トップへ戻る

トヨタTjクルーザーとは?発売日・価格・特徴・最新情報|幻のSUVに!?

トヨタTjクルーザーとは?発売日・価格・特徴・最新情報|幻のSUVに!?

2017年に開催された第45回東京モーターショーで登場した「トヨタTjクルーザー」 は、スライドドアを持つ特徴的なエクステリアデザインで人気を博し、市販を望む声が多くあがりました。発表から4年を経過しましたが、果たしてTjクルーザーの市販化は実現するのでしょうか?あるいは、幻のSUVとなってしまうのでしょうか?最新情報をお届けまします。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


トヨタTjクルーザーとは?

トヨタのクロスオーバーSVUのコンセプトカー

トヨタ Tjクルーザー

Tjクルーザーはトヨタ自動車が発表したクロスオーバーSUVのコンセプトカーです。

2017年に開催された第45回東京モーターショーで初登場となりました。

近未来感と重厚感が折衷されたような威圧感すら感じさせるエクステリアを持っており、マッドマックスに登場してもおかしくないような印象です。豪快・巨大なフロントグリルも特徴的なデザインとなっています。

FJクルーザー

FJクルーザーの後継車種と言われた時期もありましたが
関係はないようです

Tjクルーザーの車名の由来は?

TjクルーザーのTとjにはそれぞれ意味が持たされています。

TはTOOL BOXのTに由来、日常生活での使い勝手を示しています。これに対してjはJoy(喜び、楽しみ)の頭文字から持ってきた言葉となっているのです。

道具として利用しながらも楽しみをもたらす車、そのようなイメージを持った車となっています。

Tjクルーザー バンとSUVの良いところを両立

トヨタ Tjクルーザー

もう1つの特徴的な点として、バンとSUVの良いところを組み合わせている点が挙げられます。角ばったボディと大径タイヤの組み合わせで、固縛ポイントが多数採用された広々とした車内は日常での使い勝手の良さを期待させます。

運転席と助手席のヒンジドアに助手席側スライドドア (運転席側は確認できず)、そしてバックドアが採用され、ミニバンとしての使い勝手も期待できそうです。

トヨタのTjクルーザー スペック 注目すべきポイント

ボディサイズ・乗車定員

トヨタ Tjクルーザー

ボディサイズは、全長4,300mm x 全幅1,775mm x 全高1,620mm、ホイールベース 2,750mmと言われています。

乗車定員は4人乗り~のようです。しかしながら、今はやりの3列7人乗りも設定されそうですね。

トヨタ Tjクルーザー
ボディサイズ(全長×全幅×全高)
4,300mm × 1,775mm × 1,620mm
X 4WD 
2,750mm
G 2WD 
4人乗り~

走行性能

初公開された2017年時点でのスペックをまとめますと、プラットフォームには次世代型TNGAプラットフォームを採用し、パワートレインには2.0Lクラスのエンジンとハイブリッドシステムの組み合わせ、そして駆動方式は前輪駆動および四輪駆動という組み合わせです。

上記のようなスペックを持つ現行車両というと、今年2019年に国内市場で名前が復活したRAV4が思い浮かびます。

室内空間の特徴 フルフラットになる?

トヨタ Tjクルーザーの荷室

室内区間を見てみると、助手席側の前後シートがフルフラットとなるように設計されています。つまり、助手席側を使うことで長尺物を積み込んで持ち運ぶこともできるというわけです。

バックドアの開口部も広く設計されており、例えば自転車を積み込みやすくなっています。

その他、スライドドア開口部も同じく広めに設計されているので乗り込みや荷物の積み込みでの利便性が高そうです。

ケアフリー素材(強化塗装)の採用

興味深いのは、ケアフリー素材が採用されるといわれている点です。

ケアフリー素材とはいわゆる強化塗装のことで、Tjクルーザーのボンネットとルーフそしてフェンダーなどに対して施されているものです。

この素材を使ったメリットは表面保護能力の高さで、傷つき防止の面で絶大な効果を発揮します。

Tjクルーザーは市販化されるの!?発売日は? 最新情報!

2020年内のデビューが期待されたが・・・

トヨタ Tjクルーザー 予想CG

Tjクルーザーは2017年の第45回東京モーターショーでデビューし、非常に好評を得ました。実際、トヨタの販売店に「Tjクルーザーは市販しいのか?」という問い合わせも多数入っていたようです。

Webメディアを中心として、様々な自動車関連サイトで「Tjクルーザーの市販時期は!?」といった記事が掲載されました。それだけ、Tjクルーザーへの期待が大きかったと言うことでしょう。

東京モーターショーで発表されるコンセプトカーには、そのメーカーの将来ビジョンを表現したような、一目でコンセプトカーとわかる純粋なコンセプトカーと、近い将来の市販が期待できるような、現実的で完成度の高いデザインのコンセプトカーの2種類があります。

Tjクルーザーは明らかに後者のコンセプトカーで、エクステリアデザインの完成度は高く十分に実用的と思われ、インテリアのデザインもいつ市販されてもおかしくないようなレベルにまで煮詰められていました。

《撮影 野口岳彦》トヨタ Tjクルーザー(東京モーターショー2017)

コンセプトカーの市販のタイミングはモーターショーから2〜3年以内

非常に高い完成度をもったコンセプトカー「Tjクルーザー」。

通常、東京モーターショーで発表された市販化が前提と思われるコンセプトカーは、通常、モーターショーの記憶がまだユーザーに残っていて、次回のモーターショーに被ってしまわないように、モーターショー終了後の2年以内に市販されるパターンが多くあります。

2019年には第46回東京モーターショーが開催されましたが、そこでTjクルーザー市販のアナウンスがなされる事はありませんでした。そして、当然ながら、Tjクルーザーが再び展示される事もありませんでした。

この時点で、Tjクルーザーの市販の可能性はかなり低いと思わざるを得ませんでした。

《撮影 野口岳彦》トヨタ Tjクルーザー(東京モーターショー2017)

Tjクルーザー、ネットでの反応は上々だったが・・・

【結論】Tjクルーザーは幻のSUVに・・・?

2017年の東京モーターショーから4年が経過した2021年6月現在で「Tjクルーザー」の市販に関するアナウンスが全く流れていない事を考えると、残念ながら「Tjクルーザー」は幻のSUVになってしまう可能性が非常に高いと思われます。

「4年」は、自動車業界にとってはデビューしたクルマがモデルチェンジを迎えるまでの期間となり、それなりに長い時間となります。そして、その4年間の間に技術は当然進化しますし、マーケットのニーズも変わり続けていきます。

今のタイミングでTjクルーザーを発売しても、マーケットのニーズが変化していて、Tjクルーザーがそこに入り込む余地はもう無いかもしれません。

そのような観点から考えると、Tjクルーザーは「期待されつつもデビューしなかった幻のSUV」となってしまうのではないでしょうか。

あれだけ完成度の高い内外装のデザインを考えると、本当に残念ではありますね!

トヨタ TjクルーザーのFAQ

Tjクルーザーってどんなクルマ?

Tjクルーザーは217年の東京モーターショーでデビューしたコンセプトカーで、バンの積載性能とSUVの力強いデザインとを融合させた新ジャンルのクロスオーバーSUVです。車名の「Tj CRUISER」は、アクティブに使い倒せるTOOL-BOXの「T」と、クルマと様々な場所に出かける楽しさを意味するJoyの「j」に、トヨタSUVラインアップ伝統の「CRUISER」を用いて力強さを表現しています。

Tjクルーザーのメカニズムは?

トヨタからは、Tjクルーザーのボディサイズは、全長4300×全幅1775×全高1620mmと発表されています。
シャシーは次世代のTNGAプラットフォーム、パワーユニットは2リットルクラスのエンジンとハイブリッドシステムを搭載し、駆動方式はFFおよび4WDを想定しているようです。

Tjクルーザーはいつ市販されるの?

Tjクルーザーの市販化は、2021年6月時点でトヨタからなんのアナウンスもされていません。発表されたの2017年の東京モーターショーですから、そこから4年が経過している2021年以降にTjクルーザーが市販化される可能性は非常に低いのではないか、と言われています。

おすすめ記事はこちら

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

2020年2月発売のヤリスを皮切りに、GRヤリス、ヤリスクロスと、「ヤリスファミリー」が広がっています。3台それぞれが各セグメントで確固たる人気を獲得していることもあって、2021年に入ってからも登録者国内販売台数の首位を堅持し続けている「ヤリスファミリー」の魅力は一体どこなのか、ライバルと比べてどうなのか、詳しく探っていきましょう。


最新の投稿


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。


ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

車を運転するのは晴れの日だけではなく、むしろ雨や雪といった天候の悪い時こそ車は大活躍しますよね。視界が悪くなりがちな悪天候時にきちんと前や後ろを見て運転するためにも、ワイパーの状態を適切に管理しておくのは、安全運転の要で非常に大事なことです。この記事ではワイパーの交換目安や交換方法をご紹介していきます。簡単なのに効果が絶大なワイパー交換にぜひチャレンジしてみてください。


人気で選ぶ!2021年におすすめの中古車厳選10選、価格から魅力まで

人気で選ぶ!2021年におすすめの中古車厳選10選、価格から魅力まで

愛車選びは悩ましいもの。たくさんある車種の中からどれを選んだらいいのかななんて分からない、とお感じのあなたなら、人気ランキングで上位の車を選んでみてはいかがでしょう。多くの人から支持を受ける人気の車なら、失敗知らずの車選びができそうですよね。この記事では、中古車として人気の10台の魅力や中古車情報を詳しくご紹介していきますので、参考にしてみてください。


室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

ボディサイズに制限があり、全長と全幅が横並びとなっている軽自動車。しかし、軽なら室内が狭くても仕方ない、と諦めるのは早い! 数多ラインナップされている軽自動車の中には驚きの室内空間のゆとりを持つものも存在しており、かしこく選べば普通車顔負けの実用性をリーズナブルな価格で手に入れることも可能です。この記事では、室内が広くておすすめの軽自動車を5台ご紹介していきます。