目次へ戻る

新車価格200万円以下!現役女子大生が選んだかっこいいと思う車 5選

新車価格200万円以下!現役女子大生が選んだかっこいいと思う車 5選

現役女子大生が選ぶシリーズ。SUVやセダンなどにピックアップし、かっこいい車種を選んでもらいましたが、「高い」「買えない」「若者には無理」という声を多数頂きました。なので今回は、新車価格200万円以下の車をピックアップ!現役女子大生が独断と偏見で選んだ、かっこいい!と思った車をご紹介いたします。


値段だけが正解じゃない!


現役女子大生が選んだシリーズ、やはりミーハーな女子大生が選んだ車はどれも高くて現実味がないというご指摘をいただき…

新車価格200万円以下で「かっこいいかな・・・」と思う車に着目してみました。

高い車が好き!高い車に乗ってるから良い!という訳ではありません!

200万円以下でもありました!かっこいい車!リーズナブルなのにカッコいい!!夢の詰まった車5選をご紹介いたします!

圧倒的なコストパフォーマンス マツダ アクセラスポーツ

アクセラスポーツの車名は、「Accelerate(加速する)」+「Accelerator(アクセル)」+「Excellent(卓越した)」からできたようです。

アクセラスポーツは2013年に3代目デビューしたマツダの上級ハッチバック。名前どおりスポーティーなモデルとなってます!名前から高級感が出てますね!

昨年2016年の7月14日に大きなマイナーチェンジが行われて、新たに1.5リッターにダウンサイジングされたSKYACTIV-D1.5クリーンディーゼルエンジンのグレードが追加されました。

外観では、グリルメッキトリムの延長ラインがヘッドライト上からシグネチャーヘッドライトユニットに繋がるデザインへグレードアップ。

「魂動デザイン」によるスタイリングで、国産Cセグメントクラスの中でも人気のマツダ・アクセラです。

マツダの主力モデルであるアクセラは海外でも人気モデルとなっています。


圧倒的な存在感。それでいてこのあふれ出る色気!
1.5Lモデルの標準グレードである15Sが193万円から。
素晴らしいコストパフォーマンスです!


値段が安いだけじゃなく、このアクセラスポーツは走行性もかなり評判がいいんです!!
身のこなしは軽やか、乗り心地もフラットライドで悪くないそうです!

走る楽しさと実用性、そして環境性能を兼ね備えたハッチバックとしてベストと言えます!

【マツダ アクセラ】まさに人馬一体 詳細情報一覧

https://matome.response.jp/articles/343

マツダが、日本が、世界に誇るアクセラ。新しくなった理想のエンジン、SKYAKTIVEの走りごこち、ヨーロッパで大人気の美しいフォルム。走る歓びの追求は、粋を凝らしたエクステリア、徹底的に計算された快適空間作りの結晶として現れています。今、乗りたくなる車、楽しいを追求した車の秘密に迫ります。

マツダ アクセラの詳細情報はこちらをご覧ください!

単なる道具である事を越える マツダ デミオ


連続でマツダ車の紹介になります。マツダが誇る名車、デミオ。
デミオという名前は皆さん一度は耳にしたことがあると思います!

わたしもデミオは何となく聞いたことがあります!

デミオのコンセプトは「生命感に満ちて、大人に響く美しさへ。」

商品改良において、新世代車両運動制御技術を採用したり、夜間視認性を高めるライトを搭載するなど、最先端中の最先端、マツダの最新技術がつまっている作品です。

デザインについてはさすがマツダかとしか言いようがないデザインですね!
「色」の使い方と仕立ての良さに徹底的にこだわったやわらかく上質なデザインとなっています。

デミオは、クリーンディーゼルエンジンとガソリンエンジンの二つのエンジンがあります。

ガソリンはすべてのグレード200万円以下で、クリーンディーゼルはXD,XD Touringのみ200万円以下で購入することができます!

全グレードが「安全運転サポート車(サポカーS)ベーシック」に該当し、全方位をセンシング。
日々の「走る歓び」をこれまで以上の大きな安心感で体感できる車です!

マツダの人気車デミオ!人気の理由は?

https://matome.response.jp/articles/100

マツダの人気車デミオ!!インテリアも上質で、硬派な走りや仕様のデミオ。そんなデミオの魅力に迫ります。

ホンダ デミオの詳細情報はこちらをご覧ください!

美しくも力強い ホンダ ヴェゼル

ホンダのヴェゼル。
「その車、世界ヴェゼル」というCMでおなじみですよね。

ガソリン車のベーシックタイプのGグレードFFタイプのみ1,920,000円という価格ですが、今人気のSUVが200万円以下で手に入れられるのはかなりありがたいお話ですよね。

またヴェゼルはコンパクトSUVでありながらミニバン並みのゆとりの広さがあり、とても使い勝手が良くなっています。
ボディサイズを見てみると、マツダのCX-3とほぼ同等の大きさだと言えます。

室内空間を見た目や肌触り、座り心地まで徹底的にこだわった設計が行われていて、質感の高い車です。3年連続にてSUV販売台数No.1の実績もあり、満足度も高い車でしょう。

度重なったリコールの影響で消費者としては不安もあると思いますが、
現在は改善され、アクセルを踏み込むと加速感はスムーズで、CVTが採用されていますので、変速ショックも感じられることもありません。シートが柔らかめに設定されていますので、乗り心地も快適と言われています。

大人気SUV!ホンダ、ヴェゼル、ヴェゼル ハイブリッド試乗した感想とは

https://matome.response.jp/articles/579

ホンダは、『ヴェゼル』および『ヴェゼル ハイブリッド』の2016年度(2016年4月~2017年3月)販売台数が7万3583台となり、暦年に続き年度でも、3年連続でのSUV新車販売台数第1位を獲得したと発表した。

ホンダ ヴェゼルの詳細情報はこちらからご覧ください!

ゆとりと実用性を兼ね備えた トヨタ プレミオ

プレミオは1957年に発売された『コロナ』をルーツとするモデルで現行モデルは通算13代目になります。

2016年、二回目のマイナーチェンジが行われ、外観デザインはフロント回りを一新したことで大きな変更感があり、内装にも手を加えたほか、先進緊急ブレーキを含む「トヨタセーフティセンスC」を採用するなど、安定性のある車です。

優雅で華やかなデザインは大人の色気がぷんぷん漂うかっこいいデザインです。

車内は、リラックスできるゆったりとした空間で、雰囲気のあるインテリアでミディアムセダンということを忘れてしまうほど上質な内装となっております。

木目調パネルを採用しており、レディッシュブラウン、ライトブラウンから選択できます。シートカラーによっては落ち着いた空間も作ることができ、シートアレンジと組み合わせて自分だけの快適空間を演出できることでしょう。

日本の正統派セダン!息子から高齢者まで幅広く人気のプレミオとは?

https://matome.response.jp/articles/76

いまでは希少な5ナンバーセダンで、「日本の正統派セダン」とうたうトヨタ『プレミオ』は、「外は息子も乗れるアグレッシブさを、中は高齢者に多いご操作を注ぎ込んだ」そうです。セダンの伝統を守り抜くプレミオについてまとめました。

トヨタ プレミオの詳細情報はこちらからご覧ください!

すべての面で財布にやさしい トヨタ アクア

トヨタの誇るプレミアムコンパクト「アクア」

低燃費でコンパクトで使いやすくリーズナブルというはなまる満点の車です!
2013年から4年連続で国内販売台数首位を記録しました。


ついこの間行われたマイナーチェンジでは、より先進的で洗練された外観デザインへと大幅変更しフロントは伸びやかなデザインとしたヘッドランプをはじめ、フードやフェンダー、バンパーなどが変更され、さらに洗練されたイメージを増長させたトヨタ渾身の車です!

デザインはプリウスのようにトライアングル・シルエットを採用し空気抵抗を低く抑えるようなボディデザインとなっています。

このアクアの特徴は何といっても燃費の良さ!ピカイチです!
ミーハーな私は燃費のいい車と言われたらプリウスだけが頭に浮かびますが、そのプリウスに匹敵するくらいの燃費の良さです。

国土交通省が発表した燃費の良いクルマベスト10ではベスト3に輝きました!

大きすぎず、小さすぎずの丁度良い使いやすさですが、軽自動車よりも大きいサイズなので様々なシーンで活躍すると思います!

燃費の良さはプリウス級!トヨタのコンパクトカー、アクア!

https://matome.response.jp/articles/287

アクアはトヨタから2011年に発売された5ドアハッチバックの形状をしたハイブリッドのコンパクトカーです。

トヨタ アクアの詳細情報はこちらをご覧ください!

まとめ

いかがでしたか?
わたしは個人的にデミオが一番好きです。

200万円以下でも十分かっこよくて機能性もある車は手に入れられますね!!
経済的で、かっこよくて、乗り心地もいい!女子ウケもいい!

大学生を始め、新車は欲しいけどあまりお金は掛けたく無い・・・という方。200万円以下で車を探していた方などはぜひ参考にしてみてください。

高額だとしても、カッコいい!と思われる車に乗りたい!という方はこちらの記事も参考に

現役女子大生が選ぶシリーズ!モテる・女子ウケの良い車3選!【SUV編】

https://matome.response.jp/articles/670

今流行りのSUV!!みなさん「SUVになんて女子は興味ない!」そう思っていませんか??そんなことありません!!女子だってかっこいいSUVなら惹かれちゃうんです!!現役女子大生でもそうなんです!!モテる男になって、女子ウケSUVで好きな女性にアタックしちゃいましょう!!

現役女子大生が選ぶシリーズ!モテる・女子ウケの良い車3選!【セダン編】

https://matome.response.jp/articles/694

「車の絵を描いてください」と言われて真っ先に思い浮かぶ形は「セダン」という方も多いのではないでしょうか。最近ではミニバンやSUVなどが流行っていますが、やっぱり高級感漂うセダンは女子ウケの良い車種が多いです。かっこいいセダンに乗ってモテモテになっちゃいましょう!

現役女子大生が選ぶ!こんな車に迎えに来てほしい VS 絶対来ないで!

https://matome.response.jp/articles/652

現役女子大生が選ぶこんな車に迎えに来てほしい!VS 絶対に来ないで対決。車を持っているだけで女子からの見る目は変わります。こんな車で学校まで迎えに来てくれたら好きが止まらない!逆に絶対に乗って来ないで!むしろ乗車拒否!という車をご紹介!イマドキ女子大生のリアルな意見=女子ウケも良いという観点で見て頂けたら幸いです。

関連する投稿


ホンダの新型インサイト情報更新!気になる燃費と価格は?

ホンダの新型インサイト情報更新!気になる燃費と価格は?

ホンダの米国部門、アメリカンホンダは6月19日、新型『インサイト』の燃費と価格を発表しました。米国EPA(環境保護局)燃費は、市街地モードで23.4km/リットル。ベース価格は2万2830ドル(約252万円)です。


出た!トヨタ センチュリー新型、21年ぶりのフルモデルチェンジで発売!

出た!トヨタ センチュリー新型、21年ぶりのフルモデルチェンジで発売!

トヨタ自動車は、最高級乗用車(ショーファーカー)『センチュリー』を21年ぶりにフルモデルチェンジし、6月22日より販売を開始しました。貴方は、センチュリーのこと、どれだけ知っていますか?


なにその車名カッコイイ!響きがカッコイイ車名厳選20選!~国産車編~

なにその車名カッコイイ!響きがカッコイイ車名厳選20選!~国産車編~

貴方は、「その名前カッコイイな」と思ってしまった車の名前はありますか?本記事では、その響きが!由来が!なんだかわからんが!カッコイイ!というカッコイイ車の名前をまとめました。カッコイイ車名・車種名に興味があるという人も、興味がないという人ぜひこの記事を読んでみてください!思わず調べてしまうこと間違いなし!由来も解説!


マツダ 新型アクセラ ワールドプレミアは2018年11月か?

マツダ 新型アクセラ ワールドプレミアは2018年11月か?

マツダの次世代ガソリンエンジン「SKYACTIV-X」搭載が期待されるCセグメントコンパクト『アクセラ』(海外名:マツダ3)次期型に関する最新情報を入手しました。また、ワールドプレミアに関する情報も!


2019年欧州発売予定 ホンダ アーバンEVコンセプト 最新情報まとめ

2019年欧州発売予定 ホンダ アーバンEVコンセプト 最新情報まとめ

2019年後半に欧州登場予定のホンダのアーバンEVコンセプト。ホンダの新型EVの方向性を示したコンセプトカーです。今もこれからも大注目のアーバンEVコンセプトについて、今現在わかっている情報を改めて本記事ではまとめています。未来的…なのに少しどこかレトロで懐かしい…そんなアーバンEVコンセプトの魅力に迫ります!


最新の投稿


ホンダの新型インサイト情報更新!気になる燃費と価格は?

ホンダの新型インサイト情報更新!気になる燃費と価格は?

ホンダの米国部門、アメリカンホンダは6月19日、新型『インサイト』の燃費と価格を発表しました。米国EPA(環境保護局)燃費は、市街地モードで23.4km/リットル。ベース価格は2万2830ドル(約252万円)です。


アウディ「RS Q8」をスクープ!「ウルス」のエンジンで600馬力?!

アウディ「RS Q8」をスクープ!「ウルス」のエンジンで600馬力?!

Audi(アウディ)が6月に発表した「Q8」の高性能モデル、「RS Q8」がスクープされました。パワートレインにランボルギーニ「ウルス」のと共通のエンジンを備えると見られている、「RS Q8」。本記事では「RS Q8」の最新情報をご紹介します。


出た!トヨタ センチュリー新型、21年ぶりのフルモデルチェンジで発売!

出た!トヨタ センチュリー新型、21年ぶりのフルモデルチェンジで発売!

トヨタ自動車は、最高級乗用車(ショーファーカー)『センチュリー』を21年ぶりにフルモデルチェンジし、6月22日より販売を開始しました。貴方は、センチュリーのこと、どれだけ知っていますか?


8年ぶりのモデルチェンジ ボルボ S60新型登場!PHV設定も!

8年ぶりのモデルチェンジ ボルボ S60新型登場!PHV設定も!

ボルボカーズは6月20日、新型ボルボ『S60』を発表しました。S60のフルモデルチェンジは実に8年ぶりのこととなります。PHVも設定され、刷新されたS60新型についてまとめています。


W杯に五輪、芸人…。熊本県警が繰り出す電光掲示板のクセがすごい!

W杯に五輪、芸人…。熊本県警が繰り出す電光掲示板のクセがすごい!

FIFAワールドカップロシア初戦、大迫勇也選手がコロンビア戦で1得点をあげたことにかけた電光掲示板(道路情報板 )の交通標語が話題を呼んでいます。当記事では熊本県警が発信するワールドカップにちなんだ電光掲示板の標語と、過去の流行に絡めた電光掲示板の表示も合わせてご紹介します。