目次へ戻る

軽トラもここまでくると欲しくなる!特別仕様車「アクティトラック・スピリットカラースタイル」登場!

軽トラもここまでくると欲しくなる!特別仕様車「アクティトラック・スピリットカラースタイル」登場!

ホンダの軽トラック「アクティ・トラック」に、タイプ「TOWN」をベースにホンダの四輪車の原点となるT360誕生55周年を記念した特別仕様車「スピリットカラースタイル」を11月9日から発売しました。ダイハツがハイゼットトラックに農業女子向けに設定した仕様など、最近の軽トラはオシャレ度が高いのでまとめて紹介していきます。


誕生55周年のT360って?

奥がT360

誕生55周年といっても、T360を知ってる人は少ないでしょう。現車を見たり、ましては乗ってた人はまず周りにはいないはず。そこで誕生55周年となったT360をかいつまんでご紹介しておきましょう。

T360はホンダが初めて作った4輪車です。

軽トラなのに走行性能に妥協しない二輪のトップメーカーとしてのこだわりを詰め込んだ結果、360ccながら高回転ハイパワーのアルミ製直列4気筒DOHCエンジンを採用し、何とミッドシップに搭載してしまいました。

出力は当時の同クラス他車の50%増しという怪物ぶり。淡いブルーの車体に、白い「H」マークが掛かれたボンネットが印象的でした。

特別仕様車「アクティトラック・スピリットカラースタイル」

ベイブルー×ホワイト

そのT360のデザインをモチーフにしたのが「アクティトラック・スピリットカラースタイル」です。

「スピリットカラースタイル」は、べース車のアクティトラックタイプ「TOWN」グレードのカラーリングを、T360をイメージした「ベイブルー×ホワイト」、Hondaパワープロダクツをイメージした「フレームレッド×ブラック」の2つのカラースタイルを設定。働く人を支えるスピリットを象徴する2トーンカラーが、毎日を明るく個性的に彩ります。

T360のデザインをモチーフにした「ベイブルー×ホワイト」

ベイブルー×ホワイト

T360のデザインをモチーフにしたのは、この内の「ベイブルー×ホワイト」。T360で印象的だったボディカラーを「ベイブルー」に置き換え、「H」マークの代わりにホワイトでカラーリングされた荷台サイドの「アオリ」に「HONDA」のロゴを大きく描いています。加えてルーフ部分もホワイトになり、いわつる2トーンカラーとなっています。

誕生55周年は関係ないけどカッコイイ「フレームレッド×ブラック」

フレームレッド×ブラック

2つのカラースタイルのうちのもう一つは、真っ赤な車体にルーフと「アオリ」がブラック、そして「HONDA」のロゴが描かれた「フレームレッド×ブラック」。これはもう、T360誕生55周年を記念はまったく関係なく、耕運機や発電機でおなじみの「ホンダパワープロダクツ」をイメージしたカラーリングです。

ところがこれが「ベイブルー×ホワイト」以上にカッコイイと大評判。農作業というか、むしろバイクやジェットスキーでも積んでアクティブに遊ぶのにピッタリ。街中でもへたな乗用車以上に目立つはず。

その他ベース車TOWNからの変更点

2トーンカラーボディー
・Hondaロゴサイドステッカー
・ホワイト塗装ドアミラー
・ブラック塗装アウタードアハンドル
・センターホイールキャップ

<ベイブルー×ホワイト>の場合
・メッキモール付ホワイト塗装フロントグリル
・シルバー塗装スチールホイール

<フレームレッド×ブラック>の場合
・ブラック塗装スチールホイール+ホイールナット(ブラック)

TOWN特別仕様車スピリットカラースタイル車両価格
()内はベース車TOWN
・5MT 2WD:1,135,080円(1,080,000円)
・3AT 2WD:1,210,680円(1,155,600円)
・5MT 4WD:1,264,680円(1,209,600円)

ボディーカラーならライバルも負けていない!

ハイゼットトラック トニコオレンジメタリック

ハイゼットトラック

2014年にフルモデルチェンジされた「ハイゼットトラック」には、軽トラックでは通常白とグレーというのが定番ですが、「ハイゼットトラック」には、何と乗用車並みの8種ものカラーが用意されています。それも、メインカラーはオレンジ(トニコオレンジメタリック)で、淡いピンク(ライトローズマイカメタリック)や黒(ブラックマイカメタリック)なんてのも用意されています。

このうちオレンジ、ピンク、そしてブラックを含めた6色は「選べるカラーパック」としてオプション設定されており、以下のアイテムが標準車と異なっています。

・カラードドアミラー
・カラードドアアウターハンドル
・スモークドリアガラス
・トップシェイドガラス
・IR&UVカットガラス
・シルバー塗装コントロールクラスター

スズキキャリー

もう一方のスズキ「キャリー」も、「ノクターンブルーパール」という鮮やかな青や、「ガーデニングアクアメタリック」といった淡いグリーン、そしてブラックなどの4色を用意しています。

どうやらいつの間にか軽トラはカラフルになっているようです。流行りはズバリ「ブラック」。アクティトラックを含めて3種の軽トラ全てに設定されているのですから。

まとめ

アクティトラックは、カラフルな色合いが増えた軽トラックの中でもボディーカラーの選択肢が少なかったのですが、今回軽トラ初の2トーンカラーを設定したことで、軽トラの世界がよりカラフルに染まりそうです。

農作業をする予定はないけれど、軽トラもこんなにオシャレになると一台欲しくなってきます。

関連する投稿


ホンダのバモスの中古車価格、スペック、燃費、評価等の一覧

ホンダのバモスの中古車価格、スペック、燃費、評価等の一覧

みなさんはホンダのバモスをご存知でしょうか。初代バモスはオープンカー型のピックアップトラックとして発売され、モデルチェンジを経て軽ワンボックスとして発売されました。現在は販売終了していますが、中古車で購入することは可能です。本記事ではそんなバモスの価格や燃費、評価についてまとめています。


ホンダ インテグラの歴史と歴代モデル|中古価格から評価に至るまで一挙掲載

ホンダ インテグラの歴史と歴代モデル|中古価格から評価に至るまで一挙掲載

ホンダの「インテグラ」の実燃費や中古価格などを歴代モデルごとにまとめてみました。「インテグラ」に乗り換えをお考えの方は是非参考にしてください。


オデッセイ・ハイブリッド|燃費・実燃費から評価は?中古価格も紹介

オデッセイ・ハイブリッド|燃費・実燃費から評価は?中古価格も紹介

1994年から発売されている、ホンダのオデッセイは発売当初から今もとても人気があるミニバンです。初代モデルから現行モデルまで、デザインが変更されてきましたが、どのモデルも根強い人気があります。こちらの記事では、オデッセイ ハイブリッドモデルの燃費と実燃費に、ユーザーやジャーナリストによる評価の紹介や中古車価格などについて合わせて掲載しています。


ホンダのフリード スパイクの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

ホンダのフリード スパイクの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

ホンダのフリードスパイクは、ホンダが2010年~2016年まで発売していた車です。ミニバンのフリードをベースに、トールワゴンタイプになったモデル。後継車はフリード+です。中古でトールワゴンを探しているという方、フリードスパイクはどうでしょうか。本記事ではフリードスパイクの新車・中古車価格、スペック、燃費、評価を見ていきます。


ホンダ ストリームの新車・中古車価格、スペック、燃費、試乗評価まとめ

ホンダ ストリームの新車・中古車価格、スペック、燃費、試乗評価まとめ

ストリームは、ホンダがかつて製造販売を行っていたミニバンです。5ナンバーサイズ・3列シート7人乗りのロールーフ・ミドルサイズミニバンとして2000年10月に登場しました。2014年に販売終了し、実質的な後継車はジェイドになっています。本記事ではそんなストリームについてご紹介いたします!


最新の投稿


電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

電子ドアミラー?サイドミラーの進化?修理方法も詳しく紹介

車に乗るときサイドミラーは調整しますか?実は調整方法をご存知な方も少ないかもしれません。 サイドミラーも年々進化をしており最近ではカメラを搭載することが可能になりました。サイドミラーの修理方法や自分で行う場合のやり方を徹底的に紹介していきます。


あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

あなたに必要かも?!初心者や女性ドライバーに優しいコーナーセンサー

コーナーセンサーは狭い路地のすれ違いや駐車場での切り返しなどで障害物との距離を教えてくれる便利装備!車の運転に自信のない方には特におすすめのアイテムです。新車で購入するときにつける方が多いですが、後付けも可能です。今回はコーナーセンサーの必要性について紹介していきたいと思います。


丸わかり!エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズ

丸わかり!エクストレイルで車中泊するやり方とおすすめ車中泊グッズ

好きな時に好きな場所でプライベートな時間を過ごすことができる車中泊が最近ブームです。日産エクストレイルは車中泊するのにぴったりの大人気SUV。ここでは、車中泊が大好きな方からこれからやってみたい初心者まで、エクストレイルで車中泊をやるのに役立つ情報やおすすめグッズなどをご紹介しています。


エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは強化すべき?劣化具合もいち早くチェック

エンジンマウントは車のアキレス腱と言われています。これは強化するにもメリットと、デメリットがあります。エンジンマウントが劣化したときにかかる、工賃や交換時期が気になるとこではないでしょうか。今回は、エンジンマウントとは何かから、劣化に対しての対象方について紹介していきます。


プリウスのバッテリーは2つある?電気自動車もバッテリーは上がる?

プリウスのバッテリーは2つある?電気自動車もバッテリーは上がる?

プリウスに搭載されているバッテリー、実は2つあることをご存知でしたでしょうか? この記事では他の車とは一味違うプリウスのバッテリーについて、バッテリーが2つ搭載されているその理由や寿命、従来のガソリンバッテリーとの違いについても触れていきます。 また、プリウスのバッテリーが上がってしまうその原因とその対策についても紹介します。 最後に、プリウスのバッテリーの核心である駆動バッテリーと補機バッテリーについて、交換目安や充電方法などを軸に詳しく掘り下げます。