トップへ戻る

三菱 ランサーエボリューションは今が買い?!おすすめの中古車は?

三菱 ランサーエボリューションは今が買い?!おすすめの中古車は?

2015年に発売された「ランサーエボリューション ファイナルエディション」をもって製造販売が終了した今も人気の高い車、ランエボの愛称で呼ばれたこのランサーエボリューションについて今回は話を進めていきたいと思います。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


三菱・ランサーエボリューション

三菱 ランサーエボリューション・X FQ-440 MR

三菱 ランサーエボリューション・X FQ-440 MR

2015年、23年間の歴史に幕を下ろした車があります。その車の名前はランサーエボリューション。かつてWRC(世界ラリー選手権)でライバルたちと熱い闘いを繰り広げた、伝説的名車です。

今でも中古市場において高値で取引されるランサーエボリューション(通称”ランエボ”)の魅力を解説します。

これぞ羊の皮をかぶったオオカミ、ランエボ

ランサーエボリューションIX

ランサーエボリューションIX

ランエボについて詳しく述べる前に、まずはベースになった三菱の乗用車”ランサー”についてお話しします。ランサーエボリューションのベースとなった三菱の5ナンバーセダン、ランサーの歴史は1973年にまで遡ります。

ヨーロッパの槍騎士に由来する名前を持ったこの車は、頑丈なモノコック構造と空力特性に優れたボディ、4G32ツインキャブエンジンを武器にラリーシーンへとデビューし、車格に勝る車たちを相手に次々に勝利を挙げました。

ランエボの登場前夜、三菱はギャランで既にラリーシーンにおいて実績を残していましたが、このギャランに搭載されていた4G63型2.0リットル直列4気筒インタークーラーターボエンジンをより軽量小型のランサーに搭載するべく、ベースとなるランサーの車体とサスペンションを強化しました。

また、ボンネットなどを軽量化した他、レカロ製のシートやMOMO製ステアリングを装備したモデルをランサーエボリューションとして発売しました。エボリューションとは英語で進化を意味する様に、三菱が新たなステージへ踏み出した歴史的瞬間と言えるでしょう。

WRC(世界ラリー選手権)のグループAカテゴリーでは、参加車両のベースとなる車種は年間2,500台以上生産している車種でなければならないという規定がありましたが、市販されたランサーエボリューションは瞬く間に人気となり、あっという間に製造分を完売しました。

今でも中古車市場で人気の高い秘密

中古市場でランエボの価格が下がらない大きな理由の一つに、「25年ルール」という物があります。これは、発売から25年を経過した自動車は米国ではクラシックカー扱いとなり、原則的に右ハンドル車の輸入を禁止している同国への輸入が認められるという法律です。

このルールがあるが為に、ランエボを始めとする貴重な日本車が次々に市場から姿を消しています。

映画やゲームの影響か、米国で正規販売されていなかったランエボもスポーツカーファンにはその存在を知られており、25年ルールの適用を待って輸入する例が増えています。

日本のランエボファンとしては、ランエボが海外の人にも認知されてうれしい反面、中古市場で手に入りにくくなるので困った事でもあります。

今でも人気のランエボは買いか?

三菱 ランサーエボリューションX FQ-400

三菱 ランサーエボリューションX FQ-400

ここ数年日本の中古市場では高性能スポーツカーの価格が高騰しており、ランエボを中古で買おうと思っていたユーザーにとっては手痛い状況となっています。

1995年1月に発売されたランエボ3は発売から25年が経過する今年から25年ルールが適用となる為、購入を検討している人は早めに動いた方が良いかもしれません。

ランエボの中古車を買うならどの世代?

ランサーエボリューションには初代の1から10までが存在しますが、そのうち3までが第一世代、4からが第二世代、7からは第三世代に分けられます。最終モデルである10だけはベース車両がギャラン フォルティス(海外名はランサー)となっています。

1992年発売の初代ランエボについては前述した通りですが、1994年発売のランエボ2では、シャシーが大幅に改良されている他、最高出力が1と比べて10PSアップの260PS/6,000rpmとなっています。

1995年に発売されたランエボ3ではフロントバンパーの開口部が大きくなった他、大きなウイングを備えた事も外観的特徴です。最高出力は2から10PSアップの270PS/6,250rpm。総販売台数は1万台を超える好セールスを見せました。

1996年に発売されたランエボ4からは、ベースモデルのランサーがフルモデルチェンジしている事から第二世代に分類されます。旋回性能が向上した事、最高出力が当時の日本車の上限である280PSに達しました。歴代ランエボの中で最高の販売台数をマークしたモデルでもあります。

1998年に発売されたランエボ5では、ボディサイズが見直され、車幅1,770mmの3ナンバーサイズとなっています。これにより高い走行安定性能を手に入れています。

1999年、5の発売から僅か1年後に発売されたランエボ6ではフロント周りの意匠が変更されました。空気抵抗の改善と冷却性能の強化が行われましたが、レースでは5以上の成績を残す事が出来ず、一部ユーザーからは進化ではなく退化だという声もありました。

トミ・マキネン選手の4年連続ドライバーズタイトル獲得を記念したトミ・マキネンエディションも2000年に発売されました。

2001年に発売されたランエボ7の大きな特徴は、2002年に追加されたシリーズ初のAT仕様モデルの登場です。これにより、MT操作が苦手なスポーツカーファンもランエボに乗る事が出来る様になりました。また、ベースとなるランサーのモデルチェンジにより、このモデルからは第三世代に分類されます。

2003年に発売されたランエボ8は、MTが5速から6速になった事、2004年に発売されたMRでは量産車初となるアルミルーフを採用した事が大きな変更点です。このモデルから海外での販売が正式にスタートしています。

2005年に発売されたランエボ9では、連続可変バルブタイミング機構の「MIVEC」システムを採用した事が主な変更点です。また、歴代でランエボ9にのみ、ワゴンタイプがファミリーに加わりました。

2007年に発売されたランエボ10は、ベースモデルがギャランフォルティスとなっており、第四世代に分類されます。後期型では最高出力が280PSを大きく超えて300PS/6,500rpmとなっています。

およそ8年間にわたってマイナーチェンジを繰り返し、販売が継続されたランエボ10でしたが、2015年に発表されたランサーエボリューション ファイナルエディションを持って、長きにわたったランエボの歴史に終止符が打たれる事が発表されファンは悲しみました。

ちなみに、ファイナルエディションは5MTのみとなっています。

ランエボ1から3までのモデルは、前述の25年ルールの影響もあってか国内ではほとんど流通していません。購入するなら第二世代に属するランエボ4以降のモデルが見つけやすくなっています。

ランエボの中古車価格

ランサーエボリューション
他サイトにも情報なし
ランサーエボリューションⅡ
220万円台~230万円台
ランサーエボリューションⅢ
90万円台~420万円台
ランサーエボリューションⅣ
130万円台~190万円台
ランサーエボリューションⅤ
190万円台~330万円台
ランサーエボリューションⅥ
170万円台~650万円台
ランサーエボリューションⅦ
50万円台~450万円台
ランサーエボリューションⅧ
140万円台~350万円台
ランサーエボリューションⅨ
210万円台~490万円台
ランサーエボリューションⅩ
90万円台~710万円台

安い物は100万円以下から高い物は700万円オーバーとかなり高額となっており、車種によっては入手困難となっています。

(車情報サイトResponseより 2020年11月現在)

海外にも熱狂的なファンを獲得したランエボ

ランサーエボリューションX

ランサーエボリューションX

WRCで通算25勝という偉業を成し遂げたランエボの名前は海外のモータースポーツファンにも広く知られており、ランエボの終焉を嘆く声は世界中で聞かれます。最近ではゲームを通して、WRCでの輝かしい歴史を知らない若い世代にもランエボのファンになる人がいます。

程度の良いランエボの探し方

三菱 ランサーエボリューションX FQ-400

三菱 ランサーエボリューションX FQ-400

ランエボはスポーツカーなので、これまでのオーナーがどれくらい走って来たかによって状態は異なってきます。前述の25年ルールの影響の為状態の良い個体、特にフルノーマルで走行距離の浅い個体は見つけるのが年々難しくなっています。中にはプレミア価格が付いている個体もあります。

程度の良い個体を探すには中古車情報サイトをとにかく頻繁にチェックする事、気になる個体があったらすぐに現車を確認に行く事、購入資金をためて置く事です。親しくしているショップがあるなら、希望の条件を伝えて業者向けのオークションで見つけてもらうのもいいでしょう。

修復歴がある個体に関しては、それなりにハードな乗り方をされている可能性があると考えられるので慎重に検討した方が良いかもしれません。


ランエボとWRC(世界ラリー選手権)

ランサーエボリューション WBC 登場

ランサーエボリューション WBC 登場

かねてよりレース活動に積極的だった三菱ですが、ランエボの初参戦は1993年シーズンです。それ以前は三菱はギャランVR-4でWRCを闘い、結果を出していましたが更なる飛躍の為に投入されたマシンがランエボだったのです。

1994年シーズンにはランエボ2を投入しますが、ライバルであるスバルやトヨタの後塵を拝します。しかし、1995年シーズンの第二戦で、三菱チームのケネス・エリクソン選手が1位、トミ・マキネン選手が2位でフィニッシュし三菱ランサーエボリューションの名を世界に知らしめました。

1997年シーズン、トミ・マキネン選手は年間4勝を挙げ、2年連続のドライバーズチャンピオンに輝きました。

1998年に投入された5では、トミ・マキネン選手は終盤の3連勝を含む計4勝を挙げ、三菱は初のマニュファクチャラーズタイトルを獲得しています。

1999年、ランエボは6へ進化し、トミ・マキネン選手はドライバーズタイトル4連覇を成し遂げました。

2000年、2001年は苦戦を強いられた三菱は、2002年シリーズにはランサー・セディアをベースにした「ランサーエボリューションWRC」を投入しますが、年間未勝利に終わっています。

2003年シーズンは活動を休止し、新体制で臨んだ2004年シーズン、三菱はニューマシン「ランサーWRC04」を投入しますが勝利を挙げる事は出来ませんでした。

2005年シーズンは、開幕戦モンテカルロで3位、最終戦のオーストラリアで2位となりますが、三菱経営陣は経営再建を最優先の課題として、2006年以降のWRC活動の休止を発表、三菱車のレースでの活躍に幕が下ろされました。

ランエボの復活はあるのか?

三菱 ランサーエボリューション X

三菱 ランサーエボリューション X

2017年、三菱が海外(台湾)で発売したセダンが話題を呼びました。新型グランドランサーです。新たなランエボ開発のはじまりか!?と世界中のランエボファンが注目しました。しかし、残念ながらランエボ復活とはなりませんでした。

2017年6月に開催された三菱自動車の株主総会の席上で当時の益子修CEOは、「ランサーエボリューションの新規開発については前向き」との発言をしました。しかしこれも、三菱自動車の業績が回復し、余裕が出た場合という条件付きとなります。

理由として考えられるのは、スポーツカーは開発に莫大なコストが掛かる事と、原価率が高く大きな利益を得にくいという問題がある為です。ランエボファンとしては採算を度外視してでも復活してもらいたいところですが難しいでしょう。

まとめ

ランサーエボリューション

ランサーエボリューション

2015年に1,000台限定で販売された「ランサー エボリューション ファイナルエディション」の販売終了を持ってランサー エボリューションはその歴史に幕を閉じました。同時に三菱の国内ラインナップからセダンが消えてしまいました。

ランエボファン、三菱ファンは三菱のスーパースポーツセダン、ランサーエボリューションの復活の日をいつまでも夢見ている事でしょう。

関連する投稿


三菱 ランサーってどんな車だったの?エボリューションとは何が違う?

三菱 ランサーってどんな車だったの?エボリューションとは何が違う?

ランサーと言えばすぐにエボリューションが思い浮かんでくることでしょうが、ランサーはエボリューションの原形モデルとしてラリーなどでも活躍した車です。その性能は当時としては、ずば抜けたものがありました。今回は三菱ランサーを見ていきましょう。


新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

新車で買える!MT車(マニュアル車)まとめ

MT車に乗りたい、今現在どのようなMT(マニュアル)車が販売されているのかを知りたい!という方。今回は国産MT(Hパターン)車をまとめました。MT車が欲しいあなたに必見の記事ですよ!


新型車情報|新型エクリプスクロスが大人気!走りとカッコ良さを解説!

新型車情報|新型エクリプスクロスが大人気!走りとカッコ良さを解説!

2020年12月に大幅改良を発表し、同日より発売された三菱のコンパクトSUV「新型エクリプスクロス」が大人気で、評価も非常に高くなっています。今回はそんな新型エクリプスクロスの人気の理由とスペック、そして中古車相場をご紹介します。


三菱GTO|その魅力と生産終了の理由は?

三菱GTO|その魅力と生産終了の理由は?

GTOと聞いてすぐに三菱GTOを思い浮かべる方はかなりの車好きの方に間違いないのではないでしょうか。そこで今回は三菱GTOと言う車について振り返ってみます。


2021年に注目すべき新型車をドドンと大胆予想8選!話題のあの車も

2021年に注目すべき新型車をドドンと大胆予想8選!話題のあの車も

2021年もまだまだコロナの影響は色濃く、ニューノーマルを模索する1年となりそうな予感がしますが、気晴らしに発表が予想される新型車に思いを馳せてみるのはいかがでしょう。大混乱だった2020年の間も着々と開発を進めることに成功した新型車たちは、自動車の未来がどんな風に変わっていくのかを教えてくれる重要な一台となること間違いなし。詳しく見ていきましょう。


最新の投稿


トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

トヨタ ライズの燃費情報が丸わかり!ハイブリッドも早速燃費チェック

人気のSUVジャンルの中でも扱いやすい5ナンバーサイズで人気なのがトヨタ ライズ。2019年の登場から常に好調な販売台数を誇ってきたライズですが、2021年11月の改良によって待望のハイブリッド車が追加されるなど、これまで以上にライズの燃費性能に注目が集まっています。リーズナブルな価格が嬉しいライズだけに、この記事では気になる燃費性能を詳しくご紹介していきます。


2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021~2022年 年末年始渋滞予想|過去傾向から読み解く渋滞予測と回避方法

2021年も12月に差し掛かりそろそろ年末が見えてきました。長く続いたコロナ禍もワクチン接種率の拡大とともに収束方向に動いており、今年の年末年始こそは帰省したいと考える方もいらっしゃると思います。そこで今回は緊急事態宣言解除後の帰省に関するアンケートと過去の渋滞実績を元に渋滞予想をまとめました。


ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

ワイパー交換ってどうやるの?自分でできる効果テキメンのカーメンテ

車を運転するのは晴れの日だけではなく、むしろ雨や雪といった天候の悪い時こそ車は大活躍しますよね。視界が悪くなりがちな悪天候時にきちんと前や後ろを見て運転するためにも、ワイパーの状態を適切に管理しておくのは、安全運転の要で非常に大事なことです。この記事ではワイパーの交換目安や交換方法をご紹介していきます。簡単なのに効果が絶大なワイパー交換にぜひチャレンジしてみてください。


人気で選ぶ!2021年におすすめの中古車厳選10選、価格から魅力まで

人気で選ぶ!2021年におすすめの中古車厳選10選、価格から魅力まで

愛車選びは悩ましいもの。たくさんある車種の中からどれを選んだらいいのかななんて分からない、とお感じのあなたなら、人気ランキングで上位の車を選んでみてはいかがでしょう。多くの人から支持を受ける人気の車なら、失敗知らずの車選びができそうですよね。この記事では、中古車として人気の10台の魅力や中古車情報を詳しくご紹介していきますので、参考にしてみてください。


室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

室内が広い軽自動車のおすすめ厳選5台!荷物満載でも問題なしの軽とは

ボディサイズに制限があり、全長と全幅が横並びとなっている軽自動車。しかし、軽なら室内が狭くても仕方ない、と諦めるのは早い! 数多ラインナップされている軽自動車の中には驚きの室内空間のゆとりを持つものも存在しており、かしこく選べば普通車顔負けの実用性をリーズナブルな価格で手に入れることも可能です。この記事では、室内が広くておすすめの軽自動車を5台ご紹介していきます。