高いギアを選ぶように出来ています。

下り坂等で「アクセルを戻しエンジンブレーキを効かせよう」と思っても、その時点の速度域で利用可能な最も高いギアが選択されているため、Dレンジのままアクセルを戻しても差ほどエンジンブレーキの効果は得られません。

強くエンジンブレーキを効かせる場合は、Dレンジではなく、オーバードライブ(OD)を切る、2(セカンド)レンジや1(ロー)レンジへ手動でシフトする必要がありますが、その場合、選択される走行ギアが「5速→2速」のように大きく変わり、姿勢変化が大きくなってしまう可能性があるので注意してください。

高速道路

走行速度が上がる高速道路では、停車・減速に時間がかかるため、エンジンブレーキが大変役に立ちます。

フットブレーキだけを使用しているとブレーキランプが頻繁に点灯してしまうため、多用することで後続車の減速を誘発し、渋滞発生の引き金になってしまう場合もあります。

その点エンジンブレーキでの減速であれれば、ブレーキによってかかる周囲への影響も最小限になりスムーズに走行可能ですが、急な減速をエンジンブレーキのみで行うと、ブレーキランプの点灯が無いままに減速されるため、危険なです。

急な減速が必要な場合は、通常通りフットブレーキにて減速をして下さい。

信号通過時

信号の手前で「もうすぐ青に変わりそう」とわかるときは、信号に差しかかる前にエンジンブレーキをかけるのがおすすめです。道路の混雑状況にもよりますが、事前に速度を落としておくことで、信号が青に変わったタイミングに合わせて、停車することなく走行することができます。

エンジンブレーキは、フットブレーキを使って停止する場合と比べて、車の流れを止めることがないのでスムーズな走行が可能です。

長い下り坂

山道など長い下り坂では、フットブレーキの負担を減らすため、エンジンブレーキの使用が推奨されています。

勾配が急な下り坂だったり、距離が非常に長かったりする場合は、通常のエンジンブレーキでは十分に減速しきれないこともあります。そんなときは、ギアをシフトダウンし、エンジンブレーキの効果をより高めて使用しましょう。

エンジンブレーキ 燃費への影響

走行している車をブレーキで制御しようとすると強い摩擦熱が加わるため、エンジンやブレーキ機能の劣化につながり、燃費を悪くする原因にもなります。

エンジンブレーキを行うと、エンジンの回転数が上がるため燃費が悪くなると思われがちですが、昨今制作されている車であれば、アクセルを踏んでない状態で一定の回転数を越すとエンジンへのガソリン供給がされなくなる「燃料カット」という仕組みが備わっています。

そのため、効果的なエンジンブレーキの使用をすることで、無駄な燃料の消費を防ぐことができ、燃費の向上が期待できます。

エンジンブレーキを使いすぎるとどうなる?

通常の範囲内での使用であれば、エンジンブレーキは車本体やエンジンの負担になるということはないと基本的にはいわれています。

しかし、エンジンブレーキを効かせ過ぎると、エンジンの回転数が高くなることで、負担が掛かってしまったり、エンジンブレーキの影響で姿勢変化が強くなり、同乗者のストレスになってしまう可能性があります。

先述もしましたが、急な減速時はエンジンブレーキによる減速ではなく、フットブレーキによる減速を心がけてください。

まとめ

エンジンブレーキとフットブレーキにはそれぞれ大切な役割・特徴があります。

もちろん「危ない!」と判断した場合には、迷わずフットブレーキを踏んでください。
エンジンブレーキとフットブレーキを効果的に使い分け、安全でスムーズなカーライフを過ごしましょう。

関連するキーワード


メンテナンス 豆知識

関連する投稿


知らないと危険?!オーバーヒートとは

知らないと危険?!オーバーヒートとは

気持ち良くドライブをしていたらボンネットから煙が。異臭もするし、見たことのない警告灯も点灯。こんな時どうしたらいいのか?今回は、オーバーヒートの原因と対処法、修理についてを解説します。


車の整備士の資格について解説!専門学校や給料は?

車の整備士の資格について解説!専門学校や給料は?

自動車をお持ちの方なら必ずお世話になったことのある整備士という職業の方、整備士さんのお仕事とはどのようなものなのでしょうか?整備士になるためには何が必要なのか、を今回はご紹介します。


高齢者マークとは?義務の有無は?何歳からつける?徹底解説

高齢者マークとは?義務の有無は?何歳からつける?徹底解説

車の前後によく見るステッカーなどに、若葉マークや高齢者マークというものがあります、この高齢者マークとはいったい何のためにあるのでしょうか?今回はこの高齢者マークについて説明いたします。


ドグミッションとは何?他のミッションとの違いや特徴

ドグミッションとは何?他のミッションとの違いや特徴

車のシフトレバーは、 一般的にインパネシフトにあるものは多いですが、マニュアルとなればフロアになります。しかし車の中には、ドグミッションを採用している車もあります。ではドグミッションとはどのようなミッションでしょうか?またその他のミッションとの違いは何なのかご紹介します。


モノコックとは?基本情報や特徴、ラダーフレームとの違いをご紹介!

モノコックとは?基本情報や特徴、ラダーフレームとの違いをご紹介!

皆さんはモノコックという言葉を聞いたことがありますか?航空機に始まりを持つ構造で、現在ではクルマや鉄道などにも採用されている技術です。今回はクルマにおけるモノコックボディ構造を、ラダーフレームと呼ばれる構造と比較しながらご紹介します。


最新の投稿


AR・VRとは?車に搭載されている機能についても解説

AR・VRとは?車に搭載されている機能についても解説

ARとは「拡張現実」VRとは「仮想現実」と呼ばれているもので、いずれもパソコンやスマホなどを使い仮想の世界をあたかも現実の世界にいるような体験ができる技術です。最近では車にもこの技術が使われ始めています。


ドライブレコーダーは前後がいい?タイプ別の特徴や取り付け方も紹介

ドライブレコーダーは前後がいい?タイプ別の特徴や取り付け方も紹介

万が一のことを考えてドライブレコーダーを装着する車が増えてきましたが、前方だけのタイプの方もまだまだ多いようです。しかし、ドライブレコーダーを装着するなら是非前後に装着する事をおすすめします、今回はドライブレコーダーについて詳しくご説明していきます。


スマホホルダーを購入検討中の方必見!使い方や注意点をご紹介

スマホホルダーを購入検討中の方必見!使い方や注意点をご紹介

日本国内での携帯電話の普及率はなんと100%を超えていると報告されています(総務省調べ)。もはや携帯なしでは生活に支障をきたすレベルです。そんな今、車の運転時に必要となってくるのがスマホホルダーです。今回は、スマホホルダーの使い方や注意点についてご紹介していきます。


カーエアコンが効かないのは故障?確認から対処方法までご紹介

カーエアコンが効かないのは故障?確認から対処方法までご紹介

「カーエアコンが効かない!」とお悩みの方必見。夏が本格化する前に、カーエアコンの効きが悪い原因を確認から対処する方法をまとめました。ここ数年、地球温暖化による異常気象によって、日本各地で記録的な猛暑が記録されています。暑い中ではカークーラーが効かないのは、命取りになってしまいます。


知らないと危険?!オーバーヒートとは

知らないと危険?!オーバーヒートとは

気持ち良くドライブをしていたらボンネットから煙が。異臭もするし、見たことのない警告灯も点灯。こんな時どうしたらいいのか?今回は、オーバーヒートの原因と対処法、修理についてを解説します。