トップへ戻る

おすすめのオープンカー!中古価格・4人乗りもご紹介!

おすすめのオープンカー!中古価格・4人乗りもご紹介!

オープンカーと聞くと2人乗りを連想してしまいませんか?実は、中には4人乗りのオープンカーもあるんです。そこで、今回は国産車や輸入車の中から2人乗り・4人乗りのおすすめのオープンカーを選んでご紹介します!また、レンタカーやカーシェアリングなどのオープンカー情報も厳選してお伝えしていきますので、ぜひご覧ください。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


オープンカーとは

MINIコンバーチブルとVWニュービートル・カブリオレ

オープンカーとは、屋根がない・もしくは屋根が開放できる車を指す和製英語になっていて、国によってはその呼び方も異なります。

現在発売の車種では、ほとんどの車種がおりたたみや取り外しが可能な幌(ほろ)を備えています。車種によっては、収納式や取り外しが可能なハードトップが用意されているものもあります。

幌とは、風雨や砂ぼこりを防ぐために車両などを覆うための防水布になります。

オープンカーのメリット・デメリット

オープンカーのメリットは?

オープンカーのメリットにはこのようなものが挙げられます。

①運転が楽しくなる
②注目をあびることができる
③開放感を味わえる
④オープンカーを所有しているという喜びが得られる
⑤軽く日焼けができる

オープンカーは所有しているという楽しみや、開放感などを味わえることが大きなメリットですね。

次にオープンカーのデメリットについても見て行きましょう。

オープンカーのデメリットは?

オープンカーのデメリットとしては、このようなものが挙げられるでしょう。

①ホコリやゴミが入ってくる
②荷物が多くなると積みこめない
③車種の価格が高い
④幌をかけると後方の視界が狭く見えにくくなる
⑤トンネルを走行するとき騒音や排気ガスがある
⑥雨の日には向かない

オープンカーのデメリットは、やはり雨や排気ガス、騒音などに弱いことです。また、車種も高価なものが多いので、厳選しなければなりません。

次におすすめのオープンカーについてまとめていきます。

おすすめ4人乗りオープンカー5選

まずは、4人乗りオープンカーについて見ていきましょう。

メルセデスベンツCクラス カブリオレ

メルセデスベンツCクラス カブリオレ

メルセデスベンツCクラス カブリオレは、ドイツの自動車メーカーであるダイムラーがメルセデス・ベンツで展開している車になります。

カブリオレはCクラスをベースにパワートレインの多くをAMC製に総変えした4シーターのオープンカーになります。

メルセデスベンツCクラス カブリオレのスペック

新車価格6,600,000円~
定員4名

全長×全高×全幅

4.700×1.810×1.410(mm)
最高出力(kw/ps)115kw(156ps)
最大トルク(n.m)

2020年3月現在公式サイト調べ

レンジローバー イヴォーク コンバーチブル

レンジローバー イヴォーク コンバーチブル

レンジローバー イヴォーク コンバーチブルはSUVのルーフをベースにしているという特長があります。

Z型に格納されたソフトトップは、走行中でも48㎞/hまであれば21秒で展開できます。18秒あれば格納までできる優れもの。

後部座席の頭上も高く設定されており、180㎝までの大人なら問題なく乗降可能です。251Lのラゲッジスペースは開口部が広くなっています。その分、天井は狭くなっておりゴルフバックを積みこむのは困難になっています。

後席の中央にはトランクスルーも備えています。オープンカーといえど、しっかりと荷物は積みこみたい方、妥協したくない方にはおすすめです。

レンジローバー イヴォーク コンバーチブルスペック


新車価格5,350,000円~
定員5名

全長×全高×全幅

4,371×1,649×1,996(mm)
最高出力(kw/ps)132/180
最大トルク(N・m)430
2020年3月現在公式サイト調べ

ミニ コンバーチブル

MINI クーパーS コンバーチブル

MINI クーパーS コンバーチブル

ミニ コンバーチブル。日本市場のオープンカーの中では安価な部類に入る4シーターのオープンカーになります。価格帯も381万円から購入できます。

2018年のマイナーチェンジで後部座席の空間が拡張されました。更にフロントシートの調整機能が向上しました。そして乗降性も各段にアップしています。

ミニコンバーチブルスペック


新車価格3,810,000円
定員4名

全長×全高×全幅

3860×1725×1415(mm)
最高出力(kw/PS/rpm)100/136/4500
最大トルク(Nm/rpm)220/1480-4100

2020年3月現在公式サイト調べ

フィアット500c

フィアット500(チンクエチェント)Cは、数少ない4人乗りコンパクトカーのオープンカータイプになり、専用のトランクを採用しています。リアハッチが開く通常の500とは異なるつくりです。

ソフトトップを全開にする場合はトランクの開閉は不可になります。元々備えている2ドアを後方までカバーしないため、後部座席へのアクセス性は多少の使いづらさがあります。

大人が座っても問題ない作りになっています。実用性よりもデザイン性を重視しており、先代「ヌォーヴァ」から継承するデザインがポイントとなっています。

オシャレでカワイイコンパクトなオープンカーが欲しい方にはおすすめです。

フィアット500(チンクエチェント)C1.2POPスペック


新車価格2,660,000円
定員4名

全長×全高×全幅

3,570×1,625×1,505(mm)
最高出力’(kw/PS/rpm)51(69)/5500
最大トルク(Nm/rpm)102(10.4)/3000
2020年3月現在公式サイト調べ

マセラティ グランカブリオ

マセラティ グランカブリオ

マセラティ グラングランカブリオ、4シーターはマセラティ初の試みになります。2940mmのロングホイールベースを誇るオープンカーです。

剛性追求のためモノコックを刷新しました。ルーフは時速30㎞/h以下であれば走行中でも開閉でき、クローズ状態でも後席の居住性は損なわれないつくりになっています。

マセラティ グラングランカブリオスペック


新車価格20,370,000円
定員

全長×全高×全幅

4920×2055×1915(mm)
最高出力(kw/ps)460PS
最大トルク(n.m)520Nm
2020年3月現在公式サイト調べ

おすすめ2人乗りオープンカー5選

マツダ ロードスター

マツダ ロードスター

マツダ ロードスターは、日本が誇るオープンカーといっても過言ではないでしょう。

2018年にマイナーチェンジをしました。見た目の変更点は少ないものの、安全装備を充実させました。

1.5Lエンジン搭載車は燃焼改善技術を取り入れたことで、全回転域でのトルクアップを果たしています。

国産のオープンカーで、迷ったら、まずおすすめしたい一台です。

マツダ ロードスターSレザーパッケージ(2WD 6MT)スペック


新車価格

3,169,100円

定員

2名

全長×全高×全幅

3915×1235×1735(mm)

最高出力(kw/PS/rpm)97(132)/7000
最大トルク(Nm/rpm)152(15.5)/4500
2020年3月現在公式サイト調べ

ダイハツのコペン

ダイハツ コペン

ダイハツ コペンは世界で最も小さい量販電動トップを備えています。2人乗りのオープンカーは季節もので開閉が面倒というモデルもありますが、季節を問わず気分によりオープンとクローズドを切り替えられるのも魅力の一つになっています。

ダイハツ コペンは2002年に久々のスポーツカーとして登場し、初代コペンは2012年まで約10年間発売されました。

2019年10月には「コペンGRスポーツ」を追加し、商品力の向上を図っています。また、デザインも豊富で、好きな顔を選ぶことができます。

ダイハツ コペンRobeスペック


新車価格1,908,000円(5MT)
定員2名
全長×全高×全幅
3395×1475×1280(mm)
最高出力(kw/PS/rpm)
47(64)/6400
最大トルク(Nm/rpm)
92(9.4)/3200
2020年3月現在公式サイト調べ
ダイハツ コペンセロ

ダイハツ コペンセロ

ダイハツ・コペン エクスプレイ

ダイハツ・コペン エクスプレイ

ホンダ S660

ホンダ S660モデューロX

ホンダ S660は、2020年1月10日にマイナーチェンジを行いました。軽自動車規格でエンジンはN-BOXシリーズに搭載されているもので、ターボチャージャーを採用しています。

ホンダとしては19年ぶりとなる軽オープン2シーターになり、高い人気を誇っています。脱着式ロールトップが採用されており、気軽にオープンカーが楽しめるようになっています。

ホンダ S660aスペック


新車価格2,321,000円
定員2名

全長×全高×全幅

3395×1475×1180(mm)
最高出力(kw/PS/rpm)47(64)/6000
最大トルク(Nm/rpm)104(10.6)/2600
2020年3月現在公式サイト調べ

ロータス エリーゼ

ロータス エリーゼ

ロータス エリーゼはイギリスを拠点とするスポーツカーメーカーになります。ロータス エリーゼは徹底的に軽量化を図ったモデルでエアコン・オーディオ・フロアマットは外してつくられています。

余分な装備はついていないので、走りへのこだわりは本物です。走りを追求したい方へおすすめの1台となっています。

ロータス エリーゼ スポーツ220Ⅰスペック


新車価格6,620,000円
定員

全長×全高×全幅

3800×1720×1130mm
最高出力(kw/PS/rpm)162KW(220PS)/6800rpm
最大トルク(Nm/rpm)250Nm(25.4kgm)/4600rpm
2020年3月現在公式サイト調べ

ランボルギーニ アヴェンタドール S ロードスター

ランボルギーニ・アヴェンタドール SVJ ロードスター(ジュネーブモーターショー2019)

ランボルギーニ・アヴェンタドール SVJ ロードスター(ジュネーブモーターショー2019)

ランボルギーニ アヴェンタドール S ロードスターは、ランボルギーニの誇るオープンカーになります。スペイン語で闘牛を意味します。

その名の通り、最高出力も740HPを誇る新型エンジンを搭載しています。正面から見たシャープでカッコイイフォルムもおすすめの1台です。

なかなか値段的に購入するのは難しい…。という方も多いかと思いますが、一度は乗ってみたい一台ですね。

関連するキーワード


オープンカー

関連する投稿


あなたならどれにする!? 今買うべき楽しいオープンカー 4選!

あなたならどれにする!? 今買うべき楽しいオープンカー 4選!

真冬の季節ですが、実は、冬に乗るオープンカーも気持ちがいいものです。今買うべき、楽しいオープンカーをご紹介します!


ポルシェのオープンカー ボクスター┃歴代モデルやスペック、燃費等

ポルシェのオープンカー ボクスター┃歴代モデルやスペック、燃費等

高級スポーツカーの代名詞とも言えるポルシェの2シーターオープンカー『ボクスター』は、ポルシェのラインナップのエントリーモデルですが、ミッドシップレイアウトのエンジンと軽量の車体で本格的なスポーツ走行が出来ます。今回はそんなポルシェ ボクスターの魅力をご紹介していきます。(※2020年1月更新)


ホンダのスポーツカー S660 中古車情報まとめ

ホンダのスポーツカー S660 中古車情報まとめ

ホンダ S660は、軽自動車の規格の2シータースポーツカーです。軽自動車でありながらスポーティな走りが人気で、発売当時は、新車では買えないという人も多いかもしれません。本記事ではそんな方向けに、中古車情報をまとめています。(※情報は2019年9月現在のものです)


光岡自動車のオープンカー ヒミコ 中古車価格まとめ

光岡自動車のオープンカー ヒミコ 中古車価格まとめ

1994年に、二人乗りオープンカーであるゼロワンを発売し、日本で10番目の自動車メーカーとなった光岡自動車。そんな光岡自動車が2008年に発売したオープンカー、ヒミコを中古車情報と共にご紹介していきます。


ロードスターとは?国産・外車のロードスターまとめ

ロードスターとは?国産・外車のロードスターまとめ

ロードスターといえば、日本ではマツダのロードスターが最初に思い浮かぶことでしょう。しかし、海外では少し違います。ロードスターとはいったい何を意味するのか?日本と海外のロードスターの違いとは?価格・中古車価格は?などと気になる疑問についていくつか例を挙げて紹介していきます。(※情報は2019年8月のものです)


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。