トップへ戻る

これぞ”漢”の車!カッコよさしかないスバル フォレスター

これぞ”漢”の車!カッコよさしかないスバル フォレスター

本性能が進化したフォレスターは、SUVタイプの中でも人気のある車です。雪道や悪路でも難なく乗り越えられることが有名で、CMでも再現されています。スバルフォレスターの”漢”な一面見せちゃいます!

⏳この記事は約3~4分で読めます。


スバルフォレスター概要・走行性能

概要・特徴

フォレスターは、ステーションワゴンに由来するSUV車として独特なポジションを確立していましたが、モデルチェンジを重ねるごとに最低地上高が高くなり、現在ではスバル車で最も全高と地上高を持つ典型的なSUVモデルとなっています。


現行モデルは、改良を重ねてきていましたが、2015年の秋に大幅に改良をし、内装や走行質感の向上、装備の充実性の底上げを図りました。特に走行中の静粛性は魅力的で、今までは特に静かなものではありませんでしたが、改良によりエンジン音から出る音は静かになりました。

また外観はグリルやバンパーのデザインが変更され、よりSUVらしい力強さを感じる仕上げになりました。

デザイン・ボディカラー

カラーバリエーションも豊富にあり、クリスタルホワイト・パールを含み、ボディ8色の中から選択することが出来ます。エクステリアがしっかり装備されているので、しっかりとしたタフなスタイルのデザインに自分の好みのカラーに仕上げたら、よりエレガントになっていきます。

サイドウィンドウ全周とサイドクラッディングクロームモールを採用しており、どのカラーを選んでもメッキが映えます。標準装備でアルミホイールが付いてくるので、全ての装備が合わさった瞬間に、力強く立派なフォレスターが出来上がります。

燃費性能

左右のピストンが水平方向に往復するBOXERと呼ばれる水平対抗エンジンを搭載しており、このエンジンを理想のパワーユニットとして磨き上げてきました。基本構造の見直しやエンジン摩擦の低減により、極めて高い効率が実現されています。

アイドリングストップ機能も搭載しており、優れた燃費性能を持っています。JC08モードで16.0km/Lと素晴らしい数値を叩き出しました。アクセルを踏んだ瞬間の走り出しはスムーズで、加速レスポンスも良好です。

トランスミッションにはリニアトロニックが装備されていて、低燃費で加速が優れているのがフォレスターの魅力です。

エンジン

レガシィに採用されているCVT「リニアトロニック」のチェーン

優れたパワーユニットを核に磨かれたエンジン2つをラインアップしています。そのひとつに2.0ℓ 直噴ターボ""DIT""が搭載されていて、直噴ならではの高い圧縮比や吸気量の増大などにより、スポーティで瞬発力のある動力性能を発揮します。

トランスミッションは高出力に対応したDIT専用のスポーツリニアトロニックを採用しています。

水平対向エンジンと左右対称のパワートレーンで構成されたAWDシステム、シンメトリカルAWDと路面と走行状況に応じて前後輪に最適なトルクを配分し、走行安定性を発揮するアクティブトルクスプリットAWDの2つのAWDが装備されているので、安定した走行と躍動感のある走りを堪能できます。

スバルフォレスター車内空間・快適性能

搭乗人数・シート

フォレスターは5人乗りのSUVで、未舗装路も視野に入れつつ、スキー場やアウトドアのフィールドまで行くことを想定しています。そのために、最も多く使うフロントシートを肩周りまで覆うしっかりとした形状にしてあり、安心して身を預けられる信頼感が自然と得られるようになっています。

身体全体のサポート性のために、シートのサイド形状のデザインも入念にしてあります。

フロントシートで使用しているクッションは低反発素材で、ホールド感が適度にありつつ、走行中の微振動も吸収します。ヘッドレストは上下と角度の調整も可能なタイプです。これらの工夫が組み合わさり、疲れにくく、安心してドライブできる車になっています。

インテリア

フォレスターでは、車体自体のサイズを大きくし過ぎることなく、扱いやすい大きさでありながら、全員がゆったりと乗車できる空間設計が実現しています。車内では、幅も左右のシートの間隔も適度に余裕があり、乗車している人が肩や肘に窮屈さを覚えることはありません。

後部座席もロングホイールベースのおかげでとてもゆったりしています。低く抑えられたセンタートンネル、背面形状をすっきりさせたシートやフロアコンソールにより、足元もゆったりとしています。

温度調整が可能なシートヒーターを前席だけでなく後席にも備え、運転席シートポジションメモリー機能も用意しています。

ラゲッジスペース

遠出を念頭に置いた車なので、フォレスターのカーゴルームの使い勝手は取り分けよく考えてあります。ロングホイールベースのおかげで、VDA法で計測すると約500Lにも及ぶ広大なラゲッジスペースが室内後部にあります。

5名乗車時でも荷室の奥行きは940mmもあります。後部座席を倒せばさらに荷物が積載可能です。車外から荷室にアクセスする後部ゲートには電動で開閉できるパワーリヤゲートが用意されています。

しかも、このリヤゲートの開度はメモリー機能で一定にすることができるのです。スペースが限られた屋内駐車場などでは非常に役立ちます。

快適性能

長時間ドライブするSUVだから快適性能も一段高めてあります。フォレスターには、「HARMAN」製のスピーカーシステムが採用され、低音再生のフロントドアウーファー、高音域をクリアに再生するミッドハイスピーカー、後席でナチュラルな低音を再生し車内を心地良い音響空間にしてしまうミッドバススピーカーと、左右で合計8個のスピーカーが最善の位置に設置されています。

さらに車内で聞こえる車特有の騒音にも対応策を施し、高品質なサウンドが実現しています。また、フロントパネルに一体化するようにインストールされた先進ナビでは、最新のナビ機能が使用でき、目的地への遠出でも安心です。

スバルフォレスター装備・安全性

予防安全性能

フォレスターには、スバルが他社に先駆けて開発を行なった、運転支援システムのアイサイト(ver.3)を搭載しています。このシステムは、ステレオカメラで前方を常に監視し、前方車両や歩行者などを自動的に検知して必要に応じてブレーキングを自動的に行うシステムです。

開発当初のアイサイトと比べて、視野角や視認距離を約40%改善して視認性を向上させています。車や歩行者だけでなく、白線やガードレール自転車なども検知可能です。

アイサイト参考画像

アイサイト(ver.3)の搭載により、安全性性能評価試験にて、予防安全性能評価 ASV++を獲得しました。

アイサイトでどこまで自動運転ができるか…2020年スバルのオートパイロット | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/article/2016/03/08/271210.html

スバルの運転支援システム、そして自動運転のロードマップについて、7日に開催された「スバルグローバルプラットフォーム」の記者発表会の中でスライドとともにプレゼンテーションがあった。発表したのは、執行役員 スバル技術本部 副本部長 大拔哲雄氏。

衝突安全性能

フォレスターには、アダプティブドライビングビームが採用されていますので、高速走行時には、自動的にロービームの光軸を上向きにしますので、より遠くまで見渡すことが可能です。

この車には、こだわりのブレーキシステムが採用されています。4輪にディスクブレーキを採用し、レスポンスの優れたブレーキブースターを装備しています。ブレーキアシスト機能がついていますので、ペダルを踏み込む量と車速に応じて確実な制動が得られます。

新型スバル フォレスター の NHTSA の衝突テスト

また、衝突によるキャビンの変形防止を目的とした、新環状力骨構造ボディを採用していますので衝突時にも確実にドライバーと同乗者を守ってくれます。

【NHTSA】スバル フォレスター 新型、最高の衝突安全性評価 | レスポンス(Response.jp)

http://response.jp/article/2013/08/25/204902.html

米国NHTSA(運輸省道路交通安全局)は8月21日、新型スバル『フォレスター』の衝突安全テストの結果を公表した。総合評価で、最高の5つ星を獲得している。

試乗記

フォレスターは、発進も滑らかとなり、乗り心地も大幅に向上しているようです。
直進安定性もよく、コーナーリング時にもロールの大きさもさほど気にならず、安定していると評判が高いです。

最新モデルのフォレスターは、前のモデルのマイナーチェジですが、フロントクロスメンバーの剛性を強化したり、リアショックアブソーバーのレバー比を変更したり、トレーリングリンブブッシュのバネ設定を最適化したりなど、細かい改良が行われているそうです。

関連する投稿


トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

トヨタ ヤリスクロスはライバル多数でもまだ「買い」か?徹底比較!

とどまるところを知らないSUVブームの中でも、特に人気が高く各メーカーがしのぎを削っているのはコンパクトSUVクラス。コンパクトSUVだけで3車種も用意するトヨタのラインナップの中でも、登場が最も新しく人気を牽引しているのが「ヤリスクロス」です。国産車だけでなく輸入車とも比較されるような完成度の高さが話題のヤリスクロス、登場から1年が経つ今も「買い」なのか調査しました。


マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

マツダ CX-5のグレードを解説、ベストチョイスはこれだ!

欲しい車種が決まったら次はグレード選びです。そこで、まず車種のグレードの内容と特長を把握して自分に必要なグレードを判断することが重要になります。今回はマツダの人気SUVであるCX-5のグレードについて解説し、CX-5を検討する人のお役に立ちたいと思います。


ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-V|7人乗りが登場した、世界で認められるSUVの実力とは?

ホンダ CR-Vは、とくに北米・欧州でその実力を評価され、2019年の世界販売台数では、第4位になりました。5代目となった現行モデルでは、7人乗りが新たに登場しています。今回は、CR-Vの歴史と、現行モデルの実力をまとめています。


7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

7人乗りが8人乗りと比べて人気な理由は?7人乗りのおすすめ車種もご紹介!

大人数が乗車できるクルマは、なにかと重宝します。しかし、購入しようと思う場合に悩むのは「7人乗りにするか」、「8人乗りにするか」ということかもしれません。今回は、そんなときの参考になる記事です。


コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVの魅力とは?選ばれる理由とおすすめ車種をご紹介

コンパクトSUVは、クルマの性能と価格のバランスがよく、汎用性が高いことから、人気を得ています。今回は、コンパクトSUVの定義、メリット、おすすめ5車種についてまとめました。


最新の投稿


自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンはどこがお得?|金利の仕組みとシミュレーション!

自動車ローンは、どこで、どのように借りるとお得なのでしょうか?今回は、金利やローン審査、シミュレーションなどについてまとめました。また、低金利を選ぶ際の注意点についても取り上げます。


日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

日産 キックスの燃費情報が丸わかり!実燃費調査やライバル比較も

売れ筋のコンパクトSUVジャンルで、パワートレインはハイブリッド「e-POWER」のみと割り切ったラインナップが特徴的なのが「日産 キックス」。軽快なルックスと爽快な走りで人気を得ています。そんなキックス、普段使いで気になるのはやっぱり燃費性能ですよね。この記事では、カタログ燃費や実燃費をチェックしつつ、ライバルとの比較なども通して、キックスの燃費情報を詳しくご紹介していきます。


自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローンってなに?|メリットとデメリットを徹底解説!

自動車ローン(マイカーローン、オートローン)は、自動車を購入するのに、とても便利な方法ですが、いくつかの種類とメリットとデメリットが存在しています。今回は、自動車ローンの基本と、そのメリットとデメリットをまとめました。


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。