目次へ戻る

軽トラもここまでくると欲しくなる!特別仕様車「アクティトラック・スピリットカラースタイル」登場!

軽トラもここまでくると欲しくなる!特別仕様車「アクティトラック・スピリットカラースタイル」登場!

ホンダの軽トラック「アクティ・トラック」に、タイプ「TOWN」をベースにホンダの四輪車の原点となるT360誕生55周年を記念した特別仕様車「スピリットカラースタイル」を11月9日から発売しました。ダイハツがハイゼットトラックに農業女子向けに設定した仕様など、最近の軽トラはオシャレ度が高いのでまとめて紹介していきます。


誕生55周年のT360って?

奥がT360

誕生55周年といっても、T360を知ってる人は少ないでしょう。現車を見たり、ましては乗ってた人はまず周りにはいないはず。そこで誕生55周年となったT360をかいつまんでご紹介しておきましょう。

T360はホンダが初めて作った4輪車です。

軽トラなのに走行性能に妥協しない二輪のトップメーカーとしてのこだわりを詰め込んだ結果、360ccながら高回転ハイパワーのアルミ製直列4気筒DOHCエンジンを採用し、何とミッドシップに搭載してしまいました。

出力は当時の同クラス他車の50%増しという怪物ぶり。淡いブルーの車体に、白い「H」マークが掛かれたボンネットが印象的でした。

特別仕様車「アクティトラック・スピリットカラースタイル」

ベイブルー×ホワイト

そのT360のデザインをモチーフにしたのが「アクティトラック・スピリットカラースタイル」です。

「スピリットカラースタイル」は、べース車のアクティトラックタイプ「TOWN」グレードのカラーリングを、T360をイメージした「ベイブルー×ホワイト」、Hondaパワープロダクツをイメージした「フレームレッド×ブラック」の2つのカラースタイルを設定。働く人を支えるスピリットを象徴する2トーンカラーが、毎日を明るく個性的に彩ります。

T360のデザインをモチーフにした「ベイブルー×ホワイト」

ベイブルー×ホワイト

T360のデザインをモチーフにしたのは、この内の「ベイブルー×ホワイト」。T360で印象的だったボディカラーを「ベイブルー」に置き換え、「H」マークの代わりにホワイトでカラーリングされた荷台サイドの「アオリ」に「HONDA」のロゴを大きく描いています。加えてルーフ部分もホワイトになり、いわつる2トーンカラーとなっています。

誕生55周年は関係ないけどカッコイイ「フレームレッド×ブラック」

フレームレッド×ブラック

2つのカラースタイルのうちのもう一つは、真っ赤な車体にルーフと「アオリ」がブラック、そして「HONDA」のロゴが描かれた「フレームレッド×ブラック」。これはもう、T360誕生55周年を記念はまったく関係なく、耕運機や発電機でおなじみの「ホンダパワープロダクツ」をイメージしたカラーリングです。

ところがこれが「ベイブルー×ホワイト」以上にカッコイイと大評判。農作業というか、むしろバイクやジェットスキーでも積んでアクティブに遊ぶのにピッタリ。街中でもへたな乗用車以上に目立つはず。

その他ベース車TOWNからの変更点

2トーンカラーボディー
・Hondaロゴサイドステッカー
・ホワイト塗装ドアミラー
・ブラック塗装アウタードアハンドル
・センターホイールキャップ

<ベイブルー×ホワイト>の場合
・メッキモール付ホワイト塗装フロントグリル
・シルバー塗装スチールホイール

<フレームレッド×ブラック>の場合
・ブラック塗装スチールホイール+ホイールナット(ブラック)

TOWN特別仕様車スピリットカラースタイル車両価格
()内はベース車TOWN
・5MT 2WD:1,135,080円(1,080,000円)
・3AT 2WD:1,210,680円(1,155,600円)
・5MT 4WD:1,264,680円(1,209,600円)

ボディーカラーならライバルも負けていない!

ハイゼットトラック トニコオレンジメタリック

ハイゼットトラック

2014年にフルモデルチェンジされた「ハイゼットトラック」には、軽トラックでは通常白とグレーというのが定番ですが、「ハイゼットトラック」には、何と乗用車並みの8種ものカラーが用意されています。それも、メインカラーはオレンジ(トニコオレンジメタリック)で、淡いピンク(ライトローズマイカメタリック)や黒(ブラックマイカメタリック)なんてのも用意されています。

このうちオレンジ、ピンク、そしてブラックを含めた6色は「選べるカラーパック」としてオプション設定されており、以下のアイテムが標準車と異なっています。

・カラードドアミラー
・カラードドアアウターハンドル
・スモークドリアガラス
・トップシェイドガラス
・IR&UVカットガラス
・シルバー塗装コントロールクラスター

スズキキャリー

もう一方のスズキ「キャリー」も、「ノクターンブルーパール」という鮮やかな青や、「ガーデニングアクアメタリック」といった淡いグリーン、そしてブラックなどの4色を用意しています。

どうやらいつの間にか軽トラはカラフルになっているようです。流行りはズバリ「ブラック」。アクティトラックを含めて3種の軽トラ全てに設定されているのですから。

まとめ

アクティトラックは、カラフルな色合いが増えた軽トラックの中でもボディーカラーの選択肢が少なかったのですが、今回軽トラ初の2トーンカラーを設定したことで、軽トラの世界がよりカラフルに染まりそうです。

農作業をする予定はないけれど、軽トラもこんなにオシャレになると一台欲しくなってきます。

関連する投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【2月20日更新】


ホンダの高級車ブランド アキュラ|現行モデルを一覧で紹介!日本でも買える?

ホンダの高級車ブランド アキュラ|現行モデルを一覧で紹介!日本でも買える?

ホンダが展開する海外向け高級車ブランド「アキュラ」。当記事では、アキュラから現行販売されている車種を一覧にて紹介すると共に、アキュラブランド立ち上げの背景や、ラインナップ車種の中古車価格などについて合わせて掲載しています。


ホンダの中型SUVパスポート新型 2月より米国発売!

ホンダの中型SUVパスポート新型 2月より米国発売!

ホンダの米国部門は1月29日、新型『パスポート』(Honda Passport)の詳細を発表しました。米国ベース価格は3万1990ドル(約350万円)で、2月に販売を開始する予定です。日本未発売のため、あまり知られていないパスポート。いったいどんなSUVなのでしょうか。


【販売台数ランキング】ホンダN-BOXが2018年ダントツで売れたクルマに!

【販売台数ランキング】ホンダN-BOXが2018年ダントツで売れたクルマに!

全軽自協が2018年(1~12月)の車種別新車販売台数を発表しました。 ホンダ「N-BOX」が過去最高の241,870台で軽自動車では4年連続、登録車を含む新車販売台数においては2年連続となる第1位を獲得しました。 販売台数ランキングやN-BOXの販売台数推移、今後の展望などを見ていきましょう


4WD(四駆)とは?仕組みの説明とハイブリッド・軽などタイプ別おすすめも紹介

4WD(四駆)とは?仕組みの説明とハイブリッド・軽などタイプ別おすすめも紹介

雪道などでスリップしづらい4WDには様々な種類があり、その特徴や仕組みを知っておけば車を買い替えるときなどにも役立ちます。本記事では四駆のお勧めハイブリッド車・軽自動車・スポーツカーをそれぞれ2~3車種ずつ紹介しています。更にそれぞれの車種の特徴やセールスポイント、車種情報、スペック等についても記載しています。


最新の投稿


【カーオーディオ入門】デッドニングとは?効果や費用、やり方・方法を紹介

【カーオーディオ入門】デッドニングとは?効果や費用、やり方・方法を紹介

カーオーディオの音質改善のために行うデッドニング。具体的にどのような効果があるのか、デッドニングに掛かる費用、方法や、おすすめのデッドニングキットの紹介などを合わせて紹介しています。


【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

日本を代表するライトウェイトスポーツカー、マツダ『ロードスター』次期型に関する情報が入ってきました。ロードスター次期型は2022年発売のようです!気になる最新情報をお届けいたします!


ブレーキキャリパーの役割と構造|交換や塗装に掛かる費用についても紹介

ブレーキキャリパーの役割と構造|交換や塗装に掛かる費用についても紹介

動いている車を止めるためになくてはならない部品がブレーキです。ブレーキにもいろいろ種類があり、ディスクブレーキタイプに必要な部品の1つがブレーキキャリパーになります。今回はブレーキキャリパーについて、その役割と構造を紹介します。


ブローオフバルブの役割と効果、仕組みについて解説|車検への影響も

ブローオフバルブの役割と効果、仕組みについて解説|車検への影響も

ターボ車には必要不可欠な部品の1つであるのがブローオフバルブです。今回はブローオフバルブの役割と効果について、仕組みも合わせて紹介します。現在ついている純正品から社外品ブローオフバルブへの取り付けを検討する際の注意点も合わせて紹介します。


【ジュネーブモーターショー2019】日程・出展社・他最新情報まとめ

【ジュネーブモーターショー2019】日程・出展社・他最新情報まとめ

ジュネーブ・モーターショーとは、スイスのジュネーヴで毎年春に開催される大規模なモーターショーです。世界5大モーターショーの1つでもあり、多くのヨーロッパメーカーの新型車がワールドプレミアされる傾向にあります。2019年もジュネーブモーターショーで多くの新型車が発表される予感!本記事ではジュネーブモーターショー2019についてまとめています。