目次へ戻る

ミスファイアリングシステムとは?モータースポーツ発祥の技術?

ミスファイアリングシステムとは?モータースポーツ発祥の技術?

スバルの「WRX」や三菱の「ランサーエボリューション(ランエボ)」に搭載されていたミスファイヤリングシステム。今回は構造や仕組みを紹介するだけでなく、やり方まで解説していきます。


ミスファイヤリングシステムとは?

「ミスファイアリングシステム」とは、トヨタで言う所の「アンチラグシステム」に当たり、英語圏では「Anti-lag system」と、トヨタと同じ名称で称されています。

そのアンチラグシステムのスバルでの呼称がミスファイアリングシステムで、三菱では2次エア供給システムと称されています。アンチラグシステムという名前の通り、読んで字のごとく、ターボチャージャー(以下ターボ)の弱点であるアクセルオン・オフ時に起こるターボラグを防ぐ目的で改善された機構の名称を指します。

比較的直線が多い場面ではターボは驚異的なパワーを見せる一方、コーナーが連続する様なワインディング走行では、このターボラグが仇となり、NAの方が立ち上がりの良さで優位に立つ場合があります。

つまり、コーナー進入時の減速時のアクセルオフの状態から、コーナーを曲がり切った後の立ち上がりに生じるターボラグを如何に少なくするかという趣旨のもと、開発されたシステムがミスファイアリングシステムという事です。

ランサーエボリューションやWRXの市販車にも搭載されている?

三菱ではランサーエボリューション (エボIII以降)、スバルではインプレッサ - 2代目以降のWRX STi、トヨタではセリカGT-FOUR3代目のWRC仕様と市販車両での採用例もあります。

この採用ラインナップを見てピンと来た人もいるでしょう。WRCに出場できる規定に市販車両をベースに制作する事が規定となっている為、純正装備されていない場合は規定に違反してしまいます。

その為純正でミスファイアリングシステムを搭載していない場合は、チューンで後付する事が違反となりますので、純正として装着しているケースもあります。ただし、排出ガス規定に適合しない為、通常は作動はしません。

構造や仕組みは?

では、そのミスファイアリングシステムの仕組みはどのようなものでしょうか。

まず、ミスファイアリングシステムの解説の前に、最近話題になっているダウンサイジングターボにも用いられている、排気タービン式ターボチャージャー(以下ターボ)の基本的な仕組みについて解説したいと思います。

ターボとは、排気ガスの流れを利用してタービンを回転させて、より多くの空気を過給する機構の名称です。より多くの空気に見合った多くの燃料をシリンダーに送り、より大きな爆発力(パワー)を生む事が可能となります。つまり、同じエンジンの1000ccで、ターボエンジンとNA(自然吸気)エンジンを比較した場合、排気量は同じでもターボエンジンの方が断然パワーがあるという事になります。

では、先の項で説明したターボラグとはどういった原因により起こるのでしょうか。

ターボのパワーとは基本的に中・高回転域で最大限にパワーを発揮するように設定されています。減速などでアクセルをオフにした状態から、ふたたびアクセルをオンにした際に、排気が少ない状態ではタービンの回転も少なくなっています。

つまりコーナーの立ち上がりなどの瞬時にパワーが欲しい場合にも、タービンが回転するまではレスポンスが悪くなってしまうという事です。これは、ツインターボの場合も同じく、低回転域でもタービンが回転するまでは、パワーを瞬時に発揮する事はできないという事です。

そういった弱点を改善すべく、ミスファイアリングシステムとはアクセルオフ時にも爆発力を得る為に、エキマニからタービンまでの空間で未燃焼ガスを失火させる事でタービンを回転させます。

ミスファイヤリングシステムのやり方は?

ミスファイアリングシステムと言えば、マフラーから火を噴きながら「パンッ!パンッ!」と銃声のような破裂音が鳴っている状態を想像する人も少なくないでしょう。

夜間などでは昼間よりも火が見えやすく、ステンレスのマフラーエンドから火を噴くその様子は、確かにカッコイイです。

イメージ画像

しかし、ここで注意したいのが、爆発音を轟かせながらマフラーから火を噴いている状態は、要調整の状態であり、芳しくない状態であるという事です。その状態は失火(ミスファイア)ではなく、完全に爆発を起こしたアフターファイヤーの状態であり、車へのダメージは当然ながら、最悪火災になってしまう危険性もあります。

ミスファイアリングシステムがカッコイイけどデメリットが多い事を認知した上で、ミスファイアリングシステムをアフターファイヤー目的の玩具として使用する場合の、二通りの選択をご紹介します。

【ミスファイアリングシステムの使用法《アフターファイヤー目的編》】

一つ目は、純正品でミスファイアリングシステムが搭載されている車種で、ミスファイアリングシステムによるアフターファイヤーを引き起こす方法です。

先の項で解説した通り、WRCへの採用目的で市販車に搭載している車種がありますが、純正のままでマフラーから火が出る危険な車を市販する事は問題があり、検査も通らないので、純正状態では火を噴かない用に設定しています。つまりこの設定を変更する必要があります。

燃料調整などの設定はコンピューターで制御していますので、社外品でそれらの調整を変更する必要があります。

オススメの方法としては、専門ショップで嗜好目的でアフターファイヤーを引き起こしたい旨を伝え、任意でミスファイアリングシステムをオン・オフできるシステムを組み込む事です。デメリットが多すぎるため、任意のタイミングでアフターファイヤーを引き起こして満足する程度に留めておきましょう。

そしてもう一つの方法は、マフラーに点火システムを導入して、強引にアフターファイヤーを引き起こす方法です。

こちらの方法は、ミスファイアリングシステム搭載車以外の車でも容易にアフターファイヤーを引き起こすことが可能となっています。マフラーにプラグがついていますので、完全なるパフォーマンス用途にはなりますが、スイッチなどがついているものもあり、任意のタイミングで爆発できるのがメリットでしょう。

どちらの方法も純正マフラーでは、爆発しなかったり、音が抑えられたりする為、マフラーも社外品に交換することが求められます。

【ミスファイアリングシステムの使用方法《実用編》】

ミスファイアリングシステムをチューンで作動可能にし、実際に作動させるにはどういう運転をすれば良いでしょうか。

作動という事であれば、アクセルをオフにした際に、エキマニ内からタービンの間でミスファイアが起こって、ブーストがかかっているので、作動はしています。活用という事であれば、レースの様な走りをしなければ、ミスファイアリングシステムの恩恵を感じる事は少ないかもしれません。

公道でやってもよいのか?

ミスファイアリングシステムを作動できる状態にしていても、車検時にオフにしておけば車検には通る事もあります。道路交通法においては、原則、ミスファイアリングシステムを取り締まる法律が無い為、問題は無いでしょう。かといって、むやみにアフターファイヤーをし過ぎると道徳的な観点や、道路交通法以外の法律や条例に抵触する可能性もあります。

公道で行うメリットは殆ど無いといっても過言ではありませんので、レースへの参加等以外で利用するのは控えるべきでしょう。

まとめ

ミスファイアリングシステムは、パフォーマンス的には派手でカッコイイのですが、周囲への騒音による迷惑や、車へのダメージも考えると非常に悩むところではあります。

純正のミスファイアリングシステムでアフターファイヤーを楽しむ方法と、社外品による点火式のアフターファイヤーのどちらにもオン・オフ機能が付いているものもあるので、パフォーマンス目的で気軽に導入してみてもいいんじゃないでしょうか。

ただし、やり過ぎは迷惑だけじゃなくて、自身の車のダメージや火災の原因にもあるので、“火遊び”は程々にしましょう。

関連する投稿


マツダのロータリーエンジン|復活はいつ?仕組みや歴史、メリット等を解説

マツダのロータリーエンジン|復活はいつ?仕組みや歴史、メリット等を解説

ロータリーエンジンの仕組みから役割、メリットや燃費といったロータリーエンジンの全てを徹底解説していきます。


クルーズコントロールとは?使い方から後付け方法 各社の機能比較も

クルーズコントロールとは?使い方から後付け方法 各社の機能比較も

クルーズコントロールの基本的な機能や役割に使い方、後付け製品の比較までといったクルーズコントロールについてご紹介していきます。


【まるでレーサー】ローンチコントロールの搭載車とそのやり方

【まるでレーサー】ローンチコントロールの搭載車とそのやり方

スポーツカーに乗っているなら一度は試してみたい?停止状態からすばやく発進加速できて、誰もがレーサーのようなスタートを楽しめる「ローンチコントロール」というシステム。その「ローンチコントロール」の仕組みから搭載車やそのやり方、注意点を紹介します。


スバルのリニアトロニックCVT|構造・仕組みを説明。欠点や評価も紹介

スバルのリニアトロニックCVT|構造・仕組みを説明。欠点や評価も紹介

スバルの最新トランスミッション「リニアトロニック」。5代目レガシィに初搭載されてから、現行スバル車の殆どの車種で採用されています。このリニアトロニックの構造や仕組み、評価やメリットから寿命などの欠点まで紹介します。


AWDと4WDの違いって何?意味やメリット、各社の技術や代表車種を紹介

AWDと4WDの違いって何?意味やメリット、各社の技術や代表車種を紹介

車の駆動システム「AWD」。そもそもどんなものなのか、4WDとの違いはどこにあるのか?といった疑問をもたれてる方も多いのではないでしょうか。今回はAWDの意味からメリットについて、各社のAWDシステムの紹介や代表車種についての紹介を掲載しています。


最新の投稿


日本のスーパースポーツNSX、中古車はお買い得?市場価格と維持費について徹底検証!!

日本のスーパースポーツNSX、中古車はお買い得?市場価格と維持費について徹底検証!!

2017年2月に販売開始した2代目NSXを受け、初代NSXの中古車相場と20年以上経過する車両の歴史や特徴について、ご紹介していきます。


ポリマーコーティングによる特別な効果を確認しよう

ポリマーコーティングによる特別な効果を確認しよう

ポリマーコーティングとはどんなものでしょうか。具体的な意味と使用時の効果について、気になる値段を調べてワックスの上手な方法やコーティングの効果や耐久性における詳しい分析について調べてみます。メンテナンスの手入れの方法など、ポリマーコーティングの良さを見ていきます。


マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダ・ベリーサ|特徴や燃費、中古価格や評価を紹介

マツダの「ベリーサ」をご存知でしょうか?ベリーサは1500ccのコンパクトカーで、高級感のある「プレミアム・コンパクトカー」として売り出されました。しかし、その完成度にもかかわらず、現在この車について語られることはそれほどありません。そこで今回は、マツダ・ベリーサの特徴や燃費、中古価格を解説していきます。


ダイハツ アトレーワゴンの中古車情報|燃費から口コミ・評価も

ダイハツ アトレーワゴンの中古車情報|燃費から口コミ・評価も

1999年にダイハツから発売された軽ワンボックス「アトレー ワゴン」。 同社の「アトレー」をベースとして誕生しました。 イタリアのデザイナーによる内外装デザインと大人4人と荷物を余裕を持って収容できる車内空間はモデルチェンジ後の現在でも健在です。 当記事では、アトレーワゴンの燃費や評判、中古価格などを掲載しています。


1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーに関係するお金の話:任意保険は?維持費は?

1ナンバーとは、何なのか?1ナンバーで気になる税金の事について、どの費用がいくら位かかるのかを4ナンバーの比較を交えて、任意保険や維持費などを紹介します。車にかかる費用は他にも色々あります。細かい部分まで掘り下げて疑問をスッキリさせてみましょう。