トップへ戻る

日本の正統派セダン!息子から高齢者まで幅広く人気のプレミオとは?

日本の正統派セダン!息子から高齢者まで幅広く人気のプレミオとは?

いまでは希少な5ナンバーセダンで、「日本の正統派セダン」とうたうトヨタ『プレミオ』は、「外は息子も乗れるアグレッシブさを、中は高齢者に多いご操作を注ぎ込んだ」そうです。セダンの伝統を守り抜くプレミオについてまとめました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


正統派セダン、プレミオについて知りたい

 プレミオ快適性能・車内空間

プレミオの特徴は?


プレミオは1957年に発売された『コロナ』をルーツとするモデルで現行モデルは通算13代目になります。

現行モデルのプレミオは2007年にデビューし、2016年、二回目のマイナーチェンジが行われました。

外観デザインはフロント回りを一新したことで大きな変更感があり、内装にも手を加えたほか、先進緊急ブレーキを含む「トヨタセーフティセンスC」を採用するなど、安定性のある車と言えるでしょう。

プレミオのデザイン・ボディーカラー

新色 ブラッキッシュアゲハフレーク

2016年の6月に、プレミオはマイナーチェンジが行われました。

新色のブラッキッシュアゲハフレークを含み、スーパーホワイトⅡ、ホワイトパールクリスタルシャイン、シルバーメタリック、アティチュードブラックマイカ、ダークレッドマイカメタリック、ダークシェリーマイカメタリック、フロスティーグリーンマイカの全8色と、豊富なバリエーションです。

ブラキッシュアゲハフレークが少し目立つ、という方はシルバーメタリックのボディ色がオススメです。外観が一気に落ち着いた雰囲気に変わります。

エクステリアは、押し出し感のあるフロントグリルに加えて、前よりも精悍さが増したシャープなヘッドランプ。
高級感とスポーティさを表現。プレミオには、横バーを組み合わせたデザインにメッキをあしらったグリルで重厚感。スマートな高級感を演出しています。

静粛性・シートは?


全幅を5ナンバー枠に収めたコンパクトなボディではありますが、同じ5ナンバー車の『カローラ』に比べるとホイールベースは100mm長く、室内空間はたっぷりした広さが確保されています。

また、大人がゆったり乗れる空間があることから、運転する際に視線が高くなり、運転しやすくなります。

1.5リットルエンジンだと、回したときの騒音がやや大きめになってはしまいますが、1.8リットルエンジンであればそれほど回さなくても力があるので、結果として静かな走りを体感できます。

シートは、なんと前後スライド、リクライニングに加え、シートの上下、座面前端の上下の調整を電動で行うことができます。腰が辛いあなたにもうってつけ、腰を支えるランバーサポートがついています!

プレミオの燃費・走行性能

燃費

プレミオは、高出力と燃費を同時に追求する「バルブマチック」を採用しています。
このシステムは空気を吸入する際の抵抗を低減することなどにより、エンジンの燃焼効率を高める効果があります。

また、1.5L 1NZ-FE エンジンでは、19.2Km/Lと、低燃費にも余念がありません。

いつものように信号待ちや一時停止時に、エンジンのアイドリングを自動的にストップするアイドリング機能も搭載しているため、エコ運転が簡単にできる地球にやさしい車になっています。

走行性能

プレミオには、アクティブトルクコントロール4WDシステムが搭載されています。このシステムは、滑りやすい路面や登り坂などで、スムーズな発進、加速に貢献してくれます。

通常の走行ではFF(前輪駆動)に近い状態で、前後輪に回転差が生じると電子制御により、回転速度の差に応じた最適なトルクを後輪へ配分します。

実際の乗り心地の良さも小型セダンとしては上々のレベルにあります。

やや柔らかめの足回りが快適な乗り心地を感じさせ、路面の荒れた部分からの入力もうまく対処します。ステアリングについては、もう少してごたえがあっても良いかなという程度で、操舵フィールや最小回転半径も文句のつけようがありません。

運転支援

F1で蓄積された空力技術エアロスタビライジングフィンを採用。気流に小さな渦を発生させて車体を左右から押さえつけ、操縦安定性を確保します。

少し運転に自信がない女性や若い人にもオススメの一台ですね。

実際にプレミオに乗ってみた感想

実際に乗った方の感想はどうなのでしょうか。

プレミオは、まず豊かな室内空間があることは好印象。

ただ、セダンであればピラーをより立てて手前に寄せたいし、後席ドアの開口部形状(乗降時に頭が通る付近)はもっと水平に後ろに延ばしたいと感じる方も多いかもしれませんね。


走りは、乗り味に“トロ味”が増せばなおいいものの、ある種の路面でロードノイズがかなり低く感じられたりと、クラス相応にはなっているようです。

やや操舵力が重めのステアリングにも安心感が感じられます。2リットルということもあり動力性能は十分で、高速走行時には80→100km/hの加速もスッと行なえるなどストレスレスなクルマだそう。

プレミオ 装備・安全性

衝突回避

Toyota Safety Sense C 搭載のカローラ


プレミオは「Toyota Safety Sense C」を搭載しています。Toyota Safety Sense Cは、レーザーレーダーと単眼カメラを併用した検知センサーと、それに基づく統合的な制御により、事故の回避や衝突被害の軽減を支援します。
自動ブレーキは、10~80km/hの速度で作動し、30km/hの減速を行うことが可能です。

また、レーザーレーダーは近距離を高精度で検知できる上、昼夜の影響を受けにくいのが特徴です。一方、単眼カメラはより遠くまで検知でき、クルマだけでなく白線や対向車のランプなども認識できます。この特性の異なる2種類のセンサーが、卓越した認識能力と信頼性の高いシステムの作動を可能にしています。

プレミオは安全面でも優れていることがわかります。

高齢者でも安心安全な理由

また、プレミオには、駐車時の操作ミスなどによる衝突の被害を軽減・回避するインテリジェントクリアランスソナーを標準装備されています!

このシステムはとくに、既存ユーザー層の多くを占めている60~70代にとって、運転の誤操作が多いといわれているので、発進から駐車まで、安心感を持って乗ってもらえるところもプレミオの魅力の一つですね。

バリエーション・価格

それでは気になるプレミオの価格は一体いくらくらいなのでしょうか。

プレミオには多数のグレードがあります。一番高いものだと、2.0G“EXパッケージ”が2,686,255円。一番安いものだと1.5Fの1,908,655円です。人によってはカスタマイズしたりする方もいるかと思いますし、どこで買うかによっても多少価格は変動しますが、高級な軽自動車くらいの相場という感じでしょうか。
(全て税込み)

カスタマイズでは、トヨタが提供している純正のものがあります。例えば、メッキドアミラーカバーやLEDフォグランプ、ナンバーフレームイルミネーション(フロント)などです。

人と少し違いを出してみたいのであれば、自分好みのカスタマイズを施しても楽しいかもしれないですね。

日本の正統派セダンを楽しみたいなら、プレミオで間違いない。

「日本の市場では、こうしたセダンが少なくなってきた。このプレミオ/アリオンは、コロナからずっと乗り継いでくれる人が多い。ほかのメーカーも含め、セダンを乗っていた客が、新しいクルマを探そうとなると、適当なクルマが見つからない。だから他車からの乗り換えも多い。セダンの希望する人たちにはよい反応だ。国内では日産『シルフィ』しかないけど、このクルマも3ナンバーになってしまったから」(原田氏)

最も変わったフロントデザインについて原田氏は、「トヨタのセダンっておとなしい感じ。つまらないという人もいる。そんななか、今回のデザインは押し出し感のある力強いイメージを出せた。逆に出し過ぎて、60代や70代からは遠慮されると思うぐらいだったが、実際に販売し始めたらそんなことはなかった」という。

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

販売絶好調!ヤリスファミリーのどこが魅力?ライバルは?

2020年2月発売のヤリスを皮切りに、GRヤリス、ヤリスクロスと、「ヤリスファミリー」が広がっています。3台それぞれが各セグメントで確固たる人気を獲得していることもあって、2021年に入ってからも登録者国内販売台数の首位を堅持し続けている「ヤリスファミリー」の魅力は一体どこなのか、ライバルと比べてどうなのか、詳しく探っていきましょう。


最新の投稿


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。


ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

車を運転するのは晴れの日だけではなく、むしろ雨や雪といった天候の悪い時こそ車は大活躍しますよね。視界が悪くなりがちな悪天候時にきちんと前や後ろを見て運転するためにも、ワイパーの状態を適切に管理しておくのは、安全運転の要で非常に大事なことです。この記事ではワイパーの交換目安や交換方法をご紹介していきます。簡単なのに効果が絶大なワイパー交換にぜひチャレンジしてみてください。


人気で選ぶ!2021年におすすめの中古車厳選10選、価格から魅力まで

人気で選ぶ!2021年におすすめの中古車厳選10選、価格から魅力まで

愛車選びは悩ましいもの。たくさんある車種の中からどれを選んだらいいのかななんて分からない、とお感じのあなたなら、人気ランキングで上位の車を選んでみてはいかがでしょう。多くの人から支持を受ける人気の車なら、失敗知らずの車選びができそうですよね。この記事では、中古車として人気の10台の魅力や中古車情報を詳しくご紹介していきますので、参考にしてみてください。


室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

ボディサイズに制限があり、全長と全幅が横並びとなっている軽自動車。しかし、軽なら室内が狭くても仕方ない、と諦めるのは早い! 数多ラインナップされている軽自動車の中には驚きの室内空間のゆとりを持つものも存在しており、かしこく選べば普通車顔負けの実用性をリーズナブルな価格で手に入れることも可能です。この記事では、室内が広くておすすめの軽自動車を5台ご紹介していきます。


乗り心地抜群の軽自動車はどれ?おすすめ厳選4台をタイプ別にご紹介

乗り心地抜群の軽自動車はどれ?おすすめ厳選4台をタイプ別にご紹介

サイズが小さく車重も軽い軽自動車には、経済性が第一で乗り心地は二の次というイメージをお持ちの方も多いかもしれません。しかし最新の軽なら優れた乗り心地を実現しているモデルも多数揃っており、毎日使うことも多い軽自動車だけに、快適な乗り心地をしっかり重視した車選びをしたいところです。この記事では、乗り心地のいいおすすめ軽自動車を、タイプ別に4台ご紹介していきます。