目次へ戻る

ポルシェのオープンカー ボクスター┃歴代モデルやスペック、燃費等

ポルシェのオープンカー ボクスター┃歴代モデルやスペック、燃費等

高級スポーツカーの代名詞とも言えるポルシェの造る2シーターオープンカー、それが『ボクスター』です。ポルシェのラインナップの中ではエントリーモデルとも言われていますが、ミッドシップレイアウトのエンジンと軽量の車体で本格的なスポーツ走行が出来ます。今回はそんなポルシェ ボクスターの魅力をご紹介していきます。


ボクスターの維持費はなぜ安い?理由は?

ポルシェは、言わずと知れた高級スポーツカーメーカーです。これは誰もが認める所でしょう。そしてもちろん、日本で買える全てのポルシェの車が輸入車です。

しかし一方で輸入車は「カッコいい!けど、壊れやすい?」というイメージもあるのではないでしょうか。

しかし、ポルシェのスポーツカーにそれは当てはまりません。「ポルシェの造る車は、故障しない」これが定説であり、事実です。そのため、維持費が安いのです。もちろんオイル類の交換などメンテナンスはキチンと行う場合に限ります。

これは当然ですね。そして、ポルシェは最も売れている高級スポーツカーブランドでもあります。価格はフェラーリ、ランボルギーニなどに比べると大分控えめです。

高級でありながら、求めやすい価格。それを実現するには、いかに高級のイメージを維持したまま、大量生産出来るかに掛かっています。

ポルシェはそこのさじ加減が上手なメーカーでもあります。製造する車両の種類を厳選し、限られた車種だけを(高級車メーカーの中では)大量に製造することで、販売価格の上昇を抑えているのです。

歴代ボクスターの概要やスペック、燃費は?

今回は、ボクスターの歴代モデルについて改めてご紹介します。

初代ボクスター(タイプ986)の概要・スペック・燃費等

ポルシェ968の後継車種として1996年に登場。オープンを前提として開発されたモデルだけあり、高い捻じれ剛性を誇ります。電動ソフトトップは12秒で開閉出来るのですが、ロックは手動となります。

【1996年発売モデルスペック】
・最高出力:204ps(150kW)/6000rpm
・最大トルク:25.0kg・m(245N・m)/4500rpm
・種類 :水冷水平対向6気筒
・総排気量: 2480cc
・過給機:なし
・燃料タンク容量:58リットル
・使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
・サスペンション形式(前) :マクファーソン・ストラット・アクスル
・サスペンション形式(後) :マクファーソン・ストラット・アクスル
・ブレーキ形式(前):ベンチレーテッドディスク
・ブレーキ形式(後):ベンチレーテッドディスク
・タイヤサイズ(前):205/55 ZR 16
・タイヤサイズ(後):225/50 ZR 16
・最小回転半径:5.5m
・駆動方式:ミッドシップ
・トランスミッション:5AT/5MT

二代目ボクスター(タイプ987)の概要・スペック・燃費等

2004年に発売。外見的な特徴としては、先代が涙目型ヘッドライトだったのに対し、二代目では楕円形ヘッドライトが採用されています。電動ソフトトップのロックはやはり手動です。

【2004年発売モデルスペック】
・最高出力:240ps(176kW)/6400rpm
・最大トルク:27.5kg・m(270N・m)/4700~6000rpm
・種類:水平対向6気筒24バルブ
・総排気量:2687cc
・過給機:なし
・使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
・サスペンション形式(前):マクファーソンストラット
・サスペンション形式(後):マクファーソンストラット
・ブレーキ形式(前):ベンチレーテッドディスク
・ブレーキ形式(後):ベンチレーテッドディスク
・タイヤサイズ(前):205/55ZR17
・タイヤサイズ(後):235/50ZR17
・最小回転半径:5.2m
・駆動方式:ミッドシップ
・トランスミッション:5AT/5MT

三代目ボクスター(タイプ981)の概要・スペック・燃費等

997に比べてホイールベースが60㎜延長され、全長も32㎜長くなっていますが、重量は逆に25㎏軽くなっています。2012年登場していますが、外観上の特徴としては、987に比べて左右のドア後方のエアインテークが大型化していることといえます。

その他の改善ポイントとしては、ソフトトップの開閉だけでなくロックまでが自動化され、開閉時間も短縮されて9秒になっていることです。

【2012年発売モデルスペック】
・最高出力:265ps(195kW)/----rpm
・最大トルク:28.6kg・m(280N・m)/4500~6500rpm
・種類:水平対向6気筒
・総排気量:2706cc
・過給機:なし
・使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
・サスペンション形式(前):----
・サスペンション形式(後):----
・ブレーキ形式(前):ベンチレーテッドディスク
・ブレーキ形式(後):ベンチレーテッドディスク
・タイヤサイズ(前):235/45 ZR18
・イヤサイズ(後):265/45 ZR18
・最小回転半径:----m
・駆動方式:ミッドシップ
・トランスミッション:7AT/6MT

四代目ボクスター(タイプ982)の概要・スペック・燃費等

2015年に発表されました。最大の特徴としては、エンジンがこれまでの水平対向6気筒から、水平対向4気筒ターボへ変更されていることです。

【現行モデルのスペック】
・最高出力:300ps(220kW)/6,500rpm
・最大トルク:38.7kg・m(380N・m)/1,950~4,500rpm
・種類:水平対向4気筒ターボ
・総排気量:1987cc
・過給機:ターボ
・使用燃料:無鉛プレミアムガソリン
・サスペンション形式(前):マクファーソン ストラット
・サスペンション形式(後):マクファーソン ストラット
・ブレーキ形式(前):ベンチレーテッドディスク
・ブレーキ形式(後):ベンチレーテッドディスク
・タイヤサイズ(前):235/45 ZR18
・タイヤサイズ(後):265/45 ZR18
・最小回転半径:----m
・駆動方式:ミッドシップ
・トランスミッション:7AT/6MT

ボクスターの洗車について

ボクスターはポルシェの他の車種と異なり、『幌』があります。この幌は皆さんどの様に洗っているのかというと、ほとんどの方は、次のような意見がありました。

・高圧洗浄機は使用しない
・スチーム掃除機は使用しない
・自動洗車機は念の為使用しない

やはり、愛車のボディは労わりながら、スポンジで優しく磨き、幌にはブラシを掛ける、これに限る様です。

※洗車をする頻度は、乗る頻度によって変わるので人それぞれですが、トリの糞だけは走行する・しないに関わらず素早く拭き取りましょう。酸性なのでボディの塗膜を傷める原因になります。

ボクスターのトランクにも入る?ゴルフバッグ

ボクスターのトランクは、容量そのものは実は広いのですが、開口部がなぜか狭いのです。そのため、いくつか条件をクリアすることで、ゴルフクラブを傷つけずに積むことができます。

それでは、その条件とはなんでしょうか? 一つずつ見ていきましょう。

条件1 ゴルフバッグは8.5インチ以下の物を選ぶこと

それでもフロントのトランクには、当然収まりませんので、必然的にリアトランクに収めることになりますが、それでも9インチのゴルフバッグはギリギリ入りません。無理に押し込むと型崩れをしてしまいます。そのため、ゴルフバッグは8.5インチ以下の物を選ぶようにしましょう。

条件2 クラブは、バッグに収納せずに直にトランクに置かない

クラブをバッグに収納せずにトランクに置くと、クラブ同士が触れ合う事で傷がついてしまいます。そのため、ヘッドカバー必須となります。

【Amazon.co.jp限定】迷彩柄 スタンド式キャディバッグ

※購入前には、サイズを確認することを強くお勧めします。

まとめ

今は初代ボクスターに限って言えば、走行距離10万kmを切る個体が100万円以下で販売されていることもあります。

気になった方はポルシェのボクスターを、探してみてはいかがでしょうか。

関連する投稿


【超期待】レクサスLCコンバーチブル 7月に市販型が公開される?!

【超期待】レクサスLCコンバーチブル 7月に市販型が公開される?!

レクサスは1月に『LCコンバーチブル コンセプト』を発表しています。そして来る7月4日に開催される「グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピード」にて、出展されることがわかっています。気になる最新情報をお届けいたします!


【年内日本発表】ポルシェの初フル電動スポーツ タイカン!

【年内日本発表】ポルシェの初フル電動スポーツ タイカン!

ポルシェが同ブランド初のフル電動スポーツカーとして開発を進めている『タイカン』は、ワールドプレミアが2019年9月初旬、日本発表が同年内、発売は2020年となりました。最新情報をお届けいたします。


【7月5日発売】ポルシェ 911 新型!価格は1666万円から

【7月5日発売】ポルシェ 911 新型!価格は1666万円から

ポルシェジャパンは、2018年11月のロサンゼルスモーターショーで初公開した新型『911カレラ』(タイプ992)を7月5日より発売すると発表しました。


【あの991型の最終モデル降臨】ポルシェ 911 スピードスター 新型!価格は約3000万円

【あの991型の最終モデル降臨】ポルシェ 911 スピードスター 新型!価格は約3000万円

ポルシェは、新型『911スピードスター』のドイツ本国ベース価格を、26万9274ユーロ(約3320万円)と発表しました。「991」型ポルシェ『911』の最終モデルになる、としているこの911スピードスター。最新情報をお届けです!


トヨタ MR-S|世代毎の特徴や燃費、中古価格は?

トヨタ MR-S|世代毎の特徴や燃費、中古価格は?

トヨタが2007年まで製造・販売していたMR-Sをご存知でしょうか?2シーターのミッドシップ車のMR2の後続車として誕生しました。今回は、MR-Sの特徴や燃費、中古価格を解説していきます。


最新の投稿


ホンダのモビリオ スパイク 中古車情報、スペック、燃費、評価など

ホンダのモビリオ スパイク 中古車情報、スペック、燃費、評価など

みなさんはホンダのモビリオスパイクをご存知でしょうか。モビリオスパイクは小型のトールワゴンです。2002年から2008年まで発売されていました。本記事ではモビリオスパイクの中古車価格をはじめ、スペック、燃費、評価についてもまとめています。


スズキのハッチバック バレーノってどんな車?中古車価格、スペック、燃費、評価ほか

スズキのハッチバック バレーノってどんな車?中古車価格、スペック、燃費、評価ほか

スズキから発売されているバレーノは、ハッチバック型の乗用車です。インドで生産され、世界に発売されています。2019年春ごろよりインド市場のトヨタへOEM供給される予定です。そんなスズキのバレーノについてご紹介していきましょう。


日産のミッドサイズSUV デュアリスの中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

日産のミッドサイズSUV デュアリスの中古車価格、スペック、燃費、評価一覧

デュアリスとは、日産のミドルサイズのSUVです。日本では販売終了してしまいましたが、各国では名前を変えて発売されています。「キャシュカイ(QASHQAI)」もしくは「ローグ スポーツ(ROGUE SPORT)」など、一度は車名を聞いたことがあるのではないでしょうか。これが元デュアリスなんです。本記事では改めて日産のSUV、デュアリスについてまとめています。


【カーメイト調べ】半数以上が今後360度録画可能ドラレコが欲しいと回答!

【カーメイト調べ】半数以上が今後360度録画可能ドラレコが欲しいと回答!

カーメイトは、同社製品ユーザーを対象とした交通トラブル実態調査を実施。その結果、ドライブレコーダーの映像が最も活用されたのは「側面衝突」だったことが明らかになりました。また、今後購入するなら360度録画可能のドラレコという意見も上がっています。


【7月ワールドプレミア】フェラーリのワンオフモデル登場!P80/C

【7月ワールドプレミア】フェラーリのワンオフモデル登場!P80/C

フェラーリは6月17日、ワンオフモデルの『P80/C』(Ferrari P80/C)を、7月に英国で開催される「グッドウッドフェスティバルオブスピード2019」において、ワールドプレミアすると発表しています。