目次へ戻る

ホンダの新型シビック ハッチバック 試乗評価・価格・燃費・性能は?

ホンダの新型シビック ハッチバック 試乗評価・価格・燃費・性能は?

ホンダの顔ともいえるシビックが2017年9月より日本で発売されました。日本市場での発売は約7年ぶりとなります。3タイプ発売されているシビック新型、「タイプR」「セダン」「ハッチバック」のうち本記事ではハッチバックについて改めて性能やレビュー、価格を見ていきたいと思います。


ホンダの顔!シビックが日本復活!絶賛発売中

ホンダの顔、とも言える、シビック新型が2017年9月より販売開始されました。

フルモデルチェンジを行ったシビック新型は記念すべき10代目です。

2010年の9月に日本仕様の販売が終了、約7年間の時を経て復活したシビック新型。

シビック新型は、ハッチバック、セダン、スポーティーなタイプRの3つのタイプがラインアップされています。

本記事ではそのうちの1つ、シビックハッチバックについてご紹介いたします。

ホンダシビック新型 一番人気はハッチバック!?

自分が気になるタイプを購入するのがベストではありますが、それでも気になるのは、どのタイプが1番人気なのか?ということではないでしょうか。

ホンダ広報部によれば、11月1日の段階で、シビック新型は月販目標が2000台という中、約1万2000台という受注台数。

その数字の内訳はというと、ハッチバックが半数を占めており、残りをタイプRとセダンが分け合っているそうです。

11月の段階ではハッチバック人気が高いようですね。

ホンダ 新型シビック ハッチバック 基本情報

ホンダ シビックのスポーツグレード、Si(北米仕様)(2011)

シビックとは、ホンダが生産・販売を手掛けるCセグメントの乗用車です。ホンダを代表する車の一つと言っても過言ではありません。その思いは、ホンダシビック新型の公式サイトに掲載されている文言からも明らかです。

新しい問いかけ。新しい発見。新しい生き方。それを探すために、今よりも見晴らしの良い場所へ
自分の想いで自由に動く。そして、答えを出し、道をつくり、自分を、世界を変えていく。
そうした人々と同じ精神をもって走り続けてきたクルマ。自由な移動の喜びに挑んできた、
Hondaの生き様を象徴し続けてきたクルマ。NEW シビック、誕生。

世界各国で販売されている、世界戦略車でもあります。日本国内では、2010年に販売終了したものの、2017年に約7年の時を経て復活を果たしました。

ここ最近、軽自動車やミニバンといった、どちらかというとファミリー向けな車にシフトしているイメージの強いホンダですが、シビックを復活させることで、往年のホンダファンの期待に応えることができるのか?といった点でも注目度が高い車と言えるでしょう。

ホンダ 新型シビック ハッチバック CM

なんともカッコイイCMです。

ホンダ 新型シビック ハッチバック エクステリア(外装)

新型シビックハッチバック、エクステリアは全体的にロー&ワイドを基調とした機能的かつ先進的な姿になっています。

タイヤにはダイナミック性能を高める18インチを装備しました。

また、センターデュアルエキゾーストも装備するなど、走りに寄与する機能性とアグレッシブな表現を細部に至るまで表現しています。

なだらかなテールゲートは、空力性能を考慮し、大開口も実現。

これらはTYPE Rとともに追求したシルエットです。

ホンダ 新型シビック ハッチバック ボディカラーは全5色

ボディカラーは、
●ホワイトオーキッドパール
●ルナシルバー・メタリック
●クリスタルブラック・パール
●フレームレッド
●ブリリアントスポーティブルー・メタリック

上記の5色が設定されています。

ホンダ 新型シビック ハッチバック インテリア(内装)

新型シビックハッチバックのインテリアは、走りを感じさせる空間デザインを目指しています。

7インチの大型カラー液晶メーターを採用。

精緻なアナログのタコメーターを描画し、速度は読み取りやすいよう数字で大きく表示してくれます。

大容量・大開口のラゲッジルームと、便利な横引きのカーゴエリアカバー。

ゴルフバッグが約3個ほど積める420Lの大容量というから驚きです。

ホンダ 新型シビック ハッチバック スペック(燃費・ボディサイズ他)

 
【ホンダ シビックハッチバック(6速マニュアル)】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,520×1,800×1,435mm(ホイールベース:2,700mm)
最大乗車定員5名
車両重量1,320kg
燃費JC08モード:17.4km/L
エンジン種類水冷直列4気筒横置
最高出力(kW(PS)/rpm)134kW(182PS) /5,500rpm
最大トルク(N・m/rpm)240N·m (24.5kgf·m) /1,900-5,000rpm
タンク容量 46L
駆動方式FF
トランスミッション6速マニュアル

ホンダ 新型シビック ハッチバック ホンダセンシング搭載

新型シビックハッチバック、安全性能面はどう進化しているのでしょうか。

新型シビックハッチバックには、先進の安全運転支援システム、ホンダセンシングが標準搭載されています。

ミリ波レーダーと単眼カメラによる車両前方の状況認識、ブレーキ、ステアリングの制御技術が協調し、安心で快適な運転と、事故回避を支援します。

ホンダ 新型シビック ハッチバック 試乗評価・レビュー・感想

【試乗評価】実用性の高いクルマ

5ドアハッチというパッケージングも手伝って実用性は高い。ラゲッジのトノカバーは横スライドのロール式という新しい発想のもので、これも想像以上に使いやすい。セダンとほぼ同一の使い勝手を確保しながら、スタイリッシュなエクステリアを実現したことで、セダンに抵抗がある層にも選ばれる存在となる。

残念なのは、使用燃料がプレミアムであること。日本で製造されるセダンは若干パワーダウンが伴うもののガソリンはレギュラー指定。長い目で見れば、ランニングコストの安いレギュラーガソリンは大きな魅力だ。

サスペションはフロントがストラット、リヤがマルチリンクでストロークがしっかりと確保されていてよく動くタイプ。一般道では乗り心地がよく、コーナーでは長いストロークを生かして路面をつかんでいく。フレキシビリティが高いセッティングだ。

【試乗感想】ハッチバックがセダンよりお高い理由とは

この違いについて、試乗の後懇親したホンダ第11技術開発室、第7ブロック主任研究員で、タイプRの開発を担当した柿沼秀樹氏は次のように答えてくれた。

曰く、今回はタイプRを同時開発することで、そのベースとなるハッチバック車はタイプRが成立するように、あらかじめ骨格各部に補強が入れられているから、骨格の強さはセダンより明らかに上だというのである。

ハッチバックがセダンよりお高い理由は実はここにあった!というわけだ。

実際開口部が多いハッチバックは、セダンより剛性が取りにくいはずだが、それでもハッチバックの方が、逆に剛性感が高いのは、この補強効果である。さらに振動の抑制などもセダンよりも上で、僕の試乗印象が間違っていなかったことを裏付けてくれた。

だから、セダンよりも走っていて安心感もあるし、何より痛快。久々にホンダらしい、活気溢れる走りのハッチバック車が誕生したと感じた。

ホンダ 新型シビック ハッチバック 新車価格

 
【ホンダ シビック 新車価格】 
セダンハッチバックタイプR
265万320円280万440円450万360円

新型シビックハッチバック、価格は約285万円に設定されています。

従来のシビックと比較すると、新型シビックは値段がお高めです。性能やデザインなどを加味すると、妥当な値段ではあるかと思いますが、若い方だと簡単に手が出せない価格になってしまったのが少し残念ですね。

ホンダ 新型シビック ハッチバック 中古価格

気になるシビックハッチバック、中古価格はいくらくらいなのでしょうか。

調べてみたところ、価格帯は約270万円~300万円ほどでした。

発売直後であるため、大きな値下がりは期待できないようです。

最後に

今回は、新型シビックの中でも人気の高い、シビックハッチバックについてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

ハッチバックの他にもタイプR、セダンという2つタイプがあり、一人一人のライフスタイルなどによって、オススメが変わってきますので、貴方にとって一番しっくりくるシビックを探してみてください。

ニューカー速報プラス 第52弾 ホンダ新型シビック (CARTOPMOOK)

関連する投稿


欧州でホンダフィットにSUV風モデル登場か ジュネーブモーターショーで公開

欧州でホンダフィットにSUV風モデル登場か ジュネーブモーターショーで公開

ホンダは、スイスで3月に開催されるジュネーブモーターショー2018において、『ジャズ X ロード』を初公開すると発表しました。気になる最新情報をいち早くお届けいたします。


ヴェゼルのマイナーチェンジで搭載されなかった残念な3つのポイント!

ヴェゼルのマイナーチェンジで搭載されなかった残念な3つのポイント!

ホンダの人気SUV「ヴェゼル」が2月16日にマイナーチェンジし発売されました。 ホンダセンシング全車標準装備や、内外装もリファインされて商品価値が増しSUVの売上首位奪還も期待されます。とても魅力的なマイナーチェンジ内容でしたが、密かに期待していて搭載されなかった3つの機能・ポイントについてご紹介します。


【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば日本の2018年発売が予測される新車情報を一気に先取りです!


【2月16日発売】ホンダの人気SUVヴェゼルがマイチェン!どこが変わる??

【2月16日発売】ホンダの人気SUVヴェゼルがマイチェン!どこが変わる??

ホンダの人気SUV・ヴェゼルがマイナーチェンジをおこない、2月16日に発売するとの情報を入手しました。ホンダのSUV、新型ヴェゼルの最新情報をお届けいたします。


ホンダの新型シビック タイプR 試乗評価・価格・燃費・性能は?

ホンダの新型シビック タイプR 試乗評価・価格・燃費・性能は?

ホンダの顔ともいえるシビック。7年ぶりに2017年9月より日本で販売開始されました。日本市場での発売は約7年ぶりで待ちわびていた人も多かったのではないでしょうか。3タイプ発売されているシビック新型、「タイプR」「セダン」「ハッチバック」のうち本記事ではタイプRについて改めて性能やレビュー、価格を見ていきたいと思います。


最新の投稿


日産 ノートe-POWER!e-POWERの仕組みって?燃費・価格・スペック他

日産 ノートe-POWER!e-POWERの仕組みって?燃費・価格・スペック他

飛ぶ鳥を落とす勢いの日産・ノートe-POWER。スゴイと聞くけど何がいったいスゴイわけ?そんなあなたに改めて日産ノートe-POWERの仕組みをお伝えします。本記事を読めば、ノートe-POWERが欲しくなってしまうこと間違いなしです!基本情報・スペック・燃費・e-POWERの仕組み・試乗評価・価格・中古価格・走行性能他。


ブレーキパッドの交換費用・時間・交換目安をご紹介

ブレーキパッドの交換費用・時間・交換目安をご紹介

あなたの愛車、ブレーキパッド交換はしていますか?ブレーキを踏むたびに摩耗するブレーキパッドは定期的に交換が必要です。交換費用・交換にかかる時間・交換すべき目安をご紹介します。


【自転車運転者講習の対象】知っておきたい自転車の交通違反14種類

【自転車運転者講習の対象】知っておきたい自転車の交通違反14種類

2016年6月1日から、道路交通法が改正され自転車に対する取締りが厳しくなりました。3年以内に違反切符による取締りまたは交通事故を2回以上犯した場合は、「自転車運転者講習」を受けなければいけません。本記事では自転車運転者講習を受けなければいけない14種類の違反をご紹介します。


レクサス最小SUV UX ジュネーブモーターショー2018で世界初公開

レクサス最小SUV UX ジュネーブモーターショー2018で世界初公開

レクサスの最小クロスオーバー、UXがついに3月に行われるジュネーブモーターショー2018にてワールドプレミア。世界初公開されます。気になるUXの最新情報について見ていきましょう。


交通違反時の”罰金”と”反則金”の違い|交通違反申告制度についても説明

交通違反時の”罰金”と”反則金”の違い|交通違反申告制度についても説明

交通事故や交通違反を起こしてしまった際の「罰金」と「反則金」。その2つの違いは何なのか、通称「赤キップ」と「青キップ」の違いについてや、反則金の支払い義務や、支払いをしなかった場合、拒否した場合はどうなるのか?等、事故、違反時の行政罰、刑事罰に関連する情報をわかりやすく説明しています。