目次へ戻る

回生ブレーキって何?使用されている車種は?燃費に影響する?

回生ブレーキって何?使用されている車種は?燃費に影響する?

回生ブレーキは電気自動車やハイブリッドカーなどエコカーと呼ばれている自動車に搭載されています。減速装置を使うことでエネルギー発電として使用することが可能になります。回生ブレーキのメリットとデメリットも詳しく紹介していきます。


回生ブレーキとは

自動車が進むために車輪が回転するにはモーターに電力を供給し発生した電気エネルギーを
を、モーターで運動エネルギーに変換し回転させる必要があります。回生ブレーキというのはこれのほぼ逆で動いた車両や内部の機器が発生させる運動エネルギーを、利用して電磁誘導によってモーターで発電します。その発電時の回転抵抗を自動車を減速して停止させようとする力として利用するため回生ブレーキと言います。

回生ブレーキの仕組みは

モーターは上記の説明のとおりに、電磁誘導によって運動エネルギーを電気エネルギーに変換することができます。自動車の車輪が回転するときに発生する運動エネルギーをモーターで電気エネルギーに変換し、発生した電力は一度コンデンサに充電され、車が加速・減速するときや、エアコン、オーディオなどの各種機器など、必要時に使用する電力になります。

運動エネルギーを電気エネルギーに変換し、さらにその電機エネルギーをまた他のエネルギーに変換するため、使用できるエネルギーの総量は少々少なめですが、摩擦ブレーキであれば使うことができずに放出されるだけのエネルギー使えることを考えると非常に良いシステムと言えます。

この電力が発生するときに回転抵抗を制動力として使用するため回生ブレーキというわけです。

回生ブレーキが使われている車種は

回生ブレーキが使用されている車種はHV(ハイブリッドカー)、PHV(プラグインハイブリッドカー)、EV(電気自動車)の主に3種類です。この3種類はモーターを備え、駆動には電力を使用します。回生ブレーキは車のバッテリーへの充電に利用されています。
さらに回生ブレーキは自動車だけではなく、電車、エレベーター、電動アシスト自転車などさまざまなものにすでに利用されています。

回生ブレーキの効率は

回生ブレーキの効率の詳しい数字は公に発表はされていません。しかし、回生ブレーキはブレーキ制御システムや使用しているバッテリーの種類や車両の速度などの運転の仕方などさまざまな要素で大きく効率が変わるといわれています。

例えば、急ブレーキでは補助ブレーキでありブレーキ力の弱い回生ブレーキは使用されず、摩擦ブレーキが使用される仕組みになっています。さらに、上り坂の場合電力が発生するときの回転抵抗が増えるため、下り坂を走るより電気エネルギーへの変換効率は落ちます。このように回生ブレーキは常に100%の効率で使用できるものではないわけです。ですので回生ブレーキの効率はいくつとは一概には言えないわけです。

なのであくまで目安としてですが、回生ブレーキの実装当初は7~10%の燃費向上が目標でした。実装から時間がたった今ではこの数値を越しているのではないかと考えられています。

回生ブレーキのメリットは

回生ブレーキの仕組みは上記の通りで理解できたと思います。では回生ブレーキは従来の摩擦ブレーキと比べてなにが違うのか、メリットとデメリットは何なのかについて説明していきます。
まずメリットですが主に3点あります、燃費が良い、エンジンの発電が少ない、ブレーキパッドの寿命は延びるという3つです。

燃費がいい

回生ブレーキのメリットとしてひとつ目に燃費がいいことが挙げられます。では、なぜ燃費が良くなるのでしょうか。

まず摩擦ブレーキは自転車の前タイヤについてるブレーキと構造がほぼ同じです。自転車はブレーキパッドでタイヤを挟んで止めます。これは自転車の止まるときに発生する運動エネルギーを摩擦の熱エネルギーに変換してタイヤを止めているということです。摩擦ブレーキでは、このときに発生する運動エネルギーは、摩擦熱にすべてを変換できるわけではなく、余剰エネルギーは捨てているのです。

回生ブレーキではモーターが回転し、発電した電気は一度コンデンサーにためられます。車がまた動き出すときなどにはためた電気を使用して動かすので、捨てるエネルギー、無駄になるエネルギーが少ないのです。無駄になるエネルギーが少ないということは燃費が良くなるということですね。

ですが回生ブレーキを使っているハイブリッドに乗っていても、ガソリン車と同じ運転の仕方をしていてはそこまで燃費はよくならないので、回生ブレーキを使うということを意識して運転する必要はあります。

ただ、回生ブレーキでもエネルギーを変換する回数が多いためロスも発生しますし、今まで捨てていたエネルギーをすべて変換できるというわけではなく、捨てられてしまうエネルギーもまだあります。

エンジンの発電が少ない

2つ目にエンジンが発電する量が減るということです。自動車が発電する際は、普通はオルタネーターという発電機でエンジンを利用して発電します。ですがオルタネーターでの発電にはエンジンを使うので当然燃料の消費は多くなります。

回生エネルギーを使用した場合に発生した電力はコンデンサーに蓄電されるため、モーターを動かすことやライト、エアコンなどを使用するのに使う電力にも当然利用できます。回生エネルギーを使用した分だけオルタネーターが発電する量は減るので、エンジンへの負担が減少します。エンジンへの負担が減少すれば消費される燃料は当然減ります。そのため、回生ブレーキは燃費が良いとされるわけです。

ブレーキパットの寿命は延びる

3つ目にブレーキパッドなどの消耗品の寿命が延びることです。回生ブレーキというのは、摩擦ブレーキとは違いブレーキパッドやブレーキディスクなどの消耗品を使用しません。使用しなければ寿命が減ることもないので、回生ブレーキを使う分だけブレーキパッドやブレーキディスクの寿命も延びるといえます。消耗品を使用しないとは書きましたが、回生ブレーキで使用するバッテリーやモーターは劣化していくので消耗品の使用できる期間が長いという言い方が正しいかもしれません。

回生ブレーキのデメリットは

回生ブレーキのデメリットはそこまで大きなものではありませんが、メリットがあれば当然デメリットもあります。主にブレーキとしての力が弱い、ブレーキから変な音がする、バッテリー満タン時には作動できないといった3点になります。

ブレーキとしての力が弱い

回生ブレーキの役割は補助ブレーキです。ですのでブレーキをかけて最終的に停車するとき、または急ブレーキの際には摩擦ブレーキに頼らざるを得なくなります。

回生ブレーキはエネルギーの変換率も悪いです。車が動くときの運動エネルギーをモーターで電気エネルギーに変換し貯め、貯めた電気エネルギーを運動エネルギーに変換しモーターを回します。
運動エネルギーが電気エネルギーになり、また運動エネルギーに戻るという行程でエネルギーは少しロスが発生します。今までの摩擦ブレーキでは捨ててしまっているエネルギーを使用しているため、燃費が良くなっていることは間違いないのですが、エネルギーの変換率は悪いと言わざるを得ません。

ブレーキから変な音がする

回生ブレーキはよく異音がすると言われます。これは別に故障箇所があるとか、商品の不備だとかそういう話ではありません。回生ブレーキはモーターを使用するため、回生ブレーキが使用されている間はモーターが回る音がする、というだけです。回生ブレーキがよく使われているハイブリッドカー自体はとても静かな、音が出にくい車であるため、よりモーターも音が響くのが気になる方もいらっしゃると思います。
もちろん本当に故障している部分がある可能性はあるので、これはどう考えてもモータの音ではないだろうと思う場合はメンテナンスに出してみる必要が出てきます。

バッテリー満タン時は作動できない

回生ブレーキは作動するときに発電します。つまり逆に言えば、発電できない場合は作動できないということです。この発電できない場合というのが、バッテリー満タン時のことになります。バッテリーが満タンの状態で発電しようとした場合バッテリーがパンクし壊れてしまう可能性があります。ですので回生ブレーキにはバッテリーが満タンの時には作動しないという機能がついているわけです。ですのでバッテリーが満タンなことに気づかないと、車の減速が足りずに危険な場面が出る可能性があります。

回生ブレーキは使わないほうが良い?

回生ブレーキを使用していても車が動くときに発生する運動エネルギーはすべてを電気エネルギーに変換できるわけではありません。回生ブレーキを使用していてもどうしても無駄になるエネルギーはでてきます。
ですが、摩擦ブレーキのみでは回収できなかったエネルギーを使用できているため、回生ブレーキを使ったほうが燃費が悪くなる、といったことはありえません。回生ブレーキを使用している中で登り坂をたくさん進むと少しエネルギーの変換効率が落ちる、といったことはありますが、それでも回生ブレーキを使用しなければ使うことのできなかったエネルギーなので、使用しないほうがいいということはありません。

まとめ

回生ブレーキがある車を使う上で実際に常時気になる回生ブレーキのデメリットとしては、モーターの音だけということになります。バッテリーの量は確認しておけば困りませんし、ブレーキの力が弱いことも知っていれば気になりません。今なお回生ブレーキの効率は進化を続けていますし、今後はモーターの音を減らす方向にも進化していく可能性もあります。回生ブレーキは運転方法によって燃費が大きく変わってくるので早めに使い始め、回生ブレーキを使用することを意識した、効率の良い運転の仕方やモーターの音に慣れていくことが重要かもしれません。

関連するキーワード


豆知識

関連する投稿


【初心者向け】2019年10月1日の自動車税制変更で何が変わる?問題点も指摘

【初心者向け】2019年10月1日の自動車税制変更で何が変わる?問題点も指摘

2019年10月1日から消費税が10%になると同時に、自動車税でも一部減税が行われることとなっています。今回はこの自動車減税について、具体的な内容の紹介と、問題の指摘を行います。10月1日になる前に、今から理解を深めておきましょう。


【台風接近中】台風中の運転!自分と愛車を守るために気を付けたいポイント

【台風接近中】台風中の運転!自分と愛車を守るために気を付けたいポイント

毎年夏に多く発生する台風。台風の影響で、道路が冠水したり、河川が氾濫したりという危険を伴いますので、出歩く際は十分な注意が必要です。それは愛車も同じ。台風接近中、車を守るには、そして運転中に台風に遭遇したら、どういった点に気を付けておけばいいのでしょうか。【8月15日更新】


日産の関連会社 オーテックジャパン/AUTECHJAPANとは?

日産の関連会社 オーテックジャパン/AUTECHJAPANとは?

オーテックジャパン(以降、オーテック)は、日産自動車グループの一社で、厳選された日産車のカスタマイズと販売を行う日産の関連会社の一つです。今回の記事では、設立から30年以上に渡って数々の名車を生み出してきたオーテックジャパンにスポットライトを当ててご紹介しています。


軽油は経済的なのか?価格の推移やその原因について

軽油は経済的なのか?価格の推移やその原因について

2019年の現在と、1990年代との比較で軽油は1.5倍以上値上がりしています。 今回は軽油とはどういった燃料かというところから、今後の軽油の可能性についても紹介していきます。


中古車販売、整備、買取、レンタカーのオーラッシュをご紹介

中古車販売、整備、買取、レンタカーのオーラッシュをご紹介

オーラッシュでは輸入車・海外中古車の販売をメインに、全国に9拠点のショールーム、10拠点の整備工場を展開しています。ポルシェからフェラーリ・ベントレーなど高級輸入車の事ならオーラッシュとまで言われるようになった訳を探してみましょう。


最新の投稿


東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

東京モーターショー2017総振返り!メーカー別 注目車種と来場者数は?

【11/17情報更新】2017年10月28日~11月5日の10日間で開催された東京モーターショー2017。本記事では東京モーターショーのトレンド、見どころ(出展社、出展車両)、来場者数等の振返りをまとめて掲載しています。東京ビッグサイトに足を運んだ方も、残念ながら行けなかった方も是非ご覧下さい。


フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

フォルクスワーゲン ゴルフⅦ総まとめ!マイチェン後の7.5も┃スペック、燃費・中古価格

「フォルクスワーゲン・ゴルフVII」とは、ゴルフの7代目にあたります。ゴルフの歴史からマイチェンのゴルフ7.5の特徴、性能や燃費、中古車価格などをまとめてみました。ゴルフⅦに乗ってみたい方は参考にしてみてはいかがでしょうか。


200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

200万円以下で購入できる!中古のジャガー5選

ジャガーは錦織圭がアンバサダーを務めている輸入車です。ジャガーはイギリスの高級車メーカーであり、現在はランドローバーと同様にインドのタタ・モーターズ傘下となっています。自動車メーカーの中で、歴史が古いメーカーの1つでもあります。今回は、ジャガーの歴史や中古車についてまとめています。


200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

200万円以下で購入できる!MINIの中古車 4選

今も変わらず「ミニ」は大人気の車です。これからミニの購入を考えて気になっている方も多くいる事でしょう。今回は、車の購入がはじめてという方でも分かりやすくミニ選びができるよう、ミニとはどのような車なのか解説し、200万円以下で買えるミニの中古車を4選紹介します。


【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

【北米専用】マツダCX-9ってどんな車?日本で発売されるの?

日本国内で発売されていない国産メーカーの車種の中には、非常に魅力的なモデルは多数存在します。その中でもマツダの北米専用車種である「CX-9」は大変興味深い車種といえます。このネーミングだけでも、3列シートSUVとして話題を集めた「CX-8」より大型のクロスオーバーSUVであることが想像できます。では、なぜ北米専用車種なのか?そして日本国内に導入される可能性はあるのか?そもそもどんな車種なのかを解説します。