目次へ戻る

ダイハツの軽オープン!コペン スペック 価格 試乗記ほか

ダイハツの軽オープン!コペン スペック 価格 試乗記ほか

ダイハツから発売されている、軽自動車規格の前輪駆動2人乗りクーペ型オープンカー。それがコペンです。カワイイ顔した国産オープンカー。走りを楽しみたい人に持ってこいのコペンについて改めてご紹介します!そして…公式サイトによると、2018年12月19日にコペンに何かがおこるとか?


ダイハツの軽オープン!コペン スペック 価格 試乗記ほか

ダイハツから発売されている、軽自動車規格の前輪駆動2人乗りクーペ型オープンカー。それがコペンです。カワイイ顔した国産オープンカー、コペンについて改めてご紹介します!そして…公式サイトによると、2018年12月19日にコペンに何かがおこるとか?

2018年12月19日、コペンに何かが起こる?

ダイハツのコペン、公式サイトによると、「12月19日に何かがある」という言葉と共に、カウントダウンが始まっています。

いったい何が起こるのか?今から楽しみですね。

Teaser|COPEN|Brand&Fan Community

https://copen.jp/teaser

DAIHATSU COPENオフィシャルサイト。2018年12月19日COPENに何かが起こる!

ダイハツのコペン 基本情報

コペンとは、ダイハツが製造・販売する軽自動車規格の前輪駆動2人乗りクーペ型オープンカーです。

初代モデルは2002年に登場、現行モデルは2代目で、2014年から発売されています。

エクステリアですが、「ローブ」、「エクスプレイ」そして「セロ」で全く違うパーツを使用しています。

もともと、ローブのみでしたが、よりスタイリッシュなエクスプレイ、そして先代を思い出させるような丸目のセロを導入し、ラインアップが充実しました。

そのため、「コペン」と一言で言っても、どのスタイルを選ぶかによってかなり雰囲気が変わりますので、ご注意ください!

コペン ローブ エクステリア画像

コペン エクスプレイ エクステリア画像

コペン セロ エクステリア画像

コペン スペック(ボディサイズ・燃費ほか)

 
【ダイハツ コペン】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395×1,475×1,280mm(ホイールベース:2,230mm)
最大乗車定員2名
車両重量850~870kg
燃費JC08モード:22.2or25.2km/L
エンジン種類水冷直列3気筒12バルブDOHCインタークーラーターボ横置
最高出力(kW(PS)/rpm)47kW(64PS) /6,400 rpm
最大トルク(N・m/rpm)92N·m (9.4kgf·m) /3,200rpm
タンク容量 30L
駆動方式2WD

コペン 新車価格

コペンの新車価格はそれぞれ以下のようになっています。

■COPEN Robe 7速CVT 1,852,200円
■COPEN Robe 5速MT 1,873,800円

■COPEN XPLAY 7速CVT 1,852,200円
■COPEN XPLAY 5速MT 1,873,800円

■COPEN Cero 7速CVT 1,906,200円
■COPEN Cero 5速MT 1,927,800円

■COPEN RobeS 7速CVT 2,052,000円
■COPEN RobeS 5速MT 2,073,600円

■COPEN XPLAYS 7速CVT 2,052,000円
■COPEN XPLAYS 5速MT 2,073,600円

■COPEN CeroS 7速CVT 2,106,000円
■COPEN CeroS 5速MT 2,127,600円

コペン ローブ試乗記・試乗評価・感想

ひさびさに登場した軽オープンにワクワクしつつ乗った。走り出しにまず感じたのは意外なほどにボディがしっかりしていることと、足まわりのセッティングが硬めなこと。コペンは「D-Frame(Dフレーム)」と呼ばれるモノコックのようなインナーボディでクルマの機能面を決め、プラスチックの外板でスタイルを決めている。サイズの制約はあるものの、ボディの性能にもデザインにも妥協なく作られているのだろう。

MTのシフトフィールもいい。FRモデルのようなダイレクト感は求められないが、シフトレバーまわりの剛性感や各ギヤの正確さも十分なレベル。クラッチペダルについても適度な重さが与えられていて操作がしやすい。以前、操作感がないほど軽いクラッチを装着した軽自動車に乗ったことがあるが、コペンについてはそうしたこともきちんと考えたセッティングが行われていた。

コペン エクスプレイ試乗記・試乗評価・感想

『コペン』初の着せ替えモデルのバリエーション「エクスプレイ」。よくよく見れば、ルーフまわり以外、外販パネルがまるごと「ローブ」とは異なり、専用デザインとなっている点が特徴だ。

注目したいのはドアパネルも別モノということ。“ローブ”のような斜めのキャラクターラインがなくスッキリとしており、ドアハンドルも幾分か水平にセットされている。なかなか手の込んだ作り分けだ。

3サイズ、車重はローブと同一で、5速MT車は850kgとCVT車より20kg軽量だ。このため、コクコクと決まるシフトを駆使しながらの走りは基本的にローブと変わらない。シュンシュンと回るエンジンもスペックは同じ・けれど、どこかゆったりと走ろう…という気持ちになるのは、やはりSUV風のスタイリングの影響か?

コペン セロ試乗記・試乗評価・感想

実際にドライブしてみたら、そんなことは一瞬でどうでも良くなった。底抜けに楽しいのである。

オープンエアでも風の巻き込みは僅少で、まるでクローズドのように快適…という甘口なオープンカーが主流となったなかで、コペンのオープンエアドライブはスパルタンそのものだった。低速走行時はいいとして、スピードが上がると風がバンバン頬を打つ。乗り心地はどの速度域でも揺すられ感が強く、快適性という点では低い点をつけざるを得ない。

経済性の高さ。ほぼ全区間を空力特性が大幅に悪化するオープンで走行、さらに通常に比べて山岳路の比率が格段に高かったにもかかわらず、ロングランの通算実燃費は25km/リットルを超えた。

最後に

見た目の可愛さだけじゃない!国産オープンカーとしても優れたダイハツのコペンについてご紹介しました。

もっとオープンカーが気になるという方は、下記記事も合わせてご覧ください。

関連するキーワード


ダイハツ 車種情報 コペン

関連する投稿


【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

【最新版】2019年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報まとめ

毎年多くの車種が発表される自動車業界。2019年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会えるでしょうか。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、予測を網羅!2019年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!【2月20日更新】


【東京オートサロン2019】トヨタGAZOO 新型マークX GRMN公開ほか

【東京オートサロン2019】トヨタGAZOO 新型マークX GRMN公開ほか

トヨタGAZOOレーシングは1月11日に幕張メッセで開幕した東京オートサロン2019で新型の『マークX GRMN』を一般公開しました。同時に全国のGRガレージを通じて受注を開始しています。限定350台です。


4WD(四駆)とは?仕組みの説明とハイブリッド・軽などタイプ別おすすめも紹介

4WD(四駆)とは?仕組みの説明とハイブリッド・軽などタイプ別おすすめも紹介

雪道などでスリップしづらい4WDには様々な種類があり、その特徴や仕組みを知っておけば車を買い替えるときなどにも役立ちます。本記事では四駆のお勧めハイブリッド車・軽自動車・スポーツカーをそれぞれ2~3車種ずつ紹介しています。更にそれぞれの車種の特徴やセールスポイント、車種情報、スペック等についても記載しています。


【東京オートサロン2019】ダイハツ コペン クーペ が200台限定で登場!

【東京オートサロン2019】ダイハツ コペン クーペ が200台限定で登場!

ダイハツは、軽スポーツカー『コペンクーペ』を「東京オートサロン2019」に市販予定車として出展するという発表をしました。さらに、イベント初日の2019年1月11日から専用ウェブサイトで商談希望者の募集を開始します。200台限定なので気になる方はチェックをお願いします。


プリウス・タントのコンビニ突入防止!後付け踏み間違い抑制システム発売!

プリウス・タントのコンビニ突入防止!後付け踏み間違い抑制システム発売!

トヨタ自動車とダイハツ工業がペダル踏み間違いによる急発進を抑制する後付可能なシステムを12月5日から発売しました。近年のペダル踏み間違いによる事故を防ぐために後付け機能として用意したのは素晴らしいですね。当記事にて詳しく紹介しています。


最新の投稿


【カーオーディオ入門】デッドニングとは?効果や費用、やり方・方法を紹介

【カーオーディオ入門】デッドニングとは?効果や費用、やり方・方法を紹介

カーオーディオの音質改善のために行うデッドニング。具体的にどのような効果があるのか、デッドニングに掛かる費用、方法や、おすすめのデッドニングキットの紹介などを合わせて紹介しています。


【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

【スクープ】マツダのロードスター 次期型は2022年に登場か?

日本を代表するライトウェイトスポーツカー、マツダ『ロードスター』次期型に関する情報が入ってきました。ロードスター次期型は2022年発売のようです!気になる最新情報をお届けいたします!


ブレーキキャリパーの役割と構造|交換や塗装に掛かる費用についても紹介

ブレーキキャリパーの役割と構造|交換や塗装に掛かる費用についても紹介

動いている車を止めるためになくてはならない部品がブレーキです。ブレーキにもいろいろ種類があり、ディスクブレーキタイプに必要な部品の1つがブレーキキャリパーになります。今回はブレーキキャリパーについて、その役割と構造を紹介します。


ブローオフバルブの役割と効果、仕組みについて解説|車検への影響も

ブローオフバルブの役割と効果、仕組みについて解説|車検への影響も

ターボ車には必要不可欠な部品の1つであるのがブローオフバルブです。今回はブローオフバルブの役割と効果について、仕組みも合わせて紹介します。現在ついている純正品から社外品ブローオフバルブへの取り付けを検討する際の注意点も合わせて紹介します。


【ジュネーブモーターショー2019】日程・出展社・他最新情報まとめ

【ジュネーブモーターショー2019】日程・出展社・他最新情報まとめ

ジュネーブ・モーターショーとは、スイスのジュネーヴで毎年春に開催される大規模なモーターショーです。世界5大モーターショーの1つでもあり、多くのヨーロッパメーカーの新型車がワールドプレミアされる傾向にあります。2019年もジュネーブモーターショーで多くの新型車が発表される予感!本記事ではジュネーブモーターショー2019についてまとめています。