トップへ戻る

ダイハツ ハイゼット トラックの新車・中古車価格 スペック 燃費 ユーザー評価

ダイハツ ハイゼット トラックの新車・中古車価格 スペック 燃費 ユーザー評価

ハイゼットとは、ダイハツから発売されている軽トラックです。2018年に一部改良がなされ、その際に軽トラ初となる自動ブレーキが搭載されたことでも話題になりました。業務用途のみならず日常用途との兼用が増加している軽トラックの現状を踏まえてカラーバリエーションの豊富さや、安全面の強化がされています。そんなハイゼットトラックについて見ていきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ダイハツのハイゼット トラックの概要・特徴紹介

ハイゼット

ハイゼット トラックは、ダイハツから発売されている軽トラックのベストセラーです。

日本中の配送や事業、そして農業の現場で大活躍しています。

ハイゼット トラックの基本スペック・燃費

駆動方式 FR
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3.4m×1.48m×1.78m
室内寸法(長さ×幅×高さ)荷台長1,650mm 荷台フロア長 1,990mm 荷台幅 1,410mm
車両重量 720kg
最大乗車定員 2名
燃費 16.4km/L
最小回転半径 3.8m
総排気量 659cc
最高出力 48ps
最大トルク 6.4/4000
燃料タンク容量 38L
新車価格 68万円〜139万円

ハイゼット トラックなら軽トラック最小の小回りを実感できます。
街中はもちろんのこと、走りづらいぬかり道やあぜ道も抜群の小回り性で安定した走りを体験することが可能です。

ハイゼット トラックの実燃費はどれくらい?

ハイゼット トラックの走行燃費は、ユーザーの口コミなどによると約18.6km/L〜21.0km/Lとのことです。

e燃費サイトはこちら

ハイゼット トラックの新車・中古車価格

ハイゼット トラック グレード別新車価格

メーカー希望小売価格(消費税10%込)

スタンダード:693,000円~
ハイルーフ:863,500円~
エクストラ:1,056,000円~
ジャンボ:1,116,500円~
ジャンボ 2WD 4AT 1,193,400円

ハイゼット トラックは低価格でありながら安全性や機能性を兼ね揃えているのも嬉しい点です。軽トラック初の衝突回避支援ブレーキ機能を搭載したスマートアシストⅢt装備車を設定しています。

※価格はダイハツ公式サイトより(2020年2月現在)

ハイゼット トラックの中古車価格

ジャンボ 1,068,000円
スタンダード 875,000円
ジャンボS AIII t 1,240,000円
スタンダード 農用スペシャルS A III t 910,000円

現在、ハイゼット トラックの中古車は、平均88万円から取引されています。
走行距離や年式によって価格に違いがあるので気になる方は確認してみましょう。

低燃費で乗り心地抜群の軽トラックを探している方、必見です。

ハイゼット トラックのデザイン

気になるハイゼット トラックのデザインをチェックしてみましょう。
ハイゼット トラックは、カラーバリエーションが充実しており、乗り心地、使いやすさ共に抜群です。
軽トラックのイメージを大きく変え、格好良く乗りこなすことができます。

エクステリア

ハイゼット トラックは、デザインだけでなく使いやすさや燃費効率の良さなどをみてもトップクラスの軽トラックだと言えます。
現在、ホワイトやシルバーの他にも全8種にも及ぶボディカラーを用意しています。
鮮やかなカラーもあり、これまでの軽トラックのイメージを大きく覆していると言っても過言ではありません。

オプションも充実しており、夜間の運転もしっかりとサポートできるLEDパックは、個性的な軽トラックを探している方にも最適です。

インテリア

ハイゼット トラックは、軽トラックナンバーワンの荷台フロアを兼ね揃えています。
広々とした荷台には、りんごコンテナであれば48個、みかんコンテナであれば54個も乗せることが可能です。

さらに畳やポリタンクもたっぷり置けるスペースを確保しているので、農作業だけでなく仕事やプライベートでも使用したい方にもピッタリです。

開放的なキャビンが実現しており、運転はもちろんのこと、乗り降りもスムーズに行えます。

ドアの開口部が大きめになっているので、体格に関係なく乗り降りの際にストレスを感じることも少ないと思われます。

ハイゼット トラックの口コミ・評価

ハイゼット トラックの口コミや評価をチェックしてみました。
ジャーナリストや実際に愛用しているユーザーの口コミや評価をご紹介します。

ジャーナリストによる試乗評価

「たとえば山岳地帯の農村部で軽トラを利用するユーザーは、農地と自宅の間でものを運ぶのがメインというユーザーも少なくない。
彼らは高齢化し、70代や80代という年齢でも自分で運転して、仕事している」

ハイゼット トラックは、安全性能が充実しているのもメリットです。
安心安全な走りを実現するために、衝突警報機能や衝突回避支援ブレーキ機能が搭載されています。
これらは、走行中に危険を察知し、思わぬ衝突から守ってくれる機能です。
衝突の回避から守ってくれるのはもちろん、被害を軽減できるのも嬉しい点と言えます。

ユーザーによる口コミ

「新車の頃は信号の多い一般道では、リッター12~13kmでしたが、現在では14~16kmに改善しています。高速走行を含めると平均リッターあたり16kmを超えるようになり大いに満足していますが、エアコンはしょうがないですが,ヒーターを入れただけで-1~2燃費が悪くなります。」

ユーザーからは、高評価の意見が多く寄せられています。
乗り心地が抜群なのも魅力的ですが、居心地の良い室内環境にもこだわりデザインされています。
車内空間が広々としており、フロントガラスを前に出すことで、まるで乗用車に乗っているかのような快適な走行を実現しました。
また、リクライニングシートでゆったりと座ることができるので、高齢者の方も身体に大きな負担をかけてしまうことがありません。

まとめ

今回は、ダイハツのハイゼット トラックについてご紹介しました。
ハイゼット トラックは、荷物を大量に載せることができるなど利便性に優れているだけでなく、安全性や快適性も重視した軽トラックです。

関連する投稿


【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【新車情報】2021年以降発売が予測される新型車・新車情報

【最新】2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)の最新情報をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。また、気になるネットの声もお届け。随時更新しています。


新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


【ちょうどいい軽】ダイハツ ムーヴの全方位的魅力で高コスパな車選び

【ちょうどいい軽】ダイハツ ムーヴの全方位的魅力で高コスパな車選び

販売台数ではスーパーハイトワゴンが躍進を続けているからといって、全ての軽自動車ユーザーにあれほどのゆとりが必要とは限りません。ハイトワゴンやトールワゴンと呼ばれるジャンルに属するムーヴは、ゆったりくつろげる室内空間を持ちながらも、低重心・軽量で俊敏な走りや低燃費も備えた魅力的な軽自動車です。流行に流されないあなたにこそぜひ知ってほしい、ムーヴの魅力をご紹介していきます。


時代を拓いたダイハツ タント!なぜ販売不調? 格安中古相場にも注目

時代を拓いたダイハツ タント!なぜ販売不調? 格安中古相場にも注目

軽自動車らしからぬ広々さが人気のスーパーハイトワゴンは、ダイハツ タントがブームの火付け役でした。現在では軽自動車の中でもド定番にまで成長した同ジャンルですが、パイオニアであるタントの人気は、強大なライバルに比べるとやや下降気味の様子。どんな背景がそうさせるのか、タントの魅力は薄れていないのかを詳しくご紹介していきます。お買い得な中古車相場も大注目です。


売れまくりダイハツ ロッキー、人気の理由は?!性能や装備を大解剖

売れまくりダイハツ ロッキー、人気の理由は?!性能や装備を大解剖

20年以上の空白期間を経て2019年に復活したダイハツ ロッキーですが、発売されるやいなや即座に大ヒットモデルに成長しています。SUV人気の真っ只中という自動車市場で、小型で扱いやすいサイズというヒット要因はあるものの、ここまで売れるからには、他にもロッキーならではの魅力がたくさんあるはず。ロッキーを徹底分析したこの記事を読めば、あなたもが欲しくなってしまうかもしれません。


最新の投稿


蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

蘇った名車 アルピーヌA110、新旧A110に迫る!

フランスのアルピーヌ・A110が蘇り再生産されていますが、やはりA110と言えば1963年から製造のアルピーヌA110を思い浮かべる方が多いのではないでしょうか?今回は新旧アルピーヌA110について見ていきます。


人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

人気のトヨタ ルーミー、結局どのグレードが正解?!コスパで分析だ!

街中で見かけない日はなさそうなほど売れに売れているコンパクトカー、トヨタ ルーミー。見るからに実用性の高そうなスクエアなボディスタイルとコンパクトなサイズは、どんな場面でもバッチリ活躍してくれそうな予感がしますよね。そんなルーミー、いざ買うぞ!と思うと、意外とバリエーションが多くて目移りしてしまうかも。コスパを評価軸に、グレード間の装備内容や見た目の違いを徹底分析していきます。


トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

トヨタ 86の燃費はどうなの?他スポーツカーより上?GR 86は?!

誰しも憧れるスポーツクーペのある生活。しかし、先行き不安定な現代だからこそ、趣味性の塊のようなスポーツクーペであっても、実用性やコスパの良さはしっかり追求していきたいところですよね。そんな新しい評価軸に対して、トヨタ 86はどのような結果を残せるのでしょうか? 本格FRスポーツながら4人乗れる86ですが、普段はあまり紹介されない、燃費性能など使い勝手に迫っていきます。


何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

何人乗れて何が載る?トヨタ ルーミーの室内が「ルーミー」すぎる?!

一般的なコンパクトカーよりもグイッと上げられたルーフ高で、トヨタ ルーミーには見るからに広々室内のイメージがありますよね。実際、インテリアは余裕綽々の大空間ですが、写真だけ見ても意外とスケール感が掴みにくいもの。そこで今回は、ルーミーの室内にどんなものが載せられるのか、詳しくまとめてみました。日々の生活でルーミーが役立つこと間違いなしなことが、きっと実感できるはずです。


トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

トヨタ ルーミーの評価が気になる?大人気トールワゴンの口コミを調査

狭い道もまだまだ多い日本の道で、日々その存在感がどんどん増しているのが全高を高めに取ったコンパクトトールワゴン、トヨタ ルーミーです。発売から5年が経とうとしているのに、2021年に入っても1月から3月までコンスタントに1万台以上を販売し続ける息の長い人気が印象的です。そこまで売れるからには理由があるはずですよね。ルーミーに対する、さまざまな視点からの評価をまとめてみました。