目次へ戻る

NDロードスターの基本情報!スペック・価格帯や中古車相場

NDロードスターの基本情報!スペック・価格帯や中古車相場

マツダを代表するスポーツカーであり、現在でも販売されているのがロードスターです。貴重なオープンタイプの国産車でもあり、自動車メーカーとしてのマツダの付加価値を高める車種の1つでもあります。今回は、そんなロードスターの現行仕様であるND型の基本情報、スペックや価格帯などを見ていきましょう。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


NDロードスターの基本情報

NDロードスター

NDロードスターに掲げられたコンセプトは「人生を楽しもう-Joy of the Moment, Joy of Life-」。
「人馬一体」になってクルマの運転をより楽しむことができるように作り込まれています。

運転時の何気ない1秒にも喜びを感じて人生が彩られる、そんなことを期待させるコンセプトです。

特徴

余裕を見せる内装周り

特徴の1つは何と言ってもその美しいボディデザイン。

2シータースポーツカーらしいコンパクトでスポーティーなフォルムに加え、マツダの考える乗り手を際立たせるプロポーションとオープンカーの気持ちよさをより味わうための外装・内装デザインが表現されたデザインテーマ「魂動デザイン」が表現されています。

2シーターオープンカーであることも欠かせない魅力。オープンカーの象徴である幌をシートを座ったまま片手で開閉することができるのは便利かつ魅力と言えるでしょう。

加えて駆動方式はFR(フロントエンジンの後輪駆動車)。基本的にこの手の車種はFRですが、国産車の現行ラインアップではFRオープンカーはロードスターと今後発売されるレクサス LC500コンバーチブルの2車種だけということを踏まえると、その貴重さがわかります。

エンジンそのものではなくその配置方法に注目すると、フロントミッドシップに搭載して理想の前後重量配分と言われる50 : 50が達成されているのです。これが達成されている車は少なく、開発者のこだわりを感じます。

そして忘れてはならないのがその車両重量です。NDロードスターの車両重量は990kg〜1,060kgで、先代モデルのNC型と比べると100kg以上の軽量化に成功しています。

初代ロードスターの940kgには届きませんが、それでも初代モデルを彷彿とさせる車両重量です。

スペック・価格帯

NDロードスターのスペックと新車ならびに中古車の価格帯をまとめると下記の通りです。

 
NDロードスターの基本情報・スペック表
ボディタイプ 2ドア・オープン
ボディサイズ(全長×全幅×全高 mm) 3,915×1,735×1,235
ホイールベース(mm) 2,310
最低地上高(mm) 140
乗車定員(名) 2
エンジン種類 1.5L水冷直列4気筒DOHC16バルブエンジン
最高出力(kW(PS)/rpm) 97(132)/7,000
最大トルク(N・m(kgf・m)/rpm) 152(15.5)/4,500
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン式
後:マルチリンク式
燃費 WLTCモード:16.8〜17.4km/L
新車価格(税込) S:2,601,500円

S Special Package:2,818,200〜2,933,700円
S Leather Package:3,169,100〜3,284,600円
RS:3,334,100円
NR-A:2,755,500円
100周年特別記念車:3,279,100〜3,394,600円
中古車価格(税込)115.0万円〜308.0万円
※新車情報は公式サイト調べ(2020年6月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年6月現在)

NDロードスター RF

NDロードスターには、専用の2.0Lエンジンを搭載し、電動格納式ルーフとクーペスタイルのリヤピラーを持ったRF(リトラクタブル・ファストバック)と呼ばれるグレードもあります。

NDロードスターRFのスペックと価格は次のとおり。ロードスターと見比べると違いがよくわかります。

決定的な違いはエンジンパワーと車両重量で、RFの車両重量は1,100kg台と重たいですがエンジンの馬力は180馬力以上ありますし、最大トルク205N・mはトヨタ 86とほぼ同じです。

高速道路のような高速度域でのドライブでは余裕ある走りを楽しむことができるでしょう。

 
NDロードスターRFの基本情報・スペック表
ボディタイプ 2ドア・オープン
ボディサイズ(全長×全幅×全高 mm) 3,915×1,735×1,245
車両重量(kg) 1,100〜1,130
ホイールベース(mm) 2,310
トレッド(前/後mm) 1,495/1,505
最低地上高(mm) 145
乗車定員(名) 2
エンジン種類 2.0L水冷直列4気筒DOHC16バルブエンジン
最高出力(kW(PS)/rpm) 135(184)/7,000
最大トルク(N・m(kgf・m)/rpm) 205(20.9)/4,000
サスペンション 前:ダブルウィッシュボーン式
後:マルチリンク式
燃費 WLTCモード:15.2〜15.8km/L
新車価格(税込) S:3,439,700〜3,467,200円

V:3,735,600〜3,763,100円
VS Burgundy Selection:3,776,300〜3,803,800円
RS:3,900,600円
100周年特別記念車:3,873,100〜3,845,600円
中古車価格(税込)145.9万円〜546.0万円
※新車情報は公式サイト調べ(2020年6月現在)
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年6月現在)

NDロードスターの良いところ・悪いところ

続いて、NDロードスターの良い点や悪い点について見ていきましょう。

良いところ

SKYACTIV-G 1.5

使い切りやすくなった性能の1.5Lエンジン

1つ目はエンジンです。新開発の1.5Lエンジン「SKYACTIV-G 1.5」が搭載されています。実はNDロードスターはこれまで発売されたロードスターの中で初めて1.5Lエンジンが搭載されたモデルなのです。

初代ロードスターのNA型は1.6Lエンジンで始まり、先代にあたるNCロードスターに限っては2.0L直列4気筒エンジンが搭載されるなど1.6L以上の排気量がロードスター搭載エンジンのデフォルトであった中、あえてダウンサイジングを行っているのです。

エンジン排気量が1.5Lとなったことで過去モデルよりも自動車税が安くなりました。排気量が小さくなって最高出力と最大トルクが小さくなった分、ワインディングやミニサーキットでエンジンの性能を使い切ることができるのもうれしいところ。

純正タイヤサイズが16インチ

2つ目の良いところは純正タイヤサイズが16インチとなっている点です。

タイヤサイズにおける「高い」の定義は各ドライバーがどういうクルマに乗ってきたかによって大きく変化するので一概に言えませんが、16インチサイズは14・15インチサイズのタイヤとともに「安い」部類に入るサイズと言えるでしょう。

ちなみにNDロードスターの純正ホイールは16x6.5Jのアルミホイール。グレードによってはメーカーオプションで16 x 7Jのレイズ社製鍛造アルミホイールを選択することができます。

純正サイズで充分な方はメーカーオプションで鍛造ホイールを履かせるのも良いですし、インチアップしてビジュアルアップを狙うのも楽しいでしょう。

悪いところ

車内が狭い

ロードスターの悪いところをいくつか挙げると、1つは車内の狭さです。

2シーター設計の車内は運転席と助手席の距離が近く、フルフラット空間などもちろん不可能。上品さとスポーティーさを兼ね備えた内装やコックピット周りを見ながらの車中泊もそれはそれで楽しいですが、身体には辛いでしょう。

ソウルレッドクリスタルメタリックが特別塗装色となっている

2つ目はNDロードスターを象徴するボディカラーのソウルレッドクリスタルメタリックが特別塗装色である点です。

特別塗装色をわかりやすく言えば有料色。つまりCMやウェブサイトにカタログなどで推されているあの色のロードスターを手に入れるには、特別塗装色費用が別途66,000円掛かります。

ボディカラー7色のうち3色は特別塗装色です。

1.5Lエンジンのクルマとしては車両価格が高い

3つ目は1.5Lエンジンのクルマとしては車両価格が高いこと。

すでに紹介したように新車価格は2,601,500円〜3,334,100円と決して安くはない価格帯で、オープンカーではありませんが同じFRスポーツカーであるトヨタ 86のベースグレードや中堅グレードはこの価格帯に含まれています。

86に搭載されている2.0L水平対向4気筒エンジンは最高出力152kW(207PS)/7,000rpmに最大トルク212N・m(21.6kgf・m)/6,400~6,800rpmのスペック。

「1.5Lのエンジンを積んだスポーツカーと2.0Lのエンジンを積んだスポーツカーが同じ価格」ということを考えると、割高感を感じます。

e燃費におけるユーザーレビュー

当メディアの姉妹サイトであるe燃費においてNDロードスターがどのような評価を受けているのかいろいろ見てみましょう。

ほぼ通勤だけの、これまでの平均燃費は、19.56km/Lです。
気持ちとしては、1日で満タンを空にするくらいのドライブを早くしてみたいと思いつつ、4/29の納車から4,467km走行、残念ながら往復250kmが1日だけです。
正真正銘、皆が言うスポーツカーは、私の最適通勤車です。(^_^)v(T^T)

走り(に特化した)グレードNR-A。

低回転域から発生する適度なトルク、運転が容易!
踏めばスポーツな排気音、軽快に吹き上がる!
持て余すパワーが無いから、シフトチェンジを存分に楽しめる♪
遠いめのオルガン式アクセル、慣れるとヒール&トオは楽勝に決まる!
乗り降りはしにくいが、それはそれで特別、、で〇。
月に数度は周りから「カッコいい~っ!」って声がかかる。⇔が、こちらの意識ほどには人は観ていない?
売りはなんたって解放感!  スタイリングと共に、恋してしまう♪

けどやっぱ、一人乗りでしょうか?

実燃費ならびに走りの面で高いユーザー評価を得ていることがわかります。実燃費でリッターあたりおよそ20kmはカタログ燃費以上の数値です。

これならヒール&トゥやちょっとした加速など燃料を多く消費する運転をしても比較的経済的に済みそうですね。


運転してて楽しい!
でも、室内が壊滅的に狭くて不便。特にカップホルダー。なんじゃコレ⁈って言うくらい使いにくいし、クルマがちょっとでも跳ねるとホルダーからペットボトルが車内にダイブする

マツダディーラーでオートエクゼのストリートスポーツサスに交換しました
硬いのにギャップも軽く癒すしなやかさが素晴らしい ^^
少しお高いですが 交換して大正解!

総じて高い評価を受けているNDロードスターですが、既に説明した懸念事項の1つである車内の狭さはユーザーからも指摘を受けています。

そういうクルマと割り切って乗れば良い反面、上記のユーザー評価にもあるように車体が跳ねた際にホルダーからペットボトルが飛んでいくというのは要注意です。

運転席足元にペットボトルや缶が落ちてペダル類の裏側に入るとアクセルやブレーキが効かなくなり重大事故へとつながります。

NDロードスターはどういう人におすすめ?

MAZDA MX-5 Miata 30th Anniversary Edition

MAZDA MX-5 Miata 30th Anniversary Edition

1.5Lエンジンを搭載するという絶妙なチョイスが評価できる一方で、車両価格の高さも無視できないNDロードスター。だからこそどういう人にNDロードスターがおすすめなのか考えることが大切です。

まずNDロードスターをおすすめできる人はそのデザインに惹かれた方。性能云々の前にそのデザインが気に入って所有したいと思い、予算オーバーしないのであれば購入するべきです。乗りたい車に乗るのが一番。

次にロードスターをおすすめするのはそこそこパワーのあるオープンカーに乗りたい人。国内メーカーのラインアップだとオープンカーの選択肢は少ないので、自然とロードスターが候補となるでしょう。コペンやS660もオープンカーですが、軽自動車なのでエンジンパワーの面でロードスターと比べると少し物足りない感があります。

次におすすめするのはFRのクルマで運転を楽しみたい人。ドリフトにも挑戦できますし、FF(前輪駆動車)にはない操舵輪と駆動輪が分かれているクルマの自然なステアリングフィーリングを体感することができます。

ロードスター過去モデルの価格帯

歴代ロードスター

これまで発売されてきたロードスターの中古車価格相場は下記の通り。

中古車であるためNDロードスターを新車で購入するよりも安く手に入れることができそうです。

 
NA/NB/NC型ロードスターの中古車価格相場
NA型 32.0万円〜323.8万円
NB型14.0万円〜248.0万円
NC型29.0万円〜238.0万円
※中古車相場はレスポンス中古車検索より(2020年6月現在)

まとめ

美しいボディデザインや初代ロードスターに迫る車両重量の軽さ、そしてロードスター史上初となる1.5Lのエンジンなど「ロードスターらしさ」を残しながら新しい要素を取り入れているのが印象的なNDロードスター。

発売から5年を経過した今でも魅力満載です。オープンカーやFRを程よく楽しみたい方、NDロードスターを前向きにご検討ください。

関連する投稿


【2020年】新型車(国産車)&新車情報 最新情報

【2020年】新型車(国産車)&新車情報 最新情報

2020年はどのような新型車・フルモデルチェンジ車に出会える?本記事では2020年に発売が予測される国産車をピックアップ!トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。名だたる国産車メーカーの新型車・新車最新情報、発売日予測を網羅!2020年はどんな新型車が出る?そんな時は本記事を!(※2020年6月更新しました)


2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降発売が予測される新型車・新車情報 最新版

2021年以降にフルモデルチェンジ・発売が予測される新型車(国産車)をまとめています。トヨタ、ホンダ、レクサス、三菱、スバル、マツダ、日産、スズキ、ダイハツ、光岡。新車最新情報、気になる発売日やネットでの反応も!随時更新です。


【マツダBT-50】鼓動デザインをまとったピックアップトラック!

【マツダBT-50】鼓動デザインをまとったピックアップトラック!

マツダ BT-50のフルモデルチェンジが発表されました。日本での発売予定はないのですが、ピックアップトラックでありながらも、マツダのデザインテーマである「鼓動デザイン」をまとっています。今回は、そんな「マツダBT-50」についてご紹介します。


【決定版】3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 全18車種を一覧で比較!

【決定版】3列シート/7人乗りSUV 国産車&外車 全18車種を一覧で比較!

ファミリーカーとして人気を博しているミニバンに待ったをかけるのが、多人数も乗れるSUV。最近では3列シート・7人乗りSUVが続々市場に導入されています。本記事では、現在日本で購入可能な、現役の国産車から外車まで、ありとあらゆるメーカーの「3列シート/7人乗り SUV」についてまとめてご紹介します。


今、中古車が熱い!マツダのおすすめ中古車6選

今、中古車が熱い!マツダのおすすめ中古車6選

生活が一変した今、自動車にかける予算も抑えたいと思う人も多いでしょう。そこで改めて注目されているのが新車よりもリーズナブルな中古車です。そこで、この記事ではメーカー別の魅力的な中古車をご紹介します。今回は創立100周年を迎えるマツダのおすすめ中古車6選です。


最新の投稿


【2020年最新】日産のSUV一覧!新型情報もご紹介

【2020年最新】日産のSUV一覧!新型情報もご紹介

日産にはコンパクトSUVから本格的SUV までラインナップされています。人気があるSUVですが、「日産のSUVにはどんな特徴があるのか」と迷う方もいるかもしれません。e-POWERやプロパイロットなど魅力的な機能を備えた日産のSUVをまとめてご紹介します!


【最新情報】トヨタ 新型ヤリスクロス|内装・スペック・口コミ

【最新情報】トヨタ 新型ヤリスクロス|内装・スペック・口コミ

トヨタは2020年4月23日にオンライン上にて「ヤリスクロス」を初公開しました。そして7月中旬より先行予約が開始されるとの情報も。 新型コンパクトSUV市場はまたまた混戦の予感さえしています。「ヤリスクロス」とはどのようなクルマなのでしょうか。コンパクトSUV「ヤリスクロス」を徹底調査してお届けしていきます。


【2020年お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

【2020年お盆休み】渋滞予測、混雑日、ピーク、混雑する道路は?

2020年のお盆休み期間中の高速道路の渋滞予測から、最も渋滞が予測されるピーク日をまとめています。今年は新型コロナウィルスの影響で、例年にも増してどうなるかわからない状況です。そんなお盆休みの渋滞予測に関する情報を随時更新していきます。


トヨタ コンパクトSUVカローラクロスをタイで初公開!日本発売はある?

トヨタ コンパクトSUVカローラクロスをタイで初公開!日本発売はある?

トヨタのカローラシリーズはその時代のニーズにマッチしながら常に進化を遂げてきました。そんな中、トヨタは世界的なSUVブームに合わせて、カローラシリーズにコンパクトSUV「カローラクロス」を設定しタイで初公開しました。カローラクロスは日本で発売はされるのか?気になる情報をまとめてお伝えします。


【超重要】アライメント詳細情報と調整の必要性

【超重要】アライメント詳細情報と調整の必要性

皆さんは普段車に乗っていて、愛車のアライメントを気にしたことはありますか?アライメントと言う言葉だけは知っていて、気にしたことが無いという方も多いのではないでしょうか。今回の記事では、そんな方のためにアライメントとは何かから、アライメントの重要性、アライメント調整を行う事のメリットまで解説していきます。