トップへ戻る

エンスーとは?エンスーな車TOP10も紹介!

エンスーとは?エンスーな車TOP10も紹介!

エンスー、と言われてすぐピンとくる人は少ないかもしれません。 一般的には自動車趣味人、あるいはその対象となる車を指す言葉として定着しました。今回はそんなエンスーの意味に加え、エンスーな車を10台集めてみました。

⏳この記事は約3~4分で読めます。


エンスーとは?エンスーな車とは?

ローバー・ミニ

エンスーとは
「エンスージアスト(enthusiast)」を語源に略された言葉で、その「熱狂的な支持者」という意味から、特別に愛情を傾ける対象となるクルマのことをエンスーな車
と呼ぶようです。




では、どんな車をエンスーな車かというと、明確な規定はないものの一般的には絶版車や長く継続生産されている車、そしてクラシックカーとは呼ばれないものという分け方になります。

つまり、他人と同じ車選びはしたくない人の選ぶディープでマニアックな車、でもクラシックカーのように到底手の出ない車ではなく、買おうと思えば買える旧車…と言えるかもしれません。

英国車、ドイツ車、フランス車、イタリア車といった欧州車が対象となることが多いのですが、最近では日本車もその対象になっています。

エンスーな車 厳選10選

エンスーな車なのかどうかは人それぞれ意見が分かれますが、一般の人は買わないけれども好きな人にとってはたまらない魅力のある車種を選んでみました。

①ローバー・ミニ

ローバー・ミニ

エンスーな車の代表格といえるミニですが、全てがその対象というわけではありません。

2001年から現在に至るミニは、BMWが経営母体となって生産された車のために「BMW MINI」と呼ばれていますが、エンスーとして愛されるのは1959年から2000年までの「クラッシックミニ」、もしくはは「ローバーミニ」と呼ばれるモデルです。

Mark1~Mark4まで年代別に中身は大きく変化しているものの、40年あまりの間、基本的な構造とスタイルは変わっていません。したがって、今でも多くのローバーミニが元気に走っています。

古くて珍しいモデルほどエンスー心を駆り立てますが、日本への輸出が中止された1976年以前のモデルであるMark2がもっとも愛されています。

1969年に公開された映画「ミニミニ大作戦」で使用されたのがこのMark2であることからも、当時世界中で愛されていた車だということが分かります。

ローバーミニのスペック

ミニとその設計者アレック・イシゴニス

ローバーミニのスペック

排気量

999cc~1271cc

最高出力

40PS~61PS

全長×全幅×全高

3100x1440x1330 (mm)

駆動方式

FF

乗車人数

4人

※スペックと情報は公式サイトより(2020年3月現在)

ローバーミニの中古車価格

ミニの中でも手に入りずらいモデルなのですが、それだけにエンスーであるオーナーの溺愛具合は相当なもので、残念ながらこの年式のミニは一般には流通しておらず、あっても個人間などで高額で取引されています。

現実的には1992年まで生産されていたMark3が多く流通しており、中古車価格も60万円台から300万円台と広い価格帯となっています。

ローバーミニの中古車価格

1980~1989年式

60~298万円

※上記価格はレスポンス中古車検索より(2020年3月現在)

②フィアット500(チンクエチェント)

フィット500

現在発売されている2007年に発表されたフィット500(チンクエチェント)は、その半世紀前の同じ日に発表された同名のスモールカーです。その原型となる1957年に発表されたのが正式名称NUOVA 500です。

ミニのFFに対してRRという駆動方式と空冷直列2気筒を採用し、丸みのあるユーモラスなフォルムで、
1977年まで生産されました。

イタリア本国やヨーロッパだけではなく、世界各国に熱心なファンが存在しており、現在でもレストアして愛用する者も多く見られるエンスーな車といえます。日本では「ルパン三世の愛車」として広く知られています。

フィアット500のスペック

フィット500

フィアット500のスペック

排気量

479~594㏄

エンジン形式

空冷直列2気筒OHV

最高出力

15PS~23PS

全長×全幅×全高

2,970×1,320×1,320(mm)

駆動方式

RR

乗車定員

4人

※スペックと情報は公式サイトより(2020年3月現在)

フィアット500の中古車価格

フィアット500

ローバー・ミニ以上に古い車種ですが、中古車市場には多くの台数が流通しており、価格亭にも非常に高い相場となっています。

フィアット500の中古車価格

1964~1972年式

138~310万円

※上記価格はレスポンス中古車検索より(2020年3月現在)

③ポルシェ911

ポルシェ911

63年に登場したポルシェ911ですが、エンスー車の代名詞として人気を誇っているのは1989年 - 1993年を中心にした964型といわれる空冷時代のモデルです。クーペ、タルガ、カブリオレといったボディなど多くのタイプがあります。

空冷時代のポルシェ911は、低重心の空冷水平対向6気筒エンジンをRRに搭載し、駆動ロスが少なく爆発的なレスポンスと、エンジンサウンド、そして手ごわいけれども鋭いコーナリングが魅力となっています。

特にエンスー度の高いのが限定生産された「カレラRS」や、カレラ4を2WDに簡略化した「カレラ2」、そしてシリーズ最大の排気量の「カレラRS3.8」です。

ポルシェ911のスペック

911 ターボS

ポルシェ911のスペック

ポルシェ911のスペック

排気量

3299~3600cc

エンジン形式

空冷水平対向6気筒 SOHC

最高出力

320~381PS

全長×全幅×全高

2,970×1,320×1,320(mm)

駆動方式

RR

乗車定員

2人

※スペックと情報は公式サイトより(2020年3月現在)

ポルシェ911の中古車価格

ポルシェ911のダッシュボード

世界的にも空冷エンジンのクラシックポルシェは人気人気があり、中古車価格も高騰しています。相場としては別表のとおりですが、一時期は投機対象になったほどですから、状態やそれぞれのタイプによっては相場以上の価格となることもあります。

ポリシェ911の中古車価格

1989~1993年式

385~2500万円

※上記価格はレスポンス中古車検索より(2020年3月現在)

④シトロエンDS

シトロエンDS

先進的・前衛的な空力デザインと、油圧動力による「ハイドロニューマチック・システム」など、特異なメカニズムで知られ、1955年から約20年間が製造されたDS。ドイツ車や英国車ならわかるけどフランス車でしかも60年代のシトロエンとなると「ないなー」と思うカーマニアがほとんどでしょう。

しかし、エンスーにとってはまさに大好物となる愛されキャラなのです。全長4.81m、全幅1.8m、という、この時代のヨーロッパ車としては異例の大型であり、ガラスカバー付きの4灯式コンビネーションライトは内側2灯がステアリング角度に連動して常に進行方向を照らすなど先進性も満載。

そういえばそのステアリングも一本スポークでした。

「宇宙船」と揶揄される強烈な個性で時代に迎合しない全身フレンチスタイルのDSは、最強のエンスーな車といえます。

シトロエンDSのスペック

シトロエンDSの一本スポークステアリング

シトロエンDSのスペック

排気量

1.9L~2.3L

エンジン形式

直列4気筒 OHV

最高出力

75~131PS

全長×全幅×全高

4.810×1.800×1.4700(mm)

駆動方式

FF

乗車定員

5人

※スペックと情報は公式サイトより(2020年3月現在)

シトロエンDSの中古車価格

数多くの中古車が流通していますが、ほとんどが価格応談となっているほどの高い相場です。数少ない価格提示されたものでも500万円前後という高価格となっています。

⑤MG-B

MG-B

1962年から1980年の迄に52万台以上も製造・販売された、英国製2ドアオープンカーで、エンスー車のの代名詞存在です。

ソフトトップを備えたオープン型のモノコックボディに、1.8Lの直列4気筒エンジンを搭載し、4速マニュアルトランスミッションで後輪を駆動するFR車で、軽量な車体によるハンドリングや、高い信頼性、単純な機構による維持のしやすさが人気となっています。

「Pack Away」と呼ばれる取外しができる組立式の幌が標準である初期モデル、あるいはウレタンバンパーが装備される以前の「Mark III(マークスリー)」と呼ばれるモデルまでの評価が非常に高くなっています。

MG-Bのスペックと中古車価格

MG-B

MG-Bのスペック

MG-Bのスペック

排気量

1789㏄

エンジン形式

直列4気筒 OHV

最高出力

75~131PS

全長×全幅×全高

3,890×1.520×1.250(mm)

駆動方式

FR

乗車定員

2人

※スペックと情報は公式サイトより(2020年3月現在)

MG-Bの中古車価格

MG-Bの中古車価格

1962~1982年式

120~308万円

※上記価格はレスポンス中古車検索より(2020年3月現在)

クラシックカーにも分類されるほどの歴史を持つモデルでありながら、驚くほど多くの台数が流通しています。価格も比較的リーズナブルで普段使いにも十分対応できるのでエンスーでなくても欲しくなる車です。

⑥BMW3.0CSとCSL

3.0CS

BMWの3.0CSは、BMWが1968年から1978年にかけて製造販売してい2ドアクーペで、世界でもっとも美しいとさされたその流麗なクーペデザインに、いわゆる「ビッグシックス」と呼ばれる3.0リッターの直列6気筒エンジンを搭載した伝説的なモデルです。

また、ツーリングカー選手権に参戦したマルティニカラーのCSLは、1972年のスパ・フランコルシャン24時間耐久レースでは優勝するなど、エンスー憧れのモデルす。

このCSLは、大型のフロントスポイラーやリアスポイラー、そしてボンネット上に整流版が取り付けられたホモローションモデルとして限定生産されています。

BMW3.0CSのスペック

3.0CSL

BMW3.0CSとCSLのスペック


3.0CS

3.0CSL

排気量

2,985cc

3,003㏄

エンジン形式

直列6気筒 SOHC

直列6気筒 SOHC

最高出力

180hp/6,000rpm

200hp/5,500rpm

最大トルク

26.0kg-m/3,700rpm

27.7kg-m/4,300rpm

全長×全幅×全高

4,660mm×1,670mm×1,370mm


駆動方式

FR

FR

※スペックと情報は公式サイトより(2020年3月現在)

BMW3.0CSの中古車価格

少ないながらもCSもCSLも中古車市場に出回っています。しかし、全てが価格応談となっていて、エンスーにとっても垂涎の的となっています。

⑦サーブ・900

サーブ900

関連するキーワード


豆知識 ランキング

関連する投稿


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。


初心者でもセルフ式ガソリンスタンドで焦らない! 使い方と注意点

初心者でもセルフ式ガソリンスタンドで焦らない! 使い方と注意点

自動車保有台数は年々増えている統計があるのに、数が減りつつあるガソリンスタンド。また以前のようなフルサービス店はどんどん少なくなってきており、「近所のガソリンスタンドは全部セルフ式」なんて方も多いのでは。慣れていないと戸惑ってしまうセルフ式ガソリンスタンドですが、コツさえ押さえればスムーズに便利に利用できます。ポイントごとにご紹介していきます。


車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

車両火災の原因はなに?覚えておきたい、いざというときの対処法!

絶対に起きてほしくはないことではありますが、自動車が車両火災によって黒コゲになってしまったショッキングな映像をニュースなどでも見かけますよね。発生する確率は高くはないものの、高温にさらされる部品が多い上に燃料を積んでいる自動車では、車両火災は起こってしまうと取り返しのつかない結果になってしまうことも。原因を知って、悲しい事故を未然に防いでいきましょう。


レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

レッカー移動の気になる費用は?レッカー車の運転に必要な免許って?

子どもの頃、レッカー車の存在感に憧れていた方も多くいらっしゃることと思います。普段はお世話になることはなくても、愛車の調子が悪くなった時にこそ頼れるレッカー車は、大人にとってもありがたい特別な存在ですよね。そんなレッカー車、近くで見る機会もなかなかありませんし、実際利用するとどれくらい費用がかかるのか気になりませんか? 詳しくご紹介していきます。


最新の投稿


おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

おすすめ収納グッズ!このグッズで車内を快適に!

車の収納にご不便をお感じになられたことがある方は、意外に多くいらっしゃるのではないでしょうか。そういった場面で重宝するグッズに、収納グッズと呼ばれるものが御座います。収納グッズと呼ばれるものは種類も豊富で、用途により使い分けることで、より快適に車内を使用することが出来るものばかりです。本記事では収納グッズの選び方のほか、おすすめ商品もご紹介していきます。


おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

おすすめカースポンジをご紹介!どうやって使い分ければいい?

車の洗車に必要なカースポンジですが、その種類はとても多く、どのスポンジを使えば良いか迷うものです。今回は洗車やワックスに適したスポンジの選び方や用途について説明していきます。スポンジの素材や形状についても触れてみたいと思います。


転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

転回とは?標識の意味から上手なやり方まで詳しくまとめてみた

免許を取得した際には確実に勉強したはずの「転回」。では一体なんのこと?と聞かれると、よどみなく答えられる方は意外と少なかったりするのでは。まだまだ意味を覚えてるよ!という初心者の方から、ちょっと怪しいかも?というベテランの方まで、この記事を読めば転回について詳しくなれること間違いなしです。してはいけない場所、上手なやり方など、役立つ情報をご紹介していきます。


中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

中古車オークションでトクする中古車選び、業者じゃなくても使える?

先行き不安な現代ですから、車にかけるお金はできるだけ節約したいところですよね。新車に比べてお買い得な中古車、さらにお安く手に入れる方法としてよく聞かれるのが「中古車オークション」。オークションの仕組み自体はご存知でも、実際にご自分で参加できるのかなど、詳しくは知らない方も多いのでは。この記事では、中古車オークションに関して詳しく解説していきます。


車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

車の新しい乗り方「サブスクリプション」のメリットとデメリットとは

ちょっと前まではあまり聞かれなかった「サブスクリプション」という言葉、最近よく耳にしませんか。スマホのサービスなどだけでなく、車の所有方法にまで広まってきているサブスクリプション(サブスク)。これまでの所有形態と比べてどのようなメリット・デメリットがあるのでしょうか。CMや広告でよく見る車のサブスクが気になっていた方は必見です。