目次へ戻る

トヨタのSUV FJクルーザー|中古価格から評価、スペック等 一覧

トヨタのSUV FJクルーザー|中古価格から評価、スペック等 一覧

オフロードをガンガン走りたい方にオススメの「トヨタ・FJクルーザー」の概要や歴史、それに燃費や中古価格などをまとめてみました。興味のある方は是非ご覧ください。


北米に向けて開発されたトヨタ FJクルーザーの概要は?

トヨタ FJクルーザーは、ランドクルーザー40型を連想させるレトロ感覚の外観デザインをまとったSUVで、2006年モデルとして北米で販売が開始されました。日本国内での販売ディーラーはトヨタ店が担当し、2010年12月に販売開始となっています。

そして右ハンドル仕様が登場したことで、2011年4月から日本と同じ左側通行のオーストラリアでも販売が始まりました。

トヨタ FJクルーザーはそもそもアメリカ向けに開発されたことから、全幅が1900mmを超える大柄なボディの5ドア車で、左右のドアは観音開きを採用し、後ろのドアだけを開けることができない構造になっています。

本来の投入先だった北米市場では2014年モデルを最後に販売が終了されていて、日本市場でも2016年8月限りで生産終了することが一部メディアで発表されましたが、2018年1月末まで日本国内向け仕様は継続して生産され続けました。

歴史ある「FJ40型ランドクルーザー」との違いとは?

FJ40型ランドクルーザーは1960年から1984年の長い間販売されたクルマで、販売が終了しても根強い人気を誇っていました。そしてこのFJ40型ランドクルーザーが、FJクルーザーのベースになっています。FJ40型ランドクルーザーには様々なグレードがあり、グレードアップするたびに特徴も変化していきました。

FJクルーザーはレトロ感が漂っているものの、エクステリアはおしゃれな印象があり、頑丈なイメージの強いランドクルーザーとは異なっています。ドアが両側面ともピラーレスの観音開きになっているのも特徴の一つで、使い勝手を考えられた構造になっています。

また環境にも配慮されていて、日本仕様では平成17年排出ガス基準50%低減の低排出ガス車の認定も受けています。日本仕様は国内法規に従いサイドアンダーミラーが装着され、灯火類も変更されています。またウィンカーをフロントフェンダーにも増設し、後部ターンシグナルランプと後部ナンバープレートの取り付け位置をバンパー部分に変更しました。それと同時にリアフォグランプも追加されています。

初代 GSJ15W型は2006年3月に北米で発売

2006年3月に北米で販売開始になった初代モデルは、4年後の2010年に国内で販売されるようになりました。

その当時のグレードはベースモデルの「FJクルーザー」、ハードなオフロード使用を意識して造られた「FJクルーザー オフロードパッケージ」、クルーズコントロールやカラードドアトリムを装備した「FJクルーザー カラーパッケージ」の3種類となっています。海外での人気は北米だけに限らず、中国やメキシコ、それにオーストラリアやニュージーランドでも高い評価を受けています。

初代モデルのスペックは次の通りです。
ボディタイプ:5ドアSUV
エンジン:
4,000cc V6 1GR-FE型
駆動方式:FR/パートタイム4WDシステム
最高出力:203kW(276PS)/5,600rpm
最大トルク:380N·m(38.8kgf·m)/4,400rpm
変速機:5速AT/6速MT
サスペンション:
 前: ダブルウィッシュボーン式
 後: 4リンク式
全長4,635mm
全幅1,905mm
全高
1,811mm(2WD)
1,829mm(4WD)
1,840mm(日本仕様)
車両重量:1,840kg - 1,948kg

たくさんある トヨタ FJクルーザー の魅力

FJクルーザーにはたくさんの魅力がありますが、やっぱり最大の魅力は本格的な性能です。ランドクルーザープラドと同じラダーフレームを用いたシャーシや、ドライブトレインとサスペンションはタコマ、ハイラックスサーフ、プラドと共通だという点も見逃せません。またFJクルーザーはもともとオフロード車として登場していたので、室内が防水になっていたり、エアコンスイッチ・インナードアハンドル・シフトレバーなどの手で操作するような部分は、グロープを装着したままでも操作出来るよう大きめになっています。

そしてオフロードでよく見られる悪路でスリップを起こしてしまった場合、脱出をサポートしてくれる「アクティブトラクションコントロール」というシステムでスリップを回避させてくれます。「リアデフロック」も装備されているので岩場なども安心で心強い点も魅力ですね。

トヨタ FJクルーザーのエクステリアやインテリア

エクステリアに関しましては丸型のヘッドライトや「TOYOTA」のロゴ、それに白い屋根やポップなボディカラーなど、他のSUV車ではなかなか見られないデザインになっています。

そして何と言っても広い開口部を誇る観音開きの前後ドアは、大容量を収納するのにはピッタリで、アウトドア派に人気があるのも頷けます。観音開きだからこそ、大きなアイテムもスムーズに車内に詰め込むことができますから、キャンプ用品やスノーボードも積めるサイズは、一年中大活躍するはずです。

インテリアで一番に目につくのはボディと同じアクセントカラーです。また水漏れに強いフロアや雨でぬれた道具や衣服、泥にまみれたアイテムを積み込めるラゲージルームのリアも心強い味方になってくれています。もちろんシートには撥水加工がされていて、着座面の裏側には透湿性の防水フィルムも採用し、シート内部への水の侵入を防ぎ蒸れにくさも工夫されています。

トヨタ FJクルーザーの性能や評価

1905mmもあって、フロントウィンドーにはワイパーが3本も並んでいる横幅だというのに、いかつい雰囲気がないのは、このとぼけたフロントマスクのデザインのせいか。そして観音開きのドア。確かに後部座席の乗り降りはしやすいけれど、前席の人がドアを開けないと開かないというあたり、昔懐かしいナンパ乗りを思い出してしまう。

観音開きのドアは相当評判が良いようです。

シンプルなインテリア。見晴らしのいい運転席からの視界。このクルマに乗るためだけに、ロスに一年くらい移住してもいいやと思ってしまう。

このようにおしゃれ感も好評の様子ですね。

トヨタ FJクルーザーの燃費

燃費につきましては10・15燃費が4WDで8,4km/L。実燃費が7,28km/Lで、このようなSUVの中では比較的良い方だと思います。

トヨタ FIクルーザーの中古価格

FJクルーザーの中古価格は、10万キロ以上走行していて年式が2011年のものが約149万円で安く、走行距離が1,7万キロとほとんど走っていない2013年度のものが約455万円で高い価格となっています。

しかし状態の良いものの相場はやはり300万円台で、新車では高価で手が出なかった人が値引き額が多くなった中古車なら、お得な買い物ができたと感じることでしょう。

まとめ

オフロードを堪能したいなら、FJクルーザーのオリジナルアクセサリーで自分スタイルにカスタマイズしてもっと楽しみましょう。ルーフラックやクロスバーを取り付けてより実用的にしたり、ストライプテープやロゴステッカーでオリジナリティーを一段とアップしてはいかがでしょうか。またドア開閉時のエッジの傷つきを防ぎながら、サイドビューを引き締めるサイドプロテクションモールなど、カスタマイズパーツも豊富にあるので、自分にあったクルマにすると良いですね。そして家族や仲間で出かけて楽しい時間をFJクルーザーで過ごしてみましょう!

関連する投稿


【7年ぶりの復活か】三菱の軽クロカン!パジェロミニ新型 はSUVになる?

【7年ぶりの復活か】三菱の軽クロカン!パジェロミニ新型 はSUVになる?

気になるニュースが飛び込んできました。なんと三菱の軽クロカンパジェロミニが復活するかもしれないとのこと。三菱を代表する車のひとつ、パジェロの国内生産終了が決まって、悲しんでいる人も多い中、これは嬉しいニュースですね。本記事では三菱の軽クロカン・パジェロミニ復活の最新情報はもちろんのこと、パジェロミニとはどういう車であったのか、について触れています。


【復活】トヨタのグランビアの名前が復活!17年ぶり

【復活】トヨタのグランビアの名前が復活!17年ぶり

トヨタは5月21日、新型『グランビア』(Toyota Granvia)をオーストラリアで発表しました。このグランビアという名前が復活するのは実に17年ぶり。期待が高まりますね。【6月12日更新】


【世界初公開】レクサス RX新型 8月日本国内発売

【世界初公開】レクサス RX新型 8月日本国内発売

レクサスは5月30日、マイナーチェンジしたミドルサイズSUV『RX』を世界初公開、8月下旬(予定)に国内での販売を開始すると発表しました。


【2019年4月10日 日本発売】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

【2019年4月10日 日本発売】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

2019年4月10日より発売されたトヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。このRAV4新型に関する最新情報をまとめてご紹介します。日本での発売日はいつ?デザインはどうなる?価格はいくらくらい?エンジンは?RAV4新型の情報を渇望している貴方にこの記事を贈ります!


現役女子大生が選ぶ!「モテるSUVは?」女子ウケの良い車3選!

現役女子大生が選ぶ!「モテるSUVは?」女子ウケの良い車3選!

今流行りのSUV!!みなさん「SUVになんて女子は興味ない!」そう思っていませんか??そんなことありません!!女子だってかっこいいSUVなら惹かれちゃうんです!!現役女子大生でもそうなんです!!モテる男になって、女子ウケSUVで気になるあの女性に素敵な男性アピールしちゃいましょう♫


最新の投稿


スズキのハッチバック バレーノってどんな車?中古車価格、スペック、燃費、評価ほか

スズキのハッチバック バレーノってどんな車?中古車価格、スペック、燃費、評価ほか

スズキから発売されているバレーノは、ハッチバック型の乗用車です。インドで生産され、世界に発売されています。2019年春ごろよりインド市場のトヨタへOEM供給される予定です。そんなスズキのバレーノについてご紹介していきましょう。


日産のミッドサイズSUV デュアリスの中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

日産のミッドサイズSUV デュアリスの中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

デュアリスとは、日産のミドルサイズのSUVです。日本では販売終了してしまいましたが、各国では名前を変えて発売されています。「キャシュカイ(QASHQAI)」もしくは「ローグ スポーツ(ROGUE SPORT)」など、一度は車名を聞いたことがあるのではないでしょうか。これが元デュアリスなんです。本記事では改めて日産のSUV、デュアリスについてまとめています。


【カーメイト調べ】半数以上が今後360度録画可能ドラレコが欲しいと回答!

【カーメイト調べ】半数以上が今後360度録画可能ドラレコが欲しいと回答!

カーメイトは、同社製品ユーザーを対象とした交通トラブル実態調査を実施。その結果、ドライブレコーダーの映像が最も活用されたのは「側面衝突」だったことが明らかになりました。また、今後購入するなら360度録画可能のドラレコという意見も上がっています。


【7月ワールドプレミア】フェラーリのワンオフモデル登場!P80/C

【7月ワールドプレミア】フェラーリのワンオフモデル登場!P80/C

フェラーリは6月17日、ワンオフモデルの『P80/C』(Ferrari P80/C)を、7月に英国で開催される「グッドウッドフェスティバルオブスピード2019」において、ワールドプレミアすると発表しています。


【わが子と一緒に読みたい】おすすめのクルマの絵本&図鑑 7選

【わが子と一緒に読みたい】おすすめのクルマの絵本&図鑑 7選

車の本、と一言で言っても車の本は世界にたくさんありますよね。そんな中でどの本を選べばいいのか?わからない!そんな悩みを持つお父さん、お母さん、おじいちゃん、おばあちゃん…といった方々のために、本記事ではおすすめの車の本をまとめています。対象年齢と価格も載せています。