トップへ戻る

ホンダの新型シビック タイプR 試乗評価・価格・燃費・性能は?

ホンダの新型シビック タイプR 試乗評価・価格・燃費・性能は?

ホンダの顔ともいえるシビック。7年ぶりに2017年9月より日本で販売開始されました。日本市場での発売は約7年ぶりで待ちわびていた人も多かったのではないでしょうか。3タイプ発売されているシビック新型、「タイプR」「セダン」「ハッチバック」のうち本記事ではタイプRについて改めて性能やレビュー、価格を見ていきたいと思います。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ホンダの顔!シビックが日本復活!2017年9月より発売中

ホンダの新型シビックが約7年の時を経て、2017年9月より販売開始されました。

シビック新型はハッチバック、セダン、スポーティーなタイプRの3つのタイプがラインアップされています。

本記事ではその中の1つ、シビックタイプRについてご紹介いたします。

ホンダ 新型シビック タイプR 基本情報

シビックとは、ホンダが生産・販売を手掛けるCセグメントの乗用車です。

そして、シビックタイプR(Civic Type-R)は、スポーツセダン型の車になります。

このタイプRとは、ホンダのスポーツグレードにつけられる名前。ホンダの車種に設定されたスポーツモデルにおける最上位グレードで、ホンダのスポーツ車全体の代名詞と言っても過言ではありません。

過去には、NSX、インテグラ、アコードなどにこのタイプRがラインアップされました。

ホンダ 新型シビック タイプR エクステリア

見る人に、鮮烈な印象を与えるエクステリア。このデザインは先進のエアロダイナミクスに裏打ちされたもの。

超高速域まで強力なダウンフォースを得るために、CFD(流体解析)や風洞実験を繰り返し、さらにニュルブルクリンクやアウトバーンなどの実地走行を幾度となく行いながらエアロパーツを吟味・検証しています。

ホンダ 新型シビック タイプR ボディカラー

ボディカラーは4色。

チャンピオンシップホワイト、クリスタルブラック・パール、フレームレッド、ブリリアントスポーティーブルー・メタリックの4色です。

ホンダ 新型シビック タイプR インテリア

タイプRは、赤を効かせたエネルギッシュな黒と赤のコントラストが鮮やかなインテリアデザインになっています。

また、強力なコーナリングGやブレーキGまでドライバーの操縦姿勢をしっかり保持するTYPE R専用シートを採用。

操舵感にこだわったDカットタイプの本革巻ステアリングホイール。ストップウォッチやレブインジケーターなど独自のコンテンツを盛り込んだ専用メーター。カーボン調パネルとメタリックな赤の輝きも、コクピットをスポーティーに演出してくれます。

フロントシート位置を低く設定、車両と一体感のあるスポーティーなドライビングポジションを実現しています。

また、フロントフードを下げ、爽快な視界も確保しました。

ホンダ 新型シビック タイプR タイプR専用シートでGからサポート

専用設計のHonda TYPE Rシートは、胸郭や大腿部をサポートするワイヤを設けたことで、大きな「面」を作り出すことで高速旋回時の横Gや制動時の前Gからドライバーを効果的にサポートしてくれます。

ホンダ 新型シビック タイプR スペック

 
【ホンダ シビック タイプR】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)4,560×1,875×1,435mm(ホイールベース:2,700mm)
最大乗車定員4名
車両重量1,390kg
燃費JC08モード:12.8km/L
エンジン種類水冷直列4気筒横置
最高出力(kW(PS)/rpm)235kW(320PS) /6,500rpm
最大トルク(N・m/rpm)400N·m (40.8kgf·m) /2,500-4,500 rpm
タンク容量 46L
駆動方式FF
トランスミッション6速マニュアル

ホンダ 新型シビック タイプR タイプR専用2.0L VTEC TURBOエンジン搭載

シビックタイプRには、高出力・高レスポンス2.0L VTEC TURBOエンジンが搭載されています。

アクセルを踏んだ瞬間に、シートに背中を押しつけられるような加速Gが立ち上がり、低回転からピークまで胸のすく吹け上がりが続くほど。

低慣性モノスクロール・ターボチャージャーに加えて、多段噴射インジェクターによる直噴システム、フレキシブルな過給圧制御が可能な電動ウェイストゲートを採用し、過給レスポンスを高めるとともに燃費性能も追求しました。

このタイプR専用のエンジンにより、最高出力235kW[320PS]、最大トルク400N・m[40.8kgf・m]を達成しています。

ホンダ 新型シビック タイプR 試乗記

走りと安定性が向上

タイヤを四隅に配置するロー&ワイドな新型プラットフォームがまず。最高速は270km/hに達する超高速直進安定性は、2700mmのロングホイールベースと、FFのハンドリングカーを造るため、リアの接地安定性の重要さに気付きリアサスをマルチリンク化するとともにトレッドを先代比65mm広げて、リアタイヤの接地性を高めた事が最大の成果。またフロントサスも新設のデュアルアクシス・ストラットが操舵したとおり正確に曲がるハンドリングを実現して、タイプRとしての走りも安定性も乗り味も一大変革した。

日本が誇るホットハッチ

ともかく、日本が誇るホットハッチが世界のライバルと真っ向勝負できる逸材であることを、確かに感じられた事は間違いなく、誇らしい気持ちになる。そんな6代目タイプRは魅力満載。悩んでいるなら背中をドカンと押して差し上げる。  

がしかし、値段が高い。高過ぎる(編集部註:450万0360円)。例えば“こういう仕様”もあっていいが、タイプRとは本来もっと質素で安価なモデルだったハズ。そこをもう一度見直すべきだ。と、ユーザーに成り代わり、ホンダ様には申し上げたい。

ホンダ 新型シビック タイプR 納期は2018年夏予定

ホンダのシビックタイプRが欲しい!と思った貴方。しかしすぐにタイプRに乗れるわけではないんです。

9月に発売されたタイプRですが、9月時点の納期はというと2018年の夏ごろとのこと。シビックの3タイプの中でもとりわけシビックタイプRの納期がかかっているようです。

乗りたい!と思ったことは早め早めの行動を!!

ホンダ 新型シビック タイプR 新車価格

 
【ホンダ シビック 新車価格】 
セダンハッチバックタイプR
265万320円280万440円450万360円

気になるタイプRの新車価格ですが、セダン、ハッチバックは200万円代におさまっているものの、タイプRは450万360円という設定になっています。

この価格設定はホンダのラインアップの中でもかなり高めの価格帯です。(ホンダのセダン・アコードよりも少し高めの価格です)

最後に

今回は、新型シビックのうち、タイプRについてご紹介してきましたがいかがでしたでしょうか。

他にもハッチバック、セダンという2つのタイプがあり、一人一人のライフスタイルなどによって、オススメが変わってきますので、貴方にとって一番しっくりくるシビックを探してみてください。

関連するキーワード


ホンダ 車種情報 シビック

関連する投稿


【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

【ホンダ NSX】日本の最高峰のスポーツカーの詳細!性能の高さやこだわりを徹底解説

ホンダが発売するスーパーカーのNSXは、初代の生産が終了してから新型のNSXが待望されており、2017年に新型が発売されました。世界中でその魅力に惹かれる人が多いモデルですが、どのようなスペックなのでしょうか?


ホンダ ライフ|Nシリーズ登場前の、ホンダの人気軽自動車!

ホンダ ライフ|Nシリーズ登場前の、ホンダの人気軽自動車!

現在、軽自動車で人気抜群のN-BOXやN-WGNを販売するホンダが、「Nシリーズ」前に生産していたのが、ホンダ ライフです。すでに、新車販売は終えていますが、中古車市場には豊富。そこで、歴代のライフと、おすすめポイントをまとめました。


ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-Vは、とくに北米・欧州でその実力を評価され、2019年の世界販売台数では、第4位になりました。5代目となった現行モデルでは、7人乗りが新たに登場しています。今回は、CR-Vの歴史と、現行モデルの実力をまとめています。


【レジェンド】ホンダの最新技術が詰め込まれたフラッグシップセダン

【レジェンド】ホンダの最新技術が詰め込まれたフラッグシップセダン

レジェンドは、ホンダの最新技術が投入されたフラッグシップセダンです。ホンダが、創業以来初めて手がけた2リッターを超える高級車であり、「伝説」となることを願って名付けられました。今回は、レジェンドの詳細情報をまとめています。


歴史に名を残す名車 アコード|その歴代モデルから最新モデルまで

歴史に名を残す名車 アコード|その歴代モデルから最新モデルまで

ホンダを代表するセダンであるアコードは、世界120以上の国や地域で販売され、累計2,000万台以上を販売してきた名車です。時代のニーズをとらえながら、支持を集めてきました。今回は、その歴代モデルから、最新モデルまで紹介します。


最新の投稿


【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

【2021年最新】レクサス最新SUVラインナップまとめ!新型NXや未発表モデルも詳細予測

世界的に需要の高い状態が続いているSUVジャンル。国産車の中でもズバ抜けた高級感と走行性能で高いステータス性を誇る高級車ブランド「レクサス」でも、バリエーション豊富にSUVをラインナップしています。2021年には人気のミドルクラスSUV「NX」の新型モデルも登場予定で、これからさらに盛り上がること間違いなしの、レクサスの最新SUV情報をまとめてみました。


原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

原付二種免許取得の費用や期間目安は?1台でなんでもできる神コスパ

新車販売台数の陰りが囁かれる二輪車の世界でも、ここ最近密かにブームなのが「原付二種」ジャンル。通勤通学からお買い物まで普段使いにぴったりな原付二種は、性能と価格のバランスが取れており、ラインナップ拡大中の今こそ選びたい旬のバイクです。これから原付二種デビューしたい方のために、原付二種を運転するには必要な免許、その取得費用や期間はどれくらいかまで、詳しくまとめてみました。


【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

【2021年最新】中型バイクの人気車種はコレ!最新普通二輪でニッポンを走り倒そう

原付とは段違いの安定感と余裕のパワー、大型二輪よりも格段に扱いやすい車格とリーズナブルな価格で、人気の中型バイク。ひと昔前と比べるとバイク需要の縮小も囁かれますが、最新の中型バイクなら、乗用車さながらの高級装備も多数揃っているモデルも多く、満足度も満点です。毎日の生活にちょうどよい刺激をもたらしてくれるバイクデビューを、この記事でご紹介する中型バイクでしてみてはいかがでしょう。


【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

【2021年最新】ホンダの現行軽自動車全車種まとめ!上質感が光るNシリーズをイッキ見

近年さらに人気が高まり続けている激戦の軽自動車業界で、軽自動車メーカーとして二大巨頭のスズキとダイハツに負けることなく、普通車思考の上質感を備えた魅力的な軽自動車の数々で大いにヒットを飛ばしているのがホンダです。初代N~BOXの登場から風向きの変わったホンダの軽自動車、人気の秘訣はどんなところにあるのでしょうか?ラインナップ全体をまとめましたので、ぜひ確認してみてください。


【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

【2021年最新】ホンダの現行スライドドア車まとめ!人気のミニバン3兄弟と軽に注目

日々のカーライフで便利に使えるスライドドア。ファミリーだけでなくビジネス向けの車でも人気の装備となっており、その便利さはお墨付きです。ホンダのスライドドア車は、乗り降りのしやすさや荷物の積み下ろしのしやすさはもちろんながら、ホンダらしい細やかな工夫もたくさん詰まっています。魅力的なホンダの現行スライドドア車を一堂にまとめてみましたので、ぜひ車選びの参考にしてみてください。