目次へ戻る

ダイハツの軽オープン!コペン スペック 価格 試乗記ほか

ダイハツの軽オープン!コペン スペック 価格 試乗記ほか

ダイハツから発売されている、軽自動車規格の前輪駆動2人乗りクーペ型オープンカー。それがコペンです。カワイイ顔した国産オープンカー。走りを楽しみたい人に持ってこいのコペンについて改めてご紹介します!そして…公式サイトによると、2018年12月19日にコペンに何かがおこるとか?


ダイハツの軽オープン!コペン スペック 価格 試乗記ほか

ダイハツから発売されている、軽自動車規格の前輪駆動2人乗りクーペ型オープンカー。それがコペンです。カワイイ顔した国産オープンカー、コペンについて改めてご紹介します!そして…公式サイトによると、2018年12月19日にコペンに何かがおこるとか?

2018年12月19日、コペンに何かが起こる?

ダイハツのコペン、公式サイトによると、「12月19日に何かがある」という言葉と共に、カウントダウンが始まっています。

いったい何が起こるのか?今から楽しみですね。

Teaser|COPEN|Brand&Fan Community

https://copen.jp/teaser

DAIHATSU COPENオフィシャルサイト。2018年12月19日COPENに何かが起こる!

ダイハツのコペン 基本情報

コペンとは、ダイハツが製造・販売する軽自動車規格の前輪駆動2人乗りクーペ型オープンカーです。

初代モデルは2002年に登場、現行モデルは2代目で、2014年から発売されています。

エクステリアですが、「ローブ」、「エクスプレイ」そして「セロ」で全く違うパーツを使用しています。

もともと、ローブのみでしたが、よりスタイリッシュなエクスプレイ、そして先代を思い出させるような丸目のセロを導入し、ラインアップが充実しました。

そのため、「コペン」と一言で言っても、どのスタイルを選ぶかによってかなり雰囲気が変わりますので、ご注意ください!

コペン ローブ エクステリア画像

コペン エクスプレイ エクステリア画像

コペン セロ エクステリア画像

コペン スペック(ボディサイズ・燃費ほか)

 
【ダイハツ コペン】 スペック表
ボディサイズ(全長×全幅×全高)3,395×1,475×1,280mm(ホイールベース:2,230mm)
最大乗車定員2名
車両重量850~870kg
燃費JC08モード:22.2or25.2km/L
エンジン種類水冷直列3気筒12バルブDOHCインタークーラーターボ横置
最高出力(kW(PS)/rpm)47kW(64PS) /6,400 rpm
最大トルク(N・m/rpm)92N·m (9.4kgf·m) /3,200rpm
タンク容量 30L
駆動方式2WD

コペン 新車価格

コペンの新車価格はそれぞれ以下のようになっています。

■COPEN Robe 7速CVT 1,852,200円
■COPEN Robe 5速MT 1,873,800円

■COPEN XPLAY 7速CVT 1,852,200円
■COPEN XPLAY 5速MT 1,873,800円

■COPEN Cero 7速CVT 1,906,200円
■COPEN Cero 5速MT 1,927,800円

■COPEN RobeS 7速CVT 2,052,000円
■COPEN RobeS 5速MT 2,073,600円

■COPEN XPLAYS 7速CVT 2,052,000円
■COPEN XPLAYS 5速MT 2,073,600円

■COPEN CeroS 7速CVT 2,106,000円
■COPEN CeroS 5速MT 2,127,600円

コペン ローブ試乗記・試乗評価・感想

ひさびさに登場した軽オープンにワクワクしつつ乗った。走り出しにまず感じたのは意外なほどにボディがしっかりしていることと、足まわりのセッティングが硬めなこと。コペンは「D-Frame(Dフレーム)」と呼ばれるモノコックのようなインナーボディでクルマの機能面を決め、プラスチックの外板でスタイルを決めている。サイズの制約はあるものの、ボディの性能にもデザインにも妥協なく作られているのだろう。

MTのシフトフィールもいい。FRモデルのようなダイレクト感は求められないが、シフトレバーまわりの剛性感や各ギヤの正確さも十分なレベル。クラッチペダルについても適度な重さが与えられていて操作がしやすい。以前、操作感がないほど軽いクラッチを装着した軽自動車に乗ったことがあるが、コペンについてはそうしたこともきちんと考えたセッティングが行われていた。

コペン エクスプレイ試乗記・試乗評価・感想

『コペン』初の着せ替えモデルのバリエーション「エクスプレイ」。よくよく見れば、ルーフまわり以外、外販パネルがまるごと「ローブ」とは異なり、専用デザインとなっている点が特徴だ。

注目したいのはドアパネルも別モノということ。“ローブ”のような斜めのキャラクターラインがなくスッキリとしており、ドアハンドルも幾分か水平にセットされている。なかなか手の込んだ作り分けだ。

3サイズ、車重はローブと同一で、5速MT車は850kgとCVT車より20kg軽量だ。このため、コクコクと決まるシフトを駆使しながらの走りは基本的にローブと変わらない。シュンシュンと回るエンジンもスペックは同じ・けれど、どこかゆったりと走ろう…という気持ちになるのは、やはりSUV風のスタイリングの影響か?

コペン セロ試乗記・試乗評価・感想

実際にドライブしてみたら、そんなことは一瞬でどうでも良くなった。底抜けに楽しいのである。

オープンエアでも風の巻き込みは僅少で、まるでクローズドのように快適…という甘口なオープンカーが主流となったなかで、コペンのオープンエアドライブはスパルタンそのものだった。低速走行時はいいとして、スピードが上がると風がバンバン頬を打つ。乗り心地はどの速度域でも揺すられ感が強く、快適性という点では低い点をつけざるを得ない。

経済性の高さ。ほぼ全区間を空力特性が大幅に悪化するオープンで走行、さらに通常に比べて山岳路の比率が格段に高かったにもかかわらず、ロングランの通算実燃費は25km/リットルを超えた。

最後に

見た目の可愛さだけじゃない!国産オープンカーとしても優れたダイハツのコペンについてご紹介しました。

もっとオープンカーが気になるという方は、下記記事も合わせてご覧ください。

関連するキーワード


ダイハツ 車種情報 コペン

関連する投稿


【速報】ダイハツの新軽クロスオーバータフト 予約開始!ライバルはハスラー!?

【速報】ダイハツの新軽クロスオーバータフト 予約開始!ライバルはハスラー!?

ダイハツは、6月に発売を予定している新型軽クロスオーバー「タフト(TAFT)」を4月1日より先行予約を開始しました。人気沸騰中のスズキハスラーのライバルとされる「タフト」とはどんな車なのでしょう?今わかっている最新情報をまとめてご紹介します。


【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報 最新情報

【最新版】2020年発売が予測される新型車(国産車)&新車情報 最新情報

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会える?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、発売日予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!(※2020年4月1日更新しました)


【最新版】2021年以降発売が予測される新型車(国産車)&新車情報 最新情報

【最新版】2021年以降発売が予測される新型車(国産車)&新車情報 最新情報

気が早いかもしれませんが、2021年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車が発売されるのか気になる方はいらっしゃいませんか?本記事では2021年以降に発売が予測される国産車をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、発売日など、気になる最新情報を徹底解説!随時更新予定です!(3月23日更新)


振り返り【東京モーターショー2019】は大盛況! 出展車一覧・初公開・最新車種情報!

振り返り【東京モーターショー2019】は大盛況! 出展車一覧・初公開・最新車種情報!

東京モーターショー2019を徹底振り返り!10月24日に始まり、11月4日に閉幕した東京モーターショー。約130万人の来場者数を記録し、大成功をおさめました。本記事では東京モーターショー2019の模様、出展車、コンパニオン情報をまとめて紹介します。気になる東京モーターショー2021の最新情報も!


ダイハツ キャスト|3タイプそれぞれの特徴や燃費・中古価格を網羅

ダイハツ キャスト|3タイプそれぞれの特徴や燃費・中古価格を網羅

ダイハツから発売されている キャスト。キャストはユーザーの好みに合わせて3種類のタイプが用意されています。当記事では、キャストの「STYLE(スタイル)」・「ACTIVA(アクティバ)」・「SPORT(スポーツ)」、この個性の異なる3種類のラインナップに関して特徴や評判、価格などをご紹介します。(※情報は2020年3月現在のものです)


最新の投稿


マツダのステーションワゴン「MAZDA6 WAGON」

マツダのステーションワゴン「MAZDA6 WAGON」

最近はアウトドアに行く車・ファミリーカーは?と聞くとSUVやミニバンと答える方が多いのではないでしょうか。しかし、少し前まではステーションワゴンが一世風靡していました。今回は、SUV・ミニバンブームの中でも健闘を続けるマツダのステーションワゴン「MAZDA6 WAGON」をご紹介します。


プジョーの新型ステーションワゴン「508SW」

プジョーの新型ステーションワゴン「508SW」

ステーションワゴンとは一般的に車高が低くて2BOXの乗用車となり、アウトドアなどに行った際に車中泊するのに適しています。今回はプジョーから販売されている新型ステーションワゴン「508SW」に焦点を当てて見ていきましょう。


【2020年度版】BMWカブリオレシリーズ一覧

【2020年度版】BMWカブリオレシリーズ一覧

BMWは数多くの名車を世に送り込み、大勢の人たちに愛され続けています。今回紹介するカブリオレシリーズもその中の一つであり、BMWの主力商品として成長を続けています。


スズキ アルトワークス|歴代モデルから新型情報・中古車情報まで

スズキ アルトワークス|歴代モデルから新型情報・中古車情報まで

軽自動車なのにスポーティな走りが出来る。それが、スズキ アルトワークスの特徴です。今回は、スズキ アルトワークスの歴代モデルや新型モデルの情報を紹介していきます。


【新型ヤリスVS新型フィット】売れたのはどっち?3月の販売台数ランキング発表!

【新型ヤリスVS新型フィット】売れたのはどっち?3月の販売台数ランキング発表!

自販連と軽自協が発表した2020年3月の新車販売台数ランキングによると、1位はホンダのN-BOXで同時に発表された2019年度(2019年4月~2020年3月)における販売台数でも3年連続の1位となっています。そして普通車では同時期デビューで注目されたトヨタの新型ヤリスとホンダの新型フィットが大躍進しました。