目次へ戻る

ダイハツの軽オープン!コペン スペック 価格 試乗記ほか

ダイハツの軽オープン!コペン スペック 価格 試乗記ほか

ダイハツから発売されている、軽自動車規格の前輪駆動2人乗りクーペ型オープンカー。それがコペンです。カワイイ顔した国産オープンカー。走りを楽しみたい人に持ってこいのコペンについて改めてご紹介します!そして…公式サイトによると、2018年12月19日にコペンに何かがおこるとか?


ダイハツの軽オープン!コペン スペック 価格 試乗記ほか

ダイハツから発売されている、軽自動車規格の前輪駆動2人乗りクーペ型オープンカー。それがコペンです。カワイイ顔した国産オープンカー、コペンについて改めてご紹介します!そして…公式サイトによると、2018年12月19日にコペンに何かがおこるとか?

2018年12月19日、コペンに何かが起こる?

ダイハツのコペン、公式サイトによると、「12月19日に何かがある」という言葉と共に、カウントダウンが始まっています。

いったい何が起こるのか?今から楽しみですね。

Teaser|COPEN|Brand&Fan Community

https://copen.jp/teaser

DAIHATSU COPENオフィシャルサイト。2018年12月19日COPENに何かが起こる!

ダイハツのコペン 基本情報

コペンとは、ダイハツが製造・販売する軽自動車規格の前輪駆動2人乗りクーペ型オープンカーです。

初代モデルは2002年に登場、現行モデルは2代目で、2014年から発売されています。

エクステリアですが、「ローブ」、「エクスプレイ」そして「セロ」で全く違うパーツを使用しています。

もともと、ローブのみでしたが、よりスタイリッシュなエクスプレイ、そして先代を思い出させるような丸目のセロを導入し、ラインアップが充実しました。

そのため、「コペン」と一言で言っても、どのスタイルを選ぶかによってかなり雰囲気が変わりますので、ご注意ください!

コペン ローブ エクステリア画像

コペン エクスプレイ エクステリア画像

コペン セロ エクステリア画像

コペン スペック(ボディサイズ・燃費ほか)

 
【ダイハツ コペン】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395×1,475×1,280mm(ホイールベース:2,230mm)
最大乗車定員2名
車両重量850~870kg
燃費JC08モード:22.2or25.2km/L
エンジン種類水冷直列3気筒12バルブDOHCインタークーラーターボ横置
最高出力(kW(PS)/rpm)47kW(64PS) /6,400 rpm
最大トルク(N・m/rpm)92N·m (9.4kgf·m) /3,200rpm
タンク容量 30L
駆動方式2WD

コペン 新車価格

コペンの新車価格はそれぞれ以下のようになっています。

■COPEN Robe 7速CVT 1,852,200円
■COPEN Robe 5速MT 1,873,800円

■COPEN XPLAY 7速CVT 1,852,200円
■COPEN XPLAY 5速MT 1,873,800円

■COPEN Cero 7速CVT 1,906,200円
■COPEN Cero 5速MT 1,927,800円

■COPEN RobeS 7速CVT 2,052,000円
■COPEN RobeS 5速MT 2,073,600円

■COPEN XPLAYS 7速CVT 2,052,000円
■COPEN XPLAYS 5速MT 2,073,600円

■COPEN CeroS 7速CVT 2,106,000円
■COPEN CeroS 5速MT 2,127,600円

コペン ローブ試乗記・試乗評価・感想

ひさびさに登場した軽オープンにワクワクしつつ乗った。走り出しにまず感じたのは意外なほどにボディがしっかりしていることと、足まわりのセッティングが硬めなこと。コペンは「D-Frame(Dフレーム)」と呼ばれるモノコックのようなインナーボディでクルマの機能面を決め、プラスチックの外板でスタイルを決めている。サイズの制約はあるものの、ボディの性能にもデザインにも妥協なく作られているのだろう。

MTのシフトフィールもいい。FRモデルのようなダイレクト感は求められないが、シフトレバーまわりの剛性感や各ギヤの正確さも十分なレベル。クラッチペダルについても適度な重さが与えられていて操作がしやすい。以前、操作感がないほど軽いクラッチを装着した軽自動車に乗ったことがあるが、コペンについてはそうしたこともきちんと考えたセッティングが行われていた。

コペン エクスプレイ試乗記・試乗評価・感想

『コペン』初の着せ替えモデルのバリエーション「エクスプレイ」。よくよく見れば、ルーフまわり以外、外販パネルがまるごと「ローブ」とは異なり、専用デザインとなっている点が特徴だ。

注目したいのはドアパネルも別モノということ。“ローブ”のような斜めのキャラクターラインがなくスッキリとしており、ドアハンドルも幾分か水平にセットされている。なかなか手の込んだ作り分けだ。

3サイズ、車重はローブと同一で、5速MT車は850kgとCVT車より20kg軽量だ。このため、コクコクと決まるシフトを駆使しながらの走りは基本的にローブと変わらない。シュンシュンと回るエンジンもスペックは同じ・けれど、どこかゆったりと走ろう…という気持ちになるのは、やはりSUV風のスタイリングの影響か?

コペン セロ試乗記・試乗評価・感想

実際にドライブしてみたら、そんなことは一瞬でどうでも良くなった。底抜けに楽しいのである。

オープンエアでも風の巻き込みは僅少で、まるでクローズドのように快適…という甘口なオープンカーが主流となったなかで、コペンのオープンエアドライブはスパルタンそのものだった。低速走行時はいいとして、スピードが上がると風がバンバン頬を打つ。乗り心地はどの速度域でも揺すられ感が強く、快適性という点では低い点をつけざるを得ない。

経済性の高さ。ほぼ全区間を空力特性が大幅に悪化するオープンで走行、さらに通常に比べて山岳路の比率が格段に高かったにもかかわらず、ロングランの通算実燃費は25km/リットルを超えた。

最後に

見た目の可愛さだけじゃない!国産オープンカーとしても優れたダイハツのコペンについてご紹介しました。

もっとオープンカーが気になるという方は、下記記事も合わせてご覧ください。

関連するキーワード


ダイハツ 車種情報 コペン

関連する投稿


ダイハツ・アトレーの概要や歴史・歴代モデル|燃費や中古価格から評価まで

ダイハツ・アトレーの概要や歴史・歴代モデル|燃費や中古価格から評価まで

馴染みのある「ダイハツ・アトレー」の歴代モデルや中古価格などをご紹介していきます。もう1台増やしたいとお考えの方は、ぜひご覧になってください。


カワイイ!楽しい!ダイハツ3姉妹 ブーン、ブーンシルク、ブーンスタイル

カワイイ!楽しい!ダイハツ3姉妹 ブーン、ブーンシルク、ブーンスタイル

街中をスイスイ走る愛らしい姿をしたダイハツの小型車BOON。BOONとCILQ、STYLEは似ているけれど、少し違う。ちょうど姉妹の様な関係です。可愛らしい外観でも、パッソにはないホットハッチ仕様の『×4(クロスフォー)』をラインナップしている所にダイハツの意地も見えます。今回はそんなブーンの魅力に迫ります。


ダイハツ キャスト|3タイプそれぞれの特徴や燃費・中古価格を網羅

ダイハツ キャスト|3タイプそれぞれの特徴や燃費・中古価格を網羅

ダイハツから発売されている「ダイハツ キャスト」。 キャストはユーザーの好みに合わせて3種類のタイプが用意されています。 当記事では、キャストの「STYLE(スタイル)」・「ACTIVA(アクティバ)」・「SPORT(スポーツ)」、この個性の異なる3種類のラインナップに関して特徴や評判、価格などをご紹介しております。


ダイハツ アトレーワゴンの中古車情報|燃費から口コミ・評価も

ダイハツ アトレーワゴンの中古車情報|燃費から口コミ・評価も

1999年にダイハツから発売された軽ワンボックス「アトレー ワゴン」。 同社の「アトレー」をベースとして誕生しました。 イタリアのデザイナーによる内外装デザインと大人4人と荷物を余裕を持って収容できる車内空間はモデルチェンジ後の現在でも健在です。 当記事では、アトレーワゴンの燃費や評判、中古価格などを掲載しています。


ダイハツの軽 エッセ|スペック・燃費から中古価格までご紹介

ダイハツの軽 エッセ|スペック・燃費から中古価格までご紹介

発売が終了している、ダイハツのエッセは街乗りに丁度いい仕様で作られています。エッセの中古車には、燃費性のに走行性能など様々な点で期待することができます。今回の記事では、ダイハツの軽自動車「エッセ」」の性能や燃費に、中古車価格などをまとめてご紹介していきます。


最新の投稿


海外からも人気の三菱 パジェロイオ|スペック、燃費評価、リフトアップ法も紹介

海外からも人気の三菱 パジェロイオ|スペック、燃費評価、リフトアップ法も紹介

地球上のあらゆる大地を舞台に戦いをみせてきた三菱パジェロのサイズ感をミドルクラスに制作されたパジェロイオ。ダカールラリーでも優勝経験を果たし、その雄姿も相まって1990年代、RVブームに乗り販売台数を大きく伸ばしました。今回は、パジェロイオが愛された理由をまとめご紹介します。


幻の国産車!?スズキのセダン・キザシってどんな車?

幻の国産車!?スズキのセダン・キザシってどんな車?

スズキが2009年に発売したセダン『キザシ』。この『キザシ』という言葉には、物事の始まりの予兆という意味と、芽が出るという二つの意味合いがあります。今回の記事では、志高く誕生したものの短命に終わった『スズキ キザシ』についてまとめています。


【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

【タイプ別2019年最新情報】おすすめ!人気の高圧洗浄機

高圧洗浄機は洗車に使ったり外壁を洗浄したり、あらゆる場所の洗浄に便利なので、購入を考えている人もいるでしょう。そこで今回は、ケルヒャーなどの有名なメーカーを含め、家庭用と業務用のおすすめの高圧洗浄機を紹介します。気になる動作音を抑える静音タイプも紹介しています。


今更聞けない!?ハイブリッドの種類とマイルドハイブリッドについて

今更聞けない!?ハイブリッドの種類とマイルドハイブリッドについて

ハイブリッドと一言で言っても実はいくつか種類があります。今回わかりやすく解説しながら、最も取り扱いが簡単なマイルドハイブリッドの仕組みについて迫りたいと思います。来る電気自動車の時代に向けて勉強してみましょう。


【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

【気を付けて】免許取り消しの点数から再取得までを解説!

行政処分である免許取り消しの制度の仕組みは、交通違反として最も重い処分です。点数による処分がどのように行われているのかしりたいところでしょう。免許取り消しの理由は、また、違反による点数によって講習を受ける必要性があります。取り消しの期間から最終的に再取得までの流れを改めて見ていきましょう。