目次へ戻る

ダイハツ ハイゼット トラックの新車・中古車価格 スペック 燃費 ユーザー評価

ダイハツ ハイゼット トラックの新車・中古車価格 スペック 燃費 ユーザー評価

ハイゼットとは、ダイハツから発売されている軽トラックです。2018年に一部改良がなされ、その際に軽トラ初となる自動ブレーキが搭載されたことでも話題になりました。業務用途のみならず日常用途との兼用が増加している軽トラックの現状を踏まえてカラーバリエーションの豊富さや、安全面の強化がされています。そんなハイゼットトラックについて見ていきましょう。


ダイハツのハイゼット トラックの概要・特徴紹介

ハイゼット

ハイゼット トラックは、ダイハツから発売されている人気の軽トラックです。

「笑顔を広げる安心安全なトラックを」をコンセプトに安全で快適な運転をサポートします。
働く方たちの車として大活躍してくれるのはもちろんのこと、家族のお出かけの際にも明るい笑顔を届けてくれることでしょう。

ハイゼット トラックの基本スペック・燃費

駆動方式 FR
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3.4m×1.48m×1.78m
室内寸法(長さ×幅×高さ)荷台長1,650mm 荷台フロア長 1,990mm 荷台幅 1,410mm
車両重量 720kg
最大乗車定員 2名
燃費 16.4km/L
最小回転半径 3.8m
総排気量 659cc
最高出力 48ps
最大トルク 6.4/4000
燃料タンク容量 38L
新車価格 68万円〜139万円

ハイゼット トラックなら軽トラック最小の小回りを実感できます。
街中はもちろんのこと、走りづらいぬかり道やあぜ道も抜群の小回り性で安定した走りを体験することが可能です。
静かで低燃費なのもハイゼット トラックのポイントですね。

エンジン回転数で走行できるため、低燃費の車を探している方にも最適と言えるでしょう。

ハイゼット トラックの実燃費はどれくらい?

ハイゼット トラックは、ハイパワーなのも魅力の一つです。

低燃費を実現しており、坂道でもハイパワーで力強い走りを見せてくれます。
トパーズネオエンジンを採用しており、パワフルで安全な走りを実現します。

ハイゼット トラックの走行燃費は、ユーザーの口コミなどによると約18.6km/L〜21.0km/Lとのことです。
圧倒的な低燃費率を誇っているのも魅力と言えます。

ハイゼット トラックの新車・中古車価格

ハイゼット トラック グレード別新車価格

ジャンボ 2WD 5MT 1,096,200円
ジャンボ 2WD 4AT 1,193,400円
パートタイム4WD 5TM 1,247,400円
ハイルーフ2WD 5MT 847,800円
ハイルーフ2WD $TM 945,000円

ハイゼット トラックの新車価格は、68万円〜139万円となっています。
リーズナブルな費用で手に入れられるのも人気の理由となっており、低価格でありながら安全性や機能性を兼ね揃えているのも嬉しい点です。

ハイゼット トラックの中古車価格

ジャンボ 1,068,000円
スタンダード 875,000円
ジャンボS AIII t 1,240,000円
スタンダード 農用スペシャルS A III t 910,000円

現在、ハイゼット トラックの中古車は、平均88万円から取引されています。
走行距離や年式によって価格に違いがあるので気になる方は確認してみましょう。

低燃費で乗り心地抜群の軽トラックを探している方、必見です。

ハイゼット トラックのデザイン

気になるハイゼット トラックのデザインをチェックしてみましょう。
ハイゼット トラックは、カラーバリエーションが充実しており、乗り心地、使いやすさ共に抜群です。
軽トラックのイメージを大きく変え、格好良く乗りこなすことができます。

エクステリア

ハイゼット トラックは、デザインだけでなく使いやすさや燃費効率の良さなどをみてもトップクラスの軽トラックだと言えます。
現在、ホワイトやシルバーの他にも全8種にも及ぶボディカラーを用意しています。
鮮やかなカラーもあり、これまでの軽トラックのイメージを大きく覆していると言っても過言ではありません。

オプションも充実しており、夜間の運転もしっかりとサポートできるLEDパックは、個性的な軽トラックを探している方にも最適です。

インテリア

ハイゼット トラックは、軽トラックナンバーワンの荷台フロアを兼ね揃えています。
広々とした荷台には、りんごコンテナであれば48個、みかんコンテナであれば54個も乗せることが可能です。

さらに畳やポリタンクもたっぷり置けるスペースを確保しているので、農作業だけでなく仕事やプライベートでも使用したい方にもピッタリです。
開放的なキャビンが実現しており、運転はもちろんのこと、乗り降りもスムーズに行えます。

ドアの開口部が大きめになっているので、体格に関係なく乗り降りの際にストレスを感じることも少ないと思われます。

ハイゼット トラックの口コミ・評価

ハイゼット トラックの口コミや評価をチェックしてみました。
ジャーナリストや実際に愛用しているユーザーの口コミや評価をご紹介します。

ジャーナリストによる試乗評価

「たとえば山岳地帯の農村部で軽トラを利用するユーザーは、農地と自宅の間でものを運ぶのがメインというユーザーも少なくない。
彼らは高齢化し、70代や80代という年齢でも自分で運転して、仕事している」

ハイゼット トラックは、安全性能が充実しているのもメリットです。
安心安全な走りを実現するために、衝突警報機能や衝突回避支援ブレーキ機能が搭載されています。
これらは、走行中に危険を察知し、思わぬ衝突から守ってくれる機能です。
衝突の回避から守ってくれるのはもちろん、被害を軽減できるのも嬉しい点と言えます。

ユーザーによる口コミ

「新車の頃は信号の多い一般道では、リッター12~13kmでしたが、現在では14~16kmに改善しています。高速走行を含めると平均リッターあたり16kmを超えるようになり大いに満足していますが、エアコンはしょうがないですが,ヒーターを入れただけで-1~2燃費が悪くなります。」

ユーザーからは、高評価の意見が多く寄せられています。
乗り心地が抜群なのも魅力的ですが、居心地の良い室内環境にもこだわりデザインされています。
車内空間が広々としており、フロントガラスを前に出すことで、まるで乗用車に乗っているかのような快適な走行を実現しました。
また、リクライニングシートでゆったりと座ることができるので、高齢者の方も身体に大きな負担をかけてしまうことがありません。

まとめ

今回は、ダイハツのハイゼット トラックについてご紹介しました。
ハイゼット トラックは、荷物を大量に載せることができるなど利便性に優れているだけでなく、安全性や快適性も重視した軽トラックです。

軽トラックと聞くと高齢者が乗る車といったイメージを持つ方も少なくありませんが、ハイゼット トラックはカラーバリエーションが充実しているので、軽トラックを探しているおしゃれな女性にもおすすめです。

関連する投稿


2019夏!軽トールワゴン買うならどれ? デイズ VS ムーヴ VS ワゴンR そして新型N-WGN

2019夏!軽トールワゴン買うならどれ? デイズ VS ムーヴ VS ワゴンR そして新型N-WGN

軽自動車のジャンルでは、現在ではN-BOXを始めとするより背が高くてスライドドアを装備するハイトワゴンがブームとなっています。しかし、日産が新型デイズを発表したこと、またホンダがこの夏に発売する新型N-WGNの情報を公開したことで、今、にわかにトールワゴンに注目が集まっています。そこで、今回は新型デイズを中心に、日産、ダイハツ、スズキの軽トールワゴンの「良いとこ」をご紹介します。新型N-WGNの情報もありますよ!


2019年7月発売!ダイハツ新型タント 人気の軽トールワゴンタント新型の最新情報

2019年7月発売!ダイハツ新型タント 人気の軽トールワゴンタント新型の最新情報

「タント」はダイハツの大人気軽トールワゴンです。そんなタントがフルモデルチェンジして2019年7月ごろ登場します。発売は?価格は?新旧で何が変わるの?他タント新型の最新情報をまとめています。また、新型タントの最新画像も多数掲載!購入検討している方、予約検討している方はぜひ本記事をどうぞ!【6月17日更新】


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【3月27日更新】


軽トラの代名詞 ホンダ アクティ┃特徴、歴代モデルや維持費等を徹底解説

軽トラの代名詞 ホンダ アクティ┃特徴、歴代モデルや維持費等を徹底解説

「作業車が欲しいんだけどアクティって実際どうなの?」 「実際に購入する前に本当にアクティで大丈夫か知りたい」 このようにアクティを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか? 実は、これまでに3度モデルチェンジをして進化を続ける軽トラックなんです! 本記事では、アクティがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。 是非、記事の内容をご覧いただきアクティを購入する前に参考にしてください!


ダイハツムーヴの派生モデル ムーヴコンテ┃歴史やムーヴとの比較も解説!

ダイハツムーヴの派生モデル ムーヴコンテ┃歴史やムーヴとの比較も解説!

「軽自動車が欲しいんだけどムーヴコンテって実際どうなの?」 「コンパクトでかわいいけど機能性も重視した車が良いけどムーヴコンテの機能性が気になる」 このようにムーヴコンテを購入しようかどうか迷っているけど詳細が良く分からずお悩みではないですか? ムーヴコンテ、実は、「カクカク・シカジカ」でお馴染みダイハツムーヴの派生モデルとして誕生した車なんです!この記事では、ムーヴコンテがそもそもどんな車なのか、維持費や購入方法なども含めて詳しく解説しています。 是非、記事の内容をご覧いただきムーヴコンテを購入する前に参考にしてください!


最新の投稿


アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティン ヴァルキリー最新プロトタイプ発表

アストンマーティンは、開発中の新型ハイパーカー『ヴァルキリー』(Aston Martin Valkyrie)の最新プロトタイプ車を、英国で発表しました。


解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

解放感はピカイチ! オープンタイプのメルセデス・ベンツSLKって?

メルセデス・ベンツSLKは、1996年の初代より2016年の三代目まで生産がなされました。メルセデス・ベンツの2シーターのライトウェイトスポーツカーの位置づけで生産され、発売初年度は生産が追い付かないという人気を誇りました。R170・R171・R172の変遷も見てみましょう。


スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドで優雅に走ろう┃概要やグレード別スペック燃費など一覧

スカイライン ハイブリッドは静かなモーター走行とダイナミックに走るV6エンジンが特徴のハイブリッドカーです。その優れた走行性能は走り出した時から感じることができるでしょう。それではスカイライン ハイブリッドについて見ていきます。


クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートハイブリッドの魅力とは┃歴史やスペック、燃費等まとめ

クラウンアスリートのハイブリッドモデル「クラウンアスリートハイブリッド」 の燃費をガソリン車とハイブリッド車の比較でお伝えします。高級車の代表格である同車のステータス性や乗り心地、採用されている装備を考えると比較的お手頃とも言える価格や、スペック、魅力も併せて紹介していきます。


三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

三菱の人気車種 デリカ D:5 を再考!現行モデルのスペックや特別仕様車の紹介も

恐竜の骨格を思わせるリブボーンフレームの採用による最高の衝突安全性能を誇り、高い居住性とSUV的走破性も併せ持つ、三菱が誇るオールラウンダーミニバンがデリカD:5です。発売から10年以上を経てなお三菱をけん引し続ける人気車種の実像に迫ります。