トップへ戻る

一般道もボブスレーコースも走れるスポーツカー!!スバルのWRX STI/ WRX S4

一般道もボブスレーコースも走れるスポーツカー!!スバルのWRX STI/ WRX S4

スバル のWRX STIと WRX S4は世界に誇れるスポーツカーだ。車好きの魂をふるわせる唸るような音をあげるエンジンは、始動した瞬間から強烈なパワーを発揮し、そのくせ日常使いでも苦にならない名車だ。今回はそんなWRXシリーズについて詳しくまとめた。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スバル WRX STI / WRX S4はどんな車?

主な特徴

スバルのインプレッサと言えば、WRCにも名を馳せていた名車の1つだ。WRXは、そんなWRCモデルから抜け出したような圧倒的な動力性能が魅力の一台として、インプレッサから独立してもなお変わることがない。

そして、スバルのスポーツモデルとしての看板をWRXは背負ったとも言えるだろう。WRX STIは、走りを極めた6速MT車仕様で、スバル車の中でも群を抜いてピュアスポーツを内に秘めている。一方のWRX S4は、日常使いにも配慮し、無段変速機のリニアトロニックを採用したことで、多くの人がWRXの魅力を楽しめるようになった。

ボブスレーコースを走る姿はとても迫力のあるものだ

ボブスレーコース激走動画はこちら

【動画】壁を激走するスバル WRX STIとラリー仕様のモンスターマシン

http://matome.response.jp/articles/293

スバルオフィシャルチャンネルで公開されたボブスレーコースをWRXが激走していく動画と、0-100km/hを2秒台を目指すラリークロス仕様のWRXの動画をまとめています。

スポーツカーらしいカッコよさのエクステリア!

WRXとレヴォーグが横に並んでいると、まるで兄弟か姉妹ではないかと見間違えてしまうだろう。実際に、両車はエクステリアデザインの一部を共用していて、正面からの印象を決めるフロントグリルも同じになっているのだ。

一見すると、レヴォーグのエクステリアデザインはどこか高級感があり、WRXの上級モデルにも感じてしまうことがある。しかし両車のクルマ作りに対するベクトルは異なっていて、WRXのエクステリアデザインはシンプルでも、目指しているのはクルマを操る喜びを最優先したスペック重視のドライビングプレジャーなのだ。

優れた静粛性とシートデザイン

WRXは、サーキットタイムを競うことを目指したレースカーではない。それは、リヤワイパーブレードの形状を見直したことでもわかる。走行時、フロントガラスにぶつかった気流はルーフを抜けて行く。リヤワイパーブレードが突起となり、不快な風切り音を立ててしまうことがある。またフロントドアはウェザーストリップをダブルにし、車内へと不快な音が入り込まないように配慮されている。

さらにドライビングシートをはじめ、全てのシートにはレッドステッチが施されて、ハンドルを握った時に上質なスポーツマインドを盛り上げてくれる。

スバル WRX STI / WRX S4はインテリアも充実

WRXのインテリアは、全体をブラックでまとめながら、アクセントに闘争心をかき立てる赤を使っている。どっしりとした手ごたえのあるハンドルを見ても、走り出したい気持ちを高めてくれる。

クルマを操る喜びを楽しんでもらいたいため、運転席シートポジションメモリー機能を装備し、ドライバーにとっても心地よいポジションを提供してくれる。さらにフロントシートヒーターを搭載したことで、体を包み込むような温かさでドライビングに集中することができる。インテリアをみても、WRXはクルマを操る喜びを感じられるだろう。

スバル WRX STI / WRX S4の走行性能

走行性能はどうなのか?

スバルのお家芸である高いシャシー性能は、非常に高い運動性能を発揮している。

SI-シャシーによって革新的な思い通りのハンドリングと乗り心地を両立すると同時に、S4では各部の高剛性化が図られ、サスペンションのジオメトリーが最適化された。2.0GT-S EyeSightでは専用のビルシュタイン製ダンパーが採用され、ハイパフォーマンスタイヤも相まって上質な乗り心地が与えられている。

VTD-AWDによる不等可変トルク配分機能は走行シーンに応じてトルク配分を高度に制御し、回頭性の良さと直進安定性の高さが同時に実現した。前輪駆動と後輪駆動の美味しいトコ取りともいえるシステムだ。

アンダーカバーをはじめとするエアロダイナミクスも随所に奢られ、高速域でも高い接地感を実現している。

マルチファンクションディスプレイが標準装備!

ここまで走りにこだわったWRXはもちろんインターフェースの部分でも走り好きの心をつかんで離さない。

目の前のレッドルミネセントメーターは、二眼の文字盤が目を引き、レッドの照明と白い水平タイプの指針が、ドライバーの走りに対する期待感を鼓舞する。

ブースト圧や燃費状態、車両のさまざまな情報を4.3インチカラー液晶画面で表示するマルチファンクションディスプレイがメーターの中心に設置されている。ここでブースト計を表示して車との対話を楽しむもよし、燃費状態を表示してゲーム感覚でエコドライブを楽しむもよしという風に、様々な使い道が想像できる。

もちろんウェルカム演出も抜かりはない。ドアを閉めるとWRXのサイドビューが映し出され、IGに入れればメーターがスイープするといった演出が用意されている。

実際に乗ってみた感想

”すぐに気づくのは車体各部の圧倒的な剛性感のようです。これと先述の高度なAWD制御と優れた足回りが相まって、オン・ザ・レール感覚の切れ味が鋭いハンドリングを体験することが出来るらしいです。そこまで軽快な動きを見せるとリアの安心感が不足してくるものですが、これも不安感はなく、高いスタビリティを発揮しているそうです。

心臓部の水平対向4気筒EJ20型エンジンは308ps/43.0kg-mを発生するとの事。8000回転まで軽やかに吹け上がり、加給が始まる4000回転くらいからはシートバックに押し付けられるような強烈なトルクが沸き上がるみたいですよ。

このパワーにも関わらず直噴ターボの採用により1Lあたり13.2kmの燃費を達成しており、2000ccのターボエンジンにしては非常に高効率と言えるでしょう。”

スバル WRX STI / WRX S4装備・安全性

予防安全性能も充実しているスポーツカー

アイサイト搭載の車種には、JNCAP予防安全評価の最高ランクが付与されている。WRX STI と WRX S4の全車種において、アイサイトは標準装備だ。世界最高水準と定評のあるアイサイトのサポートで、起こりえた事故の6割がヒヤリハットで済んだ。

衝突回避、全車速追従機能付クルーズコントロール、警報&お知らせ機能、急発進防止、車線はみだしやふらつきに対する警告までしてくれる優れ物だ。スピードに乗って豪快なドライブを堪能する影で、アイサイトがドライバーや家族を守ってくれるこれ以上にない頼もしい環境で運転が楽しめるだろう。

フロントガラスの上部にあるステレオカメラが前方を監視し、車両や人、ガードレールなどあらゆる障害物を検知して車を停止させるのが、プリクラッシュブレーキシステムだ。後方はスバルリヤビークルディテクションがしっかり監視してくれる。

たとえば高速道路ドライブ中の車線変更で、死角を走る車があると、恐ろしいことにドライバーからは全く見えない。このような問題によって引き起こされる大惨事から救ってくれる機能なのだ。また、雨の日の運転は視界が白くなって怖くなるが、アクティブレーンキープをONにすれば、車線からはみ出すことがなくなる。アイサイトなしではハンドルを握れない、利用者からはこんな感想が飛びかっているのだ。

コクピットは安全設計がされている

WRX STI や WRX S4は車体の構造や内装の設計にも安全に対する配慮がされている。フロントスポーツシートは身体を包む専用バケットタイプで、衝撃から守ってくれる上に、長時間ドライブでも疲れない。コックピットは直感的にスムースに操作できるよう、スピードメーターやトルクメーター等頻繁に確認する情報部分は上部に配置され、スイッチは操作に支障をきたさないよう下部に集められている。センターメーターの車から乗り換えると、使いやすさにビックリしてしまいそうだ。


また、コーナリングや右折や左折の際に視界をさえぎるピラーの位置にも工夫がなされていて、全方位で安全を確保するスバルの信念を感じる造りだ。

バリエーションと価格

衝突回避、全車速追従機能付クルーズコントロール、警報&お知らせ機能、急発進防止、車線はみだしやふらつきに対する警告までしてくれる優れ物だ。スピードに乗って豪快なドライブを堪能する影で、アイサイトがドライバーや家族を守ってくれるこれ以上にない頼もしい環境で運転が楽しめるだろう。

最後にWRXのバリエーション2つとグレード2つの価格を紹介する。極めつけのスポーツセダンであるWRX STIは、消費税込みで379万800円、よりスペックを高めたSTI-TypeSが411万4800円だ。環境性能にも力を入れた2.0GT-EyeSightが348万円、2.0GT-S-EyeSightが356万4000円のメーカー価格だ。長く乗れる剛質性と標準装備の予防安全機能を考えれば、決して高い買物ではないだろう。いつか乗りこなしてみたい上級車、WRXはまさにそんな車だ。

関連するキーワード


スバル 車種情報 WRX STI

関連する投稿


スバル 新型レヴォーグ!おすすめグレードは?燃費は悪い?

スバル 新型レヴォーグ!おすすめグレードは?燃費は悪い?

自動車ニッポンイチを決めるカー・オブ・ザ・イヤーをゲットしたスバルの新型レヴォーグ。日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞出来た理由は何なのか、レヴォーグの何がスゴイのか、一緒に見ていきましょう!


スバル レガシィ アウトバックの魅力をご紹介!性能と価格、中古車相場も!

スバル レガシィ アウトバックの魅力をご紹介!性能と価格、中古車相場も!

ついに生産終了となったスバルが誇るクロスオーバーSUV「レガシィ アウトバック」。SUVブームの中で異彩を放った名車を改めて見直すとともに、新型情報と中古車相場もご紹介します。急げばまだ購入するチャンスがあるかもしれませんよ!


新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


日本カー・オブ・ザ・イヤーから選ぶ、2020年「買い」の車 5選!

日本カー・オブ・ザ・イヤーから選ぶ、2020年「買い」の車 5選!

今年も様々な車が発売されましたが、一体、どの車を買えばいいのでしょう? 先ごろ発表された、2020-2021 日本カー・オブ・ザ・イヤーの結果を振り返りながら考えてみましょう。


【新車を買う前に必ず読んで!】2021年発売が予想される新車たち

【新車を買う前に必ず読んで!】2021年発売が予想される新車たち

クルマって、いつ買えばいいんでしょうね。次々に新しいモデルが出て、迷ってしまいますね。そんなに頻繁に買い換える事ができないのがクルマ。出来るだけ後悔しないクルマ選びをしたいですよね。2021年に発売されるかもしれないクルマの情報を片っ端から集めてみました!


最新の投稿


【タイヤの空気圧】適切な空気圧でないともったいなさすぎ?!点検方法や基準などまとめ

【タイヤの空気圧】適切な空気圧でないともったいなさすぎ?!点検方法や基準などまとめ

車という重量物をたった4本で支えているのがタイヤ。車のあらゆる動きはタイヤを介して行われることもあり、快適な走行のためにも安全運転のためにも非常に重要なタイヤですが、意外とタイヤの空気圧は放置しがちな方も多いのではないでしょうか。メーカー指定の空気圧に調整していないと、効率が下がってもったいないだけでなく、最悪は事故の危険性も?!詳しく見ていきましょう。


【カーリースと中古車、どっちがおトク?】支払い額近し!メリット・デメリットで見極めよう

【カーリースと中古車、どっちがおトク?】支払い額近し!メリット・デメリットで見極めよう

近年人気上昇中のカーリースですが、メリットばかり宣伝で見るけど何か裏があるんじゃないの?と気になっている方も多いのでは。新車は手が届かないけど、カーリースならなんとかなるかも!とお思いの方でも、中古車もきっと一度は検討してみたはず。カーリースと中古車、どちらがどんなカーライフにぴったりなのか、メリットとデメリットを分析することでしっかり見極めていきましょう。


【カーリース会社を比較】おトクなのはどのカーリース?人気会社を調査

【カーリース会社を比較】おトクなのはどのカーリース?人気会社を調査

近年急速に広がりを見せている車の持ち方が「カーリース」です。あらゆる分野で所有しない使用というスタイルが人気を得る中、車に対する出費を月々定額の支払いでまとめることのできるカーリースもお手軽感が人気の様子。そこで、人気のカーリース会社の特徴をまとめて比較してみました。ご自分に合ったカーリース会社はどれなのか、きっとぴったりのサービスが見つかるはずです。


世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

世界で愛されるマツダの「顔」!マツダ3へと生まれ変わったアクセラの魅力を徹底解剖

マツダの世界戦略車として開発され、国内のみでなく欧米諸国でも高い人気を誇るマツダのアクセラ(現マツダ3)の特徴や魅力をご紹介します。セダンやハッチバックなどモデルラインナップも多いので、それぞれの特徴、そして新車価格・中古車価格などについても解説していきます。


広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

広い室内が魅力の「スズキ エブリイワゴン」を徹底解剖!

スズキのエブリイワゴンは広々としたインテリアが特徴で、車中泊もできるアウトドアにぴったりの一台です。価格も比較的安価に購入できるので、高いコストパフォーマンスも魅力のひとつです。そこで今回は、エブリイワゴンの魅力を詳しく紹介します。