トップへ戻る

ヒールアンドトゥとは?練習できる場所はどこ?

ヒールアンドトゥとは?練習できる場所はどこ?

かつてMTのスポーツカー全盛期、車を速く走らせるためのテクニックがいくつも生まれました。その中でも“必須”と言われたテクニックが「ヒールアンドトゥ」です。今回は、そんなヒールアンドトゥについてご紹介します。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


ヒールアンドトゥとは?

マツダ・アクセラスポーツ

マツダ アクセラスポーツ

ヒールは踵、トゥは爪先のことで、ヒールアンドトゥとはマニュアル車の減速時にシフトショックでブレーキングのスタビリティを損なわないために、タイヤの回転数とトランスミッションの回転数を同期させるための技術です。

MT車で変速を行う際、シフトショックが起きることがよくあります。

シフトショックを起こしてしまう理由としては、一定のスピードで4速から3速へ一段階ギアを落とす際に、回転数も変化するからといったものが挙げられます。

ヒールアンドトゥを動画でもチェック

ヒールアンドトゥのやり方

ヒールアンドトゥのやり方は、

1.最初にブレーキを踏み減速させる
2.ある程度スピードが落ちてきたらブレーキを踏んだ状態のままクラッチを思い切り踏み込む
3.シフトダウンを行う

といった流れになります。

その際、エンジンの回転数が足りない場合には、踵や爪先でアクセルを踏み、回転数を上げましょう。

それから、最後にクラッチを繋いであげることでスムーズにシフト切り替えることができるため、シフトショックを引き起こす確率を減らすことができるでしょう。

ヒールアンドトゥとダブルクラッチの違いは

ホンダ シビック Si

ホンダ シビック Si

ヒールアンドトゥと同じ様にペダルを操作するテクニックには、他に「ダブルクラッチ」というものがあります。

ダブルクラッチはその名の通り、一度のシフト操作で2回クラッチペダルを踏むことから、ダブルクラッチと言われています。

ダブルクラッチでは、シフトダウンする際にクラッチを踏み、一度シフトをニュートラルにしてからアクセルを踏んで回転数を上げ、またクラッチを踏みシフトダウンをし、クラッチをはなしてギアを繋ぎます。

最近の車にはシンクロというパーツが付いており、クラッチを踏んでアクセルを吹かしてもギアが回転してくれるようになっているので、ヒールアンドトゥが可能になっているのです。

ヒールアンドトゥでもシフトダウンは可能ですが、エンジンを大切にしたいならダブルクラッチを覚えておくことも大切です。

AT車でヒールアンドトゥをする意味とは?

トヨタ クラウン

トヨタ クラウン

ヒールアンドトゥは、アクセルをあおることで回転数を合わせる「ブリッピング」という技術が必要です。

しかし、最近のAT車はコンピューター制御によって自動的にブリッピング操作をし、スムーズにシフトダウンしてくれます。

公道ではヒールアンドトゥは不要?

石垣島 海岸沿いの道

公道でのヒールアンドトゥは危険が伴う

ヒールアンドトゥはそもそも速く走るためのスポーツ走行です。公道で限界を追求してしまうとタイヤの減りも早いですし、一番の問題点は危険ということです。

公道での走行に求められるのは、どれだけ安全に快適に車に乗れるかです。周囲の車にも自分にも危険性が無い様に安全な運転を心がけましょう。

ヒールアンドトゥの練習場所はどこ?

例え、交通量が少ない場所でも、公道やショッピングセンターの駐車場などで練習するのは控えた方が良いでしょう。

練習はサーキットの様な安全の確保された場所で行いましょう。

まとめ

MT車のペダル

ヒールアンドトゥを練習してみよう!

いかがでしたでしょうか?

なお、ヒールアンドトゥを完全に習得したいのであれば、サーキットなどで不定期に開催されるヒールアンドトゥ練習会への参加をお勧め致します。

安全な環境で練習をして、ヒールアンドトゥをマスターしましょう。

関連するキーワード


豆知識

関連する投稿


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。


初心者でもセルフ式ガソリンスタンドで焦らない! 使い方と注意点

初心者でもセルフ式ガソリンスタンドで焦らない! 使い方と注意点

自動車保有台数は年々増えている統計があるのに、数が減りつつあるガソリンスタンド。また以前のようなフルサービス店はどんどん少なくなってきており、「近所のガソリンスタンドは全部セルフ式」なんて方も多いのでは。慣れていないと戸惑ってしまうセルフ式ガソリンスタンドですが、コツさえ押さえればスムーズに便利に利用できます。ポイントごとにご紹介していきます。


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。