目次へ戻る

【悲しみ】生産終了!車種整理されてしまったトヨタ車まとめ2017~2018

【悲しみ】生産終了!車種整理されてしまったトヨタ車まとめ2017~2018

C-HR、クラウン、センチュリー、カローラそしてスープラなどなど。ここ数年の間に、トヨタは新型車を続々発売していますね。でもちょっと待って!新型車が発売される一方で、生産終了する車種も……。直近では2017年~2018年の間にも生産終了した車種が複数あるんです。本記事では泣く泣く廃止された車種に焦点を当てました。


【生産終了】悲しみ 車種整理されてしまったトヨタ車まとめ2017~2018

C-HR、クラウン、センチュリー、カローラそしてスープラなどなど。ここ数年の間に、トヨタは新型車を続々発売していますね。

でもちょっと待って!新型車が発売される一方で、生産終了する車種も……。

直近では2017年~2018年の間にも生産終了した車種が複数あるんです。本記事では泣く泣く廃止された車種に焦点を当てました。

ウィッシュ(2017年11月終了)

トヨタのウィッシュは、5ナンバーサイズを基本とした、3列6~7人乗りのミニバンです。

2003年に初代が発売され、2017年の10月13日に生産を終了しました。後継車にあたるのはプリウスαになります。

アイシス(2017年12月終了)

アイシスは、トヨタのミニバンです。日本国内専用車として開発され、2004年から2017年まで発売されていました。

直接の後継車はないものの、受け皿としてはシエンタおよびプリウスαがあげられます。

FJクルーザー(2018年1月終了)

FJクルーザーは、トヨタが2006年から発売していたSUVです。

元々は北米市場向けの車だったのですが、個性的な外観から日本にも根強いファンが多くいたために2010年に日本市場にも導入されました。

惜しまれつつも2018年1月に販売終了をしています。

オーリス(2018年3月終了)

オーリスは、トヨタが2006年から生産・販売を行っている車です。ハッチバックおよびステーションワゴン型が発売されていました。

2018年、オーリスの正式名称は変更になり、全世界統一の「カローラ」へ。そしてオーリスの現行モデルの販売は終了しています。

アベンシス(2018年4月終了)

英国から輸入販売されていたアベンシス。

ステーションワゴン、セダン、ハッチバックのタイプがあり、日本でも一部仕様が販売されていました。

2018年の4月27日をもって日本国内販売終了、5月末をもって欧州での販売を終了しました。

最後に

いかがでしたか。

本記事では残念ながらも生産終了となってしまったトヨタの車についてご紹介いたしました。

新たな車が発売されるということは、裏を返せば消えていく車もあるということでもありますね。

復活する未来を、待ちたいものです。

関連するキーワード


トヨタ 車種情報

関連する投稿


【2019年春頃日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

【2019年春頃日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

2019年春頃に日本発売が予想されている、トヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。このRAV4の最新情報をまとめてご紹介します。


トヨタ 新型RAV4が2019年春日本復活!デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタ 新型RAV4が2019年春日本復活!デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタの世界戦略車の一つ、クロスオーバーSUVのRAV4が2019年春に日本復活すると公式サイトより発表がありました。新型RAV4の予想されるデザインや、スペック、価格などについて掲載しています。【11月21日更新】


【今こそ乗りたい】日本の現行クーペをメーカー別にまとめてみた

【今こそ乗りたい】日本の現行クーペをメーカー別にまとめてみた

クーペ。それは心をときめかせる車。スタイリッシュで、走りそうで、とってもカッコイイ!とはいえ、大人数を乗せるにはミニバンが便利だし、イマドキのトレンドはSUV、金銭的に軽ワゴンかなあ…。待って!!それはもったいない。今こそいろんな人に日本のクーペを知っていただきたい!本記事はそんな気持ちを込めて国産クーペをご紹介!


【広州モーターショー2018】カローラセダン発表 2019年日本投入

【広州モーターショー2018】カローラセダン発表 2019年日本投入

トヨタ自動車は11月16日、中国で開幕した広州モーターショー2018において、新型『カローラ・セダン』(Toyota Corolla Sedan)を初公開しました。日本市場には2019年内に投入予定とのことです。


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【11月15日更新】


最新の投稿


今の20代は知らない?キャブレターとは|仕組み、セッティングについて

今の20代は知らない?キャブレターとは|仕組み、セッティングについて

バイク用語では見聞きすることのあるキャブレターという言葉も、20代の方にとってはなかなか親しみづらい言葉なのではないでしょうか。今回は、実は今もなお熱烈な支持者に愛され続けているキャブレターの仕組みから、調整やセッティング、オーバーホールの方法を解説していきます。これを読めばキャブレターの知識に関しては完璧です。


LEDヘッドライト おすすめ商品10選!価格・明るさを比較&取り付け方

LEDヘッドライト おすすめ商品10選!価格・明るさを比較&取り付け方

愛車のヘッドライト、もっと明るいヘッドライトに変えたいと思ったことはありませんか?こちらの記事では、LEDヘッドライトとハロゲンライト、HID等との違いから、明るさの基準と選び方、車検への影響の有無と、人気・おすすめのLEDヘッドライトの紹介、ヘッドライトの交換方法、取付け方についてを説明しています。


ホンダ「ステップワゴン/スパーダ・N-BOX+/カスタム」のテールゲート降下で人身事故も発生!59万台を改善対策へ

ホンダ「ステップワゴン/スパーダ・N-BOX+/カスタム」のテールゲート降下で人身事故も発生!59万台を改善対策へ

ホンダは、「ステップワゴンやN-BOX+」など4車種について、テールゲートに不具合があり、突然降下するおそれがあるとして、国土交通省に改善対策を届け出ました。 対象車種は「ステップワゴン」「ステップワゴン スパーダ」「N-BOX+」「N-BOX+カスタム」の4モデル59万3815台になります 詳しく見ていきましょう。


【2019年春頃日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

【2019年春頃日本登場】トヨタ RAV4新型 最新情報まとめ

2019年春頃に日本発売が予想されている、トヨタのSUV、RAV4(ラヴフォー)。このRAV4の最新情報をまとめてご紹介します。


トヨタ 新型RAV4が2019年春日本復活!デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタ 新型RAV4が2019年春日本復活!デザインや価格、仕様はどうなる!?

トヨタの世界戦略車の一つ、クロスオーバーSUVのRAV4が2019年春に日本復活すると公式サイトより発表がありました。新型RAV4の予想されるデザインや、スペック、価格などについて掲載しています。【11月21日更新】