目次へ戻る

ホンダの新型シビック タイプR 試乗評価・価格・燃費・性能は?

ホンダの新型シビック タイプR 試乗評価・価格・燃費・性能は?

ホンダの顔ともいえるシビック。7年ぶりに2017年9月より日本で販売開始されました。日本市場での発売は約7年ぶりで待ちわびていた人も多かったのではないでしょうか。3タイプ発売されているシビック新型、「タイプR」「セダン」「ハッチバック」のうち本記事ではタイプRについて改めて性能やレビュー、価格を見ていきたいと思います。


ホンダの顔!シビックが日本復活!2017年9月より発売中

ホンダの新型シビックが約7年の時を経て、2017年9月より販売開始されました。

シビック新型はハッチバック、セダン、スポーティーなタイプRの3つのタイプがラインアップされています。

本記事ではその中の1つ、シビックタイプRについてご紹介いたします。

ホンダ 新型シビック タイプR 基本情報

シビックとは、ホンダが生産・販売を手掛けるCセグメントの乗用車です。

そして、シビックタイプR(Civic Type-R)は、スポーツセダン型の車になります。

このタイプRとは、ホンダのスポーツグレードにつけられる名前。ホンダの車種に設定されたスポーツモデルにおける最上位グレードで、ホンダのスポーツ車全体の代名詞と言っても過言ではありません。

過去には、NSX、インテグラ、アコードなどにこのタイプRがラインアップされました。

ホンダ 新型シビック タイプR エクステリア

見る人に、鮮烈な印象を与えるエクステリア。このデザインは先進のエアロダイナミクスに裏打ちされたもの。

超高速域まで強力なダウンフォースを得るために、CFD(流体解析)や風洞実験を繰り返し、さらにニュルブルクリンクやアウトバーンなどの実地走行を幾度となく行いながらエアロパーツを吟味・検証しています。

ホンダ 新型シビック タイプR ボディカラー

ボディカラーは4色。

チャンピオンシップホワイト、クリスタルブラック・パール、フレームレッド、ブリリアントスポーティーブルー・メタリックの4色です。

ホンダ 新型シビック タイプR インテリア

タイプRは、赤を効かせたエネルギッシュな黒と赤のコントラストが鮮やかなインテリアデザインになっています。

また、強力なコーナリングGやブレーキGまでドライバーの操縦姿勢をしっかり保持するTYPE R専用シートを採用。

操舵感にこだわったDカットタイプの本革巻ステアリングホイール。ストップウォッチやレブインジケーターなど独自のコンテンツを盛り込んだ専用メーター。カーボン調パネルとメタリックな赤の輝きも、コクピットをスポーティーに演出してくれます。

フロントシート位置を低く設定、車両と一体感のあるスポーティーなドライビングポジションを実現しています。

また、フロントフードを下げ、爽快な視界も確保しました。

ホンダ 新型シビック タイプR タイプR専用シートでGからサポート

専用設計のHonda TYPE Rシートは、胸郭や大腿部をサポートするワイヤを設けたことで、大きな「面」を作り出すことで高速旋回時の横Gや制動時の前Gからドライバーを効果的にサポートしてくれます。

ホンダ 新型シビック タイプR スペック

 
【ホンダ シビック タイプR】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,560×1,875×1,435mm(ホイールベース:2,700mm)
最大乗車定員4名
車両重量1,390kg
燃費JC08モード:12.8km/L
エンジン種類水冷直列4気筒横置
最高出力(kW(PS)/rpm)235kW(320PS) /6,500rpm
最大トルク(N・m/rpm)400N·m (40.8kgf·m) /2,500-4,500 rpm
タンク容量 46L
駆動方式FF
トランスミッション6速マニュアル

ホンダ 新型シビック タイプR タイプR専用2.0L VTEC TURBOエンジン搭載

シビックタイプRには、高出力・高レスポンス2.0L VTEC TURBOエンジンが搭載されています。

アクセルを踏んだ瞬間に、シートに背中を押しつけられるような加速Gが立ち上がり、低回転からピークまで胸のすく吹け上がりが続くほど。

低慣性モノスクロール・ターボチャージャーに加えて、多段噴射インジェクターによる直噴システム、フレキシブルな過給圧制御が可能な電動ウェイストゲートを採用し、過給レスポンスを高めるとともに燃費性能も追求しました。

このタイプR専用のエンジンにより、最高出力235kW[320PS]、最大トルク400N・m[40.8kgf・m]を達成しています。

ホンダ 新型シビック タイプR 試乗記

走りと安定性が向上

タイヤを四隅に配置するロー&ワイドな新型プラットフォームがまず。最高速は270km/hに達する超高速直進安定性は、2700mmのロングホイールベースと、FFのハンドリングカーを造るため、リアの接地安定性の重要さに気付きリアサスをマルチリンク化するとともにトレッドを先代比65mm広げて、リアタイヤの接地性を高めた事が最大の成果。またフロントサスも新設のデュアルアクシス・ストラットが操舵したとおり正確に曲がるハンドリングを実現して、タイプRとしての走りも安定性も乗り味も一大変革した。

日本が誇るホットハッチ

ともかく、日本が誇るホットハッチが世界のライバルと真っ向勝負できる逸材であることを、確かに感じられた事は間違いなく、誇らしい気持ちになる。そんな6代目タイプRは魅力満載。悩んでいるなら背中をドカンと押して差し上げる。  

がしかし、値段が高い。高過ぎる(編集部註:450万0360円)。例えば“こういう仕様”もあっていいが、タイプRとは本来もっと質素で安価なモデルだったハズ。そこをもう一度見直すべきだ。と、ユーザーに成り代わり、ホンダ様には申し上げたい。

ホンダ 新型シビック タイプR 納期は2018年夏予定

ホンダのシビックタイプRが欲しい!と思った貴方。しかしすぐにタイプRに乗れるわけではないんです。

9月に発売されたタイプRですが、9月時点の納期はというと2018年の夏ごろとのこと。シビックの3タイプの中でもとりわけシビックタイプRの納期がかかっているようです。

乗りたい!と思ったことは早め早めの行動を!!

ホンダ 新型シビック タイプR 新車価格

 
【ホンダ シビック 新車価格】 
セダンハッチバックタイプR
265万320円280万440円450万360円

気になるタイプRの新車価格ですが、セダン、ハッチバックは200万円代におさまっているものの、タイプRは450万360円という設定になっています。

この価格設定はホンダのラインアップの中でもかなり高めの価格帯です。(ホンダのセダン・アコードよりも少し高めの価格です)

最後に

今回は、新型シビックのうち、タイプRについてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

他にもハッチバック、セダンという2つのタイプがあり、一人一人のライフスタイルなどによって、オススメが変わってきますので、貴方にとって一番しっくりくるシビックを探してみてください。

関連するキーワード


ホンダ 車種情報 シビック

関連する投稿


ホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の販売台数情報!売れてる?売れてない?

ホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の販売台数情報!売れてる?売れてない?

7月13日に発売されたホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」ですが、はたらくクルマに革命を起こせるか注目の一台ですが、実際に受注状況はどうなのでしょうか?全国軽自動車協会連合会が発表した2018年7月 軽四輪車 通称名別 新車販売確報からN-VANと他のライバル車の受注状況を分析します。


売れに売れてる「N-VAN」は本当に買うべきクルマなのか?

売れに売れてる「N-VAN」は本当に買うべきクルマなのか?

新しもの好きもオッチョコチョイも、愛すべきクルマ好きであることは確かであり、メーカーもこれらの人たちのおかげで商売ができているのは否定できない。でも、行き過ぎた幻想を与えすぎてはいけないとの思いから、せっかくのフィーバーに水をかけてみたいと思う。まずは、ホンダの新型軽バン「N-VAN」から。


ホンダ HR-V(日本名:ヴェゼルに相当)欧州仕様に1.5ターボ搭載!

ホンダ HR-V(日本名:ヴェゼルに相当)欧州仕様に1.5ターボ搭載!

ホンダの欧州部門、ホンダモーターヨーロッパは8月13日、『HR-V』(日本名:『ヴェゼル』に相当)の2019年モデルを発表しました。


新型CR-V!ホンダのミッドサイズSUVが2018年8月に日本復活!ハイブリッド導入

新型CR-V!ホンダのミッドサイズSUVが2018年8月に日本復活!ハイブリッド導入

2018年に、ホンダのミッドサイズSUV・CR-Vが復活すると噂されています。2016年に日本では販売終了となったCR-Vですが、昨今のSUV人気・市場拡大を受けてホンダのCR-Vも再始動スタートです!!また、今回のCR-Vには、日産のe-powerに似た性能を持つハイブリッドモデルも搭載されるとか!?【8月13日更新


【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2018年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2018年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるのでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報をまとめています!これを読めば日本の2018年発売が予測される新車情報を一気に先取りです!


最新の投稿


「クルマといっしょに旅しよう」!カートラジャパン2018開催!詳細情報

「クルマといっしょに旅しよう」!カートラジャパン2018開催!詳細情報

アイデアとツール次第でカートラベルはもっと自由になる。クルマといっしょなら、旅の楽しみ方は無限大。をコンセプトにした、クルマ×トラベルのイベント、「カートラジャパン2018」が9月28日~30日まで幕張メッセにて開催されます。日常でもっとクルマを楽しみたい方、クルマでの旅が好きな方必見です。開催日程・アクセス・チケット


【圧倒的スペック】トヨタ「GRスーパースポーツ」市販型 気になる値段は億超え!?

【圧倒的スペック】トヨタ「GRスーパースポーツ」市販型 気になる値段は億超え!?

トヨタが2018年1月の東京オートサロンで発表した、『GRスーパースポーツ コンセプト』市販型に関する新たな情報を入手しました。それによると量産モデルでは、何もかもがトヨタ史上最高レベルとなることが予想されるとのこと。そして気になるのがその価格。なんとなんと1億超えとの噂!?


【一部改良】ダイハツ ムーヴキャンバス スマアシⅢ搭載で9月3日発売

【一部改良】ダイハツ ムーヴキャンバス スマアシⅢ搭載で9月3日発売

ダイハツは軽自動車『ムーヴキャンバス』のグレード体系を変更し、全グレードで衝突回避支援システム「スマートアシストIII」を標準装備します。発売は9月3日予定です。いったいどこが変更になったのか?最新情報をまとめました。


BMW「3シリーズ ツーリング」がスクープ!発売時期は?

BMW「3シリーズ ツーリング」がスクープ!発売時期は?

BMWの主力商品で、欧州市場においてはメルセデス・ベンツCクラスと人気を2分する存在であるBMW 3シリーズ。そんなBMW「3シリーズ」の「3シリーズ ツーリング」のプロトタイプのインテリア・エクステリアスクープされました。本記事ではBMW「3シリーズ ツーリング」の最新情報をご紹介します。


ホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の販売台数情報!売れてる?売れてない?

ホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」の販売台数情報!売れてる?売れてない?

7月13日に発売されたホンダ新型軽バン「N-VAN(エヌバン)」ですが、はたらくクルマに革命を起こせるか注目の一台ですが、実際に受注状況はどうなのでしょうか?全国軽自動車協会連合会が発表した2018年7月 軽四輪車 通称名別 新車販売確報からN-VANと他のライバル車の受注状況を分析します。