トップへ戻る

【2020年】女性におすすめ カッコいい車!国産車・外車5選

【2020年】女性におすすめ カッコいい車!国産車・外車5選

女性目線でカッコいい車を、国内外より様々なジャンルの中から厳選していきます。国産車ベスト5&外車ベスト5、女性が似合うカッコいい車はどんな種類のものがあるのでしょうか?

⏳この記事は約3~4分で読めます。


目次

女性に乗ってほしいカッコいい車!国産車&外車!

ランドローバー レンジローバー

女性が乗る車というと、軽自動車やコンパクトカーといった印象を抱く人が多いかもしれません。

けれど、女性だってカッコいい車が好きな人もいますし、男女関係なくカッコいい車を乗り回してほしいです。

また女性の場合は、独身、既婚、子供の有無といったライフスタイルに応じて乗る車種も変わってきてしまいます。

そこで、今回は、そんな悩める女性のために、筆者が考えるカッコいい車を国産車と外車に分けてそれぞれでランキング形式で発表していきます。

貴女の心をときめかせる、カッコいい車はありますか?

女性が考えるカッコいい車って?

女性が車に求める条件とは?条件6選

女性は男性と比べて運転が苦手という人も中には多いですよね。身体も男性と比べると小さい。そんな中で車に求める基準は男性と比較すると変わってきます。

ではどんなモノが具体的にあるのでしょうか。
筆者が考える女性が求める車の条件を考えてあげてみました。

【女性がもとめる車の条件6選】

・性能(安全面)の充実
・内装
・収納スペースが確保されている
・燃費の良さ
・運転のしやすさ
・デザイン性の高さ

やはり女性は機能性や経済的な面を重視する人が多いですよね。

これは、女性ならではの使い方が関係してきます。

日々の買い物・子供の送迎などで車を使用することが多いので、その視点で選ぶ人は多いと思います。その条件をクリアした上で、次に考えるのがデザイン性の高さなのかもしれません。

これらの点と筆者のセンスを合わせながら、以下で女性におすすめしたいカッコいい車(国産車・外車)をランキングにしてみました。

カッコいい車を探している人は必見です。

女性におすすめ カッコいい車!国産車ベスト5

トヨタ CH-R

まずは国産車の中からおすすめしたい車をえらんでいきます。最近モデルチェンジしておすすめのクルマやコンパクトカーなど、ぜひ車選びの参考になれば嬉しいです。

では、国産車でおすすめの車を見ていきましょう。

第1位:トヨタ C-HR

C-HR

第1位にご紹介するのは、トヨタ自動車「C-HR」です。この車はトヨタのSUVで、コンパクトで見た目もカッコよくまずご紹介したい1台目になります。

2016年12月14日に発売されて、約3年が経過しています。

トヨタ自動車の欧州部門、トヨタモーターヨーロッパは10月1日、改良新型『C-HR』(Toyota C-HR)を欧州で発表した。

C-HRはトヨタのBセグメントクロスオーバー車だ。欧州仕様車は2016年秋、フランスで開催されたパリモーターショー2016において、初公開された。今回、デビューから3年が経過して、初の大幅改良を受けた改良新型が発表されている。

改良新型C-HRでは、ハイブリッドパワートレインの充実、新しいマルチメディアシステムの採用、エクステリアデザインの変更などが施されている。

日本国内で「C-HR」は2019年10月にマイナーチェンジをし、「GRスポーツ」が追加されました。日本で2016年に発売されて以降このセグメントで年間販売台数№1になりました。

個性的なデザイン性の高さとハンドリングの良さが人気のひとつともいえます。

TNGAのプラットフォームを採用し、ヨーロッパで徹底的に作りこまれたC-HRは、マイナーチェンジ後から、日立製のダンパーを採用し、乗り心地も良くなっています。

それに対して、GRスポーツは、ブレースとスタビライザーが追加され足回りが変更されました。タイヤは、18インチから19インチにアップされています。

エクステリアでは、ヘッドライトとリアランプの意匠が変更。特にリアは左右のライトが繋がりスッキリしました。

フロントマスクでは、GRデザインのアイデンティティである「ファンクショナル・マトリクス・グリル」が採用されました。2016年のパリモーターショーから4年。改良された新型にはハイブリッドも充実していることから、更なる「 C-HR」の躍進が期待できます。

このコンパクトSUVは国内でも人気がある分野なので今後のモデルチェンジの発表が楽しみになります。

トヨタ C-HR ボディサイズ・スペック・燃費・新車価格

トヨタ C-HR 改良新型

ハイブリッド2WD(G)

駆動方式

ハイブリッド(2WD)
ボディサイズ(全長×全幅×全高)

4,360mm×1,795mm×1,550mm

室内寸法(長さ×幅×高さ)1,800mm×1,455mm×1,210mm
車両重量1,440㎏
最大乗車定員
5名
燃費(JC08モード)30.2㎞/L
最小回転半径5.2m
総排気量1,797㏄
最高出力72(98)/5,200
最大トルク142(14.5)/3,600
燃料タンク容量43L
新車価格(全グレード)2,367,000円~3,095,000円(税込み)
※新車情報は公式サイト調べ(2020年1月現在)

トヨタ「C-HR」はGRスポーツが追加され、益々フロントマスクに個性が光ります。

安全志納も充実。見た目のデザイン・コンパクトなどから国産車ではオススメしたいカッコイイクルマになります。

GRスポーツは、人気が分かれると思いますが、このマスクが好きな人にはきっとたまらないデザインになることでしょう。

第2位:スバル XV

スバル XV

第2位はスバル「XV」です。2010年に3代目インプレッサのクロスオーバーモデルとして誕生しました。

現在のモデルは3代目となり、2017年より発売。近年のSUV人気もすごく、今やスバルの中でも人気の車種となっています。

スバル「XV」の魅力の一つがカラーバリエーションの豊富さです。どのカラーを見ても、とってもセンスのいいクルマのイメージがあります。

スバル「XV」はコンパクトな中でも、とりわけ小さい訳でもなく見た目の存在感といったら、カッコイイ女性のイメージに合います。

では詳しいスペックを見ていきましょう。

スバル XV ボディサイズ・スペック・燃費・新車価格

スバル XV

スバル・DBA-GT3 1.6i EyeSight

駆動方式

AWD(常時前輪駆動)
ボディサイズ(全長×全幅×全高)

4,465mm×1,800mm×1,550mm

室内寸法(長さ×幅×高さ)2,085mm×1,520mm×1,200mm
車両重量1,410㎏
最大乗車定員
5名
燃費(JC08モード)

15.8㎞/L

最小回転半径5.4m
総排気量1,995㏄
最高出力85(115)/6,200
最大トルク148(15.1)/3,600
燃料タンク容量63L
新車価格(全グレード)2,200,000円~2,920,000円(税込み)
※新車情報は公式サイト調べ(2020年1月現在)

スバル「XV」はスバルの中でも人気の車種となっていおり、アイサイトが搭載されていることから、安全性能も高くなっています。

カラーのバリエーションも豊富でカッコイイ・安全性も高い・コンパクトなどから女性にピッタリな1台です。

第3位:マツダ MAZDA2

マツダ2

第3位は「MAZDA2」になります。2019年9月12日より発売された3代目モデルより、「デミオ」から「MAZDA2」に車名が変更されました。

グローバルでは既に「MAZDA2」の名称で販売されていたので、世界で車名を統一する形となりました。

2019年12月13日、マツダ欧州部門では「マツダ2」の改良した新型を欧州市場で発表しました。欧州では、発売当時から「マツダ2」のネーミングで販売されてきました。

改良した新型では、魂道デザインが導入されます。フロントマスクは一新しているのが新型の特徴になります。

マツダらしいとっても洗練されたデザイン性の高さになっています。

メッシュパターンのフロントフリルに新デザインのLEDヘッドランプが組み合わせれています。(オプションでアダプティブLEDヘッドライトが選択できる)

足元では16インチあるホイールを新たに採用しています。

マツダ2改良新型の欧州仕様車には、「マツダMハイブリッド」が設定される。マツダMハイブリッドは、欧州向けの新型『マツダ3』と『CX-30』にも用意されるマイルドハイブリッドだ。減速中のエネルギーを回収し、この電力がモーターに送られ、加速時などにエンジンのパワーをアシストする。

Mハイブリッドでは、ベルト一体型スタートジェネレーター(「B-ISG」)と回生ブレーキを利用して、発電を行い、エネルギーをキャパシタに蓄える。この電力がモーターに送られ、加速時などにエンジンのパワーをアシストする。また、エンジンの自動停止と再始動も行い、燃費を向上させる。

マツダ2改良新型の欧州仕様車では、マツダMハイブリッドを、1.5リットル直列4気筒ガソリンエンジンの「SKYACTIV-G」+6速MTと組み合わせる。このエンジンには、2種類のチューニングが用意されており、標準バージョンが最大出力75ps/6000rpm、最大トルク13.8kgm/3800rpm、高出力バージョンが最大出力90ps/6000rpm、最大トルク15.1kgm/4000rpmを引き出す。

動力性能は、最大出力75ps仕様が0~100km/h加速11.7秒、最高速170km/h、最大出力90ps仕様が0~100km/h加速9.7秒、最高速183km/hとなる。環境性能に関しては、欧州複合モード燃費が18.8km/リットル、CO2排出量が94~95g/km(いずれもNEDC:新欧州サイクル)と公表されている。

マツダ2の欧州部門で発売される「マツダMハイブリッド」とても気になるハイブリッドになりますが、日本市場で発売されるのを期待しながら待ちましょう。

マツダ MAZDA2 ボディサイズ・スペック・燃費・新車価格

マツダ2

15S(2WD/4WD)6EC-AT/6MT

駆動方式

2WD(FF)
ボディサイズ(全長×全幅×全高)

4,095mm×1,695mm×1,500mm

室内寸法(長さ×幅×高さ)1,805mm×1,445mm×1,210mm
車両重量1,060㎏
最大乗車定員
5名
燃費(WLTCモード)市街地:15.2郊外:19.4高速道路:20.9(㎞/L)
最小回転半径4.7m
総排気量1,496L
最高出力81(110)/6,000
最大トルク141(14.4)/4,000
燃料タンク容量44L
新車価格(全グレード)1,573,000円~2,667,500円(税込み)
※新車情報は公式サイト調べ(2020年1月現在)

マツダ2は「デミオ」から車名を変更されて、国内でもスタイリッシュなイメージがアップしたのではないでしょうか。

国内での売れ行きも増しながら、カッコイイコンパクトカーで女性にもおすすめなので気になる方はチェックしてみてくださいね。

第4位:トヨタ カローラツーリングワゴン

トヨタ カローラツーリング

第4位はトヨタ「カローラツーリングワゴン」になります。

トヨタから「カローラ」が誕生したのは1966年。すでに50年以上カローラの人気が続いています。そして、トヨタ カローラとしては、12代目のモデルとなります。

2019年9月17日「カローラ」がフルモデルチェンジしました。

その一か月後にセダンとツーリングが発売になりましたが、その受注数の内訳を見ても、全体は約2万2000台の受注のうち、「カローラツーリング」は1万3700台。いかにワゴン人気があるかがわまります。

女性が乗ってもカッコイイデザイン。ハイブリッドもあり燃費もある程度よくなっていますので、ワワゴンの中ではスバルのレヴォーグと人気を争っていますが、「女性が乗ってもかっこいいワゴン」がトヨタ カローラツーリングになります。

ワゴン車はインパネ部分からの視界が低めになるので、SUVと比較すると視野は狭くなります。

その分、安定した走りを楽しみたい方にはおすすめです。

トヨタ カローラツーリングワゴン ボディサイズ・スペック・燃費・新車価格

トヨタ カローラツーリング

ハイブリッドW×B 2WD

駆動方式

ハイブリッドW×B 2WD

ボディサイズ(全長×全幅×全高)

4,495mm×1,745mm×1,465mm

室内寸法(長さ×幅×高さ)

1,795mm×1,510mm×1.160mm

車両重量1,390㎏
最大乗車定員
5名
燃費(WLTCモード)25.6㎞/L
最小回転半径5.3m
総排気量1,797㏄
最高出力176(171)/6,600
最大トルク207(21.1)/4,800
燃料タンク容量43L
新車価格(全グレード)

2,013,000円~2,799,500円(税込み)

※新車情報は公式サイト調べ(2020年1月現在)

国産車のワゴンでスタイリッシュなデザイン性の高さからおすすめしたい1台になっています。ワゴンタイプなので荷物も積むことができるのもポイントが高くなります。

気になる方は要チェックです。

第5位:スズキ スペーシアギア

スズキ スペーシアギア

第5位にスズキから発売されている「スペーシアギア」を選出。

2018年12月より販売が開始されました。軽自動車とは思えない程の開放的なスペース。そしてごつっとしたSUVらしく見えるワイルドなデザインがとても魅力のある車です。

これはハイトワゴンなのか、それともSUVなのか。このニューフェイスは気になるところですよね。

「冒険心を刺激するSUVデザイン」「SUVな軽ハイトワゴン」。カタログの冒頭にはこのような記載があります。

なんとも気になるフレーズです。SUVライクな軽自動車としては、スズキには「ハスラー」がありますが、「ハスラー」は車内スペースが狭いと感じる人も多いでしょう。

その点、「スペーシアギア」は車内がとても広くなっていて、荷物も乗せやすくスライドドアな造りや、見た目のかっこかわいさも魅力的。

普段使いからアクティブに使いたい方まで、幅広い女性の方に選んで頂けます。そして、アウトドア派まで合うように考えられている遊び心満載の軽自動車です。

スズキ スペーシアギア ボディサイズ・スペック・燃費・新車価格

スズキ スペーシアギア

ハイブリッドW×B 2WD

駆動方式

ハイブリッド XZターボ

ボディサイズ(全長×全幅×全高)

3,395mm×1,475mm×1,800mm

室内寸法(長さ×幅×高さ)2,155mm×1,345mm×1,410mm
車両重量890~940㎏
最大乗車定員
4名
燃費(JC08モード)24.0~25.6㎞/L
最小回転半径4.4m
総排気量0.658L
最高出力47(64)/6,000
最大トルク98(10.0)/3,000
燃料タンク容量27L
新車価格(全グレード)1,644,500円~1,890,900円(税込み)
※新車情報は公式サイト調べ(2020年1月現在)

軽自動車の中でも、最もおすすめしたいのがスズキ「スペーシアギア」。

よりアクティブに使用したい方には4WDターボがおすすめになります。ぜひチェックしてみてださいね。

女性におすすめ ハイセンスでカッコいい外車ベスト5

ランドローバー レンジローバー

女性に人気の外車をランキングで紹介します。近年に見られる傾向ですが、日本車と外車の価格差も狭まってきています。

それに伴い、デザイン性の高い外車の人気も上昇中。ドイツ・イタリア・フランスなどヨーロッパを中心としたハイセンスなブランドも人気があります。

憧れのブランドの中から厳選した5車種を紹介します。

第1位:ランドローバー レンジローバー

ランドローバー レンジローバー

ランドローバー レンジローバー

第1位はランドローバー「レンジローバー」になります。イギリス・ランドローバー(現在はインドのタタモーターズの子会社)が生産している高級オールパーパスフルタイム4WDになります。

イギリス王室でも採用されている人気と信頼性のあるメーカーで、世界中のセレブも愛用するSUVとして知名度も抜群。

日本でもたくさんの有名人が乗っており、憧れる女性も多い車と言えます。

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは「レンジローバー」と「レンジローバー・スポーツ」の受注を2019年12月23日より開始しました。

2020年モデルでは、レンジローバーの洗練されたデザインとレンジローバー・スポーツのスポーティーなデザイン性なども刷新しつつ、エンジンラインナップの見直しを図りました。

SUVには珍しい2ドアクーペや屋根部分が開くオープンタイプが設定されるなど、バラエティに富んだグレードがあります。

ランドローバー レンジローバーボディサイズ・スペック・燃費・新車価格

ランドローバー レンジローバー

VOGUE

駆動方式

ボディサイズ(全長×全幅×全高)

5,005mm×1,985mm×1,865mm

室内寸法(長さ×幅×高さ)
車両重量2,390~2,740㎏
最大乗車定員
5名
燃費(JC08モード)12.4㎞/L
最小回転半径6.1m
総排気量1995~4999㏄
最高出力176(171)/6,600
最大トルク207(21.1)/4,800
燃料タンク容量86L
新車価格(全グレード)

レンジローバー:1409万円~3202万円(税込み)

レンジローバースポーツ:936万円~1723万円(税込み)

※新車情報は公式サイト調べ(2020年1月現在)

レンジローバーはバラエティに富んだグレードがあり、自由度な発想も外車らしさも感じさせられます。

もちろんかっこ良さ・知名度は抜群ですので、気になる方は要チェックです。

第2位:VW ゴルフ

VW ゴルフ

第2位はVW「ゴルフ」。1974年のデビュー以来45年が経つドイツ車のVW(フォルクスワーゲン)「ゴルフ」は45年で3500万台も累計売上を販売されました。

使い勝手の良い4ドアハッチバックは、日本の外車では定番となっている車です。

欧州市場では、第8代目の「ゴルフ」が2020年始めごろ発売されます。またゴルフブームが再来するかもと予感さえされています。

この安定のフォルム。いつまでも飽きの来ないデザイン性の高さから、ゴルフを選びました。女性が乗っていると、上品ささえ感じさせられます。

日本車で例えると「カローラ」のような位置になります。歴代生産台数でも「カローラ」に次ぐ世界2位の実績を持つ車です。

人気と信頼性を兼ね備えている車になります。

VW ゴルフ ボディサイズ・スペック・燃費・新車価格

VW ゴルフ

TSI Trendline

駆動方式

ボディサイズ(全長×全幅×全高)

4,265mm×1,800mm×1,480mm

室内寸法(長さ×幅×高さ)
車両重量1,430㎏
最大乗車定員
5名
燃費(WLTCモード)市街地:14.0郊外:18.9高速道路:22.2(㎞/L)
最小回転半径5.2m
総排気量1,968㏄
最高出力110(150)/3,500-4,000
最大トルク340(34.7)/1,750-3.000
燃料タンク容量53L

新車価格(全グレード)

2,590,000円~5,840,000円(税込み)

※新車情報は公式サイト調べ(2020年1月現在)

ゴルフは国内でも人気に再び火が付きそうな予感。中古市場でも人気がある車なので、ご自身が気に入ったデザインを新車や中古の中から探し求めてもいいのかもしれません。

ぜひ今後のフルモデルチェンジして発売されるゴルフに注目です。

第3位:フィアット 500

関連する投稿


トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

トヨタ ヤリスの燃費 金メダル級の高効率?!世界頂点級のハイブリッドとガソリン、実燃費は

シャープなデザインと優れた走行性能をひっさげて、ヴィッツに代わる新たな名前で登場した「トヨタ ヤリス」は、2020年のデビューから国内市場だけでなく世界的な人気を獲得しています。そんなヤリス、ハイブリッド車では世界トップレベルの低燃費を実現しているなど、その高効率性がハンパないことはご存知でしたか? 話題のハイブリッド車だけでなく、力強さのガソリン車まで含めて、ヤリスの燃費を分析していきます。


【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

【販売台数 過去最高!】トヨタ アルファード これを読めば人気の理由がわかる!

今、トヨタのアルファードが人気沸騰中です。何と、発売から6年を経過したにもかかわらず、過去最高の販売実績を記録しているのです。そんなアルファードの人気の理由はどこにあるのでしょうか?そこで、今回はアルファードの魅力を徹底的に検証し、その人気の理由をご紹介します。


【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

【2021年最新】トヨタの現行スライドドア車まとめ!乗り降り楽々で魅力的な最新車はコレ

ご家族が乗り込むことも多いファミリーカーに備わっているとうれしい装備といえば、後席用のスライドドアではないでしょうか。乗り降りがしやすく、荷物を載せるのにもうれしいスライドドアは、軽自動車から大型のミニバンまで選択肢も広くなっていますよ。この記事では、2021年8月現在のトヨタ車ラインナップのうち、スライドドアを持つ車をまとめてみましたので、次の愛車選びに役立ててみてください。


【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

【2021年最新】日産の現行スライドドア車まとめ!伝統のミニバンから軽まで種類が豊富

ご家族で利用される車についていて欲しい機能といえばスライドドア。お出かけやお買い物、とっさの雨でのお出迎えまで、スライドドアが付いていれば日々のカーライフがより充実すること間違いなしですよね。先進の運転支援技術で人気の日産のラインナップでも、スライドドアを装備した車が多数用意されています。一覧でご紹介していきますので、一体どの車種があなたにぴったりなのか、検討してみては。


トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

トヨタ ヤリスのユーザー評価・評論家評価・実燃費まとめ

2020年2月に発売されて以降、国産コンパクトカーの人気を牽引する立場を維持し続けているトヨタ ヤリス。お求めやすい価格帯ながら充実の機能と優れたデザインが印象的ですが、車の魅力は写真やカタログの数値では測り切れない部分もあるものですよね。そこで、実ユーザーや自動車評論家がヤリスに乗ってどのように感じたのかを、実燃費とともにチェックすることで、ヤリスの具体的な評価を確認していきましょう。


最新の投稿


2019年の「ながら運転」厳罰化|その効果と取り締まり基準を解説!

2019年の「ながら運転」厳罰化|その効果と取り締まり基準を解説!

2019年に罰則が強化された「ながら運転」。この改正で、罰則はどのように変わったのでしょうか?また、その効果はありましたか?今回は、どんな行為が「ながら運転」に該当するのか、具体例を取り上げながら、まとめました。


トヨタ ルーミーの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ ルーミーの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

近年大人気の「トールワゴン」タイプであるトヨタ ルーミーは、2021年上半期の販売台数ランキングで単独車種として普通車トップクラスの販売台数を記録するなど、国民車的な人気を誇るモデル。毎日使える実用性が特徴的なルーミーだけに、燃費情報は気にしておきたいところですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費、ライバルとの比較など、ルーミーに関する燃費情報をくまなくご紹介していきます。


トヨタ ハイエースの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

トヨタ ハイエースの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

商用バンながら、ビジネス用途だけでなくアウトドア系マルチギアとしても活用されるなど、長年様々なユーザーに愛され続けてきたトヨタ ハイエース。近年ではキャンプブームなどもあって人気が高まっています。そんなハイエース、存在は知っていても、燃費性能がどの程度なのか気になっている方も少なくないはず。この記事で、カタログ燃費や実燃費、ライバル車種との比較を通して、ハイエースの燃費情報に詳しくなりましょう。


スズキ アルトラパンの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

スズキ アルトラパンの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

まんまるなヘッドライトがキュートなアルトラパンといえば、かわいい軽自動車の筆頭格として長期間にわたって人気を維持しているモデルです。デザインばかりが取り上げられがちなラパンですが、日々使う車だからこそ気にしておきたいのは燃費性能。この記事では、カタログ燃費や実燃費、ライバル車種との比較まで、ラパンに関する燃費情報をくまなく網羅していますので、ぜひチェックしてみてください。


軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

軽自動車の名義変更で必要な書類と当日の流れを徹底解説!

名義変更はクルマの売買時にだけ必要なものではありません。引っ越しや結婚といった際にも、その手続きが必要です。そこで今回は、軽自動車の名義変更手続きについてまとめました。